Search

検索したいワードを入力してください

「人間関係がめんどくさい!」人付き合いに疲れたときの対処法とは
2018年12月12日

「人間関係がめんどくさい!」人付き合いに疲れたときの対処法とは

人間関係がめんどくさいと感じている人は、多くいるのではないでしょうか?では、人間関係に疲れた場合、一体どうすれば良いのでしょう。人間関係で悩みたくない、うまく付き合いたい、めんどくさい人と関わる場合の対処法を知りたいと言う人は、是非一度ご覧ください。

人間関係がめんどくさいときはどうすればいい?

人間関係がめんどくさいときはどうすればいい?
誰しも人間関係に疲れたと思うことは、あることでしょう。職場の同僚や上司、ママ友、ご近所さん、友人、家族など、わたしたちは普段、多くの人と関りを持って生活しています。

わたしたちは一人で生きていくことはできません。しかし、こういった人間関係は時に面倒臭くなり、誰とも関わらずひっそりと生活してみたくなることもあるのではないでしょうか。

ここでは、人間関係に疲れやすい人の特徴や対処法などについてご紹介していきます。

人間関係がめんどくさいと感じたエピソード

人間関係がめんどくさいと感じたエピソード
どんな人でも人と付き合うのがめんどくさい、疲れたと感じることもたまにはありますよね。他人との間にトラブルがあった時はもちろん、仕事や子育てに忙しい、体調不良など、理由はさまざまでしょう。

そこで、人間関係がめんどくさいと感じたエピソードについて、ご紹介します。

エピソード①あんなに仲の良かった親友と

親友のAちゃんと同じ人を好きになってしまいました。私的には、自分の方が先にその人を好きになったので、引くつもりは全くありませんでしたが、Aちゃんも同様に一歩も引いてくれませんでした。

そのうちAちゃんは私の悪口を周囲に言いふらしたり、物を隠したり…他の友達も巻き込んで私を攻撃しはじめて、当時は一切口をきかなかったですね。

しばらくしてAちゃんに他に好きな人ができたので自然と話すようになりましたが、この件については今も一切話はしません。(20歳女性・大学生)

エピソード②職場で後輩を注意したら

私が28歳の時に新入社員が同じ部署に配属され、私は彼女の教育係を任されることになりました。

当時は自分の仕事も忙しかったため合間を見て仕事を教えたりしていたんですが、ある時、何度言っても間違えてばかりいるので、それを指摘したら泣かれてしまいました。

その後も彼女は事ある毎に泣くようになって、周囲からも「厳しい先輩」「後輩を泣かした」なんて目で見られてほんとに辛かったです。ただ注意しただけなのに…。(35歳女性・金融)

エピソード③何でも比較してくるママ友

近所のママ友が子どもの学力や着ている服、旦那の収入など、何でも比較してきます。私はあまり喋りたくないので愛想笑いをして何とかやり過ごしていますが、正直このママ友との付き合いにうんざりしています。

今は子ども同士が仲が良いため邪険にできず、周りのママ友にもこの手の話はあまり相談できないのでストレスが溜まり、もう疲れました。デリカシーの無い人との付き合いは、本当にめんどくさいです。

子どもが成長すれば子供の友人関係も変わってくるでしょうからそれを期待し、それまではできる限り距離を置くようにしようと思っています。(30歳女性・パート)

エピソード④悪口ばかりのおばさんにウンザリ

近所にも職場にも中年女性が多くおり、用も無いのにすぐに寄ってきては他人の悪口や世間に対する不平不満を言ってくる人がいます。女性は他人の悪口を言うのが趣味みたいなところがあるのはわかってはいますが、正直、悪口ばかり聞かされるとうんざりしてきます。

特に面識のない人の悪口を言われても何て返せばよいのかわかりませんし、賛同しなければ機嫌が悪くなってさらにエスカレートするので、私もとりあえず同調していますが、正直どうでもいいです。

この中年女性は他人の都合などお構いなしなので、見つかったら最後です。今後も悪口や不平不満を聞かされるかと思うと、非常にめんどくさいです。(27歳男性・公務員)

エピソード⑤母の被害妄想に疲れた

私の母は「誰かが私の悪口を言っている」「私はみんなに嫌われている」「嫌がらせを受けている」と常に思っており、非常に疲れます。誰も何もしていないのに自分は周囲から攻撃されていると言い、それを否定すればあなたも私を嫌っていると言ってきます。

周囲は誰も母の悪口など言っておらず、単に母の被害妄想なのですが、聞く耳を持ってくれません。これ以上何て言って良いのかわからず、皆距離を置きたいと考えています。(45歳女性・主婦)

人間関係に疲れやすい人の特徴《性格編》

人間関係に疲れやすい人の特徴《性格編》
人間関係に疲れやすい人には、共通した特徴があります。万人に当てはまるわけではありません。しかし、言われてみると「なるほどな」と感じる部分はあるでしょう。ここでは、疲れやすい人の性格についてご紹介します。

人間関係に疲れやすい①期待に応えたがる

何でもかんでも期待に応えようとする人は、結果的にキャパオーバーとなってしまい、精神的に疲れてしまいます。

「やらなきゃいけない」「期待に応えなければならない」と言う気持ちを持つことはいけないことではありません。しかし、無理をしてしまうと苦しくなってしまうのは当然のこと。

できないことは「できない」と、断る勇気も必要です。

人間関係に疲れやすい②他人の目を気にしすぎる

他人の目を気にし過ぎてしまう人は「いい人にならなければ」と自分に言い聞かせていたり、いい人を演じている人が多いのではないでしょうか。

しかし、これでは本当の自分をさらけ出せないためストレスを感じて疲れてしまいます。他人の目など気にせずに、自然体でいることを心掛けてみてはいかがでしょうか。

人間関係に疲れやすい③優し過ぎる

「誰かのために」と言う気持ちが強い人は自分のことを後回しにしたり、自分を犠牲にしがちになるため、大きなストレスを常に抱えているのではないでしょうか。

つまり、優し過ぎると言うことです。優し過ぎる人は自分の気持ちに嘘をついて、誰かのために我慢をします。ですから、大きなストレスを抱えることとなり、結果人間関係に疲れを感じてしまうのです。

人間関係に疲れやすい④誰かに頼りがちになる

問題が起きた時に自分の考えに自信が持てず、自分一人で解決できないためすぐに誰かに頼ってしまうというのも、人間関係に疲れてしまう人の特徴の一つです。

誰かに頼っても自分が納得いく答えをもらえなかった場合、次々と違う人を頼ります。結果、どれがベストな答えなのか、何を信じていいのかわからなくなってしまいます。

また、自分の意思や考えを持たない人は、過度に執着し過ぎてしまい、頼れる人がいないと不安になります。

こういったことから、常にストレスや不安などを抱えるようになり、人間関係に疲れてしまうのでしょう。

人間関係に疲れやすい⑤自己評価が低い

何一つわたしはまともにできない、わたしなんて役に立つか分からないなど、自己評価の低い人は、人間関係に疲れてしまう傾向にあります。

自己評価の低い人は、一生懸命やっても誰からも評価されていない、必要ないと思われていると、勝手に思い込んでいる人が多いのではないでしょうか。

これでは心配ごとが尽きず、ストレスを抱えるだけです。これでは人と接することに疲れてしまいます。

人間関係に疲れやすい人の特徴《職場編》

人間関係に疲れやすい人の特徴《職場編》
仕事が辛い、めんどくさいと感じている人は大変多くいるのではないでしょうか。仕事にストレスはつきものです。ここでは、仕事を行う上で人間関係に疲れやすい人の特徴について、ご説明します。

人間関係に疲れやすい①プライドが高い

仕事に対する意識が高いことと、プライドが高いことは全く違います。会社のために一生懸命努力をする、プロ意識を持って仕事を全うすることは、非常に素晴らしいことです。

プライドの高い人は、そのプライドが邪魔をして分からないことを「分からない」とはっきり言えません。それどころか、素直に認めようともしません。では、分からないまま仕事を進め、取り返しのつかない結果を招いてしまった場合どうするのでしょうか。

分からない場合は、意地を張らずに周囲に助けを求めることも大切です。そうすることで信頼関係も生まれ、人間関係もスムーズになります。

人間関係に疲れやすい②出世にこだわり過ぎる

出世するために努力することは素晴らしいことですが、こだわり過ぎると逆に疲れてしまい、時に周囲との関係に支障をきたす場合もあるでしょう。

常にギラギラしている様は本人だけでなく、見ている側も疲れます。さらに、仕事にのめり込むあまり周りに目を配ることができず、結果、独りよがりになってしまいます。

出世するために一生懸命仕事に励むことは良いことですが、周りに配慮すること、周囲とのバランスを取ることも必要です。

人間関係に疲れやすい③仕事を断れない

仕事をする上で、お願いされた仕事を断るのはかなり勇気がいることですよね。しかし、できない仕事を無理に引き受けることで、大きなストレスを抱えることになります。

手伝うレベルであれば問題なくても、完全に自分の担当外の仕事を引き受けることで切羽詰まってしまい、自身に大きな精神的ダメージを受けることになるでしょう。

時には断る勇気も必要です。無理している状態でできない仕事を引き受けても、満足にこなすことはできませんし、それによって他の人に迷惑をかけてしまうこともあります。

無理して仕事を引き受けてもただ我慢をするだけであって、精神的負担が大きくなるだけです。

人間関係につかれやすい④自信過剰

自信を持つことは仕事に対する意欲や向上心が高く、褒められることです。しかし周りの評価以上に自らを過大評価したり、それを表にひけらかしたりする人は、非常に扱いにくくめんどくさい存在になります。

自分の実力をよく知り、周りからの自分の評価はどうなのかをよく分析しましょう。自信過剰な人はまわりから鬱陶しがられてしまいます。

人間関係に疲れやすい⑤年代性別問わず付き合う

職場は学校生活とは違い、幅広い年齢層の人がいます。今までは年の近い人としか接することはありませんでしたが、社会生活ではそうではありません。

年代や性別によって考え方はさまざまです。全ての人に理解してもらう、理解すると言うことは不可能です。性別年齢問わず誰とでも付き合う、誰にでも良い顔をしているとストレスが貯まり、疲れてしまいます。

人間関係に疲れやすい人の特徴《家族編》

人間関係に疲れやすい人の特徴《家族編》
家族と言えども、いつも和やかに笑って過ごしているわけではないでしょう。時には意見の食い違いなどで、衝突する場合もあります。ここでは、家族間での人間関係に疲れやすい人の特徴について、ご説明します。

人間観家に疲れやすい①配偶者に期待し過ぎる

配偶者に期待し過ぎてしまうと、後々大きなストレスを抱えることとなります。相手に自分の考えを押し付け「やってくれるはず」と期待してしまうと、やってくれなかった時の失望感が大きいからです。

夫婦と言えども元は他人ですから、完全に分かり合うことは中々難しいです。相手に要求ばかりしていると、あなた自身もめんどくさいと思われてしまうので気を付けましょう。

人間関係に疲れやすい②家族のためと言う思いが強い

家族のためと言う思いが強い人ほど、疲れやすい傾向にあると言えます。この場合、自分が頑張っても家族にそれが伝わらなかったり、家族が応えてくれなかった場合、大きな喪失感を抱くことになるからです。

また、家族のためと言う思いが強いために自分を犠牲にしてしまったり、家族がその思いを大きな負担に感じてしまうなど、両者ともに大きなストレスを抱えてしまいます。

めんどくさいと思われないためにも、たまには息抜きをして一人の時間を作るなど、自分のために行動してみてはいかがでしょうか。

人間関係に疲れやすい③顔色を伺いながら生活する

家族なのに配偶者や親、姑、子供などの顔色を伺いながら生活するのは、とても疲れます。本来、家はリラックスでき安らげるはずの場所なのに、これでは全く安らげません。

家族と言えども、親しき仲にも礼儀ありですから、多少の配慮は必要です。しかし、顔色を伺うまでとなると、ストレスが溜まってしまいます。

お互いにもう少し歩み寄り、相手の気持ちになって考えることを心掛けましょう。

人間関係に疲れやすい④理想が高過ぎる

家族に対して理想を高く持ちすぎると、相手はもちろん、自分までもが疲れてしまいます。理想と現実がかけ離れてしまった時、理想とおりにいかなかった時、こんなはずじゃなかったと、苦しくなってしまうからです。

さらに他所のお宅を羨ましがって自分の家族も、と理想を掲げる人もいますが、所詮、所は他所です。他所がこうだからうちも、と言う考えは捨てましょう。

今ある現実にしっかりと目を向け、家族一人一人を認め、現状を楽しむようにしましょう。

人間関係に疲れやすい⑤相手の言動を認めない

「子どもが多い人はもっと大変だ」「接待なんて仕事じゃないでしょ」「お友達はもっと勉強を頑張っている」など、家族の努力を認めずに他所と比較したり、否定ばかりしていると周囲は辛くなります。

認めてあげることで相手は嬉しいと感じますし、それにより信頼関係もより強く結ばれます。相手を認められない人は、自分のことも認めてもらえないどころか信頼もされず、家庭の雰囲気も壊し、結果、皆が疲れてしまうことになるでしょう。

人間関係がめんどくさいときの対処法

人間関係がめんどくさいときの対処法
めんどくさい人間関係を回避したい、できることなら改善させたいと考える人は多いことでしょう。人間関係がめんどくさいと一気に気持ちが滅入ります。さらに、それが原因で人と関わることができなくなってしまう人も少なくありません。

ここでは、人間関係がめんどくさいと感じた場合の対処法について、ご紹介します。

人間関係対処法①嫌なことは断る

前項でもご紹介しましたが、誰かに何かを頼まれた時、何でもかんでも無理して引き受けてしまうと、キャパオーバーになってパニックになり、自分自身を追い込んでしまうことになります。

無理なことは無理と言える勇気も必要です。無理をして引き受けても結果的にできなければ、意味がありません。めんどくさいなと感じた場合は一言謝り、丁寧に断りましょう。

人間関係対処法②一人の時間を楽しむ

人間関係対処法②一人の時間を楽しむ
皆と戯れることも楽しいですが、時には一人になることも必要でしょう。人付き合いがめんどくさいなと感じたら我慢せずに、一人の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

一人カラオケ、一人でゆっくりと温泉に浸かる、散歩、食事、何でも良いので、気分をリフレッシュすることが大切です。一人で自分の好きなことを思う存分できることでとても幸せな気持ちになりますし、新たな気持ちでまた頑張ろうと思えます。

めんどくさい時は無理をせず、一人になってみましょう。

人間関係対処法③めんどくさい時は予定を忙しくする

人付き合いがめんどくさいな、と言う時は予定をパンパンにしてわざと忙しくしてみるのも良いでしょう。趣味や習い事、旅行、飲み会などで久しく会っていない友達と会うのも、良い気分転換になります。

予定を忙しくすることで、人間関係に疲れている人もひとたびそれを忘れて充実した時間を過ごすことができるでしょう。人間関係に疲れたな、めんどくさいなと言う時はそれを忘れるために、予定を詰めてみてはいかがでしょうか。

人間関係対処法④深く付き合わない

気の合う人とは深い付き合いをしても苦になりませんが、めんどくさい人となると、深い付き合いは避けた方が無難です。深い付き合いをしても疲れるだけで、楽しくありません。

めんどくさいなと感じたら距離を置くことも考えてみてください。表面上はニコニコしながら話していてもプライベートをさらけ出したりはせず、当たり障りのない世間話をするだけに留めておくことをおすすめします。

人間関係対処法⑤嫌われても良いと思う

今までは皆に好かれたい、嫌われている人はダメな人間と思っていた人も多いのではないでしょうか?しかし、皆に好かれようとすることはとても疲れますし、そんなことは不可能に近いです。

人間関係がめんどくさいと感じたら、一度自分をリセットしてみるのも一つの手でしょう。それは、無理に好かれようとせず、嫌われてもいいやとおもうことです。素の自分をさらけ出せることで、気持ちがだいぶ楽になります。

めんどくさい人間関係がない仕事一覧

めんどくさい人間関係がない仕事一覧
この世界に仕事は多種多様にありますが、めんどくさい人間関係がない仕事とは、一人で黙々と作業するものが思い浮かぶ人も多いと思います。人とあまり接しない、人間関係に疲れない仕事、一体それはどんな仕事なのでしょうか。

工場でのライン作業

工場でのライン作業は、一人で黙々と作業をこなします。また、工場内は周囲の音がうるさいので話すことはできません。さらに、次から次へとものが流れてくる、どんどん箱詰めをしなければならないなどでとても忙しく、ひたすら作業を行います。ですから、周りとほとんど関わることなく集中して仕事がしたい人にはおすすめです。

農業

人とあまり関わらない仕事の一つに、農業が挙げられます。農業は皆さんもご存知の通り米屋野菜、果物などといった田畑の植え付けや栽培を行います。季節や天候などで多少忙しい時期もありますが、基本的には自分のペースで黙々と作業を行え、他人と関わりながら作業を行うことはほとんどありません。

クラウドワークス

クラウドワークスは家に居ながら執筆などの仕事を行い、報酬は完全出来高制となっています。仕事の発注、受注などのやり取りはオンライン上で行います。自分の好きな時間に好きなだけ行うことができ、人と触れ合うこともないため、めんどくさい人間関係は一切ありません。

自分を大切にしましょう

自分を大切にしましょう
良好な人間関係を築くためには、自分自身を大切にしなければいけません。自分に嘘をついていては自分の心身が不健康になり、結果、良好な人間関係を築こうにも築けなくなります。

この人めんどくさいなと感じたら、うまく距離を置きましょう。もう何もかも疲れた、めんどくさいとなったら、一人の時間を作って自分をとことん甘やかしてあげることも必要です。

人間関係ははっきり言ってめんどくさいです。楽しく良好な人間関係を築くためにも、自分を大切にし、めんどくさい時は自分の心に正直に従いましょう。

Related