Search

検索したいワードを入力してください

孤独とは?|孤独感を感じやすい人の特徴や原因、解消方法を解説
2019年02月23日

孤独とは?|孤独感を感じやすい人の特徴や原因、解消方法を解説

あなたは孤独感を感じやすい人ですか?もしかしたらあなたは、孤独感を感じやすい性格なのかもしれません。孤独感を抱きやすい場面やNG行動についても解説します。孤独感に悩んでいる方のために、孤独感解消方法もご紹介しているので、寂しい気持ちになったら参考にして下さい。

孤独感とは?

孤独感とは?
孤独感を一度も感じたことのない人は、あまり多くはないでしょう。何となく寂しいような軽いものから、絶望的な気分になるほど重いものまで、人によって孤独感の感じ方は様々です。

では具体的に、「孤独感」というのはどういう意味なのでしょうか。孤独感の正しい意味を解説します。

孤独感の意味は?

「孤独感」という言葉には、「自分は独りぼっちだという感覚」「何となく寂しい気持ちという意味があります。中には一人でも寂しくないという人もいるので、「一人ぼっちで寂しい」と解釈すると分かりやすいでしょう。

孤独感を感じるとどうなるの?

孤独感を感じると、暗い気持ちになったり、胸の奥が痛くなったりします。孤独感とは非常にマイナスな意味を持つ感覚なので、孤独感を持つと悪いことが起こりがちです。

孤独感があまりにも強い場合は、将来を悲観するなど、メンタル面にかなりのダメージを与えることになります。人は一人では生きていけないので、将来のことを思うと、強い不安を抱いてしまうのです。

孤独感を感じやすいデメリットは?

孤独感を感じやすいデメリットは?
孤独感を感じにくい人もいれば、常に孤独感を感じるほど敏感な人もいます。孤独感を感じやすい人に起こり得るデメリットについて解説します。

心だけでなく体にも悪影響が出てくる

心だけでなく体にも悪影響が出てくる
孤独感にさいなまれ、体調不良を訴える人は少なくありません。心と体は密接に繋がっており、メンタルの調子が悪くなれば体調も悪くなります。孤独感というのは、決して気持ちのいい感情ではありません。そのため体にも悪影響が出てくるのです。

たとえば孤独感を強く感じると、胃が痛くなったり、吐き気がしたりする場合があります。これらの症状は一般的に、強いストレスがかかった時に起こりやすいと言われています。

憂鬱な気分になる

憂鬱な気分になる
孤独感を感じると、まるで胸の奥に鉛でもあるかのように、ずっしりと気分が重たくなります。

また、孤独な時はまわりに誰もおらず一人でいることが多いので、自問自答しやすい状態です。憂鬱な気分の時に「どうして私は孤独なんだろう」と自問自答を繰り返していると、余計に憂鬱になるという負のスパイラルに陥ります。

人生が楽しくない

孤独感を感じにくい人は一人ぼっちの状況にあっても全く動じず、一人でも平常心、もしくは明るい気持ちで生活できます。しかし孤独感を感じやすい人は、ちょっとしたことですぐに気分が暗くなりがちです。

ふとした時に自分が一人ぼっちになっていると気づくと、それだけで不安になり、寂しさに襲われてしまいます。常にこのような状態なので、本来であれば楽しいはずの人生も楽しくないと感じてしまうのです。

孤独感を感じやすい人の特徴は?

孤独感を感じやすい人の特徴は?
同じ独りぼっちの状況にあっても、全く孤独感を感じない人もいます。しかし孤独感を感じやすい人がいるのも確かです。彼らの違いは、一体どこにあるのでしょうか?

孤独感を感じやすい人の特徴について見ていきましょう。

ネガティブ思考

ネガティブ思考
孤独感を感じやすい人は、ネガティブ思考であることが多いです。独りぼっちになる瞬間というのは日常的によくあることで、特別な状況ではありません。

しかしネガティブ思考なので、「独りぼっちという状況は悪いことだ」とマイナスな方向に考えてしまい、自己嫌悪に陥り、寂しさを抱えやすいのです。

グループ行動が好き

グループ行動が好き
孤独感を感じやすい人は、独りぼっちという状況を非常に恐れているため、グループ行動を好みます。趣味が合わないグループでも、あまり好きではない人がいるグループでも、常に誰かと一緒という状況を優先します。

しかしグループ行動をしている時は良くても、どうしても一人で行動せざるを得ない時はあります。そんな時は、いつもと違う一人での行動に不安を感じ、孤独感がより強まってしまうという側面もあります。グループ行動は諸刃の剣なのです。

コミュニケーションが下手

コミュニケーションが下手な人のことを、俗にコミュ障といいます。本当は誰かと仲良くしたいのに、極度の口下手だったり人見知りだったりして、相手とのコミュニケーションがうまくいきません。そのためコミュ障の人は友達ができづらく、独りぼっちになってしまうのです。

誰かと一緒にいたいのに、まわりのグループにうまく馴染めないという状況は、自分が独りぼっちであるという感覚(孤独感)をより強調させます。自分だけが一人で、仲良しグループに囲まれてしまうと、自分の居場所がないように感じてしまうのです。

周囲に合わせられない

周囲に合わせられない
自我が強すぎたり、自己主張が激しかったりするタイプの人は、周囲から孤立しがちです。

本人は自分の意見を述べているだけだと思っていますが、特に日本では「周囲の意見に合わせる」ということが美徳だとされています。そのため自我を押し通そうとする性格の人は、まわりから敬遠されてしまい、独りぼっちになりやすいのです。

もちろんある程度の自己主張は必要なのですが、まわりに合わせられないほど押しが強いと、まわりの人に嫌がられてしまいます。しかし本人には自分が避けられている理由が分からないことが多いので、孤独感を抱いてしまうのです。

両親が共働きの家庭で育った

両親が共働きの家庭で育った
両親が共働きの家庭では、幼い頃から家で一人で留守番をするという状況が多いです。せめて母親だけでも家にいてくれれば、親からの愛情で心が満たされます。しかしずっと家で一人でいると、誰かにそばにいて欲しい時に誰もおらず、寂しい思いを募らせてしまいます。

子供の頃の体験というのは、人格形成に大きく影響してきます。愛に飢えていた幼少時代の記憶は消えることがありません。そのため、両親が共働きだった家の子供は孤独感を持ちやすく、大人になってからも「誰かにそばにいて欲しい」と心のどこかで強く願っているのです。

他人に認められたいという気持ちが強い

他人に認められたいという気持ちが強い
誰かに認められたいという気持ちのことを「承認欲求」といいます。承認欲求が強い人は、誰かに常に見ていてほしい、自分という存在を認めて欲しいと思っています。

しかし実際には、他人に注目してばかりいられるほど、まわりの人達も暇ではありません。そのため一人だったり、誰とも関わっていない状況の時に「誰も私にかまってくれない」と感じ、孤独感を生み出してしまいます。

孤独感を感じる原因は?

孤独感を感じる原因は?
孤独感は、突如やってくることも珍しくありません。一体どのようなことが原因で孤独感を感じてしまうのでしょうか?孤独感を感じやすい原因やシーンをご紹介します。

結婚して幸せそうな人をみると…

結婚して幸せそうな人をみると…
「友人の結婚式に呼ばれました。私のまわりは、もうほとんど結婚している子ばかりで、結婚式に招待されるたびに孤独感を感じます。

自分だけ取り残されていく感じっていうんでしょうか……。ウエディングドレス姿の友人が笑顔で幸せいっぱいなのを見ると、むなしくて寂しくなります。それに結婚しちゃったら、もうその子とはあまり遊びに行けなくなる」(29歳/女性/公務員)
他人の幸せを見ると、自分と比較してしまい、孤独感を覚える人が多いようです。特に結婚式は幸せムードでいっぱいですから、自分とのギャップがよけいに激しく感じられるのでしょう。

また、友人が結婚してしまうと、その人と遊ぶ機会が減ってしまうというのも孤独感を感じる原因になっています。いつも遊んでいた仲良しグループのメンバーが順々に結婚していって、残るは自分一人のみ。そんな状況では、寂しさを覚えてしまうのは当然でしょう。

楽しそうに騒いでいる人達が羨ましい

楽しそうに騒いでいる人達が羨ましい

パリピとは、友達同士で楽しく騒いでいる人のことを指す言葉です。「チャラチャラした不良」という意味合いもあるので、悪口として使われることもあります。

外では「パリピが騒いでまわりに迷惑をかけている」と言いながら、心の中では「彼らみたいに大勢で騒いで遊びたい、羨ましい」と思っている人は実は多いようです。しかし実際には自分はそうはなれないので、孤独感を抱え込んでしまいます。

同窓会に呼ばれない

同窓会に呼ばれない
「中学生の時の同級生から連絡があって、「あなた、同窓会に来ないんだって?どうして?」って聞かれました、私はビックリしました。何故なら、私には同窓会のお誘いがなかったからです……。

孤独感でいっぱいになり、泣いてしまって、電話口でその同級生に慰められました。みじめすぎる」(20歳/女性/大学生)
自分だけ同窓会に呼ばれないという話はよくありますが、実際に自分がその被害者になるとショックは大きいですよね。同窓会があったことすら知らないままなら、まだ幸せだったのかもしれません。

もともと友達が少なく会いたい人がいないのであればまだ諦めもつきますが、それなりにクラスに馴染んでいて仲良しの人も沢山いた場合は、特にダメージが大きいでしょう。

クリスマスやバレンタインデーが憎い

クリスマスやバレンタインデーが憎い
「彼女いない歴=年齢。クリスマス当日は当たり前のようにバイトのシフト入れられてました。しかも売れ残りのケーキを休憩時間に一人で食べてたので、孤独感ハンパなかったです」(24歳/男性/アルバイト)
クリスマスやバレンタインデーといえば、恋人達の幸せな日。カップルがこぞって街に出かけ、ラブラブっぷりを周囲にアピールする日でもあります。そんな日はもちろん、恋人がいる人は、恋人のいない人にバイトのシフトをチェンジしてもらいます。

幸せオーラを振りまきながら歩くカップル達を見ると、孤独感に苛まれる人も。彼らは幸せそうで、楽しそうで、今夜はきっと2人きりで大盛り上がり……。そんなことを考えながら一人でケーキを食べる時、とてつもなく寂しくなるようです。

趣味の合う人がいない

「私は美術館巡りが趣味で、休日はいつも全国の色々な美術館に行っています。でも私の友達は美術品に興味がないので、行くときはいつも一人です。

本当は友達と一緒に美術館巡りしたいし、美術館から出た後にカフェで感想を言い合ったりしたいんです。同じ趣味を持っている人に全然出会えないので、一人で美術館巡りをしている現実を思うと、孤独感を感じてしまいます」(29歳/女性/大学生)
同じ趣味を持つ友人がいないのは、とても寂しいですね。特に女性は共有や共感を求めるので、意見の言い合いができる友人が誰もいないというのは、孤独感を感じる大きな原因になってしまうのでしょう。

孤独感を解消する方法

孤独感を解消する方法
「孤独感を感じるな」と言われたところで、感じてしまうものは感じてしまいます。重要なのは、孤独感を感じた後のケアです。孤独感に苛まれた時は、放置せずに孤独感を解消しましょう。

孤独感の解消に効果的な方法をいくつかご紹介します。簡単に試せる対処法ばかりなので、孤独感に悩んだ時はぜひ参考にしてみて下さい。

適度な運動

適度な運動
心身のリフレッシュに効果的なのは、やはり運動です。適度な運動で全身の筋肉をほぐし、血行を良くしましょう。血の巡りがよくなるだけでも、気分がずいぶんと楽になるはずです。

また、ヨガは深呼吸をしながら行う運動ですが、深呼吸には精神を安定させる効果があります。ただ深呼吸するだけでもいいですが、運動をしながらの方がより効果が出やすくなります。ヨガは自宅の狭いスペースでも簡単にできるのでおすすめです。

人と定期的に会う

人と定期的に会う
一時的に一人になって孤独感を感じたとしても、「私には友達がいる」という気持ちになれれば孤独感は軽減されますよね。

そのためには、できるだけ定期的に人に会うようにしましょう。寂しい思いをした時は、人と会って楽しく過ごした時のことを思い出し、自分は決して一人ではないということを再認識してください。

定期的に誰かと会うことの効果はそれだけではありません。誰かと会話することによって、テンションが上りますよね。日頃のちょっとした愚痴を聞いてもらって、共感してもらうだけでも、孤独感はかなり軽くなるはずです。

毎日誰かとメールする

毎日誰かとメールする
多忙などが原因で定期的に人と直接会うのが難しい場合は、誰かとメールするようにしましょう。

メールであれば仕事の休憩時間などを使って簡単に送れるので、忙しい人でも毎日続けられます。また、電話と違って一言だけ書いて送信してもOKなので、話題に困ることもありません。

孤独感を感じている時は、自分が全世界から切り離されたように感じてしまう場合も多いです。メールで誰かと話していれば、そんな感覚はなくなります。

SNSで沢山の人と交流する

SNSで沢山の人と交流する
現実の交友関係だけでは電話もメールも難しいという場合は、SNSを活用しましょう。SNSはユーザー同士の交流を深める機能が充実しているので、誰とでも簡単に仲良くなれますし、沢山の友達を作ることが可能です。

「いいね」ボタンを押すだけで相手と交流できるので、一番簡単に孤独感を紛らわすことができます。孤独感を感じている時には、“誰かと繋がっている”という感覚が必要なのです。

ペットを飼う

ペットを飼う
最近注目を集めているアニマルセラピーは、ストレス解消にも効果が期待できると言われています。ふわふわの可愛いペットがいつも一緒にいてくれたら、とても癒されますよね。また、可愛らしい仕草を見ているだけでも心が和みます。

アレルギーで犬や猫を飼うのが難しいという場合は、金魚やカメなどの水生動物がおすすめです。また、大きなペットの世話をするのが大変だという人にはハムスターが一押し。マンションでも飼える上、世話の手間もエサ代もほとんどかからないので優秀なペットです。

趣味に没頭する

趣味に没頭する
大好きな趣味に没頭してしまえば、孤独感なんてどこかに吹き飛んでしまいます。孤独感を感じたら、それ以上気分が沈む前に頭を趣味モードに切り替えましょう。楽しい気分になれば、孤独感が薄れるはずです。

孤独感は、自分の居場所がないように感じてしまうのも原因のひとつです。しかし自分の才能が発揮できる趣味の世界なら、自分の存在理由や居場所をしっかりと認識できます。

パートナーを見つける

パートナーを見つける
もしあなたに恋人や配偶者がいない場合は、パートナーを見つけてみてはいかがでしょうか。恋人がいれば電話やメールの相手になってくれますし、休日にお出かけもできて、孤独感を解消することが自然とできるようになります。

また、恋人や配偶者であれば、あなたのそばにいつも寄り添ってくれるでしょう。誰かに心から愛されれば、孤独感を感じるような心の隙間なんて簡単に埋められてしまいますよ。

一人カラオケで思いきり歌う

最近は専門店もできて、市民権を得てきた「一人カラオケ」。一人だから孤独感があるのにわざわざ一人カラオケをするのは、「一人でも寂しくない」「一人でも楽しめる」としっかり認識するためです。

一人カラオケの専門店でも、普通のカラオケボックスでも、一人カラオケの客は意外といるもの。一人でも十分に遊べるし楽しいのだと、自分のマイナス思考に強く印象付けましょう。思い切り歌うことはストレスの解消に繋がるので、孤独感に苛まれたストレスも軽くなります。

孤独感を感じている人のNG行動

孤独感を感じている人のNG行動
頻繁に孤独感を感じてしまう人は、もしかしたら孤独感を感じやすい行動パターンを持っているのかもしれません。実は孤独感を感じやすくなってしまうNG行動があるので、孤独感を抱きやすい人は注意してみましょう。

孤独感を感じている人が行うべきではない行動についてご紹介します。心当たりのあるNG行動はありませんか?

人が多すぎる場所に行く

人が多すぎる場所に行く
友達と出かけるのであれば人混みの中に入っても問題ありませんが、一人の時に人の多い場所に行くのは避けましょう。孤独感を感じやすい性格の人は、それだけでも孤独感を抱く原因になってしまいます。

特に繁華街は、まわりがカップルや友達グループばかりで、孤独感を味わう可能性が非常に高い危険スポットです。そのような場所へはできるだけ近づかないのが一番です。

SNSで人の幸せばかり見る

SNSで人の幸せばかり見る
SNSには、日常の良いところばかりを切り取った写真が多数投稿されています。ユーザーの生活の素敵なところや幸せなシーンばかりを濃縮しているので、それを見ていると「楽しそうだなぁ」「幸せいっぱいで羨ましいなぁ」と思いやすくなり、孤独感が背後から忍び寄ってきます。

しかしSNSでの「他人の幸せ」を全部鵜呑みにするのはNGです。私達がSNSに写真を投稿する時も、ちょっと見栄をはって幸せアピールをしてしまうことがありますよね。ネット上の幸せエピソードは話半分だと思っておいた方が、無駄な孤独感を感じずにすみますよ。

他人の惚気話を真面目に聞く

他人の惚気話を真面目に聞く
「ねえねえ聞いて。私の彼氏が本当にありえないんだけど……」という、一見愚痴のようにも聞こえる惚気話。真面目な人は真面目に話を聞いてあげることが多いと思いますが、惚気話はいわば他人の幸せ自慢です。

他人の幸せアピールを真面目に聞きすぎると、「それに引き換え私は……」と落ち込むことが多くなってしまいますよ。

SNSと違うのは、相手から一方的に話しかけられる可能性が高いということです。時には、惚気話タイムになる前に話を切り上げることも重要です。

パートナーを作らない

パートナーを作らない
結婚式に出席して孤独感を抱くのも、一人で街を歩いていて寂しくなるのも、SNSでの他人の幸せを見て憂鬱になるのも、あなたがパートナーを作らないのが根本的な原因です。

自分を大切にしてくれるパートナーがいれば、他人の幸せを見て落ち込むことも、街を独りぼっちで歩く回数もかなり減るでしょう。他人の幸せを見て孤独になりやすい人は、パートナーを作る努力をするべきです。

「私はモテるほうじゃないから」と躊躇するのはNG。行動を起こさなければ、いつまでも孤独感に襲われ続けるだけです。

孤独感を感じやすい年齢がある?

孤独感を感じやすい年齢がある?
ここまで孤独感を感じやすい性格や場面などを見てきましたが、実は「孤独感を感じやすい年齢」もあるんです。年齢と孤独感に、一体どんな関係があるのでしょうか?

孤独感を感じやすい年齢について解説します。

子供が独り立ちする50代後半

子供が独り立ちする50代後半
50代後半にもなると、自分の子供たちが成人し、一人で生活するようになります。その中には一人暮らしをするために家を出ていく子供もいるでしょうし、結婚をしてお嫁に行く人もいるでしょう。

ずっと自分たちの手元で育てていた子供が成人すると、嬉しさと同時に寂しさも感じます。また、子供が家を出ていけば家中がガランとしてしまうので、どこか空虚な感覚に襲われます。そのため大きな孤独感を感じやすいのです。

同世代の不幸事が多い80代

同世代の不幸事が多い80代
80代になると、友達やご近所さんとお茶を飲むことだけが楽しみだという人も多いです。しかし80代というと、持病を持っているのが普通だったり、体調が優れない日が増えてきたりする年齢です。

そのため、仲の良かった茶飲み友達がある日突然入院したり、亡くなったりすることが珍しくなくなります。年齢のことを考えれば仕方がないのですが、そう簡単に割り切れるものではありません。友人が次から次へと減っていく80代は、常に孤独感との闘いとも言えます。

孤独感に負けないようにしよう

孤独感に負けないようにしよう
孤独感を感じやすい人は、もとの性格も関係しています。生まれつきの性格を変えることはとても大変なので、性格を矯正して孤独感を感じにくくするというのは少々難しい面があるでしょう。

しかし、孤独感を抱きやすい人がやりがちなNG行動をしないようにしれば、孤独感を感じやすい状況から逃れることは可能です。また、孤独感を感じてしまったとしても、孤独感を消す方法を試せば、少しは心が軽くなるでしょう。

孤独感に負けず、明るい気分で人生を楽しみましょう!

孤独の原因である寂しさの延長線上にある「切ない」という気持ちが気になる人は、以下の記事も参考にしてください。

Related