Search

検索したいワードを入力してください

LINEグループをブロックする方法とは?こっそり退出や解除も可能?
2018年11月01日

LINEグループをブロックする方法とは?こっそり退出や解除も可能?

意外と知らないLINEの機能。通知がうるさいLINEグループはブロックできる?嫌いな人を個別でブロックする方法は?もし自分がブロックされたときはどう対処すればいい?など、LINEにまつわるお悩みとその解決法をお伝えします。

LINEグループをブロックしたい!

LINEグループをブロックしたい!
複数の友達同士で会話ができるクループトーク機能。連絡事項などを一気に通知できて便利な反面、グループ内に連絡を取りたくない人がいたり、通知が多くて煩わしかったり、特に興味がないグループに招待されてしまったりと困ることもあるでしょう。そんな時に使える方法を調査しました。

LINEグループをブロックする方法はある?

LINEグループをブロックする方法はある?
そもそもブロックする方法があるのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?なぜならグループ内の機能を探してもそれらしいものは見当たらず、LINEの公式のペルプを確認してもLINEグループをブロックする方法が記載されていません。

残念ながら、現状ではLINEグループをブロックする方法はありませんでした。では、何かそれに変わる方法はないのでしょうか?

LINEグループをブロックしたいときの対処法

LINEグループをブロックしたいときの対処法
グループ自体をブロックする代わりに、他の方法で代用ができます。2つの方法がありますのでぜひ試してみてください。

方法①通知設定をオフ

まずは通知を鳴らなくする方法です。通常であれば、LINEグループ内で誰かが発言する度に携帯電話の画面上に通知が来ますが、こちらの設定をすれば通知が来なくなるので煩わしさが解消されます。

【手順】
1.LINEグループのトークルームを開きます。
2.画面右上の「V」をタップします。
3.通知オフのマークをタップします。

通知オフが設定されていると一番上のグループ名の横に通知オフのマークが灰色で表示されます。ただし、通知オフの設定をしていてもLINEグループ内で利用されているノートへの返信はこれまでどおり通知されます。ノートの通知オフは別の設定が必要になります。

ノートへの返信の通知をオフにする方法は?

1.LINEを起動し、コメント通知をオフにしたいグループをタップし、開けます。
2.画面右上の「V」をタップします。
3.メニューが表示されますので、「設定」をタップします。
4.「投稿の通知」をタップし、オフにします。

これでメンバーがノートに書き込んでも通知が来なくなりました。

方法②トークを非表示設定に

次にLINEグループのトーク画面そのものをトークの一覧から見えなくする方法です。非表示設定はiPhoneとAndroidで手順が違いますので、お使いの携帯電話にあった手順で設定してください。

iPhoneでの手順

1.トークルーム一覧の画面を開きます。
2.非表示設定したいLINEグループの名前の上を左にスワイプします。
3.右側に出てきた「非表示」をタップします。
4.「トーク内容は削除されません」と確認画面が表示されたら、「非表示」をタップします。

Androidでの手順

1.トークルーム一覧の画面を開きます。
2.画面の一番右上にある記号(三点リーダを縦にしたマーク)をタップします。
3.「トーク編集」を押します。
4.非表示にしたいLINEグループの右側の□をタップしてチェックを入れます。
5.右下の「非表示」をタップします。
6.トーク内容は削除されません」と確認画面が表示されたら、「非表示」をタップします。

これで非表示の設定ができました。ただ非表示にする方法を一度すれば解決かといえばそうではなく、一時的な対処法です。LINEグループ内の誰かがトークをしたり写真を送ったりすると解除されてしまうからです。これはLINEの仕様なので、ユーザー側での変更はできません。

そのため、通知が頻繁なLINEグループの場合は通知オフの方法をおすすめします。

LINEグループをバレずに退出は可能?

LINEグループをバレずに退出は可能?
LINEグループを退出すると、LINEグループのトークルームに「○○さんが退出しました」という表示が出ます。これはお互いに気まずいです。退出したことで人間関係にヒビを入れる可能性もあります。

しかし、LINEグループをブロックする方法が存在しないように、LINEグループからの退出メッセージを表示させない方法はありません。そうしたときは、相手に納得してもらう理由を用意しましょう。

理由①正直な理由を伝える

LINEグループにも色々あります。大抵は同級生や仕事などのグループですが、中には趣味などのつながりだったり、サークルや習い事の繋がりだったり、時にはなぜ自分が招待されたのか分からないLINEグループもあります。

グループと自分との関連性があまりない場合は、正直にそのことを伝えた方がお互いのためです。またグループの参加人数がものすごく多い場合、ほかの人たちのトークを見ているだけという人も多いことでしょう。あまり参加できていないというのも立派な退出理由となります。

理由②スマホを買い換えると伝える

買い換えを理由に退出する方法です。データの移行はできるけれど、あえてしないという人も一定数います。心機一転したいということを伝えれば友達なら分かってくれるでしょう。

実際にスマホを切り替える予定があるならそのタイミングでLINEグループを退出しましょう。言い訳として使いたい場合はいつでもいいですが、よく会う相手にはバレてしまうので注意が必要です。

理由③忙しい期間だからと伝える

仕事やバイトで繁忙期に突入するから連絡は最小限にしたいだとか、資格試験や昇格試験があるから集中したいという内容であれば、それよりもLINEを優先してほしいとは言われません。

学生なら論文や試験でもいいでしょう。仕事や学業を理由にする方法は誰でも使えて断りやすいため、おすすめします。

LINEグループ内にいる特定の個人をブロック

LINEグループ内にいる特定の個人をブロック
LINEグループをブロックできないのは仕方がないけれど、LINEグループ内に嫌いな人や連絡を取りたくない人がいることもあります。そんなときは個人をブロックする方法があります。

個人をブロックする方法

手順は簡単で、相手とのトークルーム右上の「V」をタップして、「ブロック」をタップするだけです。

ブロックができるとトークルームに「○○さんをブロックしました」という表示が出て、相手からのメッセージを受信しなくなります。LINE電話がかかってくることもありません。

ブロックした相手にはあなたがブロックしたことは通知されません。相手の画面では何度メッセージを送ってもあなたからの既読がつかなくなります。LINE電話も呼び出し音が鳴り続けますので、ブロックされているかどうかはっきりとはわかりません。

ちなみに個人をブロックしても、グループトークに変化はなく、極端な話をするとLINEグループのメンバーを全員ブロックしたとしても、グループトークは見ることができます。あくまで個人対個人でのやりとりをブロックする方法です。

個人へのブロックを解除する方法

相手へのブロックを解除する場合は、再び相手とのトークルーム右上の「V」をタップして、「ブロック解除」をタップしてください。

するとトークルームに「ブロックを解除しました」と表示され、やりとりを再開することができます。間違ってブロックしても、過去のトークは消えません。

相手からブロックされているか確かめる方法

相手からブロックされているか確かめる方法
では逆に、自分がブロックされているのでは、と感じたときにはどうすればいいのでしょうか?LINEではブロックを簡単に確かめる方法がありますので確認していきましょう。

方法①タイムラインをチェック

ブロックされると、今まで見ることができた相手の投稿が見れなくなります。過去にコメントやいいねをしていたのに見れなくなったというときはブロックされている可能性があります。

この方法は元々非公開であったり、投稿をしていない相手だと判別ができませんので、その場合は違う方法で試してください。

方法②スタンプや着せ替えをプレゼントできるか試す

方法②スタンプや着せ替えをプレゼントできるか試す
こちらもiPhoneとAndroidで手順が違います。iPhoneでは確認できないと言われていましたが、現在はできるようになっています。実際にプレゼントはしませんのでお金は発生しません。

iPhoneの場合

1.LINEを開いたら「ウォレット」→「着せ替えショップ」→「EVENT」とタップしていきます。
2.無料の着せ替え一覧が表示されるのでどれでもいいので選んでください。
3.「プレゼントする」をタップします。
4.一覧から、確認したい友達を選んで右上の「OK」をタップしてください。

プレゼントできた場合はブロックされていません。「○○はすでにこの着せかえを持っているためプレゼントできません」と表示され、プレゼントができなかった場合は本当に持っているパターンとブロックされているパターンがあります。

いくつか無料の着せ替えをプレゼントしてみて、すべて駄目だった場合はブロックされている可能性が高いです。

Androidの場合

1.LINEの「スタンプショップ」へ行きます。
2.どれでもいいのでスタンプを選びます。
3.「プレゼントする」をタップします。
4.一覧から、確認したい友達を選んで「選択」をタップします。

この後ページが切り替わって、上部に「プレゼント確認」と出ている場合はブロックされていません。「すでにこのスタンプをもっているためプレゼントできません」というポップアップが出た場合はブロックされている可能性があります。

他のスタンプで1つでも「プレゼント確認」の画面に切り替わればブロックはされていないので、諦めずにいくつか試してみましょう。

方法③グループトークの会話を確認

相手と同じLINEグループにいる場合に限り判断材料となるのが、LINEグループのトークルームで相手が発言しているかどうかです。個人へのブロックはグループトークには反映されないため、個別でのやりとりで既読がつかないのにLINEグループ内では普通という場合はブロックされています。

相手からブロックされたときの連絡手段

相手からブロックされたときの連絡手段
ブロックされてしまったけどどうしても連絡が取りたいときもあります。そんなときに使える方法ですが、現在は2つあります。

方法①既存のグループトークでメッセージを送る

前述したとおり、個人をブロックしても既に参加しているグループトークには何の変化もありません。つまり他のメンバーにも見えますが、そこでは直接メッセージが送れることを利用した方法です。

ただし、共通のLINEグループがある場合に限りますので、個別のトークルームしかないのであればこの方法は使えません。

方法②ノートにメッセージを残す

個別のトーク画面で使えるアルバムとノートの機能は、投稿すると例えブロックされていても、相手のトーク画面から新規投稿があったことがわかるようになっています。

この方法は、相手に通知が届くわけではないので気づいてもらえない場合もあります。しかし、相手が気まぐれにでも自分とのトーク画面を開いてくれたら一時的にでもブロックを解除してくれる可能性があります。なぜならブロック中はアルバムやノートの中を確認することができないからです。

見てくれることを信じてノートにメッセージを残しましょう。

楽しくLINEを使うために

楽しくLINEを使うために
多くの人がLINEでやりとりするようになった今、ストレスなく利用するためには参加するグループを整理したり、通知を切って携帯電話での連絡を少し休むことも大切です。

機能を知って適切に活用することで、LINEというツールに振り回されることなく、自分のペースで利用していきましょう。

Related