Search

検索したいワードを入力してください

「休日は家から出ません!」引きこもる人の特徴は?解消法はある!?
2018年11月04日

「休日は家から出ません!」引きこもる人の特徴は?解消法はある!?

休日引きこもりばかりをする人は周りから冷ややかな目で見られることもありますが、意味を持って引きこもり生活をしていることをご存知でしょうか。一見ネガティブな行動に見える引きこもりをし続ける彼らの特徴を紐解きながら、休日引きこもりをする人たちを掘り下げていきます。

休日家に引きこもりっぱなしの人はどの程度いるの?

休日家に引きこもりっぱなしの人はどの程度いるの?
休日の過ごし方といえば、レジャー施設に足を運ぶ、友達と飲み会を開催する、スポーツに打ち込む、ショッピングでストレスを発散するなど、さまざまな選択肢があります。気分転換になることをとにかく行う人もいれば、体を動かしてストレス発散する、仕事のことを忘れてリフレッシュするという人が圧倒的に多いでしょう。

しかし、中には"休日は外出をせずひたすら引きこもり続ける人"もいます。たまに引きこもりをするのであれば理解できますが、休日はきまって引きこもりという人がいます。

どうして休日に引きこもりをして過ごしてしまうのでしょうか。もったいないと考えてしまうその行動の原因や、どのような人が引きこもりをしてしまうのか特徴など詳しく紹介します。

「休日は家に引きこもりがち」になる6つの原因

「休日は家に引きこもりがち」になる6つの原因
休日は家に引きこもりガチになってしまう人は、なぜ休日に引きこもりがちになるのでしょうか。実は、彼らにしかわからない「さまざまな原因がある」ということをご存知でしょうか。ここでは、休日に引きこもってしまう彼らの特徴を紹介しながら、原因を紹介していきましょう。

引きこもりになる原因① 仕事が忙しい

引きこもりになる原因① 仕事が忙しい
ある一定の場所だけで仕事をするのではなく、仕事で日本全国を飛びまわる、出張で海外へ行くこのような人は、休日くらいは、家でゆっくり引きこもりたいと考えるのも原因の1つです。

特に部下を率いる人の立場になると、忙しくて色々な場所に足を運ぶだけでなく、ひっきりなしにたくさんの人に会う、会食に顔を出しているので常に緊張感のある状況が仕事で続くのも特徴として考えられます。その結果、休日くらいは誰にも会いたくないと思い、引きこもりを選択します。

引きこもりになる原因② 疲れている

引きこもりになる原因② 疲れている
休日に引きこもりをする原因として、疲れていることもあげられます。人間は疲れていると、何もやる気が起きず、無気力状態になります。そのような時は、家に引きこもり体力回復を図っているということも考えられます。

もちろん、忙しい人は毎週のようにハードワークが続くので、休日は疲れを回復させるために集中させているという人もいます。忙しい人こそ、体を休めるために休日は引きこもりと決めつけている可能性があります。

引きこもりになる原因③ インドアの趣味

引きこもりになる原因③ インドアの趣味
引きこもりをしている人でも、趣味を持っている人はいます。特に、インドアの趣味が多い人は休日引きこもりをしている可能性があります。

特に、アニメ、漫画、ゲームが趣味の人は、休日は引きこもり、1週間録画をしていたアニメをぶっ続けて見ることもあります。また、ゲームが好きな人であれば、ひたすら日がくれるまでゲームに没頭することもあります。

そんなインドアの趣味を持っている人は、基本的に家で引きこもりではありますが、SNS上で人とのコミュニケーションを図る、イベントがあれば足を運ぶなど外に出ることもあります。しかし、特別な理由が無いと外に出る機会はないというのもインドア趣味を持つ人の特徴としてあげられます。

引きこもりになる原因④ 友達が少ない

引きこもりになる原因④ 友達が少ない
友達が少ないために、仕方なく引きこもりをしている人もいます。友達が少ないと、外に出ても1人で行動することになります。気にしない人であれば、どの場所に行っても思う存分に楽しむことができます。

しかし、友達がいないことを気にしている人は、外出しても周囲の目が気になり結果として引きこもりを選択するということもあります。

ただし、引きこもり=友達が少ないということではありません。友達が多いのに、仕事の都合で転勤した結果、友達が少なくなり仕方なく引きこもりをしている人もいるので、引きこもりだからといって友達が少ないと思い込みをすることはやめましょう。

引きこもりになる原因⑤ 精神的に追い込まれている

引きこもりになる原因⑤ 精神的に追い込まれている
心に余裕がなければ、外で積極的に遊ぶことができません。もしかすると、休日に引きこもりをし続けている人の中には、精神的に追い込まれている可能性もあります。家にいることで、精神的な辛さを乗り切ろうとしていることもあります。

もし、少し前までは外で積極的に一緒に遊んでいたのに、急に引きこもりをするようになった場合は、精神的に追い込まれているサインの可能性があります。無理に誘うと逆効果になってしまうので、そっとしてあげておくことも大切です。

引きこもりになる原因⑥ 自分の時間を優先している

引きこもりになる原因⑥ 自分の時間を優先している
友達と遊ぶとなれば、自分の時間を潰して相手に合わせないといけません。疲れている時でも遊ぶ日が決まっていれば、遊びに行かなければなりません。その作業すら合わせるのが億劫だと感じている人は、自分の時間を最優先します。

その結果、自分時間を最優先することになり、好きなことをして過ごし、最終的に1人でやることがなくなった結果休日は引きこもりをし続けるということもあります。

「休日家に引きこもりっぱなし」という人の特徴

「休日家に引きこもりっぱなし」という人の特徴
それでは、休日に家に引きもりっぱなしの人の特徴は、どのようなものが考えられるのでしょうか。原因を知るだけでなく、特徴を知ることで彼らの習性を理解することができます。

ぜひ、周りにいる引きこもりをしている人を思い浮かべながら読んでください。

引きこもりの特徴①ひとりで過ごすのが好き

引きこもりの特徴①ひとりで過ごすのが好き
休日に引きこもりをする人の特徴として、ひとりで過ごすことが大好きという特徴があります。ひとりで過ごしていれば、誰にも干渉されることがありません。気を使わなくて済むので休みの日にストレスを感じることもありません。

基本ひとりで過ごすことが好きな人は、仕事帰りに気になる施設に立ち寄ったりしているので、休日は引きこもりをする日と決めている場合があります。

このような人を無理に外に誘ってもまず応じてくれません。しかし、大事な予定の時は誘いに応じてくれる特徴があるので、基本ひとりの時間を邪魔しないように、適度に誘うことをおすすめします。

引きこもりの特徴②あまりお金を使わない節約家

引きこもりの特徴②あまりお金を使わない節約家
引きこもりの特徴として、お金を無駄に使わないという特徴があげられます。

休日は、外で遊ぶとリフレッシュすることができますが、確実にお金を使います。仕事をしている平日であれば、職場と家の行き来しかなくお金が出て行くことはありません。しかし、遊ぶとお金が出ていってしまうので、ある程度お財布にダメージを与えることになります。

もし、マンションや車といった高額なお買い物を計画したり、結婚の予定があると、引きこもりをすることでなるべくお金を使わないようにと過ごしている可能性があります。

突然引きこもりになってしまったという場合は、一定期間過ぎると元に戻る特徴があるので、節約を応援してあげましょう。

引きこもりの特徴③新しいことにチャレンジしない

引きこもりの特徴③新しいことにチャレンジしない
外に出て遊ぶことは、何か新たな自分を見つける大事なチャンスでもあります。しかし、引きこもっている人は、現状に満足しているので、今のような生活を送ることができればそれで満足という人も多くいます。

このような人は、新たなことにチャレンジしないという特徴を持っているので、結果としてチャレンジする時間があるならば、家でゆっくり休むという選択肢を選び、引きこもりをしていることがあります。

このような人は、引きこもりでありながら独身である人が多くいる傾向にあるので、結婚を意識すれば外に出るようになります。しかし、結婚をしたいという考えに辿りつくまではかなりの時間を有するので、温かい目で見守ってあげましょう。

引きこもりの特徴④仕事場で、別の人間を演じている

引きこもりの特徴④仕事場で、別の人間を演じている
引きこもりをしている人の中には、仕事場では全く別の人間を演じていることもあります。家ではゴロゴロするのが好きな人が、仕事場では仕事に厳しく真面目な人を演じていればそれだけで日常生活とは違う自分にストレスを感じていることもあります。

その結果として、引きこもりをする選択肢を選んでいることもあります。

このような別の人を演じている人の特徴は、仕事場ではとても厳しい指導をしていたりするので、普段厳しい上司の趣味を聞いてみるのも良いでしょう。もし、ゲームが趣味であれば、引きこもりが好きな可能性が十分考えられます。

引きこもりの特徴⑤部屋の居心地やすさを追求

引きこもりの特徴⑤部屋の居心地やすさを追求
引きこもりの特徴として、1人暮らしの部屋づくりに力をいれている人もいます。殺風景な部屋であれば、居心地が悪いので外に出ようと考えます。しかし、IKEAなどでみるモデルルームのようなお部屋であればどうでしょうか。ずっと快適に過ごしたいと思うでしょう。

また、DIYを趣味に持っている人の特徴として、自分の部屋をデザイン性の富んだ空間にすべくレイアウトに力を入れていることがあります。このような趣味を持っていれば、自然と部屋で過ごす時間が増えていくので、結果として、引きこもりになってしまいます。

部屋の居心地やすさを求めることも、引きこもりの人の特徴であると言えるでしょう。

引きこもりの特徴⑥めんどくさがりや

引きこもりの特徴⑥めんどくさがりや
引きこもりの特徴として、めんどくさがりやという点があげられます。これは、特徴と原因を兼ねていますが、引きこもりをする人は、めんどくさいことが苦手です。

なぜ、めんどくさいことが苦手なことが引きこもりにつながるかというと、めんどくさがりやはストレスをためたくないと考えているので、めんどくさいことには関わるくらいなら断り1人の時間を選びます。その結果として、休日引きこもりをすることになります。

めんどくさがりやに何か強制すると反発されてしまうことがあるので、このような人が周りにいる場合は、そっとしてあげることをおすすめします。

引きこもりの特徴⑦人混みが苦手

引きこもりの特徴⑦人混みが苦手
人混み苦手という人も、休日引きこもりを決めている人の特徴として考えられます。このような人の特徴として、人混みが多い所に行くと酔ってしまい、いつも以上に疲れることもあります。

精神的なことが原因で人混みが苦手という人もいるので、もし、苦手という人がいればあまり外に誘わないようにしましょう。

しかし、人混みが苦手であっていなければ問題無いという特徴もあるので、もし遊びを誘うのであれば、家でゲームを一緒にする、漫画を読んで時間を過ごすといった遊びを提案しましょう。

もちろん、全く誘わないと相手も傷つくので、適度な距離感での接し方がポイントになります。

引きこもりの特徴⑧ 仕事帰りに遊んでいる

引きこもりの特徴⑧ 仕事帰りに遊んでいる
休日に引きこもる人の特徴として、実は、平日の仕事帰りに遊んでいる人もいます。平日の仕事が終わった後に遊んでいると、仕事以上の疲れが週末に回ってきます。その結果として、充電をするために家で引きこもるという人もいます。

このような場合は、リアルが充実している人が多いので、休日引きこもり生活をしても気にしません。むしろ、休日はしっかり休む日と割り切っているからこそ、平日の夜に遊ぶことができるというのも彼らの独特な特徴であると言えます。

引きこもりの特徴⑨動物愛が強い

引きこもりの特徴⑨動物愛が強い
ペットを飼っている人の中には、ペットが可愛すぎて一緒に引きこもりをしている人もいます。このような人の特徴は、ペットが可愛くて仕方がないと常日頃考えているので、休みは思いっきりペットに癒されてもらうために引きこもりをしています。

しかし、このような人は内向的というわけではありません。どちらかというとペットを1人でも多くの人に見てもらいたいという特徴を持っているので、積極的に家に呼ぶことはできます。しかし、家に訪問してももてなすことはあまりないので、人によっては退屈に感じるでしょう。

休日に「家で引きこもり生活」をする8つのメリット

休日に「家で引きこもり生活」をする8つのメリット
休日に引きこもり続けることをしない人は、引きこもりをしている人をみると、悪いことだと思うでしょう。しかし、引きこもり生活をすることは、悪いことではありません。もちろん、デメリットもありますが、それは後で詳しく解説します。

引きこもることで、次のようなメリットもあります。

引きこもるメリット①誰にも気を使わずにすむ

引きこもるメリット①誰にも気を使わずにすむ
引きこもりをし続けると、1人で自由に過ごすことができるので快適に生活することができます。誰かと外で遊ぶ時、気を使わなければなりません。しかし、1人なので誰の意見も気にせず過ごすことができることが、引きこもるメリットとしてあげられます。

彼らは、人に気を使うことで日々疲れている人もいます。そのような人は、気を使わなくて良いということから、引きこもり生活を選択しているという特徴もあります。

引きこもるメリット②好きなだけ趣味に没頭できる

引きこもるメリット②好きなだけ趣味に没頭できる
引きこもり生活の特徴として、誰にも干渉されないというメリットがありますが、そのメリットを活かすと、自分の趣味にも没頭することが可能です。

例えば、プラモデルを作る、漫画を読む、ゲームをするといった趣味は全てインドアなもので、家に引きこもりしなければできないという特徴を持った趣味です。

そんな趣味を持っている人は、自分の趣味を徹底的に追求したいという人も多くいるので、休日は家に引きこもり趣味に没頭しているということもあります。

趣味に没頭することは、良い気分転換にもなるので、引きこもりをしている人の趣味を理解してあげるようにしましょう。

引きこもるメリット③家の片付けが捗る

引きこもるメリット③家の片付けが捗る
引きこもりをする場合、家で過ごすことになりますが、部屋の片付けが捗ることもあります。引きこもりの中には、部屋が汚いというイメージもありますが、そうではない人もいます。

キレイ好きの引きこもりの場合、部屋が清潔状態でないと気が済まないという特徴があるので、必然的に部屋がキレイな状態に。

もし、休日引きこもりをしている人の中で部屋が清潔に保たれている知り合いがいるのであれば、片付けの極意を聞いても良いでしょう。良いアドバイスがもらえる可能性があります。

この時、一緒に手伝うことを嫌がる場合もあるので、あくまで意見を求めるにとどめておきましょう。

引きこもるメリット④肌荒れを改善する

引きこもるメリット④肌荒れを改善する
家の中で引きこもりをし続けていると、疲れをしっかり取ることができます。精神的な疲れが取れるという特徴もありますが、それだけではありません。

精神的な疲れを取るだけではなく、日々ストレスで痛めてしまった肌のダメージを回復させることもできます。肌のダメージを回復させるためには、休むことが必要です。引きこもりをすることで、キレイな肌を取り戻すことができます。

キレイな人で引きこもりをしている人は、肌を休めるために休んでいるために引きこもりを選択しているという特徴があります。

引きこもるメリット⑤ 情報収集が捗る

引きこもるメリット⑤ 情報収集が捗る
引きこもりをしている人は、インドアの趣味に没頭するだけでなく、インターネット環境が揃っていれば常にスマホやパソコンで情報収集できることもメリットの1つとしてあげられます。

このような情報収集をする人の多くは、ネットの掲示板を閲覧したりするのが趣味にしているので、情報収集の精度も高く興味があればとことん調べあげます。

そのため、世間が知らないような最先端の情報を持っている可能性があります。もし、知り合いに休日は情報収集を頻繁にしている人がいれば、ネットの情報を聞いてみるのも良いでしょう。

引きこもるメリット⑥寝溜めができる

引きこもるメリット⑥寝溜めができる
休日に引きこもりをする人は、時間が自由に使うことができる特徴があります。中には、寝不足で疲れていても、寝溜めをすることで一気に疲労回復する人もいます。

寝溜めは効果がないという意見もありますが、いつも6時間しか寝ない人が8時間寝るだけでカラダをスッキリさせることができるので、引きこもりは寝溜めができることも特徴の1つとしてあげられます。

休日に一度引きこもりをして、寝溜めをしてみるとその効果を体感することができるので、一度挑戦するのも良いでしょう。しかし、寝すぎると頭を痛めてしまうという負の特徴もあるのでほどほどに。

引きこもるメリット⑦自分磨き時間を確保できる

引きこもるメリット⑦自分磨き時間を確保できる
引きこもりのメリットとして、自分の時間を確保することができます。もちろん、自由に使うことができるので、趣味に没頭しても、寝ていても構いません。しかし、自分磨きをするのであれば引きこもりがおすすめです。

何か習得した方が良い資格や、自分の人生を豊かにするために読書をするなど、インドアで実践できる自分磨きはたくさんあります。

引きこもりをすることは悪い印象を与えてしまう可能性がありますが、自分磨きの時間に注力を注ぐことができるのも特徴なので、自分磨きをしたい人には休日引きこもりをすることもおすすめします。

休日引きこもりをするデメリット

休日引きこもりをするデメリット
休日引きこもりをすることは、全て良いことばかりではありません。休日引きこもりをすることでデメリットもあります。それでは、どのようなことがデメリットとしてあげられるのか紹介していきましょう。

引きこもりのデメリット①運動不足になりがち

引きこもりのデメリット①運動不足になりがち
休日引きこもりをすることは、家から1歩も出ないことになるので必然的に同じ姿勢長時間過ごしてしまう特徴があります。結果として、体に悪影響を与えることがあります。腰が痛くなったり、パソコン画面の見過ぎで目が疲れたりと体にダメージを与えることも。

職場と家の行き来しかしていない人が休日引きこもりをすると、全く運動をしていない状況になるので、運動不足になることもあります。

運動不足が続くと体に悪影響を及ぼす可能性があるので、日頃から休日引きこもりをし続けている人には適度な運動をお勧めしましょう。この時、外に出ることを嫌がってしまう特有の特徴があるので、その場合は家でできる運動をオススメしてみることも良いでしょう。

引きこもりのデメリット②人間関係が希薄になる

引きこもりのデメリット②人間関係が希薄になる
休日引きこもりをしている人は、職場以外での出会いがあまりありません。休日どこかに遊びに出かけてそこで新たな出会いが起きるということが引きこもり生活では考えられないので、必然的に人間関係が希薄になってしまうことがあります。

人間関係が希薄になると、付き合う人が限定的になってしまうので、新たな自分を発見することも難しくなってしまいます。しかもそれだけではありません。希薄な状態が続くと次のようなことも考えられます。

人間関係が希薄になった結果 (1) 婚期を逃す

新たな人間関係を構築しないことで、結婚したいと思い立っても周りに結婚できる相手がいないということもあります。20代の段階であれば、1から相手を作ることは比較的難しいことではありません。しかし、これが30代中盤以降になっていくと、結婚相手を探すことで苦戦をします。

理想の結婚相手が見つからないということも考えられるので、休日引きこもりをしている人は要注意です。

人間関係が希薄になった結果(2)コミュ力低下

引きこもりばかりし続けていると、コミュニケーション能力が低下することが特徴として考えられます。

仕事でコミュニケーションをある程度図る仕事であれば、不必要な心配です。しかし、仕事でもパソコンと向き合っている時間が多ければ、コミュニケーションを図らないため自然とコミュニケーション能力が低下していきます。

SNSでのコミュニケーションは相手の表情が見えないので、好き放題意見を述べることができます。もし、休日言いたい放題ネット上で発言をし続けてストレス発散しているのであれば、コミュニケーションがおかしくなってしまうことがあるので注意が必要です。

引きこもりのデメリット③電気代が高くなる可能性も

引きこもりのデメリット③電気代が高くなる可能性も
休日引きこもりをする人は、インドアな趣味を持っていることが先ほど特徴として理解しました。しかし、インドアの趣味の多くは電力を必要とするものが多いので、電気代が高くなってしまうこともあります。

普通に暮らしていれば3000円程度で抑えられるはずなのに、電気代が1万円以上超えてしまうこともあります。インドアの趣味でも電気代がかかる趣味を持っている人は浪費している状況と大差がありません。

休日に引きこもっている人を周囲はこう見てる

休日に引きこもっている人を周囲はこう見てる
引きこもりをしている人は、デメリットはあるとしても、快適な休日を過ごすことができると考えている人が多く、自分の生活を省みることがあまりないのも特徴です。

このような引きこもり生活を送っている人たちに対して、どんな目で見ているのでしょうか。

周囲の反応① 家族から心配される

周囲の反応① 家族から心配される
休みの日にいつも家にいるのであれば、家族から心配されることもあります。20代前半で引きこもりをしているのであれば、そこまで家族も気にかけません。

しかし、年齢が高くなっていくと、うちの子はいつ結婚するのだろうか、人間関係はうまくいっているのかとあれこれ勘ぐられてしまうこともあります。

このような心配をかけないためにも、対策としては交友関係がしっかりできていることをアピールしましょう。親世代は引きこもりにネガティブな印象を持っている特徴があるので、冷ややかな印象を感じさせないためにも親への不安を解消することも大切です。

周囲の反応② 付き合いづらい

周囲の反応② 付き合いづらい
引きこもり生活を最優先にしていると、遊びにも誘いづらいと感じてしまいます。1回程度断られるだけであれば、また誘う可能性があります。しかし、毎回誘っても断られる状況が続くと、誘う人もこの人は絶対に来ないと考え、連絡をしなくなることもあります。

付き合いづらいという印象を与えてしまうと、周りからも冷ややかな目で見られてしまうというリスクもあるのが休日引きこもりの特徴でもあるので、誘いには適度に受けることをオススメします。

周囲の反応③ 後輩にガッカリされる

周囲の反応③ 後輩にガッカリされる
職場の後輩には、仕事場でカッコいい先輩を演じているあなたに憧れを持っていることもあります。そんな後輩が、「休日何をしているのか」を聞いた時に、「引きこもり」と答えを聞いてガッカリされることもあります。

引きこもりは、ネガティブな印象として相手に捉えられてしまうという特徴があるので、後輩に休日の過ごし方を聞かれた時は気をつけましょう。

1ヶ月に引きこもる日にちを決めておこう

1ヶ月に引きこもる日にちを決めておこう
休日引きこもりをすることは、決して悪いことではありません。しかし、独特な特徴を持っているために勘違いを抱いている人もたくさんいます。

もし、休日引きこもりを生きがいのようにしているのであれば、周囲の意見も聞きながら適度に外に出るように心がけましょう。

もちろん、全くなくなってしまうと精神的に辛くなってしまうので、1ヶ月のうち1〜2日は引きこもるなどと決めておくと人間関係も良好に保つことができます。

Related