Search

検索したいワードを入力してください

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
2019年01月29日

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは

ゲーム用語としてゴースティングやチーミング、ストリームスナイプという言葉がよく使われています。結構紛らわしい上に意味が分からないと思わぬトラブルになる可能性もあります。ゴースティングやチーミングの意味や注意点についてまとめてみました。

今流行のゲーム用語を解説します

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
ゴースティングやチーミング、ストリームスナイプといったゲーム用語が流行しています。ゴースティングは恋愛で使われる言葉でもあるので、聞いたことがある人は多いでしょう。

ゴースティングとストリームスナイプは本来違う言葉なのですが、似た行為のため全く同じことだとして紹介されることもあります。ゴースティング、チーミング、ストリームスナイプについて詳しく解説します。

ゴースティングとは

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
ゴースティングは最近流行している言葉で恋愛でも使われています。ここでは、ゴースティングの意味や恋愛とゲーム用語の意味の違い、悪質な行為なのかどうかについてご紹介します。

ゴースティングの意味

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
ゴースティングという言葉を聞いて幽霊(ゴースト)を連想する人もいるでしょう。ゴースティングはゴーストから来た言葉で、恋愛でもゲーム用語でも幽霊を連想させる意味合いになっています。

恋愛におけるゴースティング

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
ゲーム用語の「ゴースティング」を解説する前に、恋愛でのゴースティング例を知ることでよりイメージが湧くのでこちらも軽くご紹介します。

恋愛におけるゴースティングは付き合っている相手が、音信不通になってしまうことを言います。突然、携帯が解約されて連絡が取れなくなったり、LINEがブロックされたりることがゴースティングに当たります。

恋人が幽霊のように消えてしまうことから、ゴースティングと言われます。日本では恋愛で使うのが普通ですが、それ以外でも音信不通になった相手に対して使うこともできます。アメリカでは、連絡なしに仕事を辞めることをゴースティングと表現しています。

ゲーム用語のゴースティング

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
ゲーム用語のゴースティングにも幽霊を連想させるようなイメージがありますが、恋愛で使うゴースティングとはだいぶ意味が違います。

ゲーム用語ではオンラインゲームで自分以外のプレイヤーのプレイ画面と自分の画面を同時に見ながらゲームをすることをゴースティングと呼ぶのです。

これだけではわかりにくいのでもう少し状況を説明していきましょう。オンラインゲームは、自分のプレイをリアルタイムで配信しているプレイヤーも珍しくありません。この配信を悪用すれば配信者の状況を見ながら戦うことが可能になります。

幽霊がずっとついているように、状況を確認できるためゴ―スティングと呼ばれるようになりました。ゲーム内とはいえ、ストーカーに近い行為とも言えますね。

ゴースティングは悪質行為なの?


ゴースティングは相手の状況を確認しながら、ゲームをプレイできるため圧倒的に有利になります。本来のゲームのルールから逸脱した行為のため、悪質なマナー違反です。しかし、配信された動画を利用しているため、悪質な行為と考えないプレイヤーは少なくありません。

実際にゲームを始めたばかりのプレイヤーが何の悪意もなくゴースティングをしてしまうこともあります。しかし、ゴースティングは規約で禁止されているゲームが増えてきました。

禁止されていない場合でも、悪質な行為と考えるのが一般的です。規約に書かれていなくても、処罰されることもあるので絶対にやめましょう。

ゴースティングの使い方

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
ゴースティングは他のプレイヤーの配信を見てプレイするので、相手の行動の先回りをすることが可能になります。そのため、不自然に先手を打って行動するようなプレイヤーを見ると、「怪しい!ゴースティングだ!」などという使われ方をしていますね。

ストリームスナイプとは

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
ストリームスナイプは意味がよく似ているため、ゴースティングと全く同じ意味で使われることもあります。しかし、ゴースティングとストリームスナイプは違う言葉です。ストリームスナイプについて解説します。

ストリームスナイプとゴースティングの違いは?


ストリームスナイプとは配信されている動画を見ながら、その動画を配信している相手と同じサーバーに入ることを言います。ゴースティングと非常に近いですが、ストリームスナイプは配信を見ながらゲームをしてもそれを悪用しないことが前提です。

そのため、配信されているプレイヤーと戦うことになったら、動画を見ないようにするのが当然のマナーになっています。

ストリームスナイプはOKなこともある


ストリームスナイプはあくまで配信を見ている人が、プレイヤーとして同じサーバーでゲームをしているだけです。配信されているプレイヤーと戦ったりしなければ、見ている分には何の問題もありません。

ゴースティングは禁止されていることがほとんどですが、ストリームスナイプはしても問題ないと考える人は少なくありません。動画を配信している人も、ストリームスナイプには許可を出していることがよくあります。

ストリームスナイプは違反になるのか?

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
配信者がストリームスナイプに許可を出していることは珍しくありません。しかし、違反になるかどうかは運営の判断になります。配信を見ながらゲームがしたいなら、認められているかどうかを確認してからストリームスナイプするようにしましょうね。

ストリームスナイプの問題点は?

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
このようにストリームスナイプ自体は悪質な行為とは言えません。しかし、ストリームスナイプには問題点が多いです。まず、ゴースティングとストリームスナイプを区別するのは非常に難しいことが挙げられます。

少なくとも、配信を見られている側はゴースティングとストリームスナイプの区別はつきません。直前までストリームスナイプしたせいで、ゴースティングと勘違いされることもありえます。

そもそも、ストリームスナイプとゴースティングを全く同じものだと考えている人も増えています。ストリームスナイプを行う場合は、自己責任で行うようにしましょう。少なくとも、明確に許可されていない限り、ストリームスナイプもしない方が無難ですね。

チーミングとは

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
チーミングはIT用語としても使われていますが、ゲーム用語のチーミングは全く意味の異なる言葉です。ゲーム用語のチーミングの意味や行うとどうなるのかについて解説します。

チーミングの意味

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
チーミングは英語では「teaming」と書きます。チームを作るという意味から作られた言葉で、本来敵同士のはずのプレイヤーが仲間として協力することを言います。ソロでプレイしている時に使われることが多いです。

ただし、複数で協力してプレイするルールでも本来敵同士のプレイヤーが協力する場合は、チーミングとして扱われます。本来、人数が決まった状態で戦うゲームなのにチーミングをすることで、人数が増えて有利になることがわかりますね。

チーミングは悪質行為なの?


偶然、ゲームの中で会った敵同士が気が合ってチーミングするということもあります。特にチーミングは、ゴースティングと違い配信を見ているわけではありません。そのため、ゴースティング以上にチーミングが悪質な行為という自覚がないプレイヤーは多いと言われています。

しかし、チーミングは重大なマナー違反になる行為です。運営側からも厳しい取り締まりが行われています。特にゲームの初心者は、自覚なくチーミングを行いやすいので注意しましょう。

チーミングは何故問題にされるのか?


まず、チーミングが問題にされるのは、敵として戦うはずのプレイヤーが協力して戦うことがマナー違反だという点です。それだけでなく、チーミングをすることで極端に有利になりゲームバランスが崩壊してしまいます。

プレイヤー同士で戦うという本来のゲームの目的をないがしろにしている上に、チーミングをすることで圧倒的に有利になるわけです。これは問題にされるのは当然ですね。

悪質行為でBANされるレベルは?

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
ゴースティングやチーミングはマナー違反なだけでなく、ゲームのアカウントをBANされる対象になります。BANされる場合などについてまとめてみました。BANの意味やストリーミングスナイプの扱い、BANされないための対策についてもご紹介しますね。

そもそもゲームにおけるBANの意味とは?

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
BANとは英語で禁止や追放を意味する言葉です。ネットのサービスなどでアカウントを停止された際にも使う言葉で、垢バンということもあります。オンラインゲームで違反行為を行うことは、当然BANされる可能性があります。

悪質な行為だと即座にアカウント永久凍結になる場合もありますが、警告や期間が決められたBANが行われることが多いです。

ゴースティングとチーミングは本来BAN対象


ゲームの運営側の考えによって多少扱いが異なりますが、ゴースティングやチーミングといった行為は基本的に即BANの対象になります。ただし、ゴースティングやチーミングをしただけでいきなりアカウントを永久凍結されるようなことはまずありません。

BANされても期間が過ぎればゲームにログインできるようになることがほとんどです。もちろん、継続的にゴースティングやチーミングを繰り返せば永久BANの対象になります。

ゴースティングやチーミングはBANされにくい

まず、チーミングはどのゲームでもBANの対象となっています。
ただ、発覚されにくいのも事実です。チーターなどよりも明らかにバレにくいので、人数が減りにくいのは確かです。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
ゴースティングやチーミングは即座にBAN対象になるわけですが、実際は簡単にBANされないのが現状です。上のヤフー知恵袋での回答のように、実際にゴースティングやチーミングをしたかどうかの判断が難しいため中々BANされません

Twitterなどでゴースティングやチーミングを認める人もいるため、こういった場合は当然BANされます。

有名配信者に通報されるとBANされやすい

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
ゴースティングやチーミングは本当に行ったのか証拠が残らないため、BAN対象にもかかわらずそう簡単にはBANされません。しかし、海外では有名配信者に対してゴースティングやチーミングを行い、通報されるとBANされる可能性が高いと言われています。

BANされたケースには微妙な場合も

とあるプレイヤーが配信中のプロゲーマーをキルしたところ、配信映像を見てプレイヤーを狙い撃つ行為「ストリームスナイプを行った」として7日間のBANを喰らったプレイヤーが登場。ところが、彼の友人が事実無根だとしてコミュニティーに訴えかけを行っています。

出典: https://fpsjp.net/archives/287726 |
上の記事ではプロゲーマーをキルしたプレイヤーが、ゴースティングをしたとして7日間BANされています。ゴースティングをしたのなら規約上BANされるのは当然です。しかし、BANされたプレイヤーが配信を見ていないと訴えたため騒ぎになりました。

実際にゴースティングを行ったのかどうかを証明することはできませんが、運営側は確証がない限りBANは行わないと発表しています。様々な意見がありますが、ゴースティングが規約でBAN対象になっているのは事実です。

運営にゴースティングと判断されたら諦めるしかありません。多少理不尽なのは事実ですが、トラブルを避けるために怪しい行動は控えるべきでしょうね。

オンラインゲームでは運営の判断に従うべき

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
配信された動画を見ること自体は悪いことではないため、ストリームスナイプは本来問題行為ではないはずです。また、動画を配信しているのに、ゴースティングをして何が悪いなのかという過激な意見もあります。

ゴースティングをするのが問題ないというのは言い過ぎでしょうが、配信しているせいで無関係なプレイヤーが誤解でBANされる可能性もゼロではありません。何の対策も行わずにただゲームのプレイ動画を配信するのは難しい問題ですね。

しかし、運営側が配信者に対して何も言っていない以上、ゴースティングと誤解されるような行為は避けるようにしましょう。下記の動画に関する記事もぜひ参考にしてください。

オンラインゲームでは違反行為は控えましょう

【ゲーム用語】ゴースティング・チーミング・ストリームスナイプとは
オンラインゲームの違反行為であるゴースティングやチーミングについてまとめてみました。ストリームスナイプは本来迷惑行為ではないはずですが、ゴースティングに繋がりやすいため同一視されています。

微妙な問題はありますが、そもそもゴースティングもチーミングも問題行為だからBANされるわけです。ルールしっかり守って、自衛のためにも誤解されるような行動は避けましょうね。オンラインゲームはモラルを守って楽しくプレイしましょう。

オンラインゲームは、下の記事のように出会いの場になることもあります。

Related