Search

検索したいワードを入力してください

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法
2019年01月07日

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法

皆さん、一人暮らしって夢と希望にあふれた自由な世界を想像しませんか?でも一人暮らしっていろいろと大変なことが多いんです。この記事では一人暮らしでの気をつけなければならないことについて紹介します。これから一人暮らしをする方はぜひこの記事を読んでみてください。

女性の一人暮らしは怖い事がたくさん?

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法
進学や就職で新しく一人暮らしを始めるとなると、新品のインテリアを揃えたり、自分一人で自由に時間を使えたりと期待に胸を膨らませている方も多いのではないでしょうか?

しかし、一人暮らしは決して楽しいことばかりではありません。十分に対策をしておかないと、やっかいな近隣トラブルや思いがけない身の危険にさらされてしまうこともあるのです。

今回は、一人暮らしの先輩たちが経験した怖い体験談と、そのような目に遭わないための対策についてご紹介します。一人暮らしを始める前に、この記事でしっかり予習をしておきましょう!

一人暮らしの怖い体験談《近隣トラブル編》

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法

隣の人とトラブルに・・・

「初めての一人暮らしだったので、立地や間取りばかりを優先してアパートを決めてしまいました。静かに暮らしていたつもりでしたが、3日後に管理会社からクレームが来ました。隣人からのクレームらしいのですがテレビの音がうるさいと言われ、トラブルが怖いのでその後はなるべく音を出さないようにして肩身の狭い生活をしました。」(21歳、女性)

初めての一人暮らしだと、今までの生活スタイルをすぐに変えるのは難しいことです。しかし、アパートやマンションは知らない人との共同生活ですから騒音には十分気をつけなくてはいけません。

もちろん、立地や間取りなどもこれから生活してく上で大切なことですが、「隣人がどんな人か」や「壁や床の厚さ」など騒音対策が十分に取られているかをしっかり確認することも必要でしょう。

ゴミを見られる怖い体験

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法
「マンション内にある集積所にゴミを出すのですが、朝に一度出したゴミの中に大事な書類を一緒に入れてしまったことに気づき、慌てて集積所に取りに戻ったのですが他のゴミはあるのに私の出したゴミだけがなくなっていて、誰かに持って行かれたのかと思うと怖くなりました。」(26歳、女性)

これは同じマンションの住人の方がやったとみて間違いないでしょう。実は一人暮らしのゴミ出しには細心の注意を払わなければなりません。実家暮らしの時は家族が気にかけてくれていたことも、一人暮らしでは自分自身で注意をする必要があります。

中には郵便物や請求書、領収書などをそのまま捨てる方もおられるでしょうが、個人情報につながるようなものは必ずシュレッダーなどをかけて分からなくしておくことも重要です。

隣人のタバコの煙が家の中に・・・

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法
「実家暮らしの時は電気代を気にせずにエアコンをガンガンつけていたのですが、一人暮らしになって節約のために窓を開けるようにしました。ところが隣の人がベランダでタバコを吸うんです。煙やにおいが部屋に入って来て、文句を言いたいのですがトラブルが怖いのでなかなか言い出せません。」(30歳、女性)

今やタバコを吸う人の数は減ってきているとはいえ、まだ吸う人がいるのも現実です。その人も家の中で吸いたくないからベランダで吸っているのでしょう。吸っている人にとってタバコの煙やにおいは気にならないものですが、吸わない人にとっては耐え難い苦痛です。

タバコのせいで窓を開けられずエアコンをつけることになっては、せっかく安い家賃の部屋を借りても電気代が高くなってしまうのが悩みの種です。

ドアスコープを覗かれる

「実家は田舎で近所の人とも気軽に話す地域なので、軽い気持ちでお隣さんと二言三言の会話をしました。するとその日から急になれなれしくなり、一緒に食事に行こうとか飲みに行こうと誘われるようになりました。怖いので当たり障りないように断っているのですがこの間、ドアスコープから覗こうとしているのを目撃して怖くなりました。」(22歳、女性)

地方の暖かいコミュニティと違って都会では隣にどんな人が住んでいるのかもわからない状況です。気軽に笑顔で挨拶しただけで自分に気があるんだと勘違いをしてしまう人もいるでしょう。

そういう人は思い込んだら怖いです。ドアスコープを覗く行動だけでも十分に怖いですが女性の反応を見てさらにエスカレートしてくる場合もあるので注意が必要です。。

一人暮らしの怖い体験談《犯罪編》

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法

ストーカー被害にあった

「初めての一人暮らしの時に、最寄駅から歩いて20分の家賃の安い部屋に住みました。会社の帰りにコンビニに寄るのが日課になっていたのですが、ある日、サラリーマン風の男の人に後をつけられていることに気づきました。何かをしてくるわけではないのですが、毎日のようにヒタヒタとつけられて怖い思いをしました。」(21歳、女性)

一人暮らしをしていくうえでやっぱり怖いのはストーカーです。ストーカーの怖いところはある日突然、理由もわからずに現れるところです。気が付いたらストーカーされてたなんてこともしばしばです。

ストーカーに狙われないためにも、露出の多い派手な格好は避けてヒールなどかかとの高い靴を履くのは控えるというような最低限の防衛策を取るべきです。。

下着を盗まれる

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法
「以前、あるアパートで一人暮らしをしていました。住んでいたのは2階で隣のアパートとの距離が近かったのですがあまり気にしてませんでした。ある日、ベランダの外から見えないところに干していた下着が盗まれました。誰かが2階まで昇って盗っていったのかもと思いましたが、隣のアパートの人かもと思うと正直怖いです。」(22歳、女性)

一人暮らしでついついやってしまいがちなのがベランダに洗濯物を干してしまうことです。部屋干しだと湿気がこもるとか、アパートの2階だから大丈夫などの理由でベランダに干す方がいます。

2階だから大丈夫という発想は持たないことです。ベランダに下着を干すことも問題ですが、一人暮らしの女性が住んでいると周囲にわかってしまうことの方が怖い事なのだと認識すべきです。

施錠を忘れてひどいことに・・・

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法
「実家にいた時は、近くのコンビニまで鍵をかけずに行っても何の問題もなかったので、一人暮らしになった時も同じように鍵をかけずにコンビニに行ってしまいました。そうしたらタンスの引き出しが開けられ、下着や服などが持ち去られていました。また何かあると怖いのですぐに引っ越しました」(26歳、女性)

ちょっとくらいなら鍵をかけなくても大丈夫という油断が、このような事態を招いてしまいます。この場合、むしろ外出時の侵入で良かったと捉えるべきです。これがもし無施錠の状態で在宅時に侵入されたら逃げ場すら失ってしまいます。

ですから一人暮らしの心得として外出時はもちろんのこと、在宅時でもしっかりと施錠をしておかなければ怖い体験をするリスクが高くなるということです。

盗聴器の恐怖

「テレビで一人暮らしの女性宅に盗聴器が取り付けられてるという番組を見て、彼氏が怖いからここの部屋も調べてみようと言い出しました。テレビの世界の話で実際にそんなことはあり得ないと笑っていたのですが、実際に調べてみるとコンセントの中に小さな箱みたいな盗聴器が見つかって。いつ誰がこんなこと…をと恐怖にかられました。」(30歳、女性)

確かにテレビ番組ではドラマチックに演出されていて、まるで他人事のようにテレビを見ている方がほとんどでしょう。でも盗聴はテレビの世界だけではありません。

盗聴器を仕掛ける人は一人暮らしの女性を狙っています。盗聴されてプライベートを暴かれるなんて絶対に許されないことです。部屋を借りる時は盗聴器が仕掛けられていないか、しっかりとチェックすべきです。

一人暮らしの怖い体験談《その他編》

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法

夜中にゴキブリが出た

「当時はアパートの1階に部屋を借りていたのですが、夜中に何かが動く気配で目を覚ましました。慌てて電気をつけると、大きな黒光りしたゴキブリが轟音を立ててこちらへ向かって飛んできました。悲鳴とともに格闘すること1時間、何とかゴキブリを退治したのですが一人暮らしだと自分で対処しなければならず苦労しました。」(21歳、女性)

どんなに部屋をキレイに掃除しても、どうしても出てきてしまうのがゴキブリです。あの黒光りしたゴキブリを怖いと感じない方はいないはずです。家族がいれば家族に頼むこともできますが一人暮らしだと自分でどうにかするしかありません。

アパートやマンションは集合住宅なので自分の部屋だけキレイにしても、他の部屋が汚いままだとまた現れてしまうのが現実です。

鍵を失くして怖い目に・・・

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法
「駅を出る時にカバンに鍵が入っているのを確認したのですが、家の前まで来て鍵がないことに気づきました。歩いてきた道を駅まで探しに戻ってみましたがやっぱりどこにも見当たりません。仕方なく合鍵を作ったのですが、後日、落としたはずの鍵が郵便受けに入れられていて怖さのあまりすぐに引っ越しました。」(22歳、女性)

一人暮らしになると鍵を持っているのはどうしても自分だけになってしまいます。もしスペアキーがあったとしても彼氏や家族などに渡している場合が大半ですぐに鍵を持ってきてくれるとは限りません。

もし、一人暮らしをしていることを知っている人が拾ったならば勝手に部屋に入られるなどの怖い体験をしてしまう恐れがあるので徹底した管理をするべきです。

やっぱりアレは怖い・・・

「もともと霊感の強い方ではないので何かが見えるわけではないのですが、一人暮らしを始めた今の部屋は借りた時からイヤな雰囲気がありました。ほぼ霊感がないのでそんなに気にしていなかったのですが、引っ越して数日後にお風呂場やトイレの方から何か変な雰囲気を感じるようになり、何度も金縛りに遭って怖いので引っ越しました。」(30歳、女性)

アパートやマンションはもともと墓地のあったところに建っていたり、いろいろな人の情念が残っていたりと怖い体験をすることも多々あります。それらを全て調べてから住むというのはなかなか困難で時間もかかってしまいます。

そのような怖い思いをしたくない場合は、霊感のある友達と一緒に物件を探して、アレが出る怖い物件に当たらないようにするのことも大切です。

一人暮らしの対策《物件編》

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法

対策➀2階以上に住む

皆さん、一人暮らしをした時に1階に住んで怖い体験をしたことはありませんか?家賃が安いから、築年数が浅いから、広いからなどの理由で1階に住んだことがある方もいるでしょう。

どんなに魅力的な物件であっても1階に住むのは危険です。その理由は犯罪者が侵入しやすいという点です。それでは2階だったら安全なのかというと、それだけでは万全ではありません。

隣の家が近かったり窓のそばに高い木が生えているなど、少しでも怖いなと思ったらそこの物件は諦めましょう。

なぜなら隣の人が窓伝いに、もしくは高い木を足場にして侵入されることがあるからです。家賃が少々高くても2階以上のアパート、マンションで隣の家から侵入できない距離で足場となる高い木などが生えていない物件を探すことをお勧めします。

対策②防犯カメラの付いている物件を選ぶ

アパートやマンション内に不特定多数の人が出入りできることは実はとても怖い事なんです。オートロックの付いている物件がいいのはもちろんのことですが、建物内に防犯カメラが設置されていることも一人暮らしをする上で重要なことです。

一般の人になりすました犯罪者が出入りしている可能性があることをしっかりとチェックできる状態になっていることが望ましいです。犯罪者も防犯カメラが設置されてる場所にはなるべくなら近づきたくないはずです。

そのような設備の整った物件を選ぶとどうしても家賃が高くなってしまいます。しかしながら防犯カメラの存在は犯罪の抑止のためにも必要不可欠です。家賃が高くても怖い思いをしなくて済むなら防犯カメラが設置されている物件を選ぶべきです。

対策③駅近で人通りの多い場所を選ぶ

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法
いざ一人暮らしを始めようとすると、家賃が高くて狭い駅近物件よりも駅から離れた物件を選んでしまいがちです。理由としては駅から離れている方が家賃も安く、キレイで広い物件が多いからです。しかし、駅から離れているということが問題です。

駅近物件は繁華街も近いですから夜中までうるさいこともあり得ますし、駅に近いという理由だけで家賃も高く間取りも狭くなり暮らしにくいと感じる方もいるでしょう。

それでは駅から遠い方がいいかというと実は逆なんです。駅から遠くなるということはそれだけ人の往来が少なくなるということです。人がいないということは犯罪者にとって狙いやすくなってしまうので、多少うるさくても人の多いところへ住むことをお勧めします。

一人暮らしの対策《生活編》

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法

対策➀郵便受けにも鍵をかける

一人暮らしをしていて、郵便物を荒らされたという怖い体験をしたことはありませんか?郵便物にはたくさんの個人情報が載っているので、それを他人に見られることは非常に怖い事です。毎日、郵便受けをチェックしたとしても抜き取られてしまったものまではわかりません。

他人の手に渡った個人情報でどのような災いが降りかかってくるのか想像すらできません。もしかすると身に覚えのない請求が来たり、ネットに個人情報がさらされたりしている可能性も出てきます。

それを防ぐために郵便受けには鍵をつけることをお勧めします。郵便物を抜き取る手口は巧妙で鍵をつけるだけでは完璧にはなりませんが、抜き取ろうとする人に対し鍵がついていて時間がかかるというアピールにもなります。

対策②スマホをいじりながら歩かない

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法
通勤や通学の時にスマホや音楽に夢中になって、すぐそばに人がいて怖いと思った経験はありませんか?。テレビなどでも歩きながらスマホをいじったり、音楽を聴くことは危ないと言われていますがついついやってしまいがちます。

この行動は実はとても危ないんです。歩きながらスマホをいじるということは画面に集中してしまって周りが見えなくなっています。音楽を聴きながらも同じです。耳にイヤホンが入っているので近くの音が聞こえない状態になっています。

そんな状態の女性を見たら犯罪者は放っておかないでしょう。近づかれても写真を撮られても気づかない可能性だってあります。通勤通学の時にスマホをいじったり、音楽を聴いたりすることは極力控えるべきです。

対策③通勤、通学路を変える

通勤や通学においてもう一つ見直して欲しいものがあります。それはいつもの通勤通学路です。時間の都合もあるでしょうが、どうしても最短距離で行きたいと思うもので最短距離を通って会社や学校に行ってはいませんか?

いつも同じ道を通って同じ電車に乗って通勤通学をしているのであれば、犯罪者に狙われてしまう可能性があります。

いつも同じ行動をしていると印象に残りやすくなり、家や学校、または会社まで尾けられ、生活スタイルを知られることでどんな怖い思いをするかわかりません。

そんな危険を回避するために、適度に通勤通学の道順を変えてみることも必要です。めんどくさいと感じる方もいるでしょうが道順を変えて、いつも寄っているコンビニやスーパーを変えてみるなどの工夫をしてみることも大切です。

一人暮らしの対策《防犯グッズ編》

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法

対策➀防犯ベル

通勤通学路には必ず人の往来が少なくなってしまう場所があるはずです。昼間でも真っ暗な深夜でも関係なく、犯罪者は女性が一人きりになる瞬間を狙っています。通勤通学路を思い返してみて、人が少なく一人きりになってしまう場所に心当たりがあるなら要注意です。

通勤通学路でちょっと怪しい人に出会って怖いと思った経験はありませんか?普通の人であったとしても人気のないところで出会ってしまったならば何かされるのではないかと怖くなるのが普通です。

そんな時に「防犯ベル」がお勧めです。持っているバッグの外側に人から見えるように付けておくことも大切です。犯罪者は大きな音を出されることを嫌いますから防犯ベルを持っているんだとアピールするだけでも効果が期待できます。

対策②催涙スプレー

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法
防犯ベルと合わせて持って欲しいのは「催涙スプレー」です。一人暮らしだと、いざという時に助けを呼ぶこともままならないので防犯グッズはなるべくたくさん持っている方がいいでしょう。

もし犯罪者に襲われてバッグを奪われてしまい、防犯ベルを押すことができなかったら元も子もありません。そんな時に役立てて欲しいのが催涙スプレーです。催涙スプレーは襲ってくる相手を撃退するグッズです。

基本的にはトウガラシなどの刺激物が成分として入っているものが多く、相手の顔めがけて噴射することで効果を得られます。価格もそんなに高くはないので、一人暮らしですぐに助けを求められないという方には防犯ベルと合わせて持っていて欲しいグッズです。

対策③窓用フィルム

犯罪者というのは「あの部屋に女性が一人暮らしをしている」ということが分かった瞬間から、着々と準備を進め女性の隙を狙っています。外出時は防犯ベルや催涙スプレーなどで身を守るお話をしましたが、在宅時でもしっかりと身を守らなければなりません。

在宅時でも怖い経験をしないためにしっかりと防犯対策をする必要があります。鍵をしっかりとかけることはもちろんですが、同じぐらいの意識で窓にも防犯対策をしなければなりません。

今は世間の防犯意識が高まっているため窓に貼る防犯フィルムが売られています。防犯フィルムとは窓に貼ることによって割れづらくするもので、犯罪者の侵入を防ぐ効果があります。

侵入に時間がかかることが抑止力につながるので、一人暮らしの方は一度試してみる価値があるグッズです。

怖い体験をしないためにもしっかりとした準備を

「気を付けて!」一人暮らしで起きた怖い話|体験談や対策方法
女性が一人暮らしをするにあたって何よりも大切なのが「安全に安心して毎日を過ごす」ということです。

自分の身は自分で守るんだということをしっかり認識する必要性があります。自分だけは大丈夫だという甘い認識では犯罪者の格好の餌食となってしまいます。

一人暮らしをしようと思った時点で、しっかりと防犯について考えなくてはなりません。立地や治安などもしっかりと調べた物件選びから通勤通学時の防犯対策はもちろんのこと家の防犯対策にも細心の注意を払わなくてはいけません。

一人暮らしをすると自由な時間が増えてついつい浮かれがちになってしまいますが、一人暮らしとは「なんでも自分でしなくてはならない」ということです。

しっかりと自覚を持たなければいろいろな怖い経験をしてしまうことを忘れずに、楽しい一人暮らしを満喫しましょう。
アパートやマンションでの騒音トラブルについて知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

Related