Search

検索したいワードを入力してください

「大きい声が出ない!」声が小さい人の心理や原因、意外な改善方法⁈
2019年03月04日

「大きい声が出ない!」声が小さい人の心理や原因、意外な改善方法⁈

声が小さいと誤解を与えてしまったり、悪い印象を持たれたりしてしまいがち。声が小さい自分を思わず責めたりもしてしまいます。声が小さくて悩むなら、声が小さい原因を追究して改善するのが一番です。声が小さい原因と改善方法を紹介します。

声が小さい・出ないのは理由がある?

声が小さい・出ないのは理由がある?
声が小さい・出ないことを悩んでいる人は、意外と多くいます。人の多い場所や音がうるさい場所でコミュニケーションが取れず困ってしまったり、周りの人をイラつかせてしまう原因になったりしてしまうことも…。

なぜ、声が小さい・出ないということになってしまうのでしょうか。実は声が出ないのには、心理的や身体的理由があるのです!声が出ない理由を知れば、声が小さいのを改善できるようになります。

声が小さいのはなぜ?《心理編》

声が小さいのはなぜ?《心理編》
まずは、声が小さくなってしまう心理的な原因を紹介していきます。声が小さいことに悩んでいる人はもちろんですが、身近に声が小さい人がいる人も要チェックです。心理的原因で声が小さい人は、改善するためにも大きい声がでない原因を追究しましょう。

自分に自信がない

声が小さい人に多い心理的な原因の1つが、自分に自信がないことです。自分の発言に自信がないと、声が小さくなってしまうのです。

普段から大きな声が出る人でも、自分の発言に自信がないと思わず声が小さくなってしまうことがあるはず。自信のなさと声の小ささはリンクしていると言えるでしょう。自分に自信がない人ほど、自分の発言にも自信が持てず声が小さくなってしまいがちです。

自信が持てる分野になれば声の大きさにも変化があるはず。

相手のことが怖い

相手に恐怖心を持っていると声が小さくなってしまうこともあります。声が小さいと悩んでいる人以外でも、怖いと感じている相手と話すときに、堂々と大きい声で話せる人の方が少ないのではないでしょうか?

「怒られたくない」「嫌われたくない」などの恐怖心は委縮してしまう原因の一つです。委縮している相手に、大きい声で話すことは難しいですよね。

家族や友達など普通の声量で話せるのに職場だと大きい声が出せない人などは、相手や環境の恐怖心が原因で大きい声が出せないと言えます。恐怖心を払拭しない限り、改善しにくいタイプです。

声が小さいことがコンプレックス

声が小さいことがコンプレックス
声が小さいことがコンプレックスになっていて、大きい声が出せない原因になっていることもあります。「声が小さい」と言われ続けたりすると、声が小さいこと自体がコンプレックスになってしまい、余計に声を小さくしてしまうのです。

声が小さい人の中には、自分の声が小さいことに気づいていない人もいます。何かのきっかけで自分の声が小さいことを知ったときにコンプレックスになってしまいがち…。

コンプレックスになっている人ほど、声が小さい自分を嫌ってしまって、大きな声を出すことに抵抗を感じてしまいます。

相手の反応を気にし過ぎる

相手の反応を気にし過ぎることが、声が小さくなってしまう原因になっていることもあります。自分の発言の先を深読みし過ぎたり、空気を読むのに必死な人に多く見られます。

相手の顔色を伺いながら話すので、声が小さくなってしまいがち。場の空気を読み過ぎて、発言のタイミングを失ってしまって小さい声で発言することも…。頭の回転が速く、周りに気遣いができる性格が声を小さくしてしまっているとも言えるでしょう。

目立つのが苦手

「目立ちたくない」という心理が声を小さくしてしまう原因になっていることもあります。大きな声で話せば、周りからの注目を集めることになりますよね。注目を集めたり、目立ったりするのが苦手な人は、小さい声で話すことが多いので大きな声が出ない原因になります。

そもそも話すのが苦手な人も、自分の話で注目されたくないという心理が働くので、小さな声になってしまいがち。しかし、目立ちたくないという思いで小さい声で話した結果、相手に聞き返されて無駄に目立ってしまうことも…。

声が小さいのはなぜ?《身体編》

声が小さいのはなぜ?《身体編》
声が小さい原因が、身体にある場合もあります。本当は大きな声で話したいのに話せない、小さい声を改善したいのにうまくいかないという人は、身体に原因があるのかも…。ここからは、身体の原因を紹介していきます。

姿勢が悪い

声が小さい原因の一つとして挙げられるのが姿勢が悪いことです。猫背になっていたり、顎の出過ぎや引き過ぎなどの姿勢は、声を出すのに必要な筋肉をうまく使えず、声が小さくなる原因になります。

声を大きく出す舞台俳優や声優などの仕事をしている人たちは、腹式呼吸で声を出しています。お腹の力を使って声を張っているからこそ大きな声が出るわけですが、猫背だとお腹の力を上手に使うことができなくて声が小さくなってしまいがちです。

顎の出し過ぎや引き過ぎの姿勢は、空気の通り道を塞いでしまったり、喉周りの筋肉に余計なストレスをかけてしまって声が小さくなってしまう原因に。

口が十分に開いていない

口が十分に開いていない
口が十分に開いていないことも、声が小さい原因になります。口の開きが少ないということは、声を出すのに必要な空気の通り道が十分確保されていないということ。声が小さくなってしまうのも仕方ありません。

声が小さい人の中には、声を出すときの自分の口がきちんと開いていないことを自覚していない人もいます。自覚していない人ほど、声が小さい原因がわからず改善されにくいです。

声帯の動きが不十分

声を出すのに大切な声帯の動きが不十分な場合も、声が小さくなる原因の一つです。呼吸をしているときは開いている声帯は、声を出すと閉じます。声が小さい人は、この閉じる動きが不十分な場合があります。

「声帯を閉じる」というのは、聞き慣れない人も多いかもしれません。声は、閉じた声帯の間を空気が通ることで振動が起きることで作られます。声帯を閉じる力が不十分ということは、声帯を振動させることが上手にできていないということ。だから声が小さいのです。

吐く息が弱い

声が小さい原因として、吐く息が弱い場合もあります。吐いている息が少なければ、大きい声が出ないのも仕方ありません。大きく息を吸って大きく吐き出すことができれば、声も大きくなるはずです。

吐く息が弱い人は、空気を上手に吸えていない可能性も考えられます。吸っている空気が少ないと、吐き出す空気も少なくなってしまいがち…。肺活量が少ないと言われた経験がある人は、声が小さい原因が吐く息の弱さにある可能性があります。

必要な筋肉が弱い

声を出すのに必要な筋肉が弱いことも、声が小さい原因になります。口の周りにある所謂表情筋や、横隔膜などの呼吸を行っている筋肉など、声を出すときに使われる筋肉が十分な力が出せていないと、大きい声が出にくくなってしまいます。

大きな声を出そうとしていきなり腹式呼吸をやってみても、声を出すのに必要な筋肉が弱いままだと小さい声が改善しにくい場合もあります。筋肉の弱さが原因かどうかはわかりにくいので、自覚している人も少ないです。

声が小さい人はどう思われる?

声が小さい人はどう思われる?
声が小さい人は、周りからどんな風に思われているか考えたことはありますか?声が小さいだけで周りにどんな印象を与えてしまっているのか、紹介します。

気が弱そう

声が小さい人の印象の多い意見の一つが「気が弱そう」です。声が小さいだけで、気が弱そうと思われてしまいます。「気が強ければ大きな声で話せるよね」というのが一般論と言えるでしょう。

声が小さいと、自分の意見を言うことができない気の弱い人に見えてしまいがち。声が小さいだけで、周りにナメられてしまうことも…。声が小さい上に、姿勢が悪くて背中が丸まっていたりすると、気が弱そうな印象をさらに強めてしまいます。

面白くなさそう

声が小さいと面白くなさそうという印象を与えてしまうことも…。声が小さいと「楽しくない」「つまらない」と思っていると勘違いされてしまうのです。

普段は大きい声で話せる人でも、面白くないと感じているときは不機嫌になって声が小さくなってしまいがち。そのため一般的に「声が小さい=機嫌が悪い(面白くない)」という方程式が出来上がっています。

実際は楽しんでいても声が小さいだけで「面白くなさそう」と周りに思われてしまうのはなんだか残念ですよね。

魅力的に見えない

魅力的に見えない
声が小さい人は魅力的に見えないという意見も。声が小さいと性格が暗く見られてしまいがちです。性格が暗そうな人は、あまり魅力的には見えませんよね。

しかも声が小さい人との会話は何度も聞き返さないと聞き取れなかったりして、イラついてしまうこともあります。コミュニケーションが取りにくいので、余計に魅力的に見えない印象を与えてしまいます。

自信がなさそう

声が小さいことが原因で「自信がなさそう」という印象を与えてしまうこともあります。自信がないときには、誰でも声が小さくなってしまうものです。そのため声が小さいと「自分に自信がないから小さい声で話してるんだ」と思われてしまいがち。

実際に自信がないことが原因で声が小さい人からすると、まさにそのまま相手に伝わってしまっていると言えます。

嘘をついていないのに「嘘をついている」と思われたりすることが多い人は、「発言に自信がない=嘘をついている」と相手に思われてしまっている可能性も…。

やる気がなさそう

声が小さい人は「やる気がなさそう」と思われてしまうことも…。学校の先生や職場の上司に「声が小さい!やる気がないのか!」と言われた経験がある人もいるはず。これは、やる気があれば返事や受け答えの声は大きいと考えている人が多いためと言えます。

実際にやる気がないわけじゃないのに、声が小さいだけでやる気がないと思われて怒られてしまうのはツラいですよね。声が小さい上に姿勢が悪い人は、やる気がないという印象を強めてしまう傾向もあります。

声が小さい人の悩み

声が小さい人の悩み
声が小さい人が抱える悩みはいろいろあります。ここからは、実際に声が小さいことが原因の悩みを紹介します。声が小さい人にとってみれば「声が小さいあるある」です。周りに声が小さい人がいる人は、声が小さい人の悩みを知るきっかけにしてみてください。

心無い言葉が、声が小さい人の改善を阻んでいることもあるんです。

「はっきり話せ!」と怒られる


声が小さいことが原因で「はっきり話せ」と怒られてしまうことも…。確かに声が小さいと相手に伝えたいことがうまく伝わらない場合もありますが、声が小さいだけで怒られてしまうのもツラいところ…。

声が小さい人の中には、話をすることを苦手としている人も多いです。「はっきり話せ」と言われることが原因で、余計に話をすることへの苦手意識が強まって改善しにくくなりがち。声が小さくて聞き取りにくくても、もう少し優しく改善の指摘をして欲しいものですね。

返事をしたのに「聞こえた?」と言われる

返事をしたのに「聞こえた?」と言われる
「仕事中に先輩に仕事を頼まれたので『わかりました』と返事をしたのに、先輩が若干キレ気味で『ねぇ!私の言ってること聞こえた?聞こえてないの?え?まさか無視したの?』と詰め寄られた。ちゃんと返事したのに…。私の声が小さいことが原因ですね。ハイ、すみません。」(20代/女性/事務職)

「僕の嫁は声が大きい。嫁に比べると僕の声は小さい。嫁はよく話す。僕は嫁の話をただひたすら聞くことが多い。嫁の話に相槌を打ったり返事をしていても『ねぇ聞いてるの?』『ねぇ聞こえた?』と言われることが多い。

『返事したじゃん』『聞こえてるから相槌打ってるんだけど』と言い返すと、『聞こえない返事は返事と認めない』『相槌かよ!独り言かと思ったよ』とキレられる。どうして毎回返事が届かないんだろう?やっぱり俺の声が小さいのが原因なのか…。」(40代/男性/会社員)
返事の声が小さいあまり「聞こえた?」と言われることが多いのも悩みの一つです。返事をしたのに「聞こえているくせに無視をした」と勘違いされてしまうことも…。

一緒に過ごしている妻や夫、親や兄弟など、家族に何か言われるたびに「聞こえた?」「聞いてる?」と言われるのもストレスになりがち。返事をしていないなら聞かれても仕方ないと思えますが、返事をしたのに返事をしていないと思われてしまうのはツラいですね。

日常の中で「聞こえた?」を頻繁に言われると、改善するために常に気を配っていなくてはいけなくなってしまいます。

何度も聞き返される


声が小さいことが原因で、相手に何度も聞き返されてしまうことも悩みの種です。何度も聞き返されること自体が悩みなのではなく、何度も聞き返してくる相手に対して申し訳なさが募ります。まさに声が小さい人あるあるですね。

近しい人に対してだけではなく、会社の取引先やたまたま入ったコンビニの店員さんなど、いろいろな人から自分の声の小ささを気づかされます。何度も聞き返されて声の小ささに気づかされると、そのたびに改善しようという気持ちが湧いてくるのです。

話の途中に割り込まれる

話の途中に割り込まれる
「毎日閉店後に従業員とミーティングをするんだけど、話をしているとしょっちゅう『聞こえませ~ん』『何言ってるかわかりませ~ん』と話を折られる。確かに自分は声が小さい。気をつけてるつもりなんだけどなー…。」(40代/男性/飲食店店長)

「サークルで気になってた子とたまたま話す機会をゲット。ただでさえ声が小さいのに、緊張も重なっていつも以上に声が小さくなってしまった。気になっていた子は、何度も聞き返したりしてて、俺の声の小ささに戸惑っていた。

その子の戸惑っている様子に気づいた友達(女慣れしているヤツ)が、俺の話に割り込んできてその子との会話を独占してしまった…。せっかくのチャンスがぁぁ!!」(20代/男性/大学生)
話しているときに「聞こえない」などと話を折られることも良く起こります。声が小さいことを自覚している人は、周りに聞こえるように話をしようと努力しています。それなのに「聞こえない」と言われてしまうと、どうしたらいいかわからなくなってしまいますよね。

さらに声が小さいと、話の途中でもほかの人に割り込まれて話す機会を奪われてしまうことも…。好きな人や憧れの人が相手だと緊張してしまっていつも以上に声が出なくなることも、声が小さい人のあるあるです。

話したいことも割り込まれたら話せなくなってしまうので、ツラいものがありますね。

注文が伝わらない



声が小さいことが原因で、注文したものと違うものが提供されることもあります。声が小さい自分が悪いのか、聞き取れなかった店員に落ち度があるのか…。

混雑時に間違えられると、間違いを指摘するのも申し訳なかったり、間違いを指摘してまた料理が運ばれてくる億劫になるので、間違えられたままで納得せざるを得ない場合もあります。

注文の間違いを指摘したとしても、声が小さすぎて指摘に気づいてもらえないことも。どちらにしても、間違えられたままのものを受け入れることが多くなりがちです。

声が小さい人の改善方法

声が小さい人の改善方法
ここからは声が小さい人の改善方法を紹介します!大きい声が出ない自分を改善したいと思ったときが、改善のスタートです。

改善方法をマスターすれば、声が小さい原因を払拭できて、小さい声が改善されますよ。声が小さい原因が心理的なものなのか、身体的なものなのかで改善方法も変わってきます。自分に合った改善方法を見つけてみましょう。

改善方法①口を大きく開ける

まず鏡の前でいつものように話してみましょう。口があまり開いていないと感じた人は、口の開きの小ささが声が小さい原因の可能性があります。口を大きく開けることで改善できるはず。

自分では大きく口を開けているつもりでも、実際に話しているときは思っているより口が開いていないこともあります。口を大きく開く発声練習で改善を試みましょう。

口を大きく開ける発声練習は、口の開きをよくするだけではなく、滑舌の良さや表情筋を鍛える運動にもなるので、より改善が期待できます。

改善方法②姿勢を良くする

猫背になっているなど姿勢が悪い人は、姿勢を良くするところから改善していきましょう。大きい声を出すには姿勢も大切です。姿勢を良くすれば徐々に小さい声が改善できます。

姿勢が良くなれば、空気の通り道が確保しやすくなるので大きい声が出しやすくなります。さらに、うつむき気味な姿勢よりも正しい姿勢の方が気分も前向きになって、心理的にも良い効果が得られます。

姿勢を改善すれば、大きい声が出せるようになるだけでなく、体の不調なども改善されたり、気が弱そうな印象を払拭することも可能になります。まさに一石二鳥以上の効果です!

改善方法③表情筋を鍛える

表情筋を鍛えることも、声の小ささを改善する手段の一つです。滑舌の悪さが原因で声が小さくなってしまっている人や、顔周りの筋肉が弱いことが原因で大きい声が出ない人は、表情筋を鍛えるのが改善の近道です。

特に滑舌の悪さがコンプレックスになっている人にうってつけの改善方法です。表情筋を鍛えて滑舌が改善できれば、コンプレックスも感じなくなりますよ。小顔効果も期待できるので、ぜひ実践してみてください。

改善方法④深呼吸でリラックスする

緊張が原因で声が小さい人、周りの顔色を伺ってしまうのが原因で声が小さくなってしまう人は、深呼吸でリラックスすることを習慣にすると改善に繋がります。

緊張する人や周りの顔色を伺っている人の場合は、話をするときに筋肉が緊張しているのが声が小さい原因の可能性があります。深呼吸でリラックスすることは筋肉の緊張をほぐす効果があります。筋肉がほぐれれば大きな声が出しやすくなります。

筋肉をほぐすにはしっかりとした深呼吸が大切です。普段から正しい深呼吸を習慣にしておけば、緊張しているときにもしっかりと深呼吸できるようになり、小さい声が改善されやすい状態が作れますよ。

改善方法⑤自信をつける

改善方法⑤自信をつける
自信のなさが声が小さい原因になっている人は、自信を持たない限り改善が見込めません。とにかく自分に自信をつけることが改善の第一歩です。

自信がない原因を探るのも手ですが、悪いところだけじゃなく自分の良いところを評価してあげることも自信に繋がります。どんな人にでも自慢できるような良いところはあるはず。どんな小さなことでも良いので、思いついたらノートに書いてみるのもアリです。

自信をつけるために、イメチェンしてみるのも良いでしょう。店員さんに服を選んでもらったり、美容師さんにお任せで髪を切ってもらうのも効果的です。いつもと違う自分を知ることで、心理的な原因は改善されやすくなりますよ!

自信がもてない人の改善方法についてもっと詳しく知りたい人は、下の記事をチェックしてみてください。

改善方法⑥大きい声を出す快感を知る

改善方法⑥大きい声を出す快感を知る
大きい声を出す快感を知ることも改善に繋がる方法の一つです。カラオケや海など、大きい声を出しても問題のないところへ行って思う存分声を出してみましょう。

大きい声を出す自信がなくても問題ありません。姿勢や表情筋を改善してからでも大丈夫です。自分なりに大きい声を出してみると、意外とスッキリして大きい声を出す快感が得られます。快感を知れば大きい声を出すことに抵抗がなくなってくるはず。

心理的な原因で大きい声が出せない人に、特におすすめの改善方法です。最初は小さい声でも徐々に自分の声の大きさが改善されていることに気づくようになります。

大きい声がでなくても大丈夫!

大きい声がでなくても大丈夫!
大きい声が出ないと、周りからの印象が悪かったり、怒られることが多かったり、相手に申し訳ない気持ちになったりと、嫌なことが多いですよね。

でも大きい声が出れば良いということでもありません。周りを気にせず大きい声で話している人は、周りに迷惑がられるだってあります。声が小さい人は、こんな迷惑を周りにかけることはないでしょう。

大きい声が出ないなら、声が小さい自分を改善すればいいだけです。改善するために、声が小さい原因も知っておきましょう!大きい声がでないからって自分を責めてしまうのはNGです。むしろ「大きい声が出なくても大丈夫」くらいに開き直ると改善しやすくなりますよ!

関連記事では性格についての話題を取り上げています。ぜひこちらもお読みください。

Related