Search

検索したいワードを入力してください

スラング英語「xoxo」ってなに?読み方や意味・使い方を紹介!
2019年01月23日

スラング英語「xoxo」ってなに?読み方や意味・使い方を紹介!

外国人の友達とメッセージのやり取りをしている時によく出てくる「xoxo」ってどういう意味?今回は、海外でよく使う略語スラングの「xoxo」の読み方や意味、その使い方について詳しくご説明していきます!xoxoの他にも、日常で使える英語スラングも同時にチェック!

【意味や読み方は?】外国人がよく使うxoxo

【意味や読み方は?】外国人がよく使うxoxo
外国人の友達とメールや手紙のやり取りをした時などに、文章の最後に「xoxo」の文字を見たことがある人もいるんじゃないでしょうか?

日本でも流行った海外ドラマ、ゴシップガールでも「xoxo Gossipgirl」なんてフレーズがあったり、ドラマや映画でもよく目にするものです。

今回はそんな英語のスラング「xoxo」について、その読み方や意味など、詳しくご紹介していきます!

これを使いこなせれば、あなたも海外通になれるかも!

xoxoの意味や読み方は?

xoxoの意味や読み方は?
そんな映画やドラマなどでもよく目にするスラング、「xoxo」の意味とはなんでしょう?実際に海外の友達からこれを送られて「??」と、その意味や読み方に戸惑った人もいるはず。

外国人がよく使う「xoxo」のスラングの由来や読み方、意味をご説明していきます。

xoxoの意味と読み方

まずxoxoを使う時は、文章の最後に「xoxo 名前」という感じで使うことが多く、日本でも手紙やメールの最後につける”署名”のようなものです。

xoxoの意味は「Hugs and Kisses(ハグとキス)」という意味があり、読み方はそのまま「xoxo(エックスオーエックスオー)」という読み方をすることもありますが「Hugs and Kisses」の読み方が一般的。

海外で挨拶の時にハグとキスをすることから、メールや手紙なども文章でも”愛を込めて”というような感じで、ハグとキスを送るという意味として使われています。

oはhugという意味

oはhugという意味
その意味はわかりましたが、なぜ「Hugs and Kisses」が「xoxo」になったのか疑問に思った人もいるはず。

Hugs and Kissesがxoxoと表記される理由は、そのアルファベットの形にあると言われています。

xoxoの”O”は"Hug(抱擁)"を意味しているのですが、この"O"の形は、二人の人がお互いに手を回しあい、ハグをしている形に見えるからなんだそう。

漢字でも、もともと何かの形を文字に起こして表現したりするように、海外でもHugという動作を、一文字の"O"というアルファベットにして表現しているんです。

xはkissという意味

xはkissという意味
そしてKissを表している"X"も、同じように二人の人が唇を合わせ、キスをしているように見えることから、Kissを”X”と表現するようになったそう。

そしてこの"X"には、キリスト教文化の根深い海外ならではの、ほかの意味の由来もあります。

この"X"は十字架を表すという意味もあり、昔は手紙などの最後に「書いた内容が真実である」という誓いと証明のために、Xを書きその上にキスをするという習慣から生まれたという説もあります。

どちらも日本にはなかなかない文化ですが、キスやハグをすることが一般的な海外ならではの表現です。

xoxoの使い方

xoxoの使い方
そんな海外でよく使う英語のスラング「xoxo」をネイティブのように使いこなせたらかっこいいですよね。

外国人のようにさらっと使いこなせるようになる、「xoxo」の使い方やそのポイントを詳しくご説明します!

文末に添えて

文末に添えて
xoxoの一番多く定番の使い方が、手紙やメール、テキストなどの最後に添えて書く使い方です。

これは「愛を込めて」というような意味合いで使うことが多いので、xoxoのほかにも「with love」や「All my love」なども良く使う表現です。

例としては「See you soon xoxo」「Have a good evening xoxo」など、じゃあね!というフレーズの後に付け足すような感じです。

手紙やメールの際は、「xoxo 名前」という感じで、自分の署名と一緒に使うことも一般的です。

感情を表す表現として

感情を表す表現として
「xoxo」は愛を表現するために使われるスラングです。この愛を表現することは、必ずしもハッピーなシチュエーションという訳ではなく、いろんな感情を表します。

例えば、嬉しい時やありがとうの気持ちを伝えたい時は「That's awesome! Thank you so much! xoxo(最高!どうもありがとう!)」など、嬉しさや感謝のアピールの意味としても使います。

そして相手が落ち込んでいる時や病気の時などに、「I'm so sorry. Hope you'll feel better soon xoxo(残念だね。早く良くなってね。)」など、励ましの表現の意味としても使うことができます。
(訳)
私の最高のフォロワーのみんな、誕生日のお祝いどうもありがとう…みんな愛してる、最高!XOXO

xxだけやooの場合も

この愛を表現する意味のxoxoは、必ずしもこの表記ではないといけないというルールはなく、人や場合によっては「xx」だけや「oo」「XO」など、いろいろな表現があります。

男性はあまりこのxoxoを使わない傾向の人が多く、よく使うのはキスを表す「X」だけなど、人によってその使い方も様々です。

当然、自分の好きなように使っていいので、「xxxxxx」などキスがいっぱいの表現なども、もちろんアリ。

送る相手や、会話のシチュエーションに合わせ使い分けてみてください。
(訳)
全ての人に、ハッピーニューイヤー!2018年の最高のサポートをどうもありがとう!
2019年はもっと特別な年にしていこう!

James xxx

相手との関係性による

相手との関係性による
このxoxoは「愛を込めて」という意味合いを持っているため、特別な恋人や家族だけに使うのでは?と思いますが、友達同士などでもカジュアルに使います。

ですが、このxoxoを使うことが多いのは女性同士の友達や、女性から男性の友達や恋人へ、というパターンが多く、男性同士の友達などでは使わない表現です。

その友人関係も、会ったばかりのほとんど知らない人や、あまり関わりのない人に使うことはあまりありません。このxoxoはあくまでもスラングで、カジュアルな表現であることも覚えておきましょう。

ビジネスメールなどでは使わない!

ビジネスメールなどでは使わない!
このxoxoを使う時に注意したいのが、自分の上司やビジネスの場では、このxoxoという表現を使うことはありません。

ビジネスメールなどで最後の署名と一緒にこのxoxoを使ってしまった場合は、相手から「なんだこいつは!?」と思われてしまう可能性大。

ビジネスの場合は、「Sincerely」や「Kind regards」など、他のもっとフォーマルな表現を使うので、このxoxoなどのスラングを使うことは厳禁です!

SNSで複数人の相手に対して

海外アーティストや俳優・女優さんなどのSNSでも、「今日のライブは最高だった!みんなありがとうxoxo」といったように、”みんなに向けて”という感じで使うことも多いです。

誕生日のメッセージを送ってくれた人みんなに一人一人メッセージを送り返す時間がないなんて時。SNSなどで「Thnks for the birthday wishes! Love you all xoxo(誕生日のお祝いをありがとう!みんな大好きxoxo)」という風にまとめて使うこともできます。

こういったいろいろなシチュエーションで使うことができる、とても便利なスラングです。
(訳)
友人達みんな愛してるよ、それだけ xoxo

xoxoを使う相手は?

xoxoを使う相手は?
使いこなせるようになると、かっこいいだけでなく、表現の幅も増える「xoxo」ですが、誰にでも使っていいものなのでしょうか?

略語スラングのxoxoを、外国人が実際に使っている相手やシチュエーションをご紹介します!

親しい友人に

親しい友人に
xoxoを使うシーンで一番多いのが、親しい友人に対する、慰めや愛情、感謝の表現として使うことです。

遊ぶ約束の前に、頑張ってと応援のメッセージを送る時に、風邪を引いて寝込んでいる時に、いろんな場面でこのxoxoを使います。

親しい友達間だからこそ、「愛を込めて」という意味の表現ができるスラングです。

家族に

家族に
家族間でもこのxoxoはとてもよく使う表現と言えるでしょう。

家を出る時に残すメモの最後や、元気にしてる?という久しぶりのテキストなど、家族関係が近く、家族に対して愛情表現をよくする海外ならではかもしれません。

日本だと家族に対して「愛してる」という表現はあまりしませんが、海外では家族に対してキスはハグは当たり前、メールなどでもxoxoと愛情をちゃんと伝えるのが普通です。

愛しい恋人に

愛しい恋人に
家族や友人はもちろん、恋人同士でもこのxoxoのスラングはとても頻繁に使うものです。恋人同士の場合、"X"のほうが多かったり、"X"のみを使う人も多いのが、友人や家族との違いです。

「I miss you xxx(早く会いたいよ xxx)」など、愛をちゃんと言葉で表現する海外だからこそ、恋人に対しても、ちゃんとメッセージで愛を表現します。

外国人がよく使う他のスラングの意味と読み方!

外国人がよく使う他のスラングの意味と読み方!
日本でも若者言葉や略語、ギャル文字などがあるように、英語にも実はxoxo以外のスラング表現がたくさんあります。

海外の友達ができた時などにぜひ使ってみたい、英語のスラング略語の意味や読み方・使い方をご紹介します!

lol

この略語はすでにいろいろなシーンで使われているので、意味を知っている人も多いはず。

この「lol」の意味は「laughing out loud(爆笑)」、日本でよく使う(笑)やwwなどの、笑いを意味するスラングです。

読み方は特になく、あまりこれを声に出して読むことがありませんが、よくある読み方はそのまま「LOL(エルオーエル)」という読み方をするか、「Laughing out loud」という読み方が多いです。

これはテキストなど、友達とのカジュアルな会話の中でよく使う略語なので、使いこなすと会話がもっと楽しくなるかも!

lmao

こちらの「lmao」は先ほどご紹介した「lol」と同じく”爆笑”という意味を表現している略語の、少し汚い表現の入った「Laughing my ass off」という意味のスラングです。

これと同じくLmfaoなど、冗談を言い合えるかなり親しい友達同士でしか使わない、汚い英語の入った表現です。

読み方はこちらもそのまま「lmao(エルエムエーオー)」よいう読み方もあれば、「Laughing my ass off」という読み方もあります。

ちょっと汚い表現なので、仲の良い友達間だけで使うようにしましょう!

btw

こちらは、日本語でも会話の途中でよく使う「ところで〜」という意味の「by the way」を意味する略語です。

英語の会話でもしょっちゅう使うこの「by the way」という表現はテキストなどでも良く登場するため、「btw」というように略して使用することが多いです。

使い方は、文の最後に「I knew it btw(ところでそれについてはもう知ってたよ)」や「btw have you eaten yet?(ところでもうご飯食べた?)」というように使います。読み方は「by the way」と元の表現と同じようにそのままの読み方です。

FYI

こちらもテキストや会話などでよく使う「For your information」「参考までに」「ちなみに」という意味のスラングです。

何か相手に言いたいことを付け足したいなどに、「FYI I will see him tonight(ちなみに、彼に今夜会うよ) 」という風に使います。

読み方は、スペルのまま「FYI(エフワイアイ)」という読み方をします。

このFYIを使う時に気をつけたいのが、言い方によっては「言っておくけど〜」といった少し皮肉っぽい、意地悪な表現にもなるので、使い方に注意です。

TTYL

もうほとんど死語と言われている表現ですが、昔流行ったスラングの「Talk to you later」の略語で、「また後でね」という意味の略語です。

テキストなどが続いている時に、何か他に用事がある時など「ok anyway TTYL(OKとにかく、また後でね)」「i gotta go TTYL(もう行かないといけないから、また後でね)」というように使います。

読み方は「TTYL(ティーティワイエル)」という読み方、もしくは「Talk to you later」という読み方をします。

ASAP

ASAPは「as soon as possible」の略語で「なるべく早く」という意味で使います。

これはビジネスのシーンでも使うことが多く、「Call me back ASAP(なるべく早く電話かけ直して)」というように、相手への催促の意味で使うことが多いです。

相手が遅れている時や、早く結果が欲しい時も使いますし、「I'll let you know ASAP(なるべく早く知らせるようにします)」など、相手への配慮を表す時も使います。

読み方は「ASAP(エーエスエーピー)」という読み方をするか、「アサップ」「エイサップ」という読み方をすることが一般的です。

imho

こちらは「In my humble opinion」や「In my honest opinion」の略語で「私の考えでは〜」「正直に言うと〜」といった意味の表現です。

少し控えめで謙虚な言い方の表現で、「It should have been this way imho(私の意見ですが、こうあるべきだったと思います)」というような丁寧な使い方をします。

読み方は「imho(アイエムエイチオー)」という読み方で読むことが多いです。

atm

ATMってあのATM?と思うかもしれませんが、こちらもよく使う略語のスラングで、「At the moment」の略で「今のところ」という意味の表現です。

日本語の会話でもよく使うように、英語でも同じようにテキストや会話によく出てくる表現です。

使い方は「Atm I'm working for my dad(今のところはお父さんのとこで働いているよ)」というように、使います。読み方は「ATM(エーティーエム)」もしくは「at the moment」という読み方をします。

BRB

こちらの略語は「Be right back」「すぐに戻る」という意味の略語スラングです。

こちらはテキストやチャットなどで会話が弾んでいる時に、トイレにいったりする場面でよく使う用語です。そのため「BRB」を「Bathroom break」と言う人もいるそう。

読み方はそのまま「BRB(ビーアールビー)」という読み方をします。

THX

THXは見ただけでも意味がわかった人もいるかもしれませんが、「Thanks」「ありがとう」という意味の略語です。

メールやテキストなど、友達間のカジュアルな表現として使うことが多く、普通にThanksと書いてもいいですし、THXと略しても、特に違いはありません。

読み方はもともとの言葉と同じように、「Thanks」という読み方をします。

BFF

BFFは特に親しい友達の間で使われる「Best friend forever」「いつまでも親友」という友情の深さを表す意味のスラング。

特に女子同士で使われることが多く、「yep,she and I are BFF!(うん、彼女と私は大親友よ!)」と言ったように、女友達ならではの表現という感じです。

BFFと書かれた携帯ケースや、ブレスレットなどのBFFグッズも売っていたりと、小さい子から若い女子までかなり一般的なスラングです。

読み方は「BFF(ビーエフエフ)」という読み方をすることが多いです。

asl

この「ASL」という略語は、主にネットなどで知り合った人に対して使うことが多い、「Age/Sex/Location」の意味の「年齢/性別/住んでいる場所」を聞く時に使うスラングです。

ネット上のチャットなどで話をしていて、相手の素性がわからない時に「Asl please?(年齢/性別/住んでるところ教えて?)」という感じで、ネットで使われる用語です。

日常会話ではほとんど使わない表現ではありますが、その読み方は「asl(エーエスエル)」という読み方をします。

dk/idk

こちらもテキストやチャットなど、カジュアルな友人同士の会話などでよく使われる表現の略語スラング。

「dk」も「idk」もどちらも同じく「I don't know」を略した「わからない」という意味のスラングです。

使い方は、「what time do you finish?(何時に終わるの?)」「Hmmm..idk yet(んー…まだわからない)」というように、友達同士などのフォーマルではない場面で使います。

読み方は「IDK(アイディーケー)」という読み方か、「I don't know」という読み方をします。

意味も読み方も個性的な英語スラング!

意味も読み方も個性的な英語スラング!
英語で「Hugs and kisses」という意味のスラングである「xoxo」は愛を表現する、友人や家族、恋人などいろいろなシーンで使えるスラングです。

今回ご紹介したxoxo以外の略語スラングなどは、ネイティブが使う表現のほんのごく一部で、他にも読み方や意味が個性的なスラングはたくさんあります。

日本でもギャル語などがあるように、海外でも略語を使うことは、若い人の間ではとても一般的になっています。

上記でご紹介したような、ネイティブが使うスラングの表現を使いこなして、あなたも英語の会話をもっと楽しくマスターしてみてください!

外国人の友達や恋人を作ってスラングを使いこなしたい人は、こちらの記事もチェック!

Related