Search

検索したいワードを入力してください

「勘違いブス痛すぎワロタww」ブサイク自撮り集やエピソードを紹介
2019年02月06日

「勘違いブス痛すぎワロタww」ブサイク自撮り集やエピソードを紹介

ネット上に大量発生している「勘違いブス」。自撮り画像を毎日投稿したり、モデル気取りでポージングをしてセクシーショットを撮ったり…。自分の顔を鏡でじっくり見て欲しいところです。勘違いブスあるあるや、ブサイク女の残念エピソードなどを、とくとご覧あれ!

SNS普及で勘違いブスが大量発生

SNSが普及し、誰もがスマートフォンで画質のいい写真を撮影できるようになった現代。気軽に情報発信できるガジェットとサービスを手に入れた「勘違いブス」たちが、ネット上で大暴れしています。

SNSを使ったことがある方なら、勘違いブスに誰もが一度は遭遇しているはずです。嫌でも目に入るブサイクたちの写真に、ウンザリしている方も多いのではないでしょうか。

今回は勘違いブスたちの写真や、残念すぎる爆笑エピソードを大量に集めてみました。痛々しい勘違いブスや、勘違いブサイク男たちの謎の生態をご覧ください。

勘違いブスあるある《女性編》

世の中にはSNSが沢山あります。SNSは簡単に画像をアップできてしまうので、勘違いブスを増殖させるにはこれ以上ないほどの環境です。SNSを土壌とし、勘違いブスの種が芽吹き、ラフレシアのような花を咲かせます。

迷惑な勘違いブス女に関するあるあるネタを集めてみました。

需要のない自撮りを日々投稿

勘違いブスはとにかく自撮りが大好きです。TwitterやInstagramなどに毎日のように自撮り画像を投稿します。ブサイクの大量の画像なんて、一体どこに需要があるのか分かりません。

さらに需要のないセクシーショット

ブサイクな顔だけでも需要がないのに、そのボディなんてもっと需要がありません。しかし何故か惜しげもなく披露されるセクシーショット。顔だけ隠して鑑賞しろということでしょうか?

外で堂々と…

こちらの方は外で堂々とセクシーショットを撮っています。これを見せられる周りの人が気の毒でたまりませんね…。

いい女風の上から発言


「彼、私に未練があるみたいなの」「経験人数なんて覚えてないわ」――これらの発言を、本物のイイ女がしていたとしたら、きっととても扇情的で妖艶な雰囲気になるでしょう。しかしブサイク女に同じセリフを言われたら、「黙れよ勘違いブス」と言いたくなりますよね。

「自分はブサイク」と言いながら可愛くキメ顔

可愛い女の子が「私ブサイクだから~」と謙遜しているのであれば別にかまわないのですが、ブサイク女が「私ブサイクだから~」と言いながらブリッコなキメ顔をしていると、とても微妙な気分になりますよね。本当は自信満々なんでしょ!?

やりすぎメイク


もはや特殊メイクと言ってもいいほどの濃いメイク。メイクが上手で美人に仕上がっているならいいのですが、ブサイクな部分をカバーしようとして厚化粧になり、モンスター化している勘違いブスが大量発生しています。ブサイクが、さらなるブサイクに進化してしまうのです。

アイドルやモデル気取りのポージング

まるでプロのモデルのような、気合の入ったポージング。もしくは、アイドルのようなブリッコ風の可愛いポーズ。

プロのモデルやアイドルが同じポーズをすれば、かなり美しい写真になるはずですが…。ブサイクが同じポーズをとっても、自ら公開処刑しているようなものです。

自分がブサイクだという自覚がない


自分の顔がブサイクの部類であるという自覚がないので、恥ずかしげもなく自撮り画像をアップしてしまいます。世界中の人に、自分の可愛さを届けたいのでしょう。

しかしネット民は、正直で残酷です。へたに自分の顔の感想を聞いたりすると、自分がブサイクなことを知ることになってしまいます。

「私を褒めたたえろ」と攻撃的


自分のことを可愛いと勘違いしているだけならまだしも、「私こんなに可愛いのよ」アピールがすごい、攻撃的な勘違いブスもいます。「私を褒めろ」ととても強気で、かなり自意識過剰です。

控えめなブサイクがロリータ服を着ていようがパステルカラーで可愛く着飾っていようが特に興味はありませんが、自分が可愛い前提で「私は可愛いファッションの申し子」と自称するブサイクがいたら、「この勘違いブス」と言ってやりたくなりますね。

あなたは残念ながらブスに生まれてきたのです。現実を見てください。

自分のことが大好き


「勘違いブス」という指摘を受けているにもかかわらず、自分の自撮り写真をアップし続けるあたりが、もう手遅れな感じです。勘違いブスだという自覚は、本人には微塵もありません。

ご両親からもらった容姿を愛すること自体は素晴らしいことです。自分の顔を鏡で見つめながらウットリしても、それはどうぞご勝手に。しかしそれを全世界に広く知らしめる必要性はどこにもありません。

堂々と美少女キャラクターのコスプレをする

コスプレは趣味ですから、どんな容姿の人が楽しんでもOKです。しかしそれを、わざわざ自信満々で撮影して、ネット上にあげるのはやめてほしいですね。手作り衣装の出来やなりきりポーズに自信があるなら、ブサイクな顔にモザイクをかけてくれたほうが、見る側も安心です。

フォトショ詐欺(顔をCG加工すること)が横行しているコスプレ界ですが、加工してくれていた方が何倍もマシです。実在するブサイクよりも、非実在の美少女のほうがいいに決まっています。

顔に似合わない髪型やファッションをする


お洋服はとってもキュート、お顔を見ればガッカリ。勘違いブスは、自分を可愛いリカちゃん人形とでも勘違いしているのか、やたらと可愛すぎる服を好む人も多いです。

自分に似合う髪型や似合う服を着るのは、誰にとっても当然のことです。ブサイクさんやドスコイ体型さんは、身の丈に合ったファッションを心がけましょう。

他人の心配のフリをして自分カワイイアピール

「地震大丈夫だった?心配~」という呟きの内容とは、まったく関係のない勘違いブスの自撮り写真。他人の心配なんて、本当はしていないんです。他人の心配をしてあげている自分が可愛いんです。

アイドルに似ていると言い出す


可愛いアイドルとブサイクな自分を比較するなんて、よっぽどメンタルが強くなければ無理です。でも勘違いブスは自分がアイドル似だと勘違いしているので、恥ずかしくもなんともないのでしょう。

太っている

ぽっちゃりしていて可愛い女の子もいますが、デブは高確率でブサイクのことが多いです。脂肪のせいで目が小さくなり、肌は脂ギッシュでニキビだらけ、ダイナマイトすぎるビッグなボディには目も当てられません。

「私はマシュマロボディ」と言い張る人も多いですが、マシュマロというか、もはや肉団子のように見える勘違いブスもよく見かけますよね。マシュマロボディは褒め言葉ですが、自分で自分を褒めないでください。それはただのデブです。

ブスは横顔もブスなのか?気になる人は以下の記事も読んでみてくださいね。

勘違いブスあるある《男性編》

勘違いブスというとどうしても女性ばかりを思い浮かべてしまいますが、実は勘違いブスの男性も急増しています。堂々と顔を晒しているブサイク女性に影響でも受けたのか、もともとそっちの素質があったのか……。

勘違いブス男のあるあるについてご紹介します。

やはり自撮りを投稿

性別が違っても、やることはみんな同じ。ブサイク男も自撮りが大好きです。斜め45度のキメ顔が基本です。

一体誰向けの自撮りなのでしょうか。アイドルやイケメン俳優でもなければ、男の顔面アップの写真に価値なんてありません。

モデル気取りの撮り方

この方の顔も気になりますが、モデルを意識したかのような手にも目が行きますよね。これは間違いなく「俺ってカッコイイ」と思ってないとできないポーズです。自分が大好きな証拠ですね。

時代遅れのファッション


ネットで顔出しをするなら服装にも気をつけてもらいたいものですが、流行遅れだったり、ダサかったりする人を見かけます。ファッションセンスまでブサイクなのでしょうか。色々な人に頻繁に言われるということは、相当やばいファッションだということですよ。

ガラスに映った自分をかかさずチェック


身だしなみを整えること自体は、とても素晴らしいことです。しかし長時間鏡の前にいたり、鏡に映るたびに髪型のチェックをするのはちょっとやりすぎ。しかもキメ顔までしていたら、相当イタイ人です。

公共の場にある鏡でポージング練習をしているブサイクな人がいたら、その人は間違いなく勘違いブスです。まわりに迷惑がかかるので、家でやってください。目に毒ですから。

ナルシスト

カッコつけポーズが似合うイケメンなら、いくらでもやってください。スタイルのいいモデルのようなイケメンが素敵なポーズで写っていたら、目の保養になります。

しかしブサイク男子様はご遠慮ください。どんな風にその写真を評価すればいいのか分からず、見た人が困惑してしまうじゃないですか。ツッコミ待ちなのか本気なのかの見極めができないので、大変なんですよ。

やっぱり男もセクシーアピール!?


女性の豊満なボディならまだ需要はあるかと思いますが、ブサイク男性の社会の窓が開いている自撮り写真なんて誰も得しませんから。何故わざわざそんなものをアップするのか分かりません。

他にも、ブサイク男の鎖骨アピールや、ブサイク男のおへそアピール…。男のパーツがセクシーに見えるのは、顔の評価もセットになっているからです。勘違いブス男のセクシーアピールは痛々しいだけなので、やめてほしいですよね。

顔面偏差値アピールをする


「オレ、顔面偏差値低いからなー」と言っている人がいたら、それは「オレ、顔面偏差値高いだろ?」という意味で使っている可能性が高いです。

実は自信満々だからこそ、ネット上に未加工の顔写真を載せているのですから。正直に偏差値を教えてあげたくなりますね。

あなたは大丈夫?勘違いブスチェックリスト

勘違いブスのみなさんは、自覚がないことがほとんどです。というか、自覚がないからこそ「勘違いブス」と言われているのですけれど。

それはつまり、「私は絶対に大丈夫」と安心しきっている人ほど、勘違いブスである可能性が高いということです。この記事を見ているそこのあなた、他人事だと思って笑っている場合ではありませんよ!

もしかしてあなたも、実は勘違いブスだったりしませんか?以下のチェックリストで確認してみましょう。
  • 自撮りが大好き
  • 自撮りのベストな角度を日々研究している
  • 鏡を見ていることが多い
  • SNSに自撮り写真を頻繁にアップしている
  • 自分の顔が大好き
  • 自分の顔面偏差値は60以上だと確信している
  • モデルのようなポーズをとるのが好き
  • 自分はナイスバディだと思っている
  • 特別に可愛いorカッコイイ服装が好き
  • 目立つのが好き
  • 自分はセクシーだと思う
  • 読者モデルくらいにならなれると思っている
上のチェックリストで6個以上当てはまったら要注意。あなたも勘違いブスである可能性が濃厚です。悲しい現実を突きつけてしまってごめんなさい。

ギリギリ5個の人も油断は大敵。もうすでに勘違いブスに片足を突っ込んでいる状態ということですよ。自分を過信しすぎないように気を付けましょう。

勘違いブスの残念すぎるエピソード

勘違いブスの暴走は、ネット上だけにとどまりません。職場などの身近な場所にもいる勘違いブスは、現実世界でも絶賛勘違い中。まわりに迷惑をかけまくっています。

勘違いブスが引き起こした残念すぎるエピソードをいくつかご紹介します。被害者の皆様、ご愁傷さまです。

恋愛アドバイスをされた

「頼んでもいないのに、勘違いブス女に恋愛アドバイスをされました。私が気になっている男性がいて、そのことを他の同僚と話していたら、ブサイク女がどこからかすっ飛んできて、話に割り込んできたんです。

そうしたら急に、「男はこうすると喜ぶ」とか、「こんな女にときめく」とか持論をベラベラと喋り出しました。ブサイクな子なので恋愛経験なんてほとんどなさそうなのに、恋愛経験豊富なイイ女風の上から目線。挙句の果てにはセクシーアピール法を伝授されました。

ブサイクでドスコイ体型の勘違いブスの意見なんて、まったく参考になりません」(27歳/女性/会社員)
イイ女風の上から目線、byブサイク女。とても迷惑な勘違いブスエピソードです。色々な男性にモテていそうな美女の意見ならまだしも、モテないブサイク女の意見のどこに信憑性があるのでしょうか?

もはやテロ!Twitterにブサイク画像が

「Twitterに毎日ログインしています。色んな情報がどんどん流れ込んでくるので、やってて楽しいですよね。でも、時々まるでテロのようなヤバイ写真が流れてくることがあります。

僕が見たのは、猛烈なブサイクのキス顔写真。何かの冗談か罰ゲームでアップしてるのかなと思ったら、つぶやきの内容が「私のキス顔、セクシーってよく言われます(笑)」と超自信満々。セクシーというか、ただのタラコ唇で、すごく気持ち悪かった。

不意打ちであんな画像を見せられると本気で吐き気がするので、勘違いブスはSNSからいなくなってほしいです」(20歳/男性/大学生)
Twitterはとても面白いサービスですが、ヤバイ写真がリツイートされてくると、もはやテロですよね。可愛い動物の面白画像ならいくらでも見ていられますが、勘違いブスの面白画像は遠慮したいところです。面白いの意味が違います。

ブサイク男に「ブサイク」と言われた…

ブサイク男に「ブサイク」と言われた…
「同じサークルのブサイク男に、ブサイク女扱いされたことがあります。その男はデブでメガネで不潔な、完全なるブサイク男。アキバ系ファッションでダサダサです。

私がサークルの女友達に「かっこいい彼氏にふさわしい女になりたい」と相談していたところ、そのキモいブサイク男が側に寄ってきて、「君はブサイク女だから、よっぽど努力しないと駄目だと思うよ。僕ならその顔だと許せないなぁ」と、何故か上から目線でバカにされました。

超絶ブサイクなお前にだけは言われたくないんだよ、と叫びたかったです」(20歳/女性/大学生)
ブサイクにブサイク扱いされ、しかも上から目線のアドバイスをされるとは、とても嫌な出来事ですね。こっちもブサイク男なんてお断りです。

素人のアカウントなのに「○○_official」

素人のアカウントなのに「○○_official」
「芸能人のインスタとかの公式アカウントって、アカウント名が「NAME_official」ってなってるのが多いじゃないですか。素人なのにアカウント名に「official」を入れてる人はかなり痛いと思います。

私の知り合いが新しくアカウントを作ったというので見に行ったら、アカウント名に「official」の文字。

ブサイクだけどいつも自信満々でモデル志望の子だったので、とうとう事務所にでも所属したのかなと思い「おめでとう」と言ったところ、「事務所には入ってないよ」と言われてビックリ。立派な勘違いブスですよね。芸能人気取りかよ、って(笑)」(22歳/女性/アパレル)
「素人ブサイク_official」、本当にいるから困りますよね。ファンによる非公式アカウントや、なりすましアカウントなんて作られる心配はありませんので、わざわざオフィシャルアピールしなくても大丈夫ですよ。ブサイクのみなさま、どうぞご安心ください。

勘違いブスの共通点

痛々しい言動を繰り返す勘違いブスたち。彼らの共通点を見ていきましょう。

自分に優しく他人に厳しい

自分のことが大好きなので、自分には甘々。しかし他人にはとても厳しいので、上から目線の言動が目立ちます。ブサイクなのに他人をブサイク扱いしたり、上から目線のアドバイスをしたりしがちなのは、このような性格が原因です。

自分にはとことん優しいので、髪の乱れや下手なメイクでも許してしまい、そのまま自撮り。その結果、勘違いブサイクの残念な写真が量産されていくのです。

異性の目がなにより大事

異性の目がなにより大事
勘違いブスは、自己顕示欲がとても強いです。その上異性にモテているという前提でいることが多いため、異性にいつも見ていてもらわないと自我が保てないのです。

SNSであれば毎日強制的に大勢の人に写真を見てもらえます。異性の目に触れるだけで、勘違いブスは大満足です。そのため需要のない自撮り写真をアップし続けてしまいます。

自分を客観視できていない

自分を客観視できていない
自分を客観視できていれば、自分が他人からブサイク扱いされていることに気づけるはずです。しかし勘違いブスは主観でしか自分を評価できていないので、自分がモテモテで美形だと勘違いしてしまっています。

彼らに悪意はありません。全世界に美しい自撮り写真を提供してあげていると、本気で思いこんでいます。始末に悪いですね。

まわりが「ブサイク」と正直に教えてくれない

勘違いブスが勘違いをしたままでいるのは、周囲がはっきりと「君はブサイクだよ」と指摘してあげていないのも要因のひとつです。

親しい友人であれば、ブサイクな友を想って「ブサイクだから自撮りアップはやめておきなよ」とアドバイスしてくれることもあるでしょう。しかし勘違いブスは日常的に勘違いな言動を繰り返しているので、そこまで親身になってアドバイスしてくれる親友ができづらいのです。

目立ちたがり屋

目立ちたがり屋
自分がブサイクでも美形でも関係なく、とにかく目立ちたいだけというタイプも中にはいます。自撮り写真が残念な写りでも、ネット上で自分が目立てれば何でもいいので、どんどんとSNSを更新。

はたから見ると美形アピールに見えてしまうので、「この勘違いブス」と思われてしまいます。

勘違いブスのメンタルに乾杯(完敗)!

勘違いブスは、とにかくポジティブです。自分の容姿も性格も全て肯定し、ネット上に素顔を晒しています。自信満々でなければ、なかなかやれないことです。

勘違いブスの勘違いは、なかなか直せません。見ているこちらが面白いこともあるので、彼らには夢見たままでいてもらったほうがいいのかもしれませんね。彼らの前向きな姿を見ていると、誰もが前向きな気持ちになれるのではないでしょうか。

勘違いブスのメンタルの強さに、完敗……いえ、乾杯。勘違いブスよ、永遠なれ!

自分に勘違いブス疑惑が出てしまった方は、以下の記事もご覧ください。

Related