Search

検索したいワードを入力してください

【可愛い顔】の特徴とは?可愛い人に共通する条件を徹底解説!
2018年10月23日

【可愛い顔】の特徴とは?可愛い人に共通する条件を徹底解説!

美しい顔や可愛い顔になるには、見本となる顔を精査することが鍵です。特徴を捉えつつ、自分自身の個性を引き出すポイントはどこにあるか、他人と見比べながら見出してみましょう。この記事では、そんな可愛い顔になるためのワンポイントアドバイスをご紹介します。

可愛い顔になりたいなら可愛い顔を学ぶべし

可愛い顔になりたいなら可愛い顔を学ぶべし
人の容姿というものは、元来その本人が持ち合わせているもので、姿かたちが異なるからこそ、見分けがつくというもの。しかし、顔が可愛いければ、それだけ人に親しまれることも事実で、生まれて間もない赤ちゃんが、どの動物であっても可愛らしいのは事実でしょう。仮に、努力次第で可愛らしくなれるのだとしたら、あなたならどうしますか。

かわいさの定義とはいったい何 ?

人は見た目ではない、とはよく言われる事ですが、可愛い顔や美人に生まれれば、そうでない人に比べてみると、何でも得することが多いと言われています。あばたもえくぼと言いますが、人それぞれ感じ方や好みも違うもので、言葉で表現しようと考えても、なかなかしにくいものではないでしょうか。

ではいったい、可愛らしさの定義とは、いったいどのような部分にあるのでしょうか。そして、そのポイントとなるものがあるのでしょうか。

こんな容姿が好まれやすい

人間を動物の赤ちゃんなどに例えるのは、少し難があるようですが、そこに可愛らしさのヒントが隠されています。人間の赤ちゃんも同様ですが、可愛らしさは顔だけではなく、全体の姿も併せ持ったものと言えるでしょう。美人の典型として、八頭身美人などと比喩されますが、スラリと痩せた男性や女性は見た目にも格好の良いもの。

つまり、容姿からいえば、可愛らしさはスラリと痩せた体形ではなく、少しふくよかな体形も可愛らしさの要素となってきます。また、人を印象づける目元の特徴ですが、目がぱっちりしていることや、全体の表情が可愛らしさを醸し出しています。

男性と女性が考えるかわいさの違い

男性と女性が考えるかわいさの違い
男性と女性とでは、大まかな考え方や性格が異なるように、どうも顔の表現の定義なども異なっています。以前流行語などにもなったように、キモ可愛いやぶさ可愛いなどとった言葉は、若い世代の女性たちがはやらせたもの。また、男女では可愛らしさのポイントも異なるようで、時には勘違いも生じてしまういます。例えば女友達から、可愛らしいと紹介されたにもかかわらず、男性があまり喜んでいないといった経験をされた方もいるのではないでしょうか。

男性と女性での嗜好の違いとは

男性と女性では、その思考の違いが顕著だとされていますが、確かに男性は理屈でものを考え、女性は感情で物事を考えるとよく言いますが、それは可愛い顔の定義にもよく表れていると言えるでしょう。では可愛らしさに関して、男女の温度差にはどういった違いが見られるのでしょうか。

まず男性は、女性に対して顔や胸、お尻や脚などと表面を重視しているのに対して、女性側が思う可愛らしさは、パーツの一部分や個性的なファッション性も可愛らしさの一つとなっています。

かわいさを引き立てるアイテムやアクセサリー

女性の可愛らしさは、何も顔の可愛らしさなどによる容姿だけではありません。日本は、おたく文化やアニメ文化でもよく知られていますが、漫画やイラストを趣味にしている方も少なくはありません。

意外と思われる方もいますが実はこうした漫画やイラストにも、可愛らしさのヒントが隠されています。可愛らしい女性を描く場合、そのタッチだけではなく、アイテムやアクセサリーなどによって、その可愛らしさがより一層引き立ちます。

男性はちょっとしたしぐさでドキドキしてしまう

可愛らしさを引き立てるものは、何も可愛い顔だけではなく、上手にアイテムやアクセサリーを工夫するだけでも、そのキュートなイメージは強調されます。そして、可愛らしさとは、そうした外面的なものだけではなく、内面性やしぐさからも演出することができます。特に女性のしぐさは、男性にとって目に留まりやすく、ちょっとしたしぐさでも、意外に可愛らしく感じてしまうもの。

可愛い顔の特徴・顔が可愛い人の条件6個

可愛い顔の特徴・顔が可愛い人の条件6個
可愛らしさの感じ方は、男女によってもその感性の違いで異なることも多く、さらに年代や個人の性質によっても変わってきます。しかし、八頭身美人と言われるように、ある一定のラインの条件は存在しており、甦子が可愛らしさの根拠とされています。では、そうした可愛らしさの条件とは、いったいどのような部分なのでしょう。

相手を印象づけるのは男女ともに目元

相手と対話をする時に、まず第一に言われているのが、相手の目を見てしゃべることが大切だとされています。昔から、目は口ほどに物を云うと言いますが、相手を印象づける決め手が目元と言われているのもうなずけます。同じように可愛い顔と印象づけるのも目元の部分の比重が大きく、男女かかわらず好感度に左右されるもの。特に、ぱっちりとした二重まぶたは瞳を大きく見せ、可愛らしさを強調するものとして、さまざまな工夫がなされています。

目元のパーツ次第で表情も大きく変わる

相手を印象づけるのは男女ともに目元
顔のパーツの中でも、特に可愛い印象を受ける目元ですが、具体的にはどういった目元が受けるのか、男性も女性も気になっているのではないでしょうか。目をぱっちりと大きく見せるには、二重まぶたにしたり、まつ毛エクステを利用して大きく見せることができます。美容院などで施術されるまつ毛エクステは、一度つけてしまえば2週間から1カ月ほど持たせることができます。

また、お化粧方法でも、目を大きく見せることは可能で、マスカラやアイラインなどを駆使して、可愛らしい目もとを作り出せるのはやはり女性の特権です。まつ毛も可愛らしさのポイントとして重要ですが、細いまつ毛で眉じりをあげたり、への字にするのは相手に怖い印象を与えてしまいます。

愛くるしい鼻は童顔のイメージそのもの

女性の顔のパーツの中でも、特に可愛い印象を受けるのは鼻の部分で、日本に来る外国人男性の多くは、日本女性の鼻が特にお気に入り。欧米人に見られる鼻の形は、印象というよりも実際に男女ともに鼻が高い方が多く、日本人の鼻の特徴は逆に低く、小ぶりな鼻がよくみられます。

高い鼻は、日本人女性にとって、あこがれのようなものですが、実は可愛らしさとは逆行しています。特に、日本人女性は小柄で、小ぶりな鼻がよく似合います。

童顔は外国人から見るとうらやましい

愛くるしい鼻は童顔のイメージそのもの
海外によく出かけられる方なら、すでにご承知のことですが、日本人は相対的に若く見られる事が多いといえます。もちろん、西洋の方は体格がよく、日本人の平均身長よりも高いのが普通です。日本人は身長が低く小柄なため、西洋人と比較してみるとどうしても幼く見えてしまいます。つまり、本来日本人は童顔タイプの方が多く、特に女性は外国の方から見ると、とても幼く見えてしまう印象を与えています。

童顔で幼く見えるのがいや、といった声も聞かれますが、決してデメリットだけではありません。童顔は、可愛いく見られるとともに、年をとってもあまり年齢を感じさせないため、海外の人から見ていつまでも若々しく、とてもうらやましく感じてしまいます。

外観から見るかわいらしさの特徴とは

いわゆる、日本人から見る美形とは、欧米人に見られる独自の骨格で、西洋人は東洋人に比べると、体格とともに骨格そのものに大きな違いがあることがわかります。西洋人に見られる特徴は、鼻筋がはっきりしており、ほりが深いためにパーツにメリハリがうまく強調されています。一方で日本人は、のっぺりとした顔立ちで、鼻もやや低めで小柄なため、俗に可愛いと言われる顔立ちがその特徴と言えるでしょう。その中で、可愛らしさの特徴に小さい顔が挙げられます。

かわいらしさを髪形で工夫しよう

外観から見るかわいらしさの特徴とは
日本人女性に多いベビーフェイスは海外の男性からみても非常に好ましく見られていますが、特に日本女性は中年以降も若く見られる傾向が強く、実際に白人系の方に比べてみても、しわやたるみが極端に少ないといえます。可愛らしさを強調するためには、日ごろのお手入れやお化粧なども大切な要因となりますが、髪形も可愛らしさを見せるアイテムの一つで、使い方次第でフェイスの弱点も上手に利用することで隠せてしまいます。

例えばえらが張っている方などは、どうしても表情が角ばってしまい、表面が大きく見えてしまいます。こんな時は、髪の毛をミディアムボブにし、上手に隠すことで小顔に見せることができます。髪形を工夫することでも、さらに可愛らしさを強調することができます。

歯の白さと歯並びの良さ

日本では、八重歯は可愛らしさの象徴であり、これまでトップアイドルと呼ばれて来た芸能人には、八重歯をチャームポイントとした歌手が多くいました。

しかし、欧米などでは、八重歯は嫌われることが多く、イメージも悪魔や吸血鬼あるいは不潔で歯並びが悪いとされており、ほとんどが子供の頃に矯正する事が多いです。歯並びの良さや歯の白さは万国共通で愛され、美しい歯は高感度も上がり、清潔感あふれるものになります。

口元のお手入れは念入りに

顔のパーツの中でも、目元の次に重要視されているのが口元と言われています。健康的な唇の色と、ふくよかな唇の形は健康的に見え、女性らしさを強調するものとして見られがちです。セクシーさを強調するのも口元ですが、可愛い口元の特徴として口角が上がらない、いわゆるアヒル口などが可愛さの象徴として、大変人気があります。

しかし、口元のお手入れが、おざなりになってしまえば、せっかくのチャームポイントも台なしになってしまいます。口元のお手入れのポイントは、歯を白く保つということにあります。特にたばこは、色素沈着によって歯を茶色くしてしまいますが、お茶やコーヒーなども、色素やタンニンの作用で歯が汚く見えてしまいますので、飲んだ後のうがいも行いましょう。
歯の白さと歯並びの良さ

肌の質感と肌の色はかわいらしさを強調させてくれる

俗に、肌の白さは七難を隠すともいわれますが、赤ちゃんの肌のきめ細やかさは、誰しもがうらやむのではないでしょうか。美白は、世界共通の美しさの基準と言えるもので、思わず触れたくなるような肌は、可愛い顔の基本ともいえます。

よく素肌美人ともいわれますが、可愛らしさもこの素肌があってこそのもので、メイクでいくら美しく飾ろうとも、素肌の美しさには誰もかないません。もちろん、ストレスのたまりきった肌は、かわいらしさにもNGと言えるでしょう。

若い時こそお肌のお手入れをしっかりと

みなさんは、スキンケアの重要性をどのくらい認知しているのでしょうか。若い頃、いくら顔が可愛いと言われたからと言って、その姿は永遠のものではありません。科学的根拠をもってすれば、20歳を過ぎれば代謝が衰えてくるのは周知の事実で、緩やかな肌の衰えも30代半ばを過ぎてしまえば、急激な肌の老化の加速で保湿力やはりなども失われていきます。

実は肌の老化を感じて、肌の手入れを行うのはすでに遅すぎで、若い頃からの手入れが肌の若さをキープしてくれるもの。いくら高級化粧品を使用しても、赤ちゃんの肌には戻せないのと同じように、傷んでしまった素肌は修復することが難しく、いかに状態の良い素肌をキープできるかは若い頃のスキンケアにかかっています。

フェイスバランスとその表現方法

八頭身や九頭身が、美人や美男の典型的なスタイルとされていますが、顔の造りにも同じように美しいポイントとなるバランスというものが存在しています。美人とはどこか異なる可愛らしさですが、いったいどこがどのような風に違うというのでしょうか。

美人や美男の容姿のポイントは、目が大きく鼻筋がくっきりと通っており、彫りが深く顔のバランスも整っているということが言えます。しかし、可愛いポイントは、実は笑顔にこそあると言えるでしょう。

フェイスバランスの黄金比と比べた可愛らしさの本質

表情の表現方法と美しさとフェイスバランスには、大きな因果関係があり、美人の黄金比によって表すことができます。黄金比は、顔の縦と横のライン、そしてパーツごとの目の比率、眉や口などそれぞれに黄金比が存在しています。

フェイスバランスのことを考えると、可愛いさと美人はさほど変わらないようにうかがえますが、実は大きく異なる点がいくつかあります。それは、美人にあって可愛いらしさで必要としないもの、つまり色気のあるセクシーさやエキゾチックな魅力、はかなさや女性の色香を漂わせるものは、可愛らしさにはあまり必要ではないでしょう。

これは、芸能界やスポーツ選手などのアスリートにも見られますが、可愛らしさのポイントとは笑顔に魅力があるところです。

努力でどうにかなる!可愛い顔になる方法

努力でどうにかなる!可愛い顔になる方法
俗に高根の花や綺麗なバラには棘があるなどと、美人を形容する言葉は数限りなくあり、傾国の美女ともなれば、国の存亡にかかわってくるような美女を指しています。確かに、美女や美男は彫像にもされるほど、見目麗しいものですが現実では近寄り難く、さほどもてないともいわれます。現実に、実際にもてやすいのは、気さくに接しやすい可愛らしい人だからです。

目元の印象はここがポイント

可愛らしさのポイントは、その性格と表情やしぐさにあることがわかってきました。つまり、可愛い顔は表現力次第で、作り出すことが可能ということになります。

性格は朗らかで明るく、笑顔が周囲の雰囲気を和ませることが大事です。きつい態度やしぐさは逆にマイナスポイントとなってしまいます。クールで魅惑的なのも、人を引き付ける要素ですが、人から愛される愛らしさは、人の心を明るく心地良いものにさせてくれるもの。

アイメイクの基本とポイント

表情やしぐさは、自分の努力でどうにかなるものですが、顔が可愛いのかそうでないのかは、自分ではあまり判断ができにくいものでもあります。しかし、愛らしさのポイントとして、目がぱっちりしていることが印象深さを増しますので、アイメイクの工夫によって、愛くるしい表情を演出することも可能です。

アイメイクの基本とポイントとしては、当然目を大きく見せることに比重を置きますが、だからと言ってメイクをしすぎるのも逆効果となってしまいます。したがって、眉毛と睫毛や目元に重点を置き、明るい基調で素肌に見えるような自然なメイクが理想です。

髪形でさらなる工夫

可愛らしさのポイントとして、性格の明るさや笑顔あるいはしぐさといったものがありますが、ほかにも肌がきれいである事や小柄である事も高ポイントとして挙げられます。もちろん、顔が可愛いだけではなく、女子力が高いのも高評価で、女性らしく可愛らしい衣服をチョイスするのも、可愛らしさを演出するうえで重要なポイントとなってきます。見た目は、相手に印象づける上で、どなたでも簡単にできますし、髪形一つで雰囲気ががらりと変わってきます。

印象を変えることのできる髪形とは

多くの女性たちは、美人を目指すというよりも、可愛い顔に憧れをいだいているといえます。確かに男性からしてみても、美人は近寄りがたく、話すのにも緊張をしてしまいそうですが、可愛らしい女性は比較的楽に会話を楽しむことができ、とっつきやすいといった印象も受けます。

可愛らしい髪形とは、奇抜な色よりも黒や茶発などが好まれ、十分お手入れの行き届いたきれいな髪が清潔感を醸し出します。極端に髪の毛を明るくするのも、イメージチェンジとしておしゃれに見えますが、個性的な髪形よりも万人受けする髪形が、相手にも安心感を与えます。

化粧落としとお肌の手入れ

メイクによって、ポイントさえ押さえておけば、どなたにでも可愛い顔を作り出すことは可能でしょう。しかし、いくら可愛らしいメイクが作り出せたとしても、土台となるお肌が傷んでいては、せっかくのおしゃれも台なしになってしまいます。

特に、ニキビや肌荒れの後を隠そうとして、濃い化粧をしてしまうと、かえって多くの皮膚トラブルを招てしまう原因ともなりかねません。そこで、正しいメイク落としと、お手入れの方法を見直してみましょう。

フェイスケアの正しい方法とは

さりげなく、可愛いを演出するためにも、顔のトラブルはぜひとも回避しておかなければなりません。特に、肌トラブルは、可愛らしさもマイナスの効果となってしまいますので、メイク落としと洗顔はきちんと行わなければならないです。

近ごろは、メイク落としだけで十分な化粧品落としやW洗顔、顔をあまり洗わない洗顔などと、さまざまなフェイスケアが紹介されています。もちろん、肌がきれいになることは、十分に価値のあることですが、自分に合っていなければ、かえってトラブルの元となってしまいますので、ご自分に合うフェイスケアを確立させましょう。

可愛い顔を目指すための工夫

可愛い顔を目指すための工夫
相手に、好印象を持たれやすい可愛い顔は、さまざまな工夫によって自ら作り出す事が可能だということがわかってきました。美人は、意外ともてないといわれるのも、可愛らしさの気さくさからくるもので、明るい笑顔は周囲を和ませてくれるもの。可愛らしさは、外面的なものだけではなく、内面からも来ます。

Related