Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月12日

「実物は美人なのに…」写真写りが悪い理由と写りを良くする方法

写真写りが悪い人は、カメラで撮られるのを嫌がる人が多いです。綺麗に写るために角度を気にしたり、笑顔の形を気にしたり試行錯誤を繰り返した人も多いのではないでしょうか。今回の記事では写真写りというもの、綺麗に写るためにできることをご紹介します。ぜひご覧ください。

「実物は美人なのに…」写真写りが悪い理由と写りを良くする方法

写真写りが悪い人の悩み

「実物は美人なのに…」写真写りが悪い理由と写りを良くする方法
実際は美人なのに、写真に写ると実物と違うという人がおり、それをコンプレックスや悩みのように考えている人がいます。写真写りが悪いと、カメラを向けられてもうまく笑えなかったりこわばってしまいます。リラックスできず、余計に写真写りが悪くなってしまいます。

また、顔の表情だけでなく、女性であればだれもが気にするスタイルの面でも、カメラに慣れていない人や写真写りの悪い人は、実際よりも太く見えてしまうという残念な写真になってしまいます。

写真写りを良くしてかわいく美人に撮りたい

友人や彼氏との大切な思い出として写真を撮ったとき、やはり自分自身も美人でかわいく写り、最高の写真を残しておきたいのが多くの女性の願いです。

写真写りが悪いと、あとあと見返した時も、ため息をつきたくなることも多くあります。思い出に残るものですから、写真写りが悪いとがっかりしてしまいます。

実物より写真写りが悪い悩み

SNSの普及もあって、毎日のように写真を撮ったり、自撮りをしてSNSへアップする若い人も増えている近年、手軽に写真が取れる分、特別な日だけでなく日常的に写真を撮る機会が増えています。

日常の何気ない一コマを写真に収めるなら、自分が綺麗に写るためのコツや、そもそもなぜ写真写りが悪いのかを把握しておきましょう。知らず知らずにやってしまっている写真写りが悪い人の特徴と、綺麗に写るための条件をご紹介します。

写真写りが悪い理由や、写真写りが悪い人の特徴

「実物は美人なのに…」写真写りが悪い理由と写りを良くする方法
写真写りが悪い人はなぜ実物よりも悪く写ってしまうのでしょうか。実は、写真写りが悪い人にはある特徴があります。自分がその特徴に当てはまっていないか確認してみましょう。写真を見返してみると、意外とやってしまいがちな写真写りが悪い人の特徴をご紹介します。

写真写りが悪い人の特徴1:カメラ目線

「実物は美人なのに…」写真写りが悪い理由と写りを良くする方法
実物は美人なのに写真写りが悪くなってしまう人の特徴にカメラを凝視してしまうというのがあげられます。綺麗に写れないということや、写真を撮られているという状況に対して強く緊張してしまうのが原因にあげられます。

表情自体がぎこちなくなり、自然なポーズや表情になれないことで写真写りが悪い原因となります。本当は自然な表情を作りたい、または自然な表情で写っているつもりでもどこか不自然な印象となり、写真写りが悪くなってしまいます。

緊張のし過ぎがあだに

綺麗に写ろうとするあまり、不自然に作り上げた表情でカメラを凝視してしまい、写真写りが悪くなってしまいます。女性であればとくに、目を大きく見せたいという人や、唇の形にこだわりたいという人が多くいます。

表情の作り方に夢中になるあまり、無意識にカメラを凝視してしまい、不自然な表情とポーズで写真におさまってしまいます。緊張のし過ぎがあだとなり、写真写りが悪くなってしまいます。

カメラを凝視するだけでなく、緊張のあまり写真を撮る瞬間にカメラから目をそむけてしまう人もいます。視線が不自然な方向に向いてしまうため、半目になったり、ぶれてしまったり、さらにおかしな写真になってしまうこともあります。緊張のし過ぎがあだで、写真写りが悪くなるというのが、特徴の一つにあげられます。

写真写りが悪い人の特徴2:歯が見えすぎている

笑顔こそ至高とばかりに、大げさなほどに口をあけて写真を撮ることで歯を見せすぎた状態になり、それが写真写りが悪い原因となります。元気いっぱいな笑顔はもちろん素敵ですが、写真を撮るために無理やり広げられた大きな口は、歯を見せすぎて品の無い表情になってしまいます。

実は、自然な笑顔はあまり下の歯が見えていません。大きく元気に笑おうと演じることによって、下の歯まで見えてしまい、それがあだとなって写真写りが悪くなります。

品の無い表情になっていませんか?

元気よく写真に写りたいがために、不自然なほどに口をあけて写真を撮ると、もちろん顔が大きく見えてしまいます。笑顔だけが自然な表情ではありませんので、口の開き方には注意が必要です。

顔が大きく見えてしまうだけでなく、大きな口をあけることで品の無い表情となってしまいます。女性であれば清楚でおしとやかな印象を引き出す必要があります。元気いっぱいの笑顔ももちろん素敵なのですが、不自然に開きすぎた口は好印象とはなりません。

写真写りが綺麗な女性は、表情の作り方も上手にできています。笑顔の写真も、歯を見せない微笑みの写真であったり、口を開いていてもどこか品のある印象を漂わせています。素敵な笑顔の写真が下品に写ってしまうのはとても残念ですので、写真写りが悪い人はこの点にも注意しましょう。

写真写りが悪い人の特徴3:口をすぼめる

写真写りが悪い人の特徴で、口をあけすぎることを上げましたが、逆に口をつぐんでしまうというのも写りが悪くなる原因の一つとなります。

清楚を演じるために口をすぼめて写真を撮る人がいますが、ここも不自然になりがちなポイントで、すまし顔で写真に写ろうとするのですが、口をすぼめていることが原因で、写真写りに失敗するというパターンがあります。

怒っているように見えてます!

うまく表情が作れず、不自然な表情となることで、口をつぐんだことも相まって怒っているような印象の写真になりがちです。口をすぼめることで口角が下がりますから、笑顔の印象が亡くなり、逆に怒っているような不機嫌な印象で写真に写ってしまいます。

誰かと一緒に写真を撮ったとき、他の人が自然な笑顔で写るのに対して、自分だけが口をすぼめていることでつまらなそうな印象になったり、ノリが悪いという印象を与えてしまいます。どんなに実物が美人でも、与える印象一つで写真写りが悪くなってしまうのです。

写真写りを良くする方法

「実物は美人なのに…」写真写りが悪い理由と写りを良くする方法
写真写りが悪い人の特徴を紹介しましたが、美人でかわいく写るためのコツはどういったものがあるのでしょうか。自然な笑顔で綺麗に写るための条件をご紹介します。

写真写りが悪くて悩んでいる人や、自然な表情が作れないという人は是非実戦してみましょう。自宅の鏡の前で表情の練習をしてみるのも効果的です。実際に、芸能人はそうして自分が綺麗に写る角度を学習しているため、自分の写る角度や表情を自身で把握するということがいかに重要かがわかってきます。

美人に写る条件1:角度が重要

芸能人にも多いのが、斜めから撮るということです。実は人間の顔は左右非対称なのをご存知でしょうか。マッサージや表情のトレーニングで左右対称に近づけることができますが、全く同じにはなりません。そのため、右から見た方が綺麗であったり、左斜め上から見た方が美人に見えたり、人それぞれ美しく見えるための角度が違います。

また、真正面から写真を撮ってしまう人が多くいますが、真正面から撮ることで顔が大きく見えたり、緊張からカメラを凝視する原因ともなりますので、写真写りが悪い特徴に当てはまってしまいます。

真正面はNG!斜めから撮る!

綺麗に写真に写るためには、体と顔をカメラに対して斜めに向けるのがコツです。向きは人それぞれ、鏡の前で自分の一番綺麗に見える角度を勉強してから決めるのが最適です。真正面から見ることでキツイまなざしや緊張した表情になってしまいがちですが、ちょっと斜めにするだけで優しい印象を与えることができます。

また、髪型や角度によって小顔効果も得ることができます。体型に自信のない人でも、体を斜めに向けることで細く見えるようにもなります。真正面からの撮影ではなく、斜め上からの撮影を心がけるだけで大きく印象が変わり、写真写りが良くなります。

美人に写る条件2:口角を上げる

「実物は美人なのに…」写真写りが悪い理由と写りを良くする方法
写真写りが悪い人の特徴に口をすぼめるという点をあげましたが、口をすぼめることによって口角が下がります。写真写りが良い人の条件は、口角を上げるということです。にっこり笑っているつもりでも、上手く笑えない人は口角が下がりがちです。真顔の状態でも、口角が上がっている人は実際におり、口角が上がっている人は優しく明るい印象を与えます。

むっとした表情の人よりも、口角が上がっている人の方が、機嫌がよさそうであったり、幸せそうであったり、近寄りがたい雰囲気というものがありません。写真写りも同じで、笑顔でもそうでなくても、口角が上がっている人というのは美人に写ることができます。

口角が上がれば愛想良く見える

人間の筋肉は年齢に合わせて衰えていきます。顔の筋肉も同じで、表情を変えるトレーニングやマッサージをしないでいると、徐々に衰えていき、皮膚なども垂れ下がってしまいます。写真写りが良い人の条件の一つは口角が上がっていることです。

人と会話するときもそうですが、口角が下がっている人はあまり良い印象を与えず、口角が上がっている人は優しい印象を与えてくれます。写真写りが悪いという人は、口角を上げるよう意識してみましょう。最初は不自然でも、鏡の前で練習したり、人前では口角を上げるというのを意識しているだけでそれが日常的になり、自然な笑顔でいられるようになります。

美人に写る条件3:顎を引く

「実物は美人なのに…」写真写りが悪い理由と写りを良くする方法
写真写りが良い人の条件3つ目は、顎を引くことです。上目遣いの女性がかわいいとよく言われますが、まさにその通りです。写真を撮るときにも顎をちょっと引いている女性は小顔に見えますし、スマートに写真に写ることができます。

顎を引いて、斜め上から撮ることで、顎にかけてシャープな輪郭を作り出すため、小顔効果を引き出すことができます。自然と目線も上向きになるため、スマートな美人という印象を与えます。

上品で小顔効果抜群!

顎を引くことによって上品で清楚な印象を与える笑顔となります。写真写りが良い人は、女性らしく明るい印象の人が多いため、この条件をとらえることで写真写りが悪い人も美人に写ることができます。写真を撮ったときにカメラが下方向からだと、二重あごになってしまったり顔が大きく見えてしまいます。少し顎を引いて上品に写ることで、下の歯も自然と隠れて綺麗で自然な笑顔で写真に写ることができます。

美人に写る条件4:ポーズはキュートに

「実物は美人なのに…」写真写りが悪い理由と写りを良くする方法
ピースで写真に写ることが多い日本人ですが、ピースがありきたりに感じられて、無理におかしなポーズで写真に写る人も多くいます。写真写りが綺麗な人の条件は、女性ならではのかわいらしいポーズやスマートなポーズで写っているということです。

外国人風の写真にあこがれて、ポーズをとらない人もいますが、妙にかしこまりすぎておかしな印象の写真になることもあります。直立不動の体勢になってしまうと、せっかくスマートな体勢もずん胴になってしまいますから、女性らしいキュートなポーズで、華やかな印象の写真になるよう心がけましょう。

ポーズにも流行がある!

SNSが普及している昨今ですから、ポーズにも流行り廃りがあるのをご存知でしょうか。ピースがスタンダードな日本人のポーズですが、一緒に写る人どうしで個性的なポーズをとると、まとまりのある写真になります。

体型を良く見せるためのポーズや、小顔に見せたり、華やかな印象に見せたりするポーズが様々に存在します。若い人を中心にポーズの流行はどんどん変化していきますから、SNSなどを参考に、キュートなポーズを学んでみるのも効果的です。

かしこまりすぎず、クールになりすぎない、自分が与えたい印象に近づけるようなポーズで写真を撮りましょう。女性らしいキュートさや華やかさをもったポーズがおすすめです。

顔の輪郭を隠すポーズ

手や髪の毛をうまく使って、顔の輪郭を隠すポーズもよく利用されています。うまく隠すことによって、小顔効果が期待でき、女性らしいかわいい印象の写真にすることができます。この時注意しなければならないのが、顔全体を覆ってしまわずに少しだけ隠すという点です。

両手を頬にあてるポーズが女性に人気で、かわいらしい印象にもなりますし、小悪魔なイメージをもたれることもあります。鏡の前で笑顔の練習をするのと同じように、うまく輪郭が隠れるポイントを探して、ポーズを確認してみましょう。

美人に写る条件5:場所にもこだわりを

「実物は美人なのに…」写真写りが悪い理由と写りを良くする方法
写真写りが悪い人は、暗い室内や逆光の場所で写真を撮ってしまうことがあります。写真写りが良い人の条件は、顔色が良く見える明るい場所や、無駄な光の入り込まないような場所、綺麗な背景の場所で写真を撮ることです。

特に、暗い室内で写真を撮ってしまうと、カメラの性能によって写真全体が暗い雰囲気になってしまい、写っている人の印象も悪くなってしまいがちです。顔色も悪く写るため、写真を撮る場所にもこだわりを持つようにしましょう。

明るい場所で取る

自然な光の入る場所で写真を撮るのが、写真写りを良くするためのコツです。曇りの日などはくすんでしまいがちなので、余程写真に慣れている人でない限り、悪い条件のもとで写真を撮るのはおすすめできません。

明るい太陽の日差しを浴びれる場所や、日中であっても部屋の電気をつけて写真を撮るなど、顔色を良くするための工夫が必要です。室内は昼間であっても明るさが十分ではないため、特に注意を払う必要があります。

自然光を浴びた写真だと、肌や髪の毛も艶が出て、健康的で美しい印象を与えることができます。写真写りが良い人は、写真に慣れているということもあって、明るい場所を自然と選んでおり、採光を考えた撮影を行っています。

逆光に注意した場所

屋外で光の加減が美しい場所を見たとき、ついつい光のさすほうへカメラを向けてしまいがちです。また、その美しい景色を背景に自分が写ろうとすると、逆光になってしまい、写真を綺麗にとることができません。

逆光になると、自分の顔が真っ黒になってしまいます。表情も見えなかったり、暗い印象となってしまいます。逆光とならないよう、逆に太陽の光が自分の顔にしっかり当たるよう、光の当たり加減であったり、向きなどにも注意して撮影することで綺麗に写ることができます。

美人に写る条件6:とにかくリラックス

写真写りが悪い人はどうしてもカメラの前で緊張してしまいがちです。特に、知らない人であったり慣れない人にとってもらう写真の時に、写真写りが悪くなる傾向にあります。スタジオなど、慣れない場所での撮影となると特に顕著に表れます。

また、場所に限らず写真を撮られることに慣れていない人もリラックスできずに緊張してしまいます。鏡の前で表情の練習をしながら、最初は写りが悪くてもたくさん写真を撮っていき、カメラを向けられるということになれるというのが、写真写りを良くするためのポイントです。

仲のいい人とたくさん撮る!

自分が一番素でいられる、仲の良い友人や恋人、家族と一緒に写真を撮ってカメラに慣れていきましょう。リラックスしながらカメラに慣れることで、緊張をほぐすことができます。

特に、仲のいい友人とふざけながら写真を撮るときは、わざと変顔にしたり、あえてキメ顔を作ったり、遠慮なく撮影を楽しむことができます。カメラに慣れることで、より自然な笑顔を引き出すことができ、自分が美人に写るポイントもわかってきます。

写真写りが悪い人の特徴と改善まとめ

「実物は美人なのに…」写真写りが悪い理由と写りを良くする方法
写真写りが悪い人には意外と自分が気づいていない特徴があることがわかりました。自分の写真を見返してみることで、その特徴に当てはまっている写真があるかどうかを確認できます。また、写真写りの良い人が美人に写る条件も、意味を理解すればなるほどと納得のいくようなポイントが多くあります。

写真写りが良い人と一緒に撮影して、カメラに慣れていくことが大切です。仲の良い友人と撮影を繰り返し、カメラを向けられてもリラックスし、自然な表情で写れるようになれば、写真写りが良くなること間違いなしです。美人に写る条件を参考に、今日から鏡の前で練習してみましょう。

ネットで素敵な出会いを見つけてみませんか?

ここまでご紹介したテクニックで素敵な写真が撮れたら、ネットで素敵な出会いを見つけてみるのはいかがでしょうか。

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いかも知れませんが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかし当然ながら、運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、ぜひ一度つかってみてください。

女性は基本的に無料ですし、男性も無料ポイントだけでも試してみてはいかがでしょうか♪


Related