Search

検索したいワードを入力してください

嫌いな人への態度や行動とは?|男女別に心理の読み解き方を解説!
2019年02月27日

嫌いな人への態度や行動とは?|男女別に心理の読み解き方を解説!

どんな人にでも嫌いな人、苦手な人はいるのではないでしょうか。そんな嫌いな人へ示す態度や行動はどんなものがあるかあなたは知っていますか?今回、そんな嫌いな人への態度や行動について男女別に見ていくだけではなく、嫌いな人との上手な付き合い方についてご紹介します!

嫌いな人への態度はパターンがある?

嫌いな人への態度はパターンがある?
社会で生活をしていると、切っても切れないのが人間関係。そのため、みなさんにも、どうしても「この人苦手だな、嫌いだな」と感じてしまう人の1人や2人くらい、いるのではないでしょうか。そんな苦手な人や嫌いな人に対しての態度、あなたはどのようにしていますか?

実は、嫌いな人への態度にはパターンがあるんです。この記事では、そんな嫌いな人への態度や行動について男女別にお話していくだけではなく、嫌われる人がしがちな態度や行動、嫌いな人への上手な接し方について触れていきます。

自分が嫌いな人に接するときに役立つだけではなく、周りから嫌われている…?と感じたときにも役立つことでしょう。これを機に、自分のことも振り返って、嫌いな人への態度や行動について理解していきたいですね。

嫌いな人への態度《男性編》

嫌いな人への態度《男性編》
男性は団体行動よりも、個人で行動したり、グループよりも個々での付き合いを大事にすることから、人間関係はさっぱりしていることが特徴的です。

しかし、そんな男性でも、苦手な人や嫌いな人は少なからずいるものです。一体、男性は嫌いな人に対してどのような態度を示すのか、早速見ていきましょう。

必要最低限の話しかしない

必要最低限の話しかしない

嫌いな人がいても、会社や学校といった小さなコミュニティでは、絶対に関わらないということは難しいものです。

そのため、嫌いな人に自分から話かけるときは事務的な会話や報連相、相手からこられたときは返事と愛想笑いといった必要最低限の態度と接し方をし、その場を乗り切る人も少なくはありません。

嫌いな人とのコミュニケーションを必要以上に取ることは、自身の精神衛生上よくないことでもありますから、プライベートな話はせず、このような態度をとることが多いのでしょう。

嫌いな人には関わろうとしない

嫌いな人には関わろうとしない

男性の場合、女性のようなドロドロとした人間関係とは違い、あっさりとしたフラットなコミュニティが多く、1人でいる人も多いです。そのため、嫌いな人や少しでも苦手意識がある人とは、そもそも関わりを持たないという男性も少なくありません。

女性のように惰性でグループ内で嫌いな人とも付き合うのではなく、好きな人とだけ会話を楽しんで、嫌いな人とは関わらないということも、1人でいることをいとわない男性だからできるのではないでしょうか。

嫌いな人の言動に興味関心を示さない

嫌いな人の言動に興味関心を示さない
「嫌いな人が何を話そうが、何をしようが、どうでもいいと思っています。会話をすることすら疲れてしまうので反応もしませんし、いてもいなくても気にしないようにしています。

変に気にするから、嫌いな気持ちが高まるだけなので、相手が何しようが自分には関係ないと、無関心でいるのが1番楽ですね。」(26歳/男性/医療関連)
嫌いな人の言動にいちいち左右されていると、自分が疲れてしまうものです。そのため、相手に対して興味関心を持たず、自分の中で相手はいないものだと処理してしまう人もいます。

男性は面倒ごとを嫌う人が多く、嫌いな相手がいるからといって、わざわざ相手に突っかかったりすることはしません。それに反し、毅然とした態度で相手と一線を引くということが多いものです。

「好きの反対は嫌いではなく、興味がない」という言葉そのままであると言えるでしょう。

会話中の態度をそっけなくする

会話中の態度をそっけなくする

嫌いな人から話かけられた場合、相手と話す時間さえも勿体なく感じ、そっけない態度をとってしまうという男性は多いものです。顔を合わせるのも、声を聴くのも嫌だといった相手であるとなおさらです。

男性の中には、話すのが苦手でそっけない態度や言葉になってしまう人もいますが、他の人とあからさまに態度が違う場合は、その人から嫌われている可能性は高いでしょう。

誰にでも平等に接することができる人もいますが、多くの人の場合は、相手と会話している表情や態度といった点に「話したくない」といった気持ちが表れてしまいます。

連絡先を教えない

連絡先を教えない
「嫌いな人には連絡先は絶対に教えないです。嫌いな人とわざわざプライベートで繋がる必要はないと思いますし、面倒ごとにも巻き込まれたくはないので、本当に連絡をとらないといけない人以外とは繋がらないようにしています。」(20代/男性/公務員)
男性はそもそも、LINEやメールといったコミュニケーションツールが苦手な人が多く、好意的である人に対しても、おざなりにしがちです。そのため、嫌いな相手となれば尚更連絡を取り合うこと避けたがるもの。

嫌いな人とわざわざ連絡を取りたくないと思っているため、仕事の関係でどうしても必要なとき以外は、連絡先を自分から教えるようなことはしません。相手から聞かれても、連絡先を交換することに抵抗を示す人も多いです。

目を合わさない

目を合わさない

男性が嫌いな人と接する際、相手と面と向かっていても目を合わせないということがあげられます。嫌いな相手の場合、顔を見るだけでも気分を損なうことがありますし、積極的に関わりたくはないものですから、おざなりな態度になってしまうのです。

ただし、上記のツイートのように、女性と話すことが苦手な男性の場合は、女性にだけは照れから目を合わせられないという場合も多いことでしょう。

プライベートの話は一切しない、薄い会話

プライベートの話は一切しない、薄い会話
「嫌いな人とわざわざプライベートの話をする必要ないですよね。中身の薄い会話と業務連絡くらいしかしたことありません。自分のことを知ってほしいとも思いませんし、相手のことも知りたいとも思わない。お互い知らないに越したことはありません。」(30代/男性/技術職)
女性の場合、マウンティング女子という言葉もあるように、嫌いな人に対してここぞとばかりにマウンティングをとることがありますが、男性の場合は、嫌いな人に自分のことを知られることを嫌がる人も多いものです。

そのため、男性は嫌いな人との会話ではプライベートの話をしないように徹底していたり、適当な返事をして済ませたりと、相手と深くかかわらないような態度を示しています。

嫌いな人への態度《女性編》

嫌いな人への態度《女性編》
男性の嫌いな人への態度をご紹介してきましたが、いかがでしたか?男性は女性に比べると、人間関係がさっぱりしているだけではなく、嫌いな相手にはどう思われてもいいという考えがあることが見て取れますよね。

それに対し女性は、男性とは違いグループ行動が多くなり、人間関係も複雑化してしまいがち。そのため、嫌いな人がグループ内にいても、仕方がなく付き合っていくしかないと思う人も多いのではないでしょうか。

続いては、そんな女性の嫌いな人への態度についてご紹介します。

必要最低限の話しかしない

必要最低限の話しかしない

男性だけでなく、女性も嫌いな人とは必要最低限の会話で済ませるという人も少なくありません。特に女性の場合は、グループで関わることが多いため、嫌いな人とでも一緒にいるというということも多いものです。

また、女性は感情的になりやすい一面があることから、嫌いな態度も出てしまいがち。そのため、お互いに嫌いな気持ちを抱く結果となって、必要最低限の会話でしか関わらないということもあります。

あなたの周りでも、グループ内で仲が良い子とだけ話し、嫌いな子とだけは最低限の会話という人も多いのでは?

LINEなど連絡不精になる

LINEなど連絡不精になる
「嫌いな人とはLINEはしたくないので、なるべく連絡を取らないようにしてます。連絡がきてもしばらく放置したり…。」(20代/女性/医療関連)
女性はLINEやメールといったコミュニケーションツールを用いることが好きな人が多いですが、嫌いな人に対しては結構ドライな一面を持っているもので、連絡不精になることが否めません。

好きな人とはLINEも数が多くなりますが、嫌いな人からのLINEはすぐに終わらせようとスタンプで返したり、そもそも既読すらつけないことも。

グループといった複雑な環境下にいるからこそ、男性のようにすっぱりとLINE交換を断ることはできない女性も数知れずです。

嫌いな人には近づかない

嫌いな人には近づかない

嫌いな人とは同じ場所にいることも、顔を合わせることも苦痛になる人もいるもの。そのため、女性の中には、相手のことが嫌いとなると、相手に嫌われたいがために態度の悪い行動をとることがあります。

「嫌いな人に嫌われればお互いに関わらなくて良い」という安直な考えではありますが、ストレスをためないためには、このような行動をとる必要もあるのでしょう。

ただし、大人になるにつれ、どうしても難しいことが増えてくるため、社会人というよりも学生がこのような態度をとりがちになります。

愛想よい態度をとる

愛想よい態度をとる

嫌いな人に対して、逆に愛想よくしてしまうという女性も少なくはありません。女性の場合は、嫌いだからといって、バッサリと関係を切ることができず、そのままずるずると惰性で付き合いが続くという人もいるものです。

それは女性が、グループ付き合いのように人と群れて行動することが原因とも言えます。仲間外れにされたくないから、仕方がなくみんなに同じような顔をするなど、自分の意志に反して、八方美人な態度をとるんです。

また、大人になるとどうしても仕事といった面でこのような態度を取らざるとえないことも多く、生きる上では仕方がないことでもあるのでしょう。

会話に入ろうとしない

会話に入ろうとしない
「嫌いな人とはそもそも何を話したらよいのかもわからないので、会話に入ろうとも思いません。グループ内にも苦手な子がいて、その子が会話してるときは、私は入らないようにしてます。」(10代/女性/学生)
人にはある程度の距離感が必要で、近くなればなるほど相手の嫌な面が見えてきてしまうものです。そのため、グループの中には嫌いな人がいるという経験も、女性の中にはあるのでないでしょうか。

そういった場合、周りの子たちが話していれば自分は会話する必要がありませんから、会話に入らないという手をとる人も多いものです。いくらグループ内でも、嫌いな人と関わらなくて良いのであれば、こういった接し方をするのも仕方がないことでしょう。

一定の距離を保とうとする

一定の距離を保とうとする

嫌いな人との接し方として、一定の距離をあけるという人もいます。なるべく嫌いな人とは関わりたくないのが本心ですから、ある程度の距離を保つということは、自分を守るためには必要なことと言えるでしょう。

一定の距離を保つことで、いきなり距離をとって疎遠になるというよりも、自然とフェードアウトしやすくなるといった点もあるため、嫌いな人と距離を保つことは悪いことではないでしょう。

また、ある程度の距離を保つことで、自分の弱みやプライベートを嫌いな人に見せなくて済むため、こうした接し方をする人も多いものです。

嫌いな人にはとにかく冷たい

嫌いな人にはとにかく冷たい

嫌いな人との距離を上手く保つ人がいる中、嫌いな人にはとにかく徹底して冷たいという女性もいます。嫌いな人にはっきりと意志を伝えることのできない人からすると比較すると、こうしてはっきりとした態度をとれることは清々しいとも言えますね。

ただし、あからさまな態度をとるということは、相手を傷つけることはもちろん、修復不可能なまでの溝を作ることもあるので、気をつけておきたいところでもあります。

嫌われやすい人が取ってしまう態度や行動とは?

嫌われやすい人が取ってしまう態度や行動とは?
嫌いな人への態度についてここまでお話してきましたが、そもそも、なぜ人に嫌われてしまう人がいるのでしょうか。続いてはそんな嫌われやすい人がとってしまう態度や行動についてお話していきましょう。

みなさんも、周りに嫌われてしまう態度や接し方をしていないか、自分を振り返る参考にしてみてくださいね。

人を見下した態度

人を見下した態度
嫌われやすい人がとってしまう態度として、人を見下すということが挙げられます。人を見下す人間は、相手を認めて尊重するということができない心の狭い人が多いため、周りからすると煙たがれてしまう存在です。

自分に自信を持てるということは長所でもありますが、自分と他者を比較し、優越感に浸るようでは、人に嫌われてしまっても仕方がありませんね。

陰険な言動

陰険な言動
表向きでは良い顔をしていても、裏では僻みや妬み、悪意に満ちた感情を持って陰険な言動をとる人もまた、周りから嫌われやすい人です。

2人きりになった途端に、陰湿な言葉や行動をとってくるだけではなく、他に人がいても相手が近くにいるにも関わらず、聞こえるような声のトーンで相手の陰口を叩いたりする人も見られます。

自分中心の態度

自分中心の態度
自己中心的な人は、自分が最優先であり、自分のメリットを考えて常に生活をしているもの。そのため、自分中心の態度を示す人は嫌われてしまいやすいと言っても過言ではありません。

周りがどう思うのかといった他者への配慮が足らないだけではなく、自分の思ったことはすぐに口に出してしまう厄介な存在です。損得勘定でも行動してしまう人も多いので、多くの人が手を焼いていることでしょう。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい
感情の起伏が激しく、自分の気持ちがすぐに態度や言葉に表れてしまう人も、周りから嫌われてしまいやすいんです。相手の気持ちというよりも、自分の感情を優先してしまうため、この手の人も自己中心的とも言えるのではないでしょうか。

自分の感情をコントロールできない人は、一度怒ったり沈んでしまうと、周囲の人は神経を使ってしまうことから、周りを疲れさせてしまう存在です。

距離が近すぎる、空気が読めない態度

距離が近すぎる、空気が読めない態度
人間関係において大事なのは適度な距離感です。しかし、相手との距離感がつかめず、距離を詰めすぎる人は、空気が読めず、周りから嫌われてしまいやすい人と言っても過言ではありません。

考える前に思ったことをそのまま発したり、近づきすぎたりということが見られる人は、周りに不快な気持ちを与えてしまう機会が圧倒的に多くなってしまいます。そのため、周りから距離を置かれてしまうことが増えるんです。

悪口や噂話が好き

悪口や噂話が好き
人の不幸話が好きであったり、悪口や噂話をよくする人も、周りから嫌われやすい存在です。人の不幸は蜜の味とは言えど、悪口を聞いていて良い気分になるものではありませんし、噂話を嬉々としてする人は口が軽く、信用できない傾向にあります。

周りもその人の周りにいると、自分の話を他の人にされるのではないかといった感情が芽生えますし、人が離れていってしまうのも無理はありません。

嫌いな人へのおすすめの接し方は?

嫌いな人へのおすすめの接し方は?
ここまで、嫌いな人への態度や嫌われやすい人の態度についても触れてきましたが、生活している上で、どうしても嫌いな人とも関わらないといけないこともあるでしょう。特に、大人になるにつれ、嫌いな人とでも冷静な態度をとることを求められてしまいます。

しかし、嫌いな人と接してストレスをためてしまうのは、精神衛生上よくありません。そのため、続いてはそんな嫌いな人との接し方についてお話します。

自分が嫌いな人との適切な接し方を学んで、少しでもストレスを軽減していきましょう!

職場では表面上は普通に接しよう

職場では表面上は普通に接しよう
嫌いな人は無視したい、関わりたくないと思う人は多いことでしょう。しかし、職場のような狭いコミュニティにいる場合、共同作業を求められることが多く、嫌でも接する機会は多いものです。

しかし、あくまで仕事は仕事と割り切って普通に接していく必要があります。相手に変な態度をとってしまうと、さらに関係は悪化の一途をたどってしまいかねませんし、私情を挟んだ接し方をすることで、仕事に影響を来たしてしまうのは言語道断です。

ただし、表面上仲良くしなければいけないというわけではなく、職場では「報連相はしっかりとする」といった接し方を心掛けるだけで十分ですよ。

プライベートでは距離をとろう

プライベートでは距離をとろう
嫌いな人と接するのは、仕事など必要最低限のところに留め、プライベートでは距離をとっておくことが非常に大事なところです。プライベートまで自分の嫌いな人と過ごしたり、わざわざストレスをためるようなことをする必要はありません。

嫌いな人からプライベートに足を突っ込まれそうになったら、「そこはシークレットです~」なんて冗談を言ったり、「休日は1人で過ごすのが好きなんですよ」と伝えるなど、やんわりと相手を断る接し方を身に着けていきましょう。

プライベートには近づけさせないぞ、といった態度をとっていくと、相手も諦めやすいです。

嫌いな人には期待をしない

嫌いな人には期待をしない
嫌いな人に対して、腹を立ててしまうことはありませんか?それは、自分が少なからず相手に対して「小さな期待をしているから」なんです。

なんでこんな言い方をするんだろう?なんでこんなことをしてくるんだろう?そういった期待があるからこそ、嫌いな人に対して不快な気持ちを抱きやすいんです。

最初から、「この人はどうせこんなこともできないんだから仕方がない…」といった諦めの気持ちで相手を見ることで、相手がしてくる嫌味な行動も態度も、無関心でいられるようになりますよ。

「無関心」を心掛け、自然な態度で接する

「無関心」を心掛け、自然な態度で接する
嫌いな人に対して、あれこれ考える労力は無駄なもので、自分を疲れさせる他ありません。相手とわざわざ対立するのではなく、「無関心でいる」ということが、嫌いな人と接する上で日常を快適に過ごすことができるコツなんです。

嫌いな人と接するとどうしても態度に出てしまうこともあるでしょうが、それが相手に伝わると関係は悪化します。嫌いな人のことは「まぁ、どうでもいいや、こんな人のこと考えるの時間がもったいないわ」と捉え、普段通りのあなたらしく過ごしましょう。

敬語を用いて心の距離を置く

敬語を用いて心の距離を置く
嫌いな人とどうしても接触が避けられない場合、心の距離を置くことが非常に大事になってきます。そのため、気さくに話しかけるのではなく、徹底して敬語を用いて、一線を引いておくということが効果的です。

親しくなるにつれて言葉が崩れてくるものですが、月日を共にしても敬語を使うということは、相手との一定の距離を保つことができます。敬語を用いて線を引いておくことで、相手から距離を詰めてくることも少なくなりますよ。

嫌いな人でも良いところを探してみる

嫌いな人でも良いところを探してみる
嫌いな人と何がなんでも付き合わなければいけないという場合は、相手の良いところを探してみるというのも1つの方法です。欠点だらけに見える人でも、1つは必ず良い部分を持っています。そしてそれは、その人と付き合っていくうえでの1つのメリットとなるでしょう。

相手の良い一面を見つけるだけではなく、相手とかかわることで得られるメリットはなんなのかがわかれば、打算的な付き合いにはなりますが、ストレスを受け流すことができますよ。

嫌いな人とは適切な態度と距離感を掴んでいこう

嫌いな人とは適切な態度と距離感を掴んでいこう
嫌いな人への態度や接し方についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?嫌いな人との接し方や、自分も周りから嫌われていないかを考える良い機会になったのではないでしょうか。

人は、相手との相性によって適切な距離感があります。そして、嫌いな人に適切な態度をとっていくことで、相手との丁度良い距離感を掴むことができますよ。

大人になればなるほど、嫌いな人だからといって無視をしてしまうと、そこからさらに関係が悪化してしまいます。適切な態度をとり、丁度良い距離感を見つけ、嫌いな人がいてもストレスフリーな生活を送れるように頑張っていきたいところですね。

人間関係に悩まれている方は、他にも以下の記事を読んでみてはいかがでしょうか。他にもあなたの悩みをひも解く鍵があることでしょう!

Related