Search

検索したいワードを入力してください

頭のいい人と悪い人の違いってなに?考え方や言動の特徴を調査!
2018年12月11日

頭のいい人と悪い人の違いってなに?考え方や言動の特徴を調査!

頭のいい人と悪い人の違いをご存知でしょうか。頭のいい人になりたいと思ったことはありませんか?勉強ができるかできないかに関わらず、頭のいい人と悪い人には、それぞれ特徴があります。今回は頭のいい人の特徴についてご紹介します。

頭のいい人と悪い人の違いってなに?

頭のいい人と悪い人の違いってなに?考え方や言動の特徴を調査!
頭のいい人と悪い人にはどんな違いがあるのでしょうか。たとえば、勉強はできるのに頭が悪いといわれる人もいれば、勉強はできないのに頭がいいといわれる人もいます。

頭のいい悪いは勉強だけで決まるのでしょうか。今回は、頭のいい人と悪い人の違いについてをご紹介します。頭のいい人と悪い人の違いや特徴はそれぞれ違います。

多くの人が頭のいい人になりたいと思ったことがあるのではないでしょうか。勉強だけではなく日常的に頭のいい人といわれる条件についてもご紹介します。

頭のいい人と悪い人の違い《考え方編》

頭のいい人と悪い人の違いってなに?考え方や言動の特徴を調査!
頭のいい人と悪い人の違いには考え方の違いというものがあります。具体的にどのように違うのかをご紹介します。

同じ人間なのに、頭のいい人と悪い人に違いがあって、印象も変わってくるということを考えると不公平にも思えます。しかし、実際にどんなところが違うのかを理解しておけば、自身の頭の回転もよくなることでしょう。

頭のいい人の特徴、頭のいい人と悪い人の違いをよく理解しておき、少しでも頭のいい人に近づけるよう、いろいろな考え方を学んでおきましょう。

違い①会話の広げ方

頭のいい人と悪い人の違いは、会話をすることで一番わかりやすくなります。頭のいい人と話をしていると、会話はどんどん膨らみ様々な知識が自分にも入ってきます。

頭のいい人と会話をしていると会話が広がっていくことから、とても楽しい気持ちになります。しかし、頭の悪い人と会話をするとどうでしょうか。

とんちんかんな言葉が並んで、この人は天然なのかな?と最初は面白おかしく会話が進みます。しかし、会話が膨らまず、続かなくなってしまい、会話が成り立たなくなってしまいます。

会話をすることで分かりやすいのが、頭のいい人と悪い人の違いということになります。自分の知らない言葉や物事が出てきたり、予想の斜め上を行くような発言は聞いていてひきこまれ、楽しくなります。

違い②好奇心が旺盛

好奇心のない人は、後々どんなふうになるでしょうか。好奇心を持っているかどうかは、頭のいい人悪い人の違いに大きくかかわってきます。日々チャレンジや探究心を持ち続けている為、多くの情報にリンクしやすくなっています。

好奇心旺盛な人は頭のいい人の特徴で、仕事のみならず、遊びに関しても能力が高いというのがあります。好奇心旺盛だからこそ、いろいろなところで知識が身に付きます。

頭の悪い人は、好奇心がなく、日常見かけた・気づいた疑問に対しても感情をもたずスルーしてしまいがちです。結果、頭のいい人と悪い人の間に知識量による違いが生まれてしまいます。

好奇心旺盛に、日々チャレンジし続ける人というのは、いろいろな趣味を持っていたり、博識だったり、チャレンジ量が多い分時間の使い方がうまかったりして、結果的に頭のいい人に分類されることとなります。

違い③説得力がある

発言に対する説得力というのは、仕事だけでなく日常生活でも重要になってくるポイントです。頭のいい人は言葉や発言に他との違いを持っていて、たった一言で周囲を納得させるような力を持っています。

頭のいい人は頭の回転の良さや、その知識量から、その特徴をとらえて表現したり、たとえが上手かったり、人が中々説明できないでいる内容を簡潔に説明してしまったり、とにかく違いが目立ちます。

上手く言葉を回して説得力のある発言をするというのが、頭のいい人と悪い人の大きな違いの一つといえます。

違い④考え方がマルチタスク

頭のいい人の考え方は基本的にマルチタスクです。いくつものことが頭の中にあって関連付けながら考えることでそれぞれの準備を怠らずに順位をつけながら作業を進めることができることをマルチタスクと呼びます。

ある程度頭がいいというのが前提となりますが、あとは知識量と経験値で変わります。複数のことを考えながら集中力を持ち、効率を考えながら行動するのが頭のいい人の特徴です。

普通の人や頭の悪い人が多くのタスクをこなそうとすると、いっぱいいっぱいになってしまって中々進められないものですが、頭のいい人はそれをすんなりとやってのけるというのが特徴です。

違い⑤覚えたことを有効活用

記憶力がいい人というのは勉強ができる人に多い能力ですが、頭のいい人はそれをさらに活用しています。過去のことを覚えていたり、会話を覚えていたり、経験を覚えていることは生きるうえでも強みとなります。

これは会話が広がることにもつながる違いですが、その人の人となり、好みなど、過去に会話した内容を覚えていると、相手もうれしいもので、会話も弾みます。

同じことを繰り返す必要がなく、効率的に会話を繰り広げることができます。記憶力がいいだけの人は、ただ勉強ができるだけの人です。頭がいい人の違いは、その記憶力を日常に有効活用しているということです。

頭のいい人と悪い人の違い《行動編》

頭のいい人と悪い人の違いってなに?考え方や言動の特徴を調査!
頭のいい人と悪い人の考え方は大きく違いがあることがわかりました。その考え方に基づいた行動にも違いがあります。

頭のいい人の効率のよい行動力と、頭の悪い人の効率の悪い行動力には大きく違いがあります。どんな考え方を持って行動に移せばよいかで違いが出てきます。

違い①ミスを繰り返さない

人には誰でも過ちをおかすもので、それは頭のいい人にも当てはまります。頭がいいからと言って絶対にミスをしない完璧な人間は存在しません。

では頭がいい人はどの辺が違うのかというと、それは過ちを繰り返さないことです。一度間違えればそこから学び、二度目に同じ間違いを起こさないよう工夫した行動をします。

間違いが起きたときに、誰にでもあることだから仕方がないという考えでいると、また同じ間違いを繰り返してしまいます。

違い②調査という行動

たとえば、何か間違いをおかしたとき、何が悪かったのかわからなかった、最善の行動をとったのに、何が原因だったのかわからないとなったとき、頭のいい人は調査します。

原因の究明を徹底するのが頭のいい人と悪い人の違いです。結果があるならその過程に原因があると考えます。

他人からの指摘で気づくか、自分自身の行動による探究心から気づくかの違いがあります。

違い③粘り強い行動

物事を進めるときに粘り強く行動できるかどうかが、頭のいい人との違いです。粘り強いというのは集中力も強いということになります。

成功に向けた信念が、粘り強く行動させるという過程を生み出します。成功するまで諦めないという行動力が頭のいい人の特徴です。

物事を粘り強く進めることは信用問題にもかかわりますから、頭のいい人に習った継続力を発揮することも重要となります。

違い④落ち着いた行動

頭のいい人は自分自身を客観的に見る力があります。自分が今どんな状態か、興奮してはいないか、感情的になっていないか、それらを観察することができます。

たとえば人との言い合いになりそうなとき、自分が感情的だと客観視した頭のいい人は、基本的に冷静に行動しようと心がけます。

自分の感情に振り回されず、その時その状況に合わせたベストな対応を行うことで、常に冷静沈着に物事を運べるというのが違いの一つです。

違い⑤人に頼れる

頭のいい人は、自分一人ですべてを解決することも当然できますが、しっかりとまわりを頼りにすることができます。それによってさらに良好な人間関係を築いていきます。

頭のいい人悪い人の違いではやはり、人に頼ることのむずかしさを痛感します。どこまで頼ればいいのか、何を頼ればいいのか、それらを考えたうえで行動に移すというのが違いです。

何もかも頼るのか、まったく頼らないのか、適材適所で人に頼るのか、これらの違いは大きなものです。頭のいい人はちょうどいい具合に人に頼るという行動ができます。

頭のいい人と悪い人の違い《人への対処編》

頭のいい人と悪い人の違いってなに?考え方や言動の特徴を調査!
人に対してどのように対処するのか、これは頭のいい人と悪い人で大きく違いが出てきます。頭のいい人は上手な対処方法をもって人間関係を良好に保ちます。

一方、頭の悪い人はうまい対処方法がわからず立ち往生、孤立してしまったり対立してしまったりするのが特徴です。

対処方法は様々で、頭のいい人の一般的な対処方法をご紹介します。意識改革や上手な対処方法を確認してみましょう。

違い①柔軟な対応

頭のいい人は、基本的に考え方が柔軟です。物事に合わせた臨機応変な対応をすることができます。突然のイレギュラーにも柔軟に対応できるのが頭のいい人と悪い人の違いです。

状況を分析しながら人に合わせた対応をすることで、人間関係を良好に保つのが頭のいい人の特徴です。また、発送や想像力も柔軟ですから、第三者への対応もしっかり行えます。

人の意見をしっかりと聞くため、他人からの評価も良好になります。考え方の柔軟性から対応も良くなり、結果頭のいい人の特徴につながります。

違い②筋道立てた伝達

物事を筋道立てて対処します。相手への説明にしても、筋道を立ててわかりやすい説明と対処を行うことで伝達技術も格段に向上しているのが頭のいい人の特徴です。

なぜこうなったのか、次に何をしなければならないのか、説明が上手い頭のいい人に聞くことで、相手側の物事に対する対処方法もレベルが上がります。

論理的に考えるという思考回路を持った頭のいい人だからこその対処方法によって、伝達もうまくいき、プロジェクトの進行も達成度も上がります。

違い③冷静な対処

感情論で対処せず、冷静な対処ができるのも頭のいい人の特徴です。自分の感情をコントロールすることで、対処方法を冷静に進めることができます。

感情的になってしまうと話も前に進みません。頭のいい人と悪い人の違いがここでもでてきます。

感情的にならず、自分の気持ちや考え方をコントロールすることで、人に対して冷静に対応することができるという特徴を持っています。

違い④人に合わせた対処

頭のいい人は、頭の悪い人に比べて人に合わせた対処方法というのが上手です。Aの人には厳しい言葉が合う、Bの人には優しい言葉が合う、等人に合わせた対処をすることができます。

どんな言葉をかけられれば相手が納得してくれるのか、励まされてくれるのか、理解してくれるのか、その人それぞれの感じ方やとらえ方を理解しているのが頭のいい人の特徴です。

相手に合わせた対応をすることで、人からの好印象を獲得し、人間関係は良好に進めることができます。頭のいい人と悪い人の違いがここにも表れます。

勉強ができる頭が悪い人の特徴

頭のいい人と悪い人の違いってなに?考え方や言動の特徴を調査!
勉強というものは、書籍を開けば答えが書いてあります。答えがわからないとき、答えのページを開けばそこに正解があります。勉強ができる人というのは、問題と答えの両方を知ることで成り立ちます。

勉強ができるのに頭が悪い人は、そこでレールに沿ったやり方しかできない人の特徴をいいます。答えが存在する人が作り出した問題をただトレースしているだけで、頭を使いません。

もちろん記憶によって単語を覚えたり、頭を柔らかくして問題を解いたりすることはできますが、それが日常生活に役立つかというと全く違うものとなります。

勉強はできないけど頭がいい人の特徴

DJ社長をご存知でしょうか。DJ社長は、高校を留年した挙句上京してビジネスを学びますが借金まみれになってしまいました。しかし、今現在ではDJ社長が代表を務めるレペゼン地球という法人が注目を集めています。

DJ社長は学生時代不良として知られており、勉強は全くできない人でした。しかし、今や代表を務める社長としてYouTubeでも人気の人物となっています。

これはひとえに、勉強ができなくても頭が良かった故の成功ともいえます。失敗の多い経験から多くのことを学び、勉強よりも大切な頭の良さを備えた人物です。

頭のいい人になるには

頭のいい人と悪い人の違いってなに?考え方や言動の特徴を調査!

頭のいい人になる①数多くの本を読む

頭のいい人には、1ヶ月に100冊もの本を読むというツワモノも存在します。実は本の中にはたくさんの知識が盛り込まれています。

本を書く人というのは取材を行ったり、自分の経験を本にしていますが、その多くの著者たちの経験や知識がすべて詰まっています。

本をたくさん読めば、言葉の言い回しや行動力等、自分が持っていないものを補っていけるようになります。

頭のいい人になる②日記をつける

日記というのは実は3日坊主になりがちです。しかし、1日の終わりに、その日に起きた出来事を思い出しながら日記を書くことで、記憶力がよくなります。

思い出すこと、思い出したことを文章にすること、これで脳が活性化されます。文書を書くことで、文章能力もおぎなわれ、要約力もあがります。

日記をつけることで、過去の自分の経験を思い出すこともできますし、客観的に見て反省することもできます。頭のいい人になるには、日記を毎日のようにつけてみましょう。

頭のいい人になる③軽い運動をしてみる

座りっぱなし、横になりっぱなしで血流が悪くなっていないでしょうか。動くということによって血流が良くなります。それによって脳に多くの酸素を酸素を送ることができます。

血流が悪いと頭の回転も悪く、上手く物事を考えることができません。頭のいい人のようにマルチタスクをこなすには、適度な運動で脳に酸素を送る必要があります。

全身の筋肉のほとんどが下半身に集中している為、下半身を動かすようなウォーキングや、その場で手軽にできるスクワットなどがおすすめです。

頭のいい人になる④適度な睡眠

睡眠不足は、脳が休めずにいることで深刻なダメージを受けるという研究結果があります。また、眠っていないこと、眠いことによって頭の回転も悪くなり、正常な判断がつきにくくなります。

しっかり睡眠をとって、しっかり脳に休息を与えましょう。ベストな睡眠時間は人によって違いますから、適度な睡眠を心がけましょう。

目覚めたときにスッキリしている状態がベストです。良質な睡眠をとって、頭のいい人のようにフル回転させられるよう努力してみましょう。

頭のいい人になる⑤人と会話する

経験や知識は、自分が動いて他人と接触することによって養われます。一日中家の中にいて書物をあさるのもまた勉強になりますが、人との接触も心がけましょう。

相手がいて、自分がいる。この状態で会話をすることによって脳の活性化につながります。話す、聞く、見ることで聴覚や視覚の刺激になります。

黙々と本を読むだけでなく、人とのおしゃべりも適度に取り入れて、リラックスと脳の活性化を図りましょう。

あなたも頭のいい人になろう!

頭のいい人と悪い人の違いってなに?考え方や言動の特徴を調査!
頭のいい人と悪い人の違いや特徴をご紹介しました。頭のいい人には一定の考え方や言動の違いが存在します。

頭のいい人にあこがれたことがあるのではないでしょうか。きっと多くの人が頭のいい人に近づくために日々向上心を持って活動しています。

こちらでご紹介した、頭のいい人になるための方法を実戦してみましょう。多くの知識や経験があなたを育ててくれます。

Related