Search

検索したいワードを入力してください

女子一人暮らしは寂しい!寂しさと孤独を紛らわす方法を徹底解説!
2018年11月22日

女子一人暮らしは寂しい!寂しさと孤独を紛らわす方法を徹底解説!

憧れの一人暮らしだったのに、実際に初めて見ると寂しくなることがあります。自由を満喫できて楽しいはずだったのに…と残念に思ってしまう人もいるのでは?「寂しい」と感じたときに紛らわす方法や、孤独がもたらしてくれるメリットについてご紹介します。

憧れてた一人暮らし、いいことばかりじゃない?

憧れてた一人暮らし、いいことばかりじゃない?
進学や就職を機に、憧れの一人暮らしを始める人も多いですよね。親元を離れたら自由に暮らせると思って楽しみにしていた一人暮らしなのに、いざ始めてみるといいことばかりではなかった…と思っている人もいるのではないでしょうか。

親に叱られたり兄弟喧嘩したりすることはなくなりますが、部屋で一人ぼっちで過ごす時間がたまらなく寂しいと感じることもあるでしょう。

この記事では、寂しさの紛らわし方や、一人暮らしのメリットなどについてご紹介します。一人暮らしが思ったより寂しいと感じている人は、ぜひ試してみてください。

一人暮らしで寂しいと感じるのはどんなとき?

一人暮らしで寂しいと感じるのはどんなとき?
一人暮らしが寂しいと実感するのはどういうときなのでしょう?一人暮らしの多くの人が寂しいと感じる瞬間についてご紹介します。

寂しい理由①帰宅時に”おかえり”がない

実家暮らしのときは、帰宅したら家族が「おかえり」と声をかけてくれていたのではないでしょうか。一人暮らしの場合、帰っても誰もいないので「おかえり」と言われることもありません。真っ暗な家に帰ると「寂しい」と感じてしまいませんか?

実家にいた頃は「おかえり」とか「行ってらっしゃい」という言葉が当たり前すぎて、温かい言葉だということに気づかなかった人も多いでしょう。一人暮らしをして初めて気づく人も多いのではないでしょうか。

寂しい理由②ご飯はいつも一人飯

一人暮らしをすると、ご飯も一人で食べなくてはいけません。実家暮らしのころは家族で食卓を囲むのが当たり前だった人にとって、一人で食べる食事は味気ないものでしょう。

慣れたらだんだん平気になってくるでしょうが、テレビを見ながら一人で黙々と食べていると、寂しい気持ちがこみ上げてきます。

寂しい理由③病気をしても看病してもらえない

家族と一緒に住んでいたら、風邪を引いて寝込んだときなど看病してもらえます。しかし、一人暮らしをしていたら、看病どころか家事も全て自分でこなさなくてはいけません。

薬がなかったら自分で薬局まで買いに行くことになります。高熱が出て一人ぼっちで寝込んでいると、「このまま熱が下がらなかったらどうしよう?」なんて心配になってしまうでしょう。

病気をしたときは、一人暮らしの寂しさをひしひしと感じてしまいます。

寂しい理由④寝坊しても誰も起こしてくれない

家族と一緒に住んでいれば、寝坊したら誰かが起こしてくれるでしょう。実家暮らしのときは、「早く起きなさい」と起こす声をうるさく感じたでしょうが、一人暮らしになってそのありがたさに気づくのではないでしょうか。

目覚ましをセットしていても、二度寝してしまうことはありますよね。絶対遅刻できない日に二度寝してしまったら大変です。

寝坊して時計を見た瞬間、誰にも助けてもらえない一人暮らしは寂しいと実感してしまうでしょう。

寂しい理由⑤休日に誰とも話をしない日がある

休日に家でのんびり過ごしていると、夜になって「今日は誰とも話をしなかった」と気づくことがあるでしょう。

実家で暮らしているときは、1日中誰とも話をしないという日はありません。「おはよう」で始まり、寝る前の「おやすみ」まで家族とさまざまな話をするのではないでしょうか。

しかし、一人暮らしだと誰とも話をしない寂しい日もあり得ます。友達と連絡を取るにしてもLINEなら言葉を発することがありません。誰とも会話をすることなく一日が終わると、寂しさを感じてしまうでしょう。

一人暮らしが寂しいときの孤独を紛らわす方法

一人暮らしが寂しいときの孤独を紛らわす方法
ちょっぴり寂しい一人暮らしですが、孤独を紛らわす方法もありますので試してみませんか?

孤独を紛らわす方法①読書に没頭

一人暮らしなら、ご飯やお風呂の時間も自分の自由です。そのため何かに没頭しやすい環境と言えるでしょう。

たとえば読書に没頭してみるというのはいかがでしょうか。一人暮らしなら読書に没頭して、好きなところまで読むことができます。小説を読めば、本の世界に入り込んでしまいますので、「寂しい」という気持ちも忘れてしまいます。

恋愛小説にドキドキしたり、推理小説にはまったりして、本の世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

孤独を紛らわす方法②散歩に出かけてみる

孤独を紛らわす方法②散歩に出かけてみる
一人暮らしが寂しいと感じたら、散歩に出かけてみてはいかがでしょうか。引っ越し先の周辺を散歩して、新しい発見をしてみましょう。

近所にお気に入りのお店を見つけたら、常連になってみてはいかがでしょうか。顔を覚えてもらったら、孤独感も和らぐでしょう。

孤独を紛らわす方法③カフェで過ごす

近所にお気に入りのカフェが見つかれば、時々行ってみるのもおすすめです。一人で好きな飲み物を飲みながら、読書したり資格試験のための勉強をしたりして過ごしましょう。

周りにいる人たちは自分の友達でなく、知らない人ばかりだとしても、一人で過ごすより寂しくないのでは?同じように一人で過ごしている人がいれば、仲間のように感じて寂しい気分が和らぐでしょう。

部屋で一人で過ごす時間が孤独に思えるなら、外に出て人が多いところに行ってみましょう。

孤独を紛らわす方法④友達に遊びに来てもらう

「一人暮らしを始めたから」と友達を呼んでみてはいかがでしょうか。料理を用意してちょっとしたホームパーティーのようにしたり、お菓子を持ち寄りにしたりして、ワイワイ楽しみましょう。

みんなで楽しく過ごせたら、たびたび集まろうという話になるかもしれませんね。一人で過ごすのが寂しいなら、ときどき友達を呼ぶようにしてはいかがでしょうか。

孤独を紛らわす方法⑤部屋に花を飾る

孤独を紛らわす方法⑤部屋に花を飾る
一人で過ごす部屋が寂しいなら、部屋に花を飾る習慣をつけてはいかがでしょうか。花があると気持ちも明るくなります。毎日水を替えて世話をすることでも寂しい気持ちを紛らわすことができるでしょう。

常に花を切らさないようにするには費用もかかりますが、ほんの一輪ならそれほど負担にもならないでしょう。雑貨屋さんや花屋さんで可愛い一輪挿しを見つけてみてはいかがでしょうか。見るだけで優しい気持ちになるような花をテーブルに飾りましょう。

孤独を紛らわす方法⑥掃除をする

面倒な掃除もやり始めたら没頭してしまうことがありませんか?一人暮らしなら、家の中のものは全部自分のものなので、捨てたいものは捨ててスッキリさせることができます。

床そうじやキッチンのシンク磨きなど、無心になってピカピカに磨いていると気分もスッキリ!
家を掃除してきれいになれば、気分も明るくなります。また、部屋がきれいに片付いていれば、いつでも友達を呼べるので、寂しい気持ちを紛らわすことができるでしょう。

孤独を紛らわす方法⑦毎日の運動を習慣にする

孤独を紛らわす方法⑦毎日の運動を習慣にする
毎朝ジョギングやウォーキングなど、運動を習慣にしてみてはいかがでしょうか?体を動かせば、寂しい気持ちも和らぎます。

また、運動によって体が引き締まれば、体型に自信が持てるようになり、積極的に外出したくなるでしょう。外で過ごすことが増えたら、寂しい気持ちを紛らわすことができます。

同じ時間に運動していれば、顔見知りもできてくるでしょう。仲間ができたような気分になり、寂しいと思わなくなるかもしれませんよ!

孤独を紛らわす方法⑧テレビを見る

一人暮らしが寂しいのは、家の中がシーンとしていることも原因の1つです。静かすぎると孤独を感じてしまいますので、テレビをつけておくこともおすすめです。

実家に住んでいるときは、何となく見るテレビが決まってしまうこともありませんか?自分が見たい番組だけでなく、家族が好きな番組も見ることになってしまいますよね。

一人暮らしなら、テレビを独占できますので、これからは好きな番組を見ることができます。好きなドラマができたら、毎週の楽しみができるでしょう。お笑いやバラエティ番組など、笑い声が絶えない番組なら、楽しい気分になりますよ!

それでも寂しいと感じるときは、友達と同じ番組を見ながらLINEで会話してはいかがでしょうか。一緒に見ているみたいで、孤独感が和らぐでしょう。

一人暮らしの寂しさや孤独もメリットに

一人暮らしの寂しさや孤独もメリットに
一人暮らしは寂しいばかりではありません。一人だからこそのメリットにも注目して、一人を楽しみましょう。

寂しさや孤独のメリット①家での煩わしさがない

たとえ家族であっても一緒に暮らしていると煩わしいことがあります。一人で暮らせば誰にも気を遣うことなく自由に過ごせるでしょう。

たとえば休日はのんびり過ごしたい人もいるでしょう。一人暮らしなら、お昼頃まで寝ていても誰にも文句は言われません。一日中パジャマで過ごしても、小言を言われることもないでしょう。

煩わしさから解放されて、自由を満喫してはいかがでしょうか。

寂しさや孤独のメリット②自分の時間ができる

寂しさや孤独のメリット②自分の時間ができる
一人暮らしは寂しいときもあるでしょうが、自分以外に誰もいないということは、全てが自分の時間になります。「ひとりになりたい」と思っても、家族と暮らしていればそうもいかないこともありますよね。

一人暮らしなら、1日を自分の好きなように過ごすことができます。1日中DVDで好きな映画やドラマを観ることだってできます。

家族と一緒なら、「そろそろニュースが見たいんだけど…」なんて言われるかもしれませんよね。一人暮らしなら、中断させられることなく思う存分好きな番組やDVDを観ることができます。

誰かに振り回されることなく、有意義な時間を過ごすことができるでしょう。

寂しさや孤独のメリット③何でも自分で決められる

一人で暮らすということは、何でも自分で決められるということです。家族で暮らしていれば、夕食のメニューやお風呂に入る時間など、自分の好きなようにはならないこともあります。門限が厳しい家なら、帰宅時間も自由にならず、不満に思っている人もいるでしょう。

一人暮らしなら、他に誰も口出しする人がいないので、何でも自由に決めることができます。

寂しさや孤独のメリット④家族のありがたみがわかる

家族と暮らしている頃は、家族のありがたみがあまり実感できなかったかもしれません。一人になってみると、今までどれだけ自分が助けてもらっていたかわかります。

家事を全部母親任せにしていた人は、一人暮らしをするようになって料理、洗濯、掃除、アイロンがけなど、家事の幅広さに驚く人も多いでしょう。

休日にまとめて家事をこなす人もいるでしょうが、今までどれだけ自分が楽してきたかがわかるはずです。意外と重労働の家事を体験して、家族のありがたみがわかるでしょう。

一人暮らしで自由を満喫しよう!

一人暮らしで自由を満喫しよう!
一人暮らしは寂しいときもありますが、部屋のインテリアから家での過ごし方まで、自由を満喫することができます。

家族と一緒に過ごすのは楽ですが、頼りすぎて家事能力が身につかないというデメリットも。一人暮らしで料理の腕を上げたり、効率よい家事スキルを身につけたら、結婚を考えられる人に出会ったときも安心ですね。

自由が魅力の一人暮らしですが、時には寂しいと感じるときもあるでしょう。そのときは寂しさを紛らわす方法を試して、一人暮らしを楽しんでくださいね!

Related