Search

検索したいワードを入力してください

車の運転は難しい?車の運転が下手な人の特徴と上手に運転するコツ
2018年10月31日

車の運転は難しい?車の運転が下手な人の特徴と上手に運転するコツ

車の運転が下手な人もいらっしゃることでしょう。今回は下手な人の特徴と下手な人にオススメする上手くなるためのコツをご紹介して行きます。上達するさまざまなコツを一緒に見て行きましょう。下手な人の技術向上に繋がれば、と考えております。

コツを掴めば車の運転は難しくない?

コツを掴めば車の運転は難しくない?
車の運転といえば一朝一夕に身につくことではありません。免許証を取ることから始まります。免許を取得するにも多額のお金がかかりますし、筆記試験、実技試験、試験官を隣においての試験などをクリアしてようやく取得できる運転資格になります。

一見するとギアだったり、サイドブレーキであったり、難しい言葉に聞こえますが、免許を取得し、日々運転していれば、コツをつかめてくるはずです。

日常生活で運転が欠かせないという方であれば、なおさら運転技術の習得は容易になります。難しく捉えすぎず基本に忠実はもちろんですが、交通ルールなどを覚えていれば自然と気にすることなく運転できるようになります。

萎縮しないで運転していくことが慣れていく最大の近道になります。

女性は男性に比べて運転が苦手

女性は男性に比べて運転が苦手
女性は男性に比べて、免許の取得率が低い傾向にあります。免許を取得していても男性に比べ、車の運転をする機会が少なく、身分証明として取得している方もいらっしゃいます。

ですが多額のお金を支払い、時間を費やして免許証を取得したのですから、どうせなら免許証を取得していることに恥じない運転をしたい、と思うはずです。

女性は苦手と思われがちですが、女性の方でもミッションのスポーツカーを運転されている方もいらっしゃいますので、できないはずはありません。

コツを掴むことはもちろんですが、コツを掴むために運転を繰り返すことです。女性同士で遠くにお出かけする時など率先して運転したり、彼氏や旦那が疲れている時に代わりに運転してあげるなど経験を積むことで容易に習得できます。次第にはスポーツカーなどに乗れるようにもなります。

運転できる男性が近くで見ていると萎縮してしまう

女性が運転している際、隣や近くに運転が得意な男性であったり、常日頃から運転している男性がそばにいると萎縮してしまう傾向にあります。男性の方が運転が得意であるため、『何か言われてしまうかも』、『怒られたらどうしよう』など脳裏に浮かんでしまうためです。

免許を持っているとはいえ、得意ではない女性にとってはプレッシャーやストレスに感じてしまい、運転することを避けてしまいがちになります。

彼氏さんや旦那さんであれば、優しく教えてもらうように頼んでみたりしましょう。

車の運転が上手くない人の特徴

車の運転が上手くない人の特徴
車の運転が下手な人の運転は助手席に座っていたり、後ろの席に座って揺られていてもわかります。急発進や急ブレーキが多かったり、ハンドルの切り方が緩かったり、激しかったりと極端なハンドル操作をしたりします。

そんな車の運転が下手であったり、荒い運転をする人に特徴はあるのでしょうか。一緒に見て行きましょう。

運転に集中しすぎてコミュニケーションが取れない

子供の頃に家族で車に乗って外出する時、大抵お父さんが運転されるでしょう。喋りながらも軽快に運転をされている姿を皆さんは見てきたのではないでしょうか。運転が上手であったり、慣れているからこそ会話をしながらでも運転ができます。

ですが運転が下手な人は上手に運転しようとするあまり、集中しすぎて会話ができなくなり、無言状態で黙々と運転してしまいます。一人で外出しているのであれば構いませんが、彼女や奥さん子供といる時に無言で一人運転に集中していると、つまらない空気を作ってしまいます。運転が下手な人にはそういった傾向があります。

運転が下手な人はおしゃべりが多い

運転が下手な人はおしゃべりが多い
逆にコミュニケーションを取ろう、場を盛り上げよう、彼女や奥さん、家族と楽しくドライブしたい、と考えるあまり、おしゃべりが多くなる人が多いのも運転が下手な人の特徴になります。

喋ることに集中するあまり、前は見れていても前後が見れていないため、車間距離の調整が上手くいかないことがあったり、急発進、急ブレーキが多発します。

場を盛り上げようとするのは良いですが、運転が下手なことが伝わり、乗っている人からすると事故のリスクを想定してしまい、楽しくドライブなんて気分にはなれません。

運転できる人にコツを聞きたがる

何事においてもありがちなことなのですが、自分ができないことに対して、できる人に『どうしたらいいの?』『コツを教えてよ』などできるコツや方法を聞きたがります。

どんな作業や仕事、スポーツなどにおいてもコツより慣れることが大切なのですが、早く上手くなりたい、と考えるあまり、コツを求めてしまいがちです。

車の運転が下手な人にもこの傾向があります。上り坂・下り坂でのアクセルの使い方のコツや、カーブ時のブレーキのかけ方のコツ、綺麗に駐車できるコツといった具合に、上手い人にコツを求めてしまいます。

車線変更や右折時のUターンができない

本来車線変更は、自分が進みたい方向へ進むために、左右の車線に切り替えたりすることですが、運転が下手な方は、後続車との距離感やタイミングを上手く測ることができないため、車線変更ができないことがあります。

Uターンも同様で対向車線側に行きたいお店などがあった場合、信号や交差点を利用して対向車線側に切り替えますが、後続車、対向車線の車両、横断歩道などさまざまなよく見なければいけない箇所があり、運転だけに集中するあまり、萎縮してしまい切り替えることができません。

運転が下手だから、と萎縮せずに周りを良く観察することを徹底して慣れて行くことが大切です。

急発進や急停止が多い

前後との車の車間距離を上手く調整できず、スピードを出しすぎたり、スピードが遅すぎたりする傾向にあります。これは非常に危ないですし、追突してしまえば免許停止にもなり兼ねません。

それをわかっていても感覚が取れず、急発進やアクセルを踏みすぎてスピードオーバーをしてしまいがちです。そのため前の車が赤信号で止まってしまったりする時に、急ブレーキを踏んだりしてしまいます。同乗している人からすればリスクしかありません。

周りを全く気にしない

周りを全く気にしない
車の運転が下手な人は上手に運転しよう、事故を起こしたくない、と萎縮して運転に集中するあまり、前しか見ていません。

本来後ろを確認するためにあるサイドミラーやバックミラーを活用せず、前を見つめて運転しています。周りのドライバーが道を譲ってくれるだろう、察してくれるだろう、と他人に任せて集中しすぎています。

それでは事故の要因にもなりますし、道路は全てのドライバーのためにあるので、思い通りに譲ってくれたりすることはまずありませんから、しっかりと前後左右に目を配りながら、車の運転をしましょう。

車の運転が上手くなるコツ

車の運転が上手くなるコツ
車の運転が下手な人が上手になるコツはあるのでしょうか。コツだけを求めても意味はありませんが、コツを知った上で運転をすることにより技術が向上する可能性は大いにあります。

車の運転が下手な人に教えてあげて、上手にしてあげられるコツというのは具体的にどういったコツなのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

運転上手のコツはブレーキの回数を減らす

車の運転が下手な人は減速をする時などにブレーキを使いがちです。確かにスピードは落とせますが、ブレーキは本来停車する時に使うものなので、頻繁にブレーキを踏んでいると『車の運転が下手な人だ』とアピールしています。

エンジンブレーキというアイテムがあるのでスピードを下げるだけであれば、ブレーキではなくエンジンブレーキを使いましょう。止むを得ない時や止まる時以外はエンジンブレーキを使うことが運転上達のコツの一つになります。

車の運転時はミラーをしっかり活用する

車の運転が下手な人は、サイドミラーやバックミラーを確認していない傾向にあります。前だけではなく後ろの車の動向を知ることも運転には重要です。後ろの車が車線を変えたり、車線を変えて後ろに車が来た場合などもしっかり把握できるからです。

車は自分一台だけではありませんし、広い道路だけではありません。しっかりと周りを確認するためにサイドミラーやバックミラーを活用することも車の運転技術向上のコツです。

カーブが減速しすぎずセンターラインに沿う

車の運転が下手な人は緩やかなカーブの際にブレーキを踏んだり、と減速をしがちです。道路における制限速度を守って走っていれば、速度を下げる必要はありません。

センターラインは曲がるラインを教えてくれているのですから、センターラインに沿った走り方をすれば、後続車にも迷惑をかけることがなく、スムーズに運転ができます。センターラインの曲がりに沿ってカーブをしていけば技術が向上するので、意識していただきたいコツになります。

車の運転に気持ちの余裕を持つこと

車の運転に気持ちの余裕を持つこと
車の運転が下手な人は運転に集中しすぎることで、気持ちに余裕がありません。気持ちに余裕を持つことでしっかりと安全な運転を心がけることができます。

急な事態にも柔軟な対応ができるよう心がけましょう。焦らなければ急発進も急停車も少なくなり、安全に車の運転ができます。気持ちに余裕を持つことも、運転技術向上のコツとなります。技術だけにとらわれたコツを求めてはいけません。

バック駐車はひたすら練習がコツ

車の運転が下手な人は駐車も一回で決められず苦労しています。車の運転技術の向上させる最大のコツは練習と積み重ねることです。

バックでの駐車であれば、自宅の駐車スペースや駐車場、車の侵入もできる広い公園などを活用してひたすら練習することです。車の運転に置いてバック駐車は基本であると同時に、綺麗に決められればカッコいいです。カッコよく決めるためにひたすら練習することが最大のコツとなります。

深呼吸してリラックスしよう

車の運転が下手だから、と焦らず落ち着きましょう。ゆっくり深呼吸をして気持ちを整えることも大切です。焦らず落ち着いて丁寧な運転を心がけることも運転技術の向上には欠かせません。

ハンドルを持つ位置を確認する

ハンドルを持つ位置を確認する
しっかりとハンドルを握ることです。握り方には人それぞれの個人差があります。自分が一番握りやすくてハンドル操作がしやすい握り方を見つけましょう。自分にあった正解の握り方を見つけることで運転技術が向上するきっかけやコツにもつながります。

車の運転のコツを学ぶなら実践あるのみ

車の運転のコツを学ぶなら実践あるのみ
車の運転技術の向上はコツを掴むことも大事です。そのコツを掴むためにひたすら運転に取り組むことです。車に乗る機会の増やして行きましょう。

上手な運転には、運転が上手な人のアドバイスを取り入れたり、自分で運転する回数を増やして、ミラーの活用、駐車、ブレーキなど初歩から意識をしていくことが大切です。周りに意識を配ることも忘れないでおきましょう。

自分自身で車と向き合い、努力を行うことで楽しいドライブ生活を目指しましょう。練習をすることがコツを掴むことにも繋がるので日々の練習を忘れないように常に意識をしておくことが大切であり、上達への近道となります。

Related