Search

検索したいワードを入力してください

「読書の効果・メリットは想像を絶する!」本を読む素晴らしさ
2019年01月06日

「読書の効果・メリットは想像を絶する!」本を読む素晴らしさ

みなさんは読書をしていますか?読書はみなさんが想像している以上に大きな効果やメリットがあります。生活を豊かにしたい方には読書がとてもオススメです。そんな読書について、さらに効果的な仕方を準備から説明します。読書を習慣づけたい方は読んでみてください。

頭がいい人は読書をしている?

頭がいい人は読書をしている?
最近は若者の活字離れが加速しており、電子書籍で漫画を読む人もいれば、全く本を読まない方もいるでしょう。そんな人の中には、読書の何がいいのかわからない方も多いはずです。

本には多くの種類があり、自分にあったジャンルの本を読むことができます。特にノンフィクションには先人たちの知恵が書かれており、とても勉強になりますよ。

頭のいい人ほど読書をしていて、本から多くのことを学び効果を得ている方も多いのですあなたの周りの読書好きな方も、頭がいいと感じるはずです。

頭がよくなりたい人はこちらの記事を読んでみてください。

読書の効果とメリット《会話編》

読書の効果とメリット《会話編》
頭がいい人が読書をしているのが分かったところで、それ以外にも読書がもつメリットや効果を知りたいと感じる方もいるのではないでしょうか?

読書は多くの場面でメリットとなることが知られています。ここからは場面別の読書の効果やメリットをみていきたいと思います。

まず、最初の場面は会話です。少し読書をしているだけでも、様々な人と会話をする場面で効果を発揮するでしょう。そんな一例についてみていきます。

メリット①世間の話題についていくことができる

普通に生活しているだけでは、ニュースで取り上げられた話題しか耳に入ってきませんよね。しかし、読書をしていれば今まで知らなかった話題や世界について知ることができます。

読書で得られた幅広い知識は友達や同僚、親戚との会話といった多くのコミュニケーションの場であなたを助けてくれるはずです。

あなたが知らない話題になってしまい喋ることができなかった経験もあるでしょう。読書をして少しでも多くの話題に触れることによって、話題についていけるメリットや効果がありますよ。

お喋り好きな方は移動時間に読書をしてみてくださいね。

メリット②会話の幅が広がって異性にモテる

メリット②会話の幅が広がって異性にモテる
読書をすることで多くの知識が身に付くため、会話の幅が広がります。会話の幅が広がると、自然と様々な人の話に対応できるようになり、また面白い話題を提供できるようになるので、異性にモテるようになるでしょう。

男女問わず何でも知っている方は魅力的に感じるもの。それに加えて、相手が「なるほど」と思うような、聞いて嬉しい楽しい知識を話すことができれば、あなたの評価も上がるでしょう。

ちなみに、好きな人がいる方はその人が好きそうなジャンルの本を読むと効果的です。今まで以上に会話が弾むようになるというメリットがありますよ。

メリット➂豆知識が身に付く

メリット➂豆知識が身に付く
読書をしていると、ちょっとした豆知識が身に付くという効果やメリットがあります。それによって、読書をすることで相手に教えたいことが増えてくるでしょう。

相手に関心を持ってもらおう、楽しませようとする方は読書好きな方が多いですよ。そういう方にはジャンルを問わず読んでいる方が多いため、多くの視点から豆知識を話してくれます。

豆知識を身に付けたい方は読書をしてみてください。

メリット④表現力が豊かになる

本は著者によって書き方が異なります。本の言葉は著者そのものを表していて、著者の異なる本を読めば、様々なバリエーションの表現や言い回しを知ることができるというメリットがあります。

日常生活では、会話をしたり遊んだりする友達は限られているでしょう。しかし、読書をすることで普段関わることのできない人の考え方や表現を知ることができます。つまり、様々な著者の本を読むことで、豊かな表現力を身に付けることができるということです。

表現力が豊かになることで会話の幅が広がりますし、同じ意味でもより相手に伝わる表現を用いることができますよ。

メリット⑤自分の言葉で伝えることができる

読書をしていると、言葉の知識が自然と身に付くようになります。また、言葉に触れる機会も増えるため、言葉の使い方が上手くなり、自分の言葉で伝えられるようになります。的確な言葉を素早く選択し、相手に伝わりやすい語彙を使用するよう配慮できるようになるからです。

自分の考えを話すことが苦手な方は読書をしてみましょう。

読書の効果とメリット《勉強編》

読書の効果とメリット《勉強編》
読書は会話だけでなく、勉強にも効果やメリットがあると言われています。読書をしている人の中には、国語や記述問題が得意な方も多いでしょう。

小学校や中学校のなかには、登校したあとの朝の10分間読書タイムを取り入れる学校もあるほど。それぐらい、読書は効果的だということでしょう。

では、読書は勉強に対してどのような効果やメリットがあるかをみていきましょう。

メリット①語彙力が増える

読書をすれば自然と語彙力が向上します。語彙力は活字に触れることで上がっていくため、読書を通して覚えようとしなくても、活字に触れるだけでも効果的ですよ。

また、読書で学んだ言葉を日常生活で使っていくことで語彙力は身についていきます。知るだけでなく、実践することが大切です。

語彙力が上がれば、会話での難しい言葉の意味も理解できます。また、あなたが喋る言葉や書く文章もより一層まとまったものとなり、相手に分かりやすく伝えられるようになるメリットや効果がありますよ。

メリット②記憶力がよくなる

メリット②記憶力がよくなる
小説を読む場合は登場人物やストーリー、ビジネス書を読む場合は情報を覚えていく必要がありますね。覚えるという行為は日常生活にも役立ち、習慣化されることによって脳細胞も活性化され、記憶力がよくなるメリットがあります。

物忘れが多かったり、覚えにくいと感じる1つの原因としては脳を上手く使用できていないことが考えられます。脳を使うために、読書をして記憶力を高めましょう

読書をすると記憶力が向上して、今まで以上に覚えやすくなります。暗記物の英単語や社会の勉強には特に効果的でしょう。

メリット➂助詞の使い方が理解できる

メリット➂助詞の使い方が理解できる
読書をしていれば、助詞や形容詞の正しい使い方を身に付けることができます。本は、著者の言いたいことを分かりやすく伝えるため、正しい使い方で助詞を使用しています。

読書する際、内容は難しいと感じても、文章に関しては違和感なく読めることが多いはず。それは助詞など文法が正しいからです。読書を行っていれば、正しい助詞の使い方が自然と身に付くと考えていいでしょう。

また、意味の分からない言葉を調べて、日常生活で使ってみると記憶に定着しやすいですよ。

メリット④文章力が身に付く

読書をするだけで、簡単に文章力が身に付くこともメリットです。文章力がある方は、記述問題や小論文を解くことが得意な方が多いです。

文章力があるだけで、あなたの発言や回答が説得力をもつようになります。同じような内容でも、文章力が高ければ目に留まる可能性は高いでしょう。

書くことだけが文章力を高める方法ではありません。読書をして効率的に文章力をつけてみてはいかがでしょうか。

メリット⑤将来に役立つ

メリット⑤将来に役立つ
今学生である方にとって、読書は将来に直結する大切な行動です。本はあなたの勉強面や仕事面での悩みを解決してくれるツールとなるでしょう。

仕事には「知識」と「経験」が必要になってきますが、知識は読書で付けられるのです。勉強面では、効率的な勉強方法や将来に役立つ勉強に関しての知識を得られることができます。

あなたにあったテーマに沿って書かれた本をぜひ、手に取ってみてください。効果が実感できるでしょう。

読書の効果とメリット《生活編》

読書の効果とメリット《生活編》
次は読書が生活にもたらす効果やメリットについて紹介します。会話や勉強に読書が効果的なのは想像しやすいですが、普段の生活においてのメリットは想像し難いのではないでしょうか?

読書をすれば、日常生活も今まで以上に豊かで楽しくなっていくでしょう。そんな読書の意外な効果やメリットについてご紹介していきます。

メリット①年収が上がる

メリット①年収が上がる
とあるアメリカの研究では、多くの富裕層の方は読書をしているという結果がでました。具体的には、富裕層の88%が1日30分読書をし、年収300万円以下は2%しかしていないという結果です。

このことから、富裕層は多くの時間を読書に費やし、知識を蓄えて仕事を円滑に進める力をつけていることがわかります。仕事ができるようになるため年収を上げることにもつながるでしょう。

年収を上げたい方は、読書を習慣づけると効果的でしょう。

メリット②非日常的な体験ができる

読書をすると非日常的な仮想体験ができます。小説を読んでいて、登場人物に感情移入してしまう方も多いでしょう。

自分が憧れるシチュエーションや職業に関連した本を読むと、あなたも疑似的な体験ができますよね。

メリット➂ストレス解消になる

読書をすることでストレス解消になるメリットがあるのは知っていますか?

読書で作品の内容にのめり込んでいると、感動して涙が出ることや、思い切り笑えることがあるでしょう。涙を流すことや笑うことはとても効果的なストレス解消になります。思いっきり感情移入できる作品を読むと特にストレス解消の効果を得られるのです。

また、読書に集中することで何も考えずに時間を過ごすことができます。日常生活でストレスなく集中できることは少ないため、ぜひ効果を実感してみてください。

メリット④視野が広がる

読書をしていれば、様々な知識や考え方を知ることができるというメリットがあるとご紹介してきました。本を読めば読むほど、知識はますます増え、自身の視野がどんどん広がるメリットを実感できるでしょう。

知識や考え方が定着すると、日常生活での視野も広がります。自分だけの考えだけでなく、他者の考え方に触れることで視野が広がるという効果を実感できますよ。

効果のある読書の仕方《準備編》

効果のある読書の仕方《準備編》
ここまで読書の効果やメリットについてお伝えしてきました。これらを知ることで、読書をしてみようと思った方もいるでしょう。

ただ読書をするだけでも効果やメリットを得ることはできます。しかし、せっかく読書をするなら効果がある方法で読書したいですよね。

より読書の効果やメリットを実感するには、読書の仕方がカギを握るといっても過言ではありません。まずは効果のある読書の仕方の準備についてご紹介していきます。より一層効果を得るためには準備が重要です。

準備①辞書を用意する

読書をする際に意味がわからない言葉が出てくることもあるでしょう。いつも読まないジャンルの本を読むなら、なおさらそういったことが多いはずです。

そんな時のために、近くに辞書を用意しておきましょう。分からない言葉をすぐに調べることで新しい知識を身に付けれたり、文脈もわかるというメリットがありますよ。

辞書が手元にないという方はスマートフォンの辞書でも大丈夫です。辞書を有効活用して、効果的な読書にしましょう。

準備②集中できる環境をつくる

準備②集中できる環境をつくる
勉強をするときにテレビが点いていたり、周りがうるさかったりすると集中できませんよね。読書でも同じことが言えます。

読書を効果的なものにするためには、集中できる環境づくりを行うことが大切です。できるだけリラックスした状態で行うといいですよ。

また、自分の家だと集中できない方は晴れた日の公園や図書館、カフェなどがオススメです。人目に触れることでやらないといけないという意識が働くというメリットがありますよ。

準備➂目的をもとう

準備➂目的をもとう
何事に関しても目的意識をもつことで効果はより大きくなります。読書もただ読むだけでは意味がありません。効果的な読書をしたい方は、その本からどのようなことを学んで役立てていきたいかという目的をもつといいでしょう。

このようなちょっとした意識づけを行うだけで、読書で得た知識が自分のものとして定着しやすくなるというメリットがあります。ためしてみてくださいね。

効果のある読書の仕方《方法編》

効果のある読書の仕方《方法編》
次は効果的な読書の方法についてご紹介していきます。せっかくいい準備をしても、効果的な方法で読むことができなければ効果は半減するでしょう。

効果的な方法に関しては準備よりも比較的簡単に行えるものが多いですよ。ひょっとしたら、無意識に方法を実践している方もいるかも。読書に多くのメリットをもたらすためにも、効果的な方法を頭に入れていきましょう。

方法①章ごとに内容を整理してみる

読書をする際に目次を意識することはありますか?本には一般的に目次がついており、大きな章で内容が分けられているはずです。

効果的な読書方法としては、その大きな章ごとに内容を整理してみることです。頭の中で整理をしてみたり、手元にノートを用意して整理してみるといいでしょう。

内容を整理しながら読むことで頭のなかに知識が入りやすくなり、記憶が定着しやすくなります。より効果的な読書になること間違いなしです。

方法②付箋を貼りながら読む

方法②付箋を貼りながら読む
読書をしていると、気になる内容や言葉が自然と出てくるはずです。後で読み返したい内容もあるでしょう。でも、後から探すことに苦労する方も多いのではないでしょうか。

そのようなことを避けるために、気になった箇所には付箋を貼るようにしてみましょう。付箋があれば、後ですぐに読み返せるというメリットがありますよ。

本が付箋だらけになってしまっても構いません。付箋に文字を書いておけば分かりやすくなりますし、本を読んでいる証拠にもなりますよ。付箋は安く手に入るので簡単に手にいれられますし、持ち運びやすいので、とにかく始めてみると良いでしょう。

方法➂ノートにまとめる

さきほどの付箋の方法を用いた場合、たくさんの付箋から読みたい内容を探すことは意外と難しいですよね。その時間を短縮するためにも、本の内容をノートにまとめてみてはいかがでしょうか。

手を動かしてまとめることは、頭に内容が入りやすいというメリットもあります。章ごとに整理するのもいいですが、付箋ごとにまとめることもオススメですよ。

電子書籍で本を読む方も、改めて手を動かしてノートにまとめてみてください。いつも以上に頭が整理されていることがわかるはずです。

方法④本に書き込みながら読む

本を書き込みながら読むこともメリットがある読み方の1つです。具体的なこととしては、気になる内容に線を引きながら読むということです。

読書家にとっては、本は汚しながら読むのが当たり前だと言われています。本当に知識を得たくて読む本であれば、売ることはないはずです。思う存分本を汚しながら読んでみてください。

方法⑤同じ分野を何冊か読む

方法⑤同じ分野を何冊か読む
本は、分野やジャンルに細かく分類されていますよね。同じ分野で1冊だけ読んでわかった気になるのはもったいないですよ。なぜなら、同じ分野でも著者や編集の意図が異なると内容も異なるからです。

分野内で1冊だけで済ませてしまうと、その方の考えや知識に偏ってしまいます。あなたが尊敬している方ならいいですが、せっかくなら多くの知識を得たいですよね。

また、数冊読むことでより理解を深められるというメリットがありますよ。1冊目は理解できなくても、徐々に理解が深まっていくのが実感できるでしょう。

方法⑥つまらない本は途中でやめる

気になった本を読み進めていくうちに、思っていたよりつまらないと感じることもあるでしょう。その際には思い切って読むのをやめてみるのも効果的です。

本は必ず最後まで読まないといけないと感じる方も多いですが、それは間違いです。つまらないと感じるということは興味・関心がないということです。

興味や関心がないと記憶には残りにくく、効果的な読書とはいえません。つまらない本は途中でやめて新しい本を読むようにしましょう。

効果のある読書の仕方《探し方編》

効果のある読書の仕方《探し方編》
読書をしたくても、どのような本を読めばいいのか分からないと感じる方も多いでしょう。数多くある本のなかから1冊を選ぶことは非常に難しいはずです。どの分野が自分に合っているか、分からないことも多々ありますね。

では、自分にあった本を探すためにはどのように探せばよいのかご紹介します。

探し方①友達に紹介してもらう

探し方①友達に紹介してもらう
気になる本を買って読んでみたら、意外と面白くなかったという経験を持つ方も多いでしょう。そんな方は、友達や同僚のオススメの本を聞いてみるのではいかがでしょうか。

特に、あなたが信頼していたり、多くの本を読んだりしている方から聞くことがオススメですよ。必ずあなたの為になるような本を選んでくれるはずです。

このようにすることで、より自分にあった本がすぐに見つかるでしょう。ぜひ、周りの方に聞いてみてください。

探し方②大きい本屋さんに行く

近くに大きい本屋さんがある方は、ぜひ行ってみてください。必ずベストセラーや売れているランキングの書棚が置かれているはずです。

ベストセラーやランキング上位の本はなぜ売れるのでしょうか。それは読みやすかったり、多くの人の心を動かしているからです。

それらの本を読むメリットとしては、みんなが面白いと思っているために流行に乗りやすいことが挙げられます。また、読書を習慣づける入り口として簡単に読み始められるというメリットもありますよ。

探し方➂通販サイトのレビューをみる

探し方➂通販サイトのレビューをみる
最近は本のレビューが通販サイトや掲示板に書き込まれていますね。それらを積極的に活用すると、いい本に巡り合えるかも。

まず、最初に自分が面白いと感じた本を検索してレビューを読んでみましょう。そのなかで、自分と同じような感想のレビューをみつけ、その方がレビューを書いている他の本のも読んでみてください。

この探し方をすれば、あなたと感性の近い方が読んだ本を見つけることができます。知らない本でも興味を持って読んでみてください。

すると、意外と面白いと感じるはずです。試してみる価値は十分ありますよ。

探し方④有名な著者を選ぶ

読書を習慣づけたい方が本を選ぶ際には、有名な著者が書いた本を選びましょう。ここでのメリットは、その本を読んでいる方が周りに多くなるということです。

その本についての話題に乗ることができ、本について話すことが楽しいと感じるはずです。それによって本を読みたいという意欲を湧き立てることができますよ。

また、人それぞれ違う感想を知ることができるというメリットもあります。捉え方や感想の違いを話題にすることで、もっと深く理解できるでしょう。効果的な読書にするために、あえて有名な著者を選ぶこともいいかもしれません。

探し方⑤お気に入りの書店をみつける

読書を効果的なものにしたいのであれば、あなた自身がお気に入りの書店を見つけましょう。

そのメリットとしては、店員さんと顔なじみになれることが挙げられます。本屋さんで働いている方は本好きな方が多いです。

そのため、いろんなジャンルに対して詳しいことが多く、仲良くなっているとオススメの本や売れ筋の本を聞くことができますよ。

店員さんも本の話題は大好きなので、喜んで話してくれるはずです。感想を言い合う仲になれるメリットもありますよ。全ての本を自分で探すのは難しいので、本屋の店員さんと仲良くなっておくといいことがありますよ。

ライトノベルや漫画は効果がある?

ライトノベルや漫画は効果がある?
ここまでは小説やビジネス本など、活字を中心に書かれている本のことを述べてきました。そうなると、漫画やライトノベルには効果があるのか気になる方もいるでしょう。

実は、活字だけの本と漫画やライトノベルでは同じ読むという行為でも全く違う効果があることがわかっています。

では、どのような効果があるのか一緒にみていきましょう。

効果①想像力が豊かになる

小説は文字だけで書かれているため、当然その内容や場面の想像力が大いに働くのはみなさん理解できるでしょう。しかし、絵の描かれた漫画も想像力が豊かになるというメリットがあります。

なぜなら、絵をみることで右脳が働き、情報を処理するスピードが速くなります。小説は読みながらゆっくりと想像していき、漫画は絵が描かれてある分、すばやく次の情景を想像することができますよ。

漫画やライトノベルは小説と比較して読みやすいので、試してみて下さい。

効果②読解力が豊かになる

漫画やライトノベルのジャンルによっては、読解力が豊かになるものもあります。

しっかりとしたストーリー性をもつ漫画やライトノベルを読むことで、先の展開を想像しながら読むようになるとともに、読解力が豊かになるというメリットがあります。

漫画やライトノベルを読む習慣がある方はぜひ、探偵物などのストーリーも読んでみてください。興味がなくても読んでみると意外と面白いかもしれませんよ。

読書をしよう

読書をしよう
いかがでしょうか。読書には多くの効果やメリットがあることは十分理解できたと思います。

読書をすることは、みなさんが思っている以上に大きな効果があります。読書をする習慣がない方も、この機会に本を読んでみませんか?1日10分でも構いません。日々の積み重ねがあなたを手助けしてくれたり、知識を蓄えることに繋がります。

忙しい方も多いことでしょう。しかし、読書をしている間は時間はゆっくりと流れ、集中できるようになりますよ。ぜひ、この機会に読書をしてみてください。

読書以外の趣味を見つけたい方はこちらを読んでみてください。

Related