Search

検索したいワードを入力してください

ダサい女の特徴や服装とは?ダサい女がファッションセンスを磨く方法
2018年11月30日

ダサい女の特徴や服装とは?ダサい女がファッションセンスを磨く方法

女性はできれば自分がダサい女ではないと思いたいもの。では、ダサい女とは一体どんな特徴があるのでしょうか?ダサい女の特徴を挙げ、どうすればダサい女を卒業できるのかを考えてみました。自分がダサい女なのではないかとお悩みの女性は是非ご一読下さい。

ダサい女はどんな服装をしてもダサいの?

ダサい女はどんな服装をしてもダサいの?
世間一般で言われている、「ダサい女」。ファッションセンスに自信が無いのかそれともセンスが個性的すぎるのか、どうにもこうにもダサい女というのが存在します。

ダサい女は何を着てもダサい、ということは決してありません。誰でも自分に似合う服を着ればそれなりに見えるはずです。しかし、ダサい女は自分がどんな服が似合うのかもわからないからダサい女のまま。

今回はそのダサい女の特徴を考え、どうすればファッションセンスを磨いて似合う服を選べるようになるのかを考えてみましょう。

服装がダサい女のことを男性はどう見ているか

服装がダサい女のことを男性はどう見ているか

一緒に歩きたくない

どんなに好きな女の子であったとしても、彼女の服装がダサいと一緒に歩きたくないと思う男性は多いです。結果的にお家でデートばかりになってしまうか、彼が彼女のために服を選んでそれを着させる、という人も。

また、オシャレに自信のある男性の場合は最初からダサい服装の女は選ばないこともあります。
ダサい女というだけで恋愛対象から外れてしまうのでしょう。

男性は連れて歩いて自慢できる女性を好むことが多いので、あまり服装がダサいと恋愛のチャンスまで逃してしまうこともあります。

むしろちょっとダサいくらいが好き

女の子はちょっとダサいくらいが好き、という男性も一定数います。あまりイケイケな服装よりもダサい女の子の方が男に慣れていなさそうだから、自分の色に染めやすいという理由が多数でしょう。

しかしこれはあくまでちょっとダサい女という程度です。
かなりダサい女の場合はあまり選ばれることがありませんのでご注意を。

ダサい女にありがちな服装の特徴

ダサい女にありがちな服装の特徴

服装の特徴①自分の体型に合っていない

ダサい女の特徴としてまず挙げられるのが、自分の体型に合っていない服を着ている女です。体型を隠そうとしてだぶだぶの服を着ていたり、逆にパツパツできつそうな服を着ていたり。

また試着をするのが面倒で、多分サイズが合うだろうと服を買い、実際着てみるとサイズが合わなくてなんか変、ということもあります。

自分の身体を実物より細く見せたり、セクシーに見せたりするのが服の持つ力です。その服の持つ力を殺さないために、ちゃんと自分のサイズに合った服を着ましょう。

この特徴に当てはまる人は服装がどうというよりまず試着をすることが大事です。

服装の特徴②毛玉だらけでヨレヨレ

服をあまり大切に扱わず、毛玉だらけだったりヨレヨレだったりするのもダサい女の特徴です。また、ファッションセンスに自信が無いので同じ服ばかり長い間きてしまって服が傷んでいることも。どんなに服装が決まっていたとしても傷んだ服はみすぼらしく、ダサい女に見られます。

どんなものでもメンテナンスは必要です。繊細なニットなどはなおさら。そして毎日同じ服ばかり着るのも傷みが早くなるのであまりよくありません。

この特徴に当てはまる人はまずは服を大事にする気持ちを持ちましょう。

服装の特徴③デザインが年齢に合っていない

次の特徴は、年齢に合わない服を着ていることです。若い時に買った服をずっと着ていたり、子どもっぽすぎる服装であったり、または落ち着きすぎていたり。

自分の年齢に合っていない服装は、見る人に違和感を与えます。その違和感が、ダサいという言葉に繋がってしまいます。年齢によって、似合う服は変わります。自分の年齢を考えて服を選ぶとしっくりくることが多いでしょう。

この特徴に当てはまる人は自分の姿を鏡でちゃんと見て、自分の見た目年齢を認識することから始めましょう。

服装の特徴④色合わせ、柄合わせがおかしい

ダサい女の特徴として一番パンチ力があるのは、色合わせと柄合わせがおかしいということです。また、この色とこの色を合わせるのか、というような色使いであったり、目がチカチカするような柄合わせだったりして見る人を驚かせます。

個性的であることは素晴らしいことですが、ファッションセンスに自信がない人が合わせる色と柄は個性の範疇を超えていることが多いです。

この特徴に当てはまる人はこれがオシャレなのだと思い込んでいる場合がありますので特に修正するのに時間がかかります。

ダサい女がファッションセンスを磨く方法

ダサい女がファッションセンスを磨く方法

ファッション雑誌を沢山読む

ファッションセンスを磨く上で一番手っ取り早いのが、とにかくファッション雑誌を読み漁るということです。

雑誌には最新のトレンド情報が溢れていますので、今はどんな服装が流行なのか、次の季節に備えて自分がどのような服装をすれば良いのかすぐにわかります。

雑誌のコーディネートで自分が気に入ったものがあれば一式揃えて真似をしてみたり、アイテムの着回しなども学ぶことができます。

ダサい女に特徴があるように、オシャレな人にも特徴があります。雑誌に載っているオシャレな人の特徴をつかんでファッションセンスを磨きましょう。

オシャレな友人にアドバイスを貰う

オシャレな友人にアドバイスを貰う
自分のファッションセンスに自信がなく、どんな服装が自分に似合うのかわからない場合は、オシャレな友人にアドバイスを貰うのが良いでしょう。

オシャレな友人に、自分がダサい女である特徴とは何なのかをまず掴んでもらい、どこをどう修正すればいいのかアドバイスを貰いましょう。

また一緒に服を買いに行って、選んでもらうのも良いです。

ダサい女になっていないか確認するポイント

ダサい女になっていないか確認するポイント

客観的に自分を見る

先にいくつかダサい女の特徴の話をしましたが、実はその特徴には共通点があります。それは、自分を客観的に見られていないということ。自分を客観的に見られないから、自分が人から見てダサい女と言われる服装をしていることに気づけません。

家から出る前に、一度全身が映る鏡の前で自分の服装をチェックして、写真に撮るなどしてみましょう。そうすれば自分がどのように見えるかが良くわかります。ダサい女の特徴に当てはまりそうな服装をしていたらすぐに着替えましょう。

「オシャレ」より「小綺麗」になっているか

オシャレというのは時には個性的すぎて人に理解されないこともあります。例えばダサい女にありがちな服装の特徴で挙げたように、柄と柄を合わせるのはオシャレ上級者のテクニックです。

自分はこれが最高にオシャレだと感じていても、他人にはダサい女だと評価されている人はまず「オシャレ」よりも「小綺麗」な服装を心掛けてみましょう。

小綺麗な人というのは誰が見ても気分が良いものですし、無難なアイテムの組み合わせで簡単に小綺麗な服装を演出することもできます。

まずは無難なアイテムを小綺麗に着こなすことから始めるのが良いでしょう。

ダサい女は卒業できる

ダサい女は卒業できる
ここまでいくつものダサい女の特徴を挙げてきましたが、ダサい女というのは案外簡単に卒業することができるもの。

まずは服装の流行に興味を持つこと。そして、自分を客観的に見ること。そして、急にオシャレな人を目指さないこと。そうするだけで自分の服装、そしてダサい女のイメージをかなり変えることができます。

Related