Search

検索したいワードを入力してください

「人たらし」は人生おトク!?特徴や人たらし術を紹介!
2018年12月22日

「人たらし」は人生おトク!?特徴や人たらし術を紹介!

みなさんは人たらしの本当の意味はわかりますか?人たらしが嫌いだと感じる方も、この記事を読んでみると印象が変わるでしょう。しかし、人たらしは人生を得しているといわれています。そんな人たらしの特徴やテクニックをご紹介していきます。

人たらしとは

人たらしとは
最近「人たらし」という言葉をよく耳にしますが、みなさんはどのような意味か知っていますか?

悪いイメージが浮かび上がる言葉ですが、現代での人たらしはいい意味で使われることが多いです。数人のグループ内の中心にいつもいて、先輩や上司から可愛がられる人を人たらしと呼びます。

つまり、目上の人に対するコミュニケーション能力にたけていて、多くの人に好かれる人に多いと言えるでしょう。

人たらしって褒め言葉なの?

人たらしって褒め言葉なの?
ここで疑問になってくるのが、実際に人たらしという言葉が褒め言葉で使われているのか?ということです。

言葉の語源について知りたい方なら、人たらしという言葉がどのように使われ始めたかを知りたい方もいるのではないでしょうか。

詳しく調べてみると、実は現代とは違う使われ方をしていたことがわかりました。詳しく見ていきましょう。

本来の意味は悪い意味

人たらしは漢字で「人誑し(ひとたらし)」と書き、本来の意味は「人をだます」といった悪い意味だと言われています。

言葉をうまく使って人をだましたり、甘い言葉を使って人を誘惑するようなことを意味します。女性をもてあそぶ男性のことを「女たらし」とも言いますが、そのように本来は悪い意味で使われていたようです。

人たらしは「愛され上手」

本来悪い意味で使われていた「人たらし」ですが、いい意味で使われ始めたのは「豊臣秀吉」が関係していることを知っていますか?

秀吉は人のこころをつかむ才能があり、人の懐に入るのがうまかったようです。このことを司馬遼太郎が書いた「新史太閤記」にて「人たらしの天才」と表現したことから、いい意味で使われるようになりました。

このように、家来だった秀吉が周りの人物から慕われるようになり、上司から愛されていました。このように人たらしは愛され上手だと言えるでしょう。

人たらしな人の特徴

人たらしな人の特徴
人たらしは愛され上手で、目上の人からはよくされることが多いですが、一方で周りからはよく見られない可能性もあります。

例えば、あなたの方が仕事や行動が早いのに、それ以外で可愛がられている人をみるとどう思いますか?あなたは良い気がしないはずです。

しかし、人たらしは社会をうまく生きるためには必要なツールになるでしょう。相手からいい印象をもたれますし。

そんな人たらしの特徴を一緒に見ていきましょう。

特徴①笑顔が絶えない

特徴①笑顔が絶えない
人たらしの方に最も多い特徴としては、笑顔が絶えないことが挙げられます。あなたの周りにいつもニコニコしている方もいるでしょう。

不機嫌になることは基本的になく、笑顔を絶やさないことで周りが近づきやすい雰囲気を醸し出しています。

そのため、目上の人や後輩からもよく話しかけられるようになり、いつでも周りに人がいる状態が多いでしょう。

しかし、なかには笑顔を絶やさないという特徴をわざとらしいと思っている方もいます。いつも上司に良い顔ばかりしていると、同僚に不快感を与えるでしょう。

特徴②礼儀正しい

人たらしの方は、誰に対しても平等に接するという特徴があります。誰からも愛されたいと感じ、敵を作りたくないことから相手が嫌だと感じる行動はしないでしょう。

また、上司をうまく立てるように接し、真面目に物事を行うことで信頼を得ることができます。挨拶や謝罪も礼儀正しく行うため、特に上司から好印象を持たれやすい特徴があるでしょう。

このほか、相手が年下や同級生であっても、お互いをよく知らない間柄の際は敬語を使う特徴があります。このようにすることで、少なくとも相手から好印象を得られることを人たらしの方は知っています。

特徴③人に頼るのが上手い

特徴③人に頼るのが上手い
人たらしの人は礼儀正しいのですが、人を頼るときに甘え上手であるという特徴もあります。

普段真面目に仕事をしている姿を見ていると、頼み事を断ることって難しいですよね。そのため、ちょっとした自分の考えやわがままを聞いてもらえることが多いのです。

そのため、その人自身だけで仕事をすることが難しいものでも、他人の力を借りることでスムーズに仕事を進めることができるでしょう。

しかし、相手に頼ってばかりだと自然と周りから人は離れていきますよね。普段から他人のことを考えたりすることで、相手から信頼されているからこそ、人に頼ることが上手いと言えるでしょう。

特徴④肯定的に考える

あなたは否定的な発言が多い人と一緒にいたいと思いますか?多くの方は一緒にいたくないと答えるはずです。

人たらしの方は肯定的に物事を考えて発言することが特徴に挙げられます。人は肯定的な発言や一緒にいて楽しいと思う側に集まる傾向があるといわれています。

人たらしの方はその傾向をよく理解していて、肯定的に考えて行動していれば人は自然と寄ってくることがわかっています。

そうすることで、気が付いたときに周りにはいつも人がいることが人たらしの特徴です。

特徴⑤聞き手と話し手を使い分ける

特徴⑤聞き手と話し手を使い分ける
人たらしの方は相手のことをよく覚えているという特徴があります。そのため、相手が相談の続きをしてきても覚えているので、相槌をうまく使いながら聞き手に徹することができます。

聞き手の際は、余計なことや否定的なことを全く言いません。相手の話が一段落つくまで聞き手に徹するため、相手は信頼して話をしてくれるのです。

一方で話し手にも徹することができる特徴もあります。人たらしの方は他人に自分を知ってほしいと思っているため、率先して話すことができますよ。

しかし、話過ぎてしまうと相手から嫌なように思われることも。何事も話し過ぎには注意した方がよさそうです。

特徴⑥距離の取り方がうまい

初めて会う人や面識が少ない人との距離感がわからなくて、気づいたら相手が少し引いてしまっていた経験を持つ方もいるでしょう。

人たらしの方はどんな人であっても距離の取り方が上手で、相手も心を開きやすい特徴があります。親しくなった方と距離感をとるのもうまく、喧嘩になることはほとんどありません。

ちょうどいい距離感を保つことで、お互いに気をつかうことなく気持ちよく過ごすことができるでしょう。この特徴は社会に出ると大変役立ちます。

特徴⑦面倒見がいい

特徴⑦面倒見がいい
自分から人に関心を持たれて、褒められることが嬉しい人たらしの方は、特徴に面倒見がいいということも挙げられます。

そのような特徴からよく周りを見ているため、同僚や部下をよく気にかける傾向があります。こういった面倒見の良さから、上司や後輩から慕われるようになるでしょう。

しかし、人たらしの方だけ慕われていると、会社や学校の同僚から勘違いされて妬まれることもちらほら。

自分だけ慕われるようにするのではなく、同僚も慕われるようにするように工夫する必要があるでしょう。

特徴⑧人を褒める

どんなささいなことでも、相手から褒められると嬉しいですよね。褒めることで人は成長するという言葉もあるほど、褒めることは人にとって重要です。

人たらしの方は、他の人より人を褒めることに長けているという特徴があります。なぜなら、相手をよく観察しているため、褒めるべきタイミングで褒めることができているからです。

このようにすることで相手の心に響きやすくなり、その人を信頼してくれるようになります。いいところを見つけて褒めてくれると、相手もやる気が出ますよね。

特徴⑨人懐っこい

特徴⑨人懐っこい
人たらしの方は、とにかく人懐っこいという特徴があります。相手のことを嫌がっているとその雰囲気は伝わってしまうもの。しかし、人たらしの方は人が好きであるため、いい印象をあたえることができます。

また、相手のことを名前で呼ぶという特徴もあり、インパクトがあるために相手も名前を覚えてくれるようになります。

しかし、いきなり馴れ馴れしくされるのが嫌であったり、自分だけこのようにしているとその場所で浮いてしまうことも。

喜んでくれる人と嫌だと思う人の両方がいることに注意が必要ですね。

今日から使える人たらし術を紹介

今日から使える人たらし術を紹介
人たらしの方の特徴を挙げてみましたが、何だか身につけるとおトクな面が多そうですよね。でも、人見知りだからこんなのできないと思っている方もいるでしょう。

実は人たらしと言われる方にも、努力してご紹介したような特徴を実践している方も多いです。あなたもちょっとした特徴や技を実践するだけで、明日から人たらしに近づくことができるでしょう。

ここからは人たらしに近づきたい方のために、今日からでも使える人たらし術をご紹介していきます。簡単にできることが多いので、挑戦してみてくださいね。

人たらし術①会話の内容を覚えておく

コミュニケーションの基本は会話をすることですよね。次会った際に、相手が前の会話の内容を覚えていたら、あなたはきっと嬉しく感じることでしょう。

人たらしの方はそのような人が嬉しくなる特徴を理解しています。ただ会話をするのではなく、相手の話をしっかりと聞くことを心がけましょう。

一生懸命相手の話を聴くことで、会話の内容を覚えやすくなります。このようにすれば相手があなたに抱く印象もよくなり、仕事がうまく進んだり、良い仲間増える可能性がありますよ。

人たらし術②服装・髪型など具体的に褒める

人たらし術②服装・髪型など具体的に褒める
褒めてみることを人たらし術として挙げてみましたが、人をいざ褒めるとなると、どのように褒めればいいかわからない方も多いのではないでしょうか?

人たらしの方は褒めるのが上手いという特徴がありますが、ささいなことを褒めているのです。例えば、髪型や服装、アクセサリーなど何気ないことを褒めてみてはいかかでしょうか。

意外と褒めやすいですし、褒められた相手も嬉しいと感じるはずです。褒められることに対して、人は悪く思わないことがほとんどです。

まずは人を褒めることから始めるのも、人たらし術の1つです。

人たらし術③感謝を忘れない

人たらし術③感謝を忘れない
「ありがとう」という感謝のことば、面と向かって言うとなると意外と難しいですよね。特にすぐ言うのは難しいです。

しかし、感謝の気持ちは時間が経てば経つほど忘れてしまいがち。これは申し訳ない気持ちのときも一緒でしょう。

相手に感謝する言葉や、申し訳ないと思う言葉を素直に言える方は素敵ですよね。人たらしの方はこれらが自然とできてしまう特徴があるようです。

これらの言葉をただ口にするだけでなく、目を見て言うことができれば、相手に気持ちがより伝わって好印象を与えることができるでしょう。

人たらし術④周りをよく観察する

人たらし術④周りをよく観察する
周りを観察すると、会社の同僚や学校のクラスメイトの癖が分かるようになります。困っているときの癖や退屈そうなときの癖が特にわかるでしょう。

会話をすることも大切ですが、相手が意図していない癖も把握しておくことで、話しかけに行くタイミングを伺うことができますね。

また、相手が悩んでいたり、困っているような仕草を普段の観察で見分けることができれば、声をかけることができるでしょう。

人たらしの方はこれらが非常にうまい特徴をもっています。なぜなら、このようにしてくれる人は頼りやすい存在になるからです。

人たらし術⑤常に笑顔でいる

会社や学校に行った時には、常に笑顔にしておくといいでしょう。人たらしの方はこれが自然とできていますよ。観察してみてください。

挨拶する際も笑顔で行うと相手は好印象をもちますね。あなたも笑顔で挨拶をされると、ほっこりして元気が湧いてくるのではないでしょうか。

笑顔をあなたの特徴にすることで楽しそうに話ができますし、自然と相手は寄ってきます

嫌なことや人の悪口は、相手の気分を悪くしてしまいます。相手の気を引くためにこれらの話をする方もいますが、得することはないのでやめておきましょう。

人たらし術⑥自分から話しかける

人たらし術⑥自分から話しかける
会社や学校のなかには、寡黙な人や自分のことを話そうとしない方もいますよね。そういった相手には、あなたから話しかけてあげるといいでしょう。

あなたから話しかけて、相手よりも先にプライベートや趣味などの話をしてみましょう。先にあなたが話すことで、相手も少しずつ話すようになるはずです。

話の流れで相手に話を振ることも、相手が喋りやすくなるテクニックの1つです。あなたが先に心を開くことで、相手も心を開くという特徴を人たらしの方は理解しています。

気になっていたり、仲良くしたい相手にはあなたから話しかけて行くことも重要ですね。

人たらし術⑦相手に共感する

人たらし術⑦相手に共感する
人たらしの方は、相手の話を聞きながら共感していることを相手に伝えるのが上手いという特徴があります。

相手からするといい聞き役になるため、悩みや愚痴の話相手になることも少なくないでしょう。

ここまで聞くと人たらしの方は完璧だと思いますが、実は意見を言うことが苦手という特徴もあります。それをカバーするために共感を表しているのです。

例えアドバイスがなくても、しっかりと共感してくれることで相手は話を聴いてくれたと思い、すっきりするものです。

相手の機嫌をとったり、信頼されるという面では、こちらも人たらし術といえるでしょう。

人たらし術⑧リアクションを大きくする

人たらし術⑧リアクションを大きくする
明るくて場を盛り上げる力を持っている人は好まれることが多いですよね。このような方はリアクションや反応がいいという特徴があるのを知っていますか?

ただジェスチャーを大きくするのではなく、いつもより笑顔を多くしてみたり、歯をみせるようにするだけでも相手に与える印象は変わってきます。

笑顔をみせるときは思い切って楽しそうにし、相手を褒める際は大げさなぐらい褒めるといいかも。

相手が引かない程度に、表情にバリエーションを取り入れるだけでも、相手に好印象を与えることができるので、試してみてください。

人たらし術⑨相手の名前を繰り返す

人たらし術⑨相手の名前を繰り返す
ここからはビジネスの場面で使える人たらし術です。営業先を回る際に、いかに相手に名前を覚えてもらうかが重要だったりしますよね。この効果的な方法として、相手の名前を繰り返すことが挙げられます。

お互いに名前を呼び合うことで、人間は無意識の内に親近感が湧いてくると言われています。そのため、初対面でも積極的に相手の名前を繰り返すことで、相手に好印象を与えることができるでしょう。

不自然にならない程度に名前を呼ぶことで、自分の特徴として相手に覚えてもらうことができます。名前の次に役職名をつけて呼ぶと、より顔を覚えてもらえるようになるでしょう。

人たらし術⑩事前に相手の情報を調べておく

初対面の方とお会いする時に、事前に情報を調べておくとビジネスの場面では非常に役立つでしょう。

情報収集には苦労することもありますが、その苦労は決して無駄になりません。必ず相手にプラスの印象を与えることができるはずです。

このようにすることは自分の特徴の1つにもなり、周りからの評判も良くなるでしょう。また、初対面の相手にもよくできる人だと信頼を得ることができるはずです。

最初は難しいこともありますが徐々に慣れていきましょう。あなたが人たらしだと思う方が周りにいれば参考になるかも。

人たらし術⑪笑いをとる

人たらし術⑪笑いをとる
ビジネスでは、堅苦しい雰囲気や緊張感がたっぷりな場面も多いでしょう。そんな時にあなたのさりげない一言で場が和んだら、きっと周りの人もあなたに好印象を持つでしょう。

休憩時間に笑いをとることができれば、あなたのことを明るくて面白い一面をもつ特徴があるとわかります。そこから会話が広がったり、仕事も上手くいくようになるかも。

一見難しいように思えますが、周りをよく観察しているという人たらしの特徴があってこそできるテクニックの1つです。チャレンジしてみましょう。

人たらし術⑫適切な距離感を保つ

さきほども人たらしの方は距離感をとるのが上手い特徴があるとお伝えしました。しかし、ビジネスではどんなに仲が良くても礼儀正しくする必要があるでしょう。

近づきすぎると相手から嫌がられたり、引いてしまうこともありますし、遠すぎると相手から気にかけてもらえないこともちらほら。

「親しき中にも礼儀あり」という言葉がありますが、まさにビジネスの場ではぴったりだといえるでしょう。

取引先の相手とは、特に距離感を意識するように心がけましょう。

人たらし術⑬相談事を上司に話す

人たらしの方は相手の話を聴くことが多い特徴があるとお伝えしましたが、あえて相談事をしてみるのはいかがでしょうか。ここでは、上司や目上の人に行うのがポイントです。

人は相手から相談されることで、信頼されているとともに必要だと思ってくれていると感じます。すると、相手はアドバイスをくれたり、助けてくれることでしょう。

内容は何だって大丈夫です。話していくうちに、本当の相談事は生まれるものです。

しかし、あまりに深刻な内容であると相手も面倒くさくなってしまうので、あなたがされると困る相談事は止めておいた方がよさそうです。

人たらし術は恋愛に活きる!

人たらし術は恋愛に活きる!
人たらし術は学校やビジネスの場で有効活用できますが、実は恋愛の場面でも活用できるのを知っていますか?

人たらしの方は自然と周りに人が集まってくるという特徴がありますが、その分恋愛のチャンスが訪れる確率が高いと言い換えることもできますね。

しかし、人たらし術を使った恋愛テクニックは、周りからみるとあざといと思われることもちらほら。ですが、大好きな相手と結ばれるのに大きく近づくことができます。

ここからは、なぜ、人たらし術が恋愛に活きるのかという特徴をご紹介していきます。ビジネスと恋愛では特徴は異なるため、ぜひ目を通してみてください。

特徴①ニックネームを使う

最初は微妙な距離感でも、話していくうちにニックネームを付けて呼んでくる方は周りにいませんか?恋愛においては、距離感をつめるためにニックネームを使うのが特徴です。

恋愛関係に発展したいときは、グッと距離感を縮めておきたいのは誰しもが思うはず。人たらしの方はその距離感の詰め方も絶妙で、流れで下の名前やニックネームで呼ぶようになります。

人間の特徴としてニックネームや下の名前で呼ばれると、親近感がわくと言われています。そのことを人たらしの方は無意識に恋愛でも使っているのかも知れません。

特徴②弱みをみせるのが得意

人って他人に弱みを見せるのが苦手だと思いますよね。日本人は特にその傾向が強いです。しかし、人たらしの方はあえて弱みをみせるという恋愛での特徴があるみたいです。

弱みをみせるといってもいきなり重い相談事ではなく、ちょっとした悩み事や恥ずかしかった出来事を話します。

このことで、相手がどの程度自分に興味をもっているのかを人たらしの方は図っています。ばれてしまいそうなものですが、ばれないように上手にするのが人たらしの方の特徴と言えるでしょう。

特徴③好きな人には自然体

特徴③好きな人には自然体
人たらしの方は人と争うことを拒む特徴があるとお伝えしましたが、この特徴が関係して好きな人の前でも自然体でいることが多いです。

男女問わず、好きな人の前でも自然体でいることで素の自分を相手に知ってもらうことができるとともに、自分も気を使わないのでストレスがかかりません。

そんなあなたをみると、「話しかけやすい」「遊びに誘いやすい」と相手は思うはず。あえて自然体でいるのもいいでしょう。

特徴④外見が美形すぎない

あまりに美人やイケメンすぎると、いくら好きでも近づくことって難しいですよね。しかし、よく考えてみると人たらしの方の多くは、美形すぎない方が多いです。

人たらしの方はグループの中心にいることが多く、恋愛対象になることが意外に少なかったりします。でも、そんな方の顔がタイプな人もいるはず。

人たらしの方の魅力にはまれば、顔なんて関係ないですよね。人たらしの方は気配り上手で人脈も広く、よく相手を観察しているため、将来のパートナーにはぴったりかも。

特徴⑤よく気が付く

特徴⑤よく気が付く
人たらしの方はよく周りを観察している特徴があります。これは恋愛にも関係があり、好きな人の変化にはよく気が付くことができます。

例えば髪型や化粧、アクセサリーを変えたことも気づきますし、体調の変化や悩んでいる様子をみると声をかけてくれる優しさも兼ね備えています。

好きな人に変わった場所を気づいてもらえるのは嬉しいし、言いにくい体調の変化にも気づいてくれると助かりますよね。

あなたはこれをされると相手を好きになるでしょうし、あなたがすれば、相手は目を向けてくれるはずです。

今日から恋愛で使える人たらし術を紹介

今日から恋愛で使える人たらし術を紹介
恋愛における人たらしの方の特徴をご紹介しましたが、いかがでしょうか。意外と周りにもしている方は多いのではないでしょうか。

好きな相手を振り向かせることができるなら、人たらし術を使ってみたい方も多いはず。そんな方のために、今日から恋愛で使える人たらし術をご紹介していきます。

人たらし術①注意も素直に聞く

男女問わず、仕事や学校の好きな人の前で、あるいはデート中にとあることをして注意されることもあるでしょう。その際に、注意を素直に聞けるかどうかがカギとなります。

失敗しても反省の色が無ければ相手から見放されてしまいますが、特に女性が注意やアドバイスを素直に聞いていると、男性は女性をしっかり者だと思いますよ。

人たらしの女性にはこのような特徴を持っている方が多いです。素直に聞くと、周りも助けてくれるようになりますし、恋愛もうまくいくようになりますよ。

人たらし術②一歩下がることが得意

人たらしの女性は、一歩下がることが他の女性と比べて得意という特徴があります。つまり、自己主張をするのではなく、周りの雰囲気を察して物事に取り組む傾向があります。

このような女性を男性はよく好みます。男性は女性の上に立ちたいと考えてしまう生き物であるため、本能的に好むようになっているのです。

「あまり料理が上手じゃないんだよね」「行きたいところはあなたに任せるよ」のようにあえて控えめに言って、促されると行動したり意見を言うのもいいでしょう。

促された際に喜んでいる姿をみせると、相手も嬉しく思いますし、あなたのことが気になって仕方がなくなるでしょう。

人たらし術③プラス思考で考える

人たらし術③プラス思考で考える
人たらしである女性は特に、物事をポジティブに考える特徴があります。男性は物事をマイナスな視点で考える方が多いため、恋愛関係だと結構うまくいくようです。

その影響で人たらしの女性は、失敗をしてもすぐにカミングアウトしてくれます。失敗を隠さないのは、男性からしても好印象ですよね。

失敗しても悲壮感を周りに感じさせないをするため、周りから手助けをしてもらったり、しょうがないと思ってもらうこともちらほら。

あざといと感じる方もいるでしょうが、プラス思考の方が恋愛関係はうまくいきますよ。ぜひ普段からプラスに考える習慣をつけてください。

人たらし術④女性に優しく

ここからは男性における恋愛に関しての人たらし術です。人たらしの男性は、どのような女性に対しても優しく接する特徴があります。

女性優しく振る舞うのはもちろん、男性に対しても優しい人たらしの方は多いようです。そのため、常に気遣ってくれたり優しい言葉をかけてくれるでしょう。

いきなり優しくするのは男性にとっては恥ずかしさを感じることもありますが、優しい男性のことを女性はカッコイイと感じます。

ぜひ、周りの人に優しくしてみてください。きっといいことがありますよ。

人たらし術⑤見えないところで努力している

人たらし術⑤見えないところで努力している
人たらしの男性というのは、周りに人がいると明るく盛り上げようとしていますが、実は見えないところでは努力しているのです。

例えば、好きな人と話をしているなかで、その女性が好きというアーティストの名前が出たとします。男性が詳しくなかったとしても、次のデートまでにはしっかり曲を聞いてきてくれるなどの努力をしてくれます。

一見関係ないと思いますが、「私のためにこんなに聴いてきてくれたんだ」と女性は思ってくれます。この何気ない努力を行うだけで会話も盛り上がることでしょう。

人たらし術⑥妄想の余地を残している

人たらし術⑥妄想の余地を残している
人たらしである男性は、自分に気があると思われる女性たちに他の相手がいるのではないかという妄想をさせるテクニックをもつ特徴があります。

例えば、あなたが好きっぽい服を着てこなかったり、デート中に電話やメールを気にしていることなどが挙げられます。一瞬浮気しているのではないかと思いますが、この時点で人たらしである男性のツボにはまっていますよ。

つまり、わざと気にさせるようにして相手の妄想を膨らませたり、あなたの好きという気持ちを膨らませようとしているのです。

このように妄想をできる余地を残しておくことも場合によっては大切ですね。

人たらし術⑦心をオープンにする

女性からすると、いつまでたっても敬語はイライラするし、かといっていきなりため口でもイライラしますよね。

しかし、人たらしの男性はこの距離感をさぐるのが抜群にうまい特徴があります。敬語とため口をうまく使い分けることで、気になる女性に心開いているようにみせています。

心開いているように感じると、女性も話しやすいですよね。そこから話を盛り上げて、恋愛関係に発展することもあるでしょう。

人見知りになるのではなく、心をオープンにすることが気になっている女性とお付き合いに近づくことの1つかも。

人たらし術⑧さりげない褒め言葉を言う

女性は男性から褒められると嬉しいですよね。それがあまり気づかれないようなことを褒められると余計にうれしく感じるものです。

「可愛い」「綺麗だね」と端的に褒めるのではなく、具体的な箇所を照れずに褒めているのが人たらしの男性によく見られる特徴です。

褒めることで好きな相手との距離はグッと縮まるはずです。思い切って、良いと感じるところをほめてみてはいかがでしょうか。

人たらしになろう

人たらしになろう
ここまで長く人たらしの特徴やテクニックをお伝えしてきましたが、デメリットよりもメリットの方が多いと感じたのではないでしょうか?

このように人たらしは自然にできる人もいれば、努力してできる人もいます。努力して人たらしのテクニックをしてみると、今までと相手からの印象が変わることもあるでしょう。

確かに、人たらしの方が周りから嫌われることもありますが、それよりも周りが助けてくれたりと交友関係がひろがって人生はとてもお得になります。

ぜひ、人たらしのテクニックを身に付けて、人生をお得に過ごしてみてはいかがでしょうか。

Related