Search

検索したいワードを入力してください

ヘアカラー後のシャンプーはいつからが正解?当日シャンプーはあり?
2018年10月23日

ヘアカラー後のシャンプーはいつからが正解?当日シャンプーはあり?

ヘアカラー後にシャンプーをしていいの?ヘアカラー後のシャンプーのタイミングを考えていきましょう。なぜ当日のシャンプーがダメなのかも調査しました。シャンプーの正しいやり方も詳しく解説しています。シャンプーの知識を知り、美しい髪を手に入れましょう。

ヘアカラー当日はシャンプーしてもいいの?

ヘアカラー当日はシャンプーしてもいいの?
ヘアカラーをした当日にシャンプーをすると、お風呂のお湯がカラー剤で染まってしまいます。シャンプーが原因でヘアカラーが流れ出してしまっています。せっかく綺麗に仕上げてもらったのに、がっかりしてしまいます。

ヘアカラー後のシャンプーのタイミングはいつからが正解なのでしょうか。当日のシャンプーについて考えておきましょう。

ヘアカラー当日のシャンプーは、避けるのがベストです。この理由を徐々に解明していきます。ヘアカラー後のシャンプーをいつからすればいいのかを見極めれば、ヘアカラーがより長持ちするはずです。

ヘアカラー後すぐにシャンプーしてはいけない理由

ヘアカラー後すぐにシャンプーしてはいけない理由
ヘアカラー後、すぐにシャンプーをすると、色が落ちてしまいます。その原因をペンキで表してみましょう。

壁にペンキを塗ると、乾燥の時間が必要です。乾燥する前に触ってしまったり、雨が降ってしまうと、ペンキが流れ落ちてしまいます。これと同じで、どんなに綺麗に色を塗っても、すぎに洗ってしまったら、色が落ちてしまいます。ヘアカラー後すぐにシャンプーするのは控えましょう。

当日にシャンプーをするということは、塗ったばかりのペンキを自分で洗い流してしまうことと同じです。当日にシャンプーをしなければ、塗ったペンキはそのまま乾燥していきます。ヘアカラーをしたら、なるべく髪を守ってください。ブリーチ後の髪はとても繊細なので、しっかりと乾かしてあげる必要があります。

ヘアカラー後のシャンプーいつからが正解?

ヘアカラー後のシャンプーいつからが正解?
ヘアカラー後のシャンプーはいつからが正解なのでしょうか。髪の質感や状態によって左右しますが、平均的には48時間後がベストと言われています。

ヘアカラーには色々な種類があります。髪をブリーチしてから色を入れるヘアカラーは、特に注意が必要です。一度髪の色を抜くので、髪に大きなダメージを与えます。とても綺麗な色に染まるので、オススメなのですが、きちんとケアをする必要があります。

ブリーチカラー後の髪は、特に長い時間シャンプーを控える必要があります。毎日髪を洗いたい人でも、最低48時間は必要です。シャンプーを我慢すると、バスタブのお湯にあまり溶け出しません。綺麗な髪色がずっと続くので、シャンプーはしばらく我慢しましょう。

ヘアカラー後のシャンプーの正しいやり方

ヘアカラー後のシャンプーの正しいやり方

ヘアカラー当日はシャンプーしない

ヘアカラー後にシャンプーをしても、問題はないことがわかっています。しかし、ヘアカラー当日にシャンプーをしないようにすると、もっとヘアカラー後の色味が定着します。髪のダメージを抑えるためにも、ヘアカラー当日はシャンプーを我慢しましょう。

ヘアカラー後にシャンプーをすると、バスタブの色が変わりますよね。ヘアカラーが流れ出して、せっかく染めた色味が落ちてしまっている証拠です。せっかく繊細な色に染めても、次の日には色味が変わってしまうというトラブルもあります。

ヘアカラー後当日のシャンプーは控えて、しっかりと色味を定着させてあげましょう。ヘアカラー後当日にシャンプーをしなければ、もっとヘアカラーを長期間楽しむことができます。

ぬるま湯で優しく洗う

ぬるま湯で優しく洗う
寒い季節になると、熱いシャワーが気持ちよく感じます。ヘアカラー後のシャンプーの時は、暑いお湯ではなく、ぬるま湯を使いましょう。髪に優しいので、ヘアカラー後のケアにオススメです。

ヘアカラーをすると、髪はダメージを受けます。ヘアカラー後が一番繊細な状態です。そこに熱いお湯を使ってしまうと、髪に大きなダメージを与えることになります。いつからシャンプーをするかを決めたら、ぬるま湯で優しくシャンプーをしましょう。

ぬるま湯で髪を隅々まで濡らすように洗いましょう。シャンプーで洗うよりも、ぬるま湯でゆっくり時間をかけて洗うイメージです。シャンプーの成分で落とすのではなく、ぬるま湯で汚れを浮かすイメージで行いましょう。

ゴシゴシ洗わない

髪にとって摩擦は天敵です。お肌を洗う時や体を洗う時、お肌に傷がつかないように優しく洗います。ゴシゴシ洗ってしまうと、髪と髪が擦れて、お互いを傷つけてしまいます。ヘアカラー後は特に髪がダメージを受けている状態なので、労わってあげましょう。

髪をゴシゴシ洗うと、摩擦の刺激でヘアカラーが流れ出してしまいます。より長く今のカラーを楽しみたいのなら、しばらく撫でるようにシャンプーをしてあげてください。ゴシゴシ洗いは、カラーだけでなく切れ毛の原因にもなります。ありとあらゆる髪のトラブルを誘発してしまうので、気をつけましょう。

ゴシゴシ洗いのシャンプーは、頭皮も傷つけてしまいます。ヘアカラー後は、髪を洗うのではなく、頭皮を優しく洗うイメージでシャンプーを行ってください。

ヘアカラー専用シャンプーを使う

現在、世の中には色々なシャンプーが販売されています。肌に優しいシャンプーや、スカルプ用のシャンプーなど、自分にあったシャンプーを選ぶことができます。髪のカラーにこだわっている人は、ヘアカラー後専用のシャンプーを使いましょう。

ヘアカラー後専用のシャンプーは、カラーを髪に定着しやすくする成分が入っています。ヘアカラーをより持続させるために、使用することをオススメします。特別なシャンプーなので、値段はちょっとだけ高めです。しかし、効果的なシャンプーに巡り会えれば、仕上がりが違います。

ヘアカラーを繰り返す人は、ヘアカラー後専用のシャンプーの購入をオススメします。ヘアカラー後専用シャンプーを使って、より髪色を楽しんでください。

ヘアカラー後,シャンプー以外に気をつけること

ヘアカラー後,シャンプー以外に気をつけること

トリートメントを使う

トリートメントは、髪をより美しくする美容液のようなものです。正しくトリートメントをすれば、カラーの色落ちを防ぎ、髪をツヤツヤにすることができます。

ヘアカラー後にシャンプーをしたら、トリートメントを塗布しましょう。トリートメントの塗り方を間違えると、ヘアカラー後の色落ちを誘発してしまいます。

毎日のトリートメントの使い方をイメージしてください。トリートメントをより髪に浸透させるために、髪に揉み込んでいませんか。いつもは正しいやり方でも、ヘアカラー後はNG
です。

トリートメントを揉み込みすぎると、髪に浸透させたカラー成分と混ざり合ってしまい、一緒に流れてしまいます。髪の先にトリートメントをつけるだけで十分です。

紫外線対策をしっかり行う

白い肌をキープするために、日焼け止め対策をバッチリしている。日焼けに敏感なら、髪の紫外線対策も強化しましょう。

ヘアカラー後は、髪に大きなダメージを負っている状態です。そこにさらにダメージを加えたら、髪がパサパサになってしまいます。ヘアカラー後は、特に紫外線に注意してあげましょう。

ヘアカラー後、紫外線の強い昼間に外出するときは、帽子をかぶるなどして、紫外線をカットしてあげてください。髪の毛専用の日焼け止めもあるので、併用してみましょう。

紫外線に当たると、皮膚が真っ赤になります。紫外線によって、肌が火傷をしている状態です。髪も日焼けをするので、特に紫外線が強い日や、ヘアカラー後の外出時には、紫外線対策をしっかり行ってください。

髪をしっかり乾かす

髪をしっかり乾かす
髪が濡れたまま眠ってしまう人がいます。髪のダメージを促進し、ヘアカラー後のトラブルの原因になってしまうので、注意してください。

ヘアカラー後シャンプーをしたら、きちんとタオルドライをしましょう。ゴシゴシとこするのではなく、優しく包み込むように拭いてください。タオルドライで乾かしたら、ドライヤーをしていきます。

ドライヤーの熱は、髪のダメージの原因になります。ドライヤーを長時間使いすぎると、ヘアカラー後のトラブルの原因につながります。しっかりとタオルドライをして、ある程度乾かしたら、ドライヤーを当てましょう。

髪の毛が濡れていると、キューティクルが開いた状態になります。枕と擦れてしまうと、そこからカラーが流れ出します。枕カバーを汚してしまう原因にもなるので、気をつけてください。

バスタオルの使い方

ドライヤーの使いすぎは、髪のトラブルの原因になるだけでなく、ヘアカラー後の髪にダメージを与えてしまいます。タオルドライをしっかりとして、ヘアカラー後の髪を健やかに保ちましょう。

ドライヤーの前にタオルドライをすると、ドライヤーでの時間を短縮することができます。電気代を節約することができるのでオススメです。

タオルドライをするときは、髪をゴシゴシしないでください。タオルの繊維と髪が摩擦を起こし、髪が傷んでしまいます。タオルドライをするときは、髪を包み込み、水分を吸収するイメージで行ってください。髪を挟み込み、優しく拭いていきましょう。

タオルドライを入念に行うと、ドライヤーで髪の毛がすぐに乾きます。髪の毛の先ではなく、頭皮を中心に拭き取ることをオススメします。

ヘアカラー後のシャンプーで起こるトラブル例

ヘアカラー後のシャンプーで起こるトラブル例

髪がパサパサになる

ヘアカラー後すぐにシャンプーをすると、色が落ちるだけでなく、色々なトラブルを誘発します。ヘアカラーの進化が進み、あまり髪にダメージを与えずにおしゃれを楽しめるようになりました、しかし、パーマやカラーを繰り返すと、髪はパサパサになってしまいます。

ヘアカラー後の髪は、もっとも髪が傷んでいる状態です。そこにシャンプーやドライヤーを使用してしまうと、さらにダメージを与えることになります。

せっかく綺麗な色に染まっても、髪が艶を無くしパサパサになってしまったら、台無しです。当日はシャンプーを我慢して、髪を労わってあげてください。

ベッドを汚してしまう

ヘアカラー後どうしてもシャンプーをしたいという人は、しっかりと乾燥をすることをオススメします。髪が濡れたまま寝てしまう癖が付いている人も、ヘアカラー後は入念に髪を乾かすことをオススメします。

ヘアカラー後にバスタオルを使うと、バスタオルに色が移ります。濡れたままベッドに寝てしまうと、可愛らしい寝具にヘアカラーが色移りしてしまうのです。ヘアカラーは洗っても落とすことができません。お気に入りの寝具を台無しにしてしまいます。

ヘアカラー後の髪はとっても繊細です

ヘアカラー後の髪はとっても繊細です
ヘアカラー後のシャンプーは、色落ちの原因になります、それだけでなく、髪にダメージを与えてしまいます。ヘアカラーをした後の髪はとても繊細です。優しく労わってあげましょう。

ヘアカラー後専用のシャンプーを使うと、色落ちを防止するだけでなく、髪のダメージもケアしてくれます。よりヘアカラーを楽しむことができるので、オススメです。正しいヘアカラー後のシャンプーのタイミングを知り、髪のおしゃれを楽しみましょう。

Related