Search

検索したいワードを入力してください

「太っているのは食事のせい」デブの食生活と改善方法を解説!
2018年10月18日

「太っているのは食事のせい」デブの食生活と改善方法を解説!

デブが好む食事内容や食生活があるというのをご存知でしょうか。食生活に気を使っているのに痩せないという人が陥りやすい食事内容の特徴があります。デブである理由を知り、改善していくことでなかなか上手くいかないダイエットも成功すること間違いなしです。

デブが好む食事

デブが好む食事
太っている人は痩せている人に比べて、食生活が大きく違っています。ダイエットしたいのにうまくいかない人や、運動が長続きしない人は、食生活や食事の内容を見直すことで改善していくことができます。

太っている人が好むような食事や食生活がありますが、人間の体を作る食事であるため、太りやすい食生活をしっかりと把握し、断食など無理なダイエットを行わずに食生活を改善していく必要があります。これは、太っている人に関わりなく大事な生活の一部分となります。

デブになる要因と太る食事

腹八分目を知らない

腹八分目を知らない
デブであることに悩む人の多くは満腹になるまで食べるという食生活をしています。食事内容がヘルシーであったとしても、食べる量が多いと摂取カロリーも増えてしまいがちです。摂取カロリーがオーバーすることで、消費しきれないエネルギーが蓄積します。

やってしまいがちなのが、外食したときに、サイドメニューを頼むことです。あれもこれも食べたい、なんとなく足りなそうだから、そんな理由で多めにメニューを頼むことで満腹になるまで食べるという食生活を続けてしまっています。

炭水化物の摂取量に要注意

炭水化物といえばごはん、パン、麺といった主に主食となります。この炭水化物は一般的に体を作る物として重要な栄養素ですが、摂取しすぎはデブのもととなります。デブの食生活に多いのが、ごはんたっぷりの丼ものや菓子パン、夜食にラーメンなどです。

主食である炭水化物だけでお腹をいっぱいにしてしまうと、デブになる要因の食生活が出来上がってしまいます。ラーメンや菓子パンは塩分が多く、栄養が偏ってしまいます。ごはんも茶碗一杯以上でかなりのカロリー摂取になり、デブの要因となってしまいます。

摂取カロリーが多い

摂取カロリーが多い
デブを気にする人に多いのが、カロリーの摂りすぎとなります。食べる量を減らしているのにデブのままという人は、摂取カロリーが多いという理由が上げられます。菓子パン1つをランチにしたとしても、菓子パンはカロリーが高いので、量が少なくても摂取カロリーが多くなります。

ドレッシングの選び方にもデブの要因

たとえば、サラダを食べるときはドレッシングをかけるのが一般的です。痩せている人も太っている人も同じですが、太っている人の場合は濃い味が好きな人が多く、ドレッシングを際限なくかけてしまいます。油分や塩分の多いドレッシングですから、かけすぎには注意が必要です。

また、デブであることの要因として、ドレッシングのチョイスがマヨネーズやシーザーサラダ、イタリアンドレッシングなど、味が濃くて高カロリーなものを選ぶという食生活が多いです。ドレッシング一つとっても、デブになる食生活の要因がはっきりとわかります。

食べるのが早い

食べるのが早い
早食いもデブの理由となります。食事内容に関わらず、早食いをすることで満腹感を得にくくなります。満腹感を感じるより前に食べ終わってしまい、まだ足りないからと食事の量が増えてしまいます。

よく噛むということで満腹中枢を刺激し、少量でも満腹感をえることができます。特にお腹がすいているとドカ食いをしてしまうため、デブを気にしてダイエットをする人が陥りやすい特徴です。

食べる順番にも注意

食事をするときに、何から食べ始めるか、実はこの順番というのが、痩せている人の食生活とデブの食生活では全く違ってきます。基本的に一般の人は、好きな物から食べ始めることが多いですが、痩せている人と太っている人の食生活となると大きく変わってきます。

痩せている人の多くは、野菜から食べ始めます。食物繊維、タンパク質、炭水化物といった順で、満腹中枢を刺激しながらよく噛んで食べます。デブの食生活の場合は、炭水化物をたくさん食べて、順番に関係なく油ものなども最初に手を付けてしまいがちです。食べる順番に気を付けるだけで、デブの要因である食生活を排除することができます。

デブの食生活の改善方法

デブの食生活の改善方法
それでは、デブの食生活を改善するためにはどんな食事に心がければよいのでしょうか。ダイエットというのは簡単にできるものではなく、多少なりとも我慢や努力が必要となります。好きなものを食べていても痩せやすい体質にするため、食生活の改善方法を見ていきましょう。

デブの食生活改善方法1:腹八分目に控える

デブの食生活改善方法一つ目は、やはり腹八分目に抑えるという点です。実はこれが一番重要です。満腹まで食べることで必ず太ってしまいます。もちろん、特別な日等ごくたまにであれば満腹まで好きなものを食べるのも自分へのご褒美となります。

しかし、毎日のように満腹になるまで食事をとってしまうと、デブの食生活の要因ともなりますので、ここから改善していきましょう。断食などをしてしまうとリバウンドの原因ともなりますから、栄養バランスを考えた食事をとりながら、腹八分目の量を食べるよう意識してみましょう。

デブの食生活改善方法2:歯ごたえある物で食事を

食事は、噛むことによって満腹中枢を刺激して満腹感を得ることができます。ドカ食いで良く噛まない食事をする人はなかなか痩せることができません。特に、腹八分目にするためにはしっかり噛んで満腹感を得ることが重要です。

そこで、噛みごたえのある食事を食生活に取り入れてみましょう。根菜類を多く取り入れた食事メニューにしたり、普段食べている食事であっても、具材を大きめに切ることで紙ごたえが生まれます。おやつを食べたいときは、ビーフジャーキーを食べるというのも手段の一つです。タンパク質でもあり、噛む力も必要であるため食生活の改善に程よく力を貸してくれます。

デブの食生活改善方法3:食事の前に白湯を飲む

体が冷えていると、脂肪燃焼の妨げになり、ダイエットがうまくいきません。体が冷えてしまう人は体を温める必要があります。白湯というのはわざとぬるくしたお湯または、お水のことを言いますが、一度沸騰させたお水をさましてから飲むようにしましょう。

食事の前に白湯を飲むことで胃液の分泌を促します。また、体が冷えてしまいがちな人は、食事の時間以外にも白湯を飲むようにすることで、冷え性の改善にも役立ちます。特に、脂肪を蓄えてしまっている人は、脂肪が冷えているため燃焼しにくくなっています。白湯を飲むことで改善していくことができます。

デブが好む食生活を改善して快適な生活を!

デブが好む食生活を改善して快適な生活を!
デブが好む食生活に当てはまる部分はあったでしょうか。当てはまってしまった場合は要注意です。太っているかどうかに関わらず、デブが好む食事は体に悪影響であるものが多く、しっかりと改善していく必要があります。

簡単にできる食生活の改善ですが、これをするだけで体質がどんどん変わっていきます。デブの食生活を改善して、健康的な体を手に入れましょう。

Related