Search

検索したいワードを入力してください

「キャパオーバー」の意味とは?仕事でキャパオーバーになる人の対処法
2019年02月12日

「キャパオーバー」の意味とは?仕事でキャパオーバーになる人の対処法

仕事でキャパオーバーになってしまった経験…社会人であれば多くの人が経験したことあるのではないでしょうか?できればキャパシティが広い人間になり、キャパオーバーを避けたいですよね?そこで今回は、仕事でのキャパオーバーにならないようにするための方法を紹介します。

キャパオーバーの意味

キャパオーバーの意味
皆さんは、キャパオーバーという言葉の意味をご存じですか?

キャパオーバーとは、キャバシティーオーバーの略。つまり、キャパオーバーの意味は、自分の許容量を大幅に超えてしまうということを意味しているのです。

仕事や勉強、プライベートでキャパオーバーに陥ってしまった…という経験は、少なからず誰でも経験したことがあるかと思います。

そこで今回は、このいわゆるキャパオーバーとは、どんな意味で使われることが多いのか?キャパオーバーの基本的な意味から説明していきたいと思います。

また、キャパオーバーは、特に仕事で使われることが多くなります。仕事でキャパオーバーになってしまったらどうやって解決していけばいいのか?さらには、仕事でキャパオーバーになりやすい人の特徴に至るまで、徹底的に解説していきます。

キャパオーバーの具体的な使い方

キャパオーバーの具体的な使い方
社会人なら誰でも、キャパオーバーに陥ったり、周囲でキャパオーバーに陥った人を見たことがあったり…何かしらの形で、「キャパオーバー」を耳にしたり経験したりしているかと思います。

とは言え、キャパオーバーと言われても、ピンとこないという人や実は意味があんまり分かっていないという人もいますよね?今更、キャパオーバーの意味を周りの人に聞けない!そんな人だっているかと思います。

そんな人達のために、まずは、キャパオーバーの具体的な意味や使い方を見ていくことにしましょう。

【意味・使い方①】多すぎる仕事量に

早速、キャパオーバーのひとつ目の意味・使い方を紹介していきます。

キャパオーバーは、多すぎる仕事量に対して使われます。キャパオーバーの1番王道の意味として、使われるものです。

仕事量が多すぎるため、自分自身の手に負える範疇を超えているという意味で使われるということです。繁忙期などに仕事量が通常より多くて手に負えないということを意味した使い方です。

また、多すぎる仕事だけではなく、部署移動したばかりや転職したばかりの人が不慣れな仕事をしている時に、慣れない仕事で手に負えないことを意味した使い方なんかもします。

【意味・使い方②】ぎゅうぎゅうのライブ会場で

2つ目のキャパオーバーの意味・使い方を説明します。ぎゅうぎゅう詰めの状態にされたとき、空間の容量がオーバーしているという意味で使われることがよくあります。

具体的に言うと、ぎゅうぎゅう詰めになったライブ会場内で、たくさんの人でごった返しているという意味でキャパオーバーは使われます。

他にも、満員電車や人がたくさん乗ったエレベーターでもキャパオーバーしているという意味で用いられることが多々あります。

【意味・使い方③】これ以上飲食ができない時に

3つ目の意味・使い方は、これ以上飲食ができない時に、自分のお腹に入る容量がオーバーしているいという意味で使います。

また、食べ物だけでなく、飲み物やお酒の場合でも同じ意味で使われます。これ以上、飲めない時、自分のキャパよりもオーバーしているという意味で多用されます。

【意味・使い方④】これ以上走れない時に

【意味・使い方④】これ以上走れない時に
キャパオーバーの4つ目の意味・使い方は、これ以上走れない時に、自分の限界を超えているという意味で使われることもあります。

たとえば、長距離走でもうこれ以上走ることができない時に、自分の力をオーバーしているという意味で使います。限界を超えてしまい、これ以上走り続けることは厳しいということを意味しています。

また、長距離走だけでなく、スポーツ全般でも同じような意味で、キャパオーバーという単語を使います。試合相手が強すぎる時に、自分たちのキャパオーバーを超えた相手だなどという使い方です。今の自分たちの実力超えてしまった相手だという意味です。

仕事でキャパオーバーになってしまう人の特徴

仕事でキャパオーバーになってしまう人の特徴
キャパオーバーの基本的な意味や具体的な使い方、分かりましたか?意味や使い方が分かったところで、続いては、仕事でのキャパオーバーについて焦点を絞って説明していこうと思います。

キャパオーバーという単語は、仕事で使われることが王道です。そのため、キャパオーバー=仕事で限界を超えてしまったという意味を示すことが1番多いのです。

では、具体的に、仕事でキャパオーバーになってしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか?仕事でキャパオーバーになってしまいがちな人の特徴を見ていきます。

事前にキャパオーバーになりがちな人の特徴を理解していれば、キャパオーバーにならないように気を付けることもできます。

【特徴①】人に頼まれたら断れない

【特徴①】人に頼まれたら断れない
仕事でキャパオーバーに陥ってしまいがちな人のひとつ目の特徴は、人に頼まれたら断れない人です。そういう人は、仕事でキャパオーバーになってしまう可能性が高くなるので注意が必要です。

もともと気が弱い人や、頼まれたことは自分で絶対に成し遂げたいという考え方を持っている人は、人に頼まれると「NO」とは言えない性格をしていることが多いです。

仕事への意識が高いと取ることもできますが、ある意味、仕事へのプライドも高いのです。そのため、他人から仕事を頼まれてしまうと、たとえ自分が忙しかったとしても、忙しいということを言えず、仕事を受けてしまうのです。

自分ができないことや無理そうなことは、NOと断らないと、仕事でキャパオーバーに陥ってしまい、自分自身の首を絞める結果になってしまいます。また、仕事に時間がかかりすぎてしまい、周囲の人にも迷惑をかけることになってしまいます。

【特徴②】そもそも仕事が遅い

仕事でキャパオーバーに陥ってしまいがちな人の2つ目の特徴は、そもそも仕事が遅い人です。つまり、元々要領があまり良くない人や、仕事をバカ丁寧にやり過ぎてしまってなかなか仕事が進まない人という意味です。

仕事が遅い人は、やらなければいけない自分自身の仕事で手いっぱいになってしまい、テンパってしまう人が多いです。てんてこ舞いになった挙句、キャパオーバーになってしまう可能性が高くなるのです。

【特徴③】オンオフの切替ができない

仕事でキャパオーバーに陥ってしまいがちな人の3つ目の特徴は、仕事とプライベートのオンオフの切替ができない人です。つまり、仕事中にも関わらずプライベートのことを考えてしまう人や、プライベートで上手くいかないことがあると仕事に支障をきたす人という意味です。

オンオフの切替ができない人は、仕事中もプライベートのことを考えてしまいがちです。「次の休みはどこへ遊びに行こうかな~」「このお店に行ってみたいな~」などと仕事中も頭の中は、プライベートのことばかり。

また、プライベートで嫌なことがあった時、仕事中でもそのことばかりを考え込んでしまうタイプもいます。仕事は仕事と頭の切替が出来ないのです。

そういう人達は、仕事がはかどるどころか溜まってしまいます。結果、仕事が終わらなくなりキャパオーバーになってしまうのです。プライベートのオンオフの切替がしっかりできる人こそ、仕事ができる社会人ということを意味するのです。

【特徴④】悩み事が多い

【特徴④】悩み事が多い
悩み事が多いことも仕事でキャパオーバーに陥ってしまいがちな人の特徴に挙げられます。

悩み事が多い人は、常に悩んでいるため、仕事中にまでぼ~っと考え込んでしまうこともあります。先程紹介した、プライベートのオンオフの切替ができない社会人と似ていますが、仕事中でも頭の中は悩み事だらけなのです。

頭の中が悩み事だらけでは、仕事に集中できるわけがありません。つまりキャパオーバーに陥ってしまう可能性が高くなることを意味するのです。

【特徴⑤】人に相談できない

人に相談ができないということも仕事でキャパオーバーに陥ってしまいがちな人の特徴のひとつです。

人に相談ができない人は、自分以外信用できないというタイプの人やプライドが高すぎるというタイプの人がいます。こういう人は、人に相談することは、自分の弱みを見せることを意味すると思っていることが多いです。

また、人に相談ができない人は、自分で悩みを溜め込んでしまうことが多々あります。悩みを溜め込んでしまうと、解決へ向かうことはありません。

解決できない日が続くということは、それだけ1人で悩み続けることを意味します。人間、悩み事があると、仕事の効率も下がってしまいますよね?結果、キャパオーバーに陥ってしまうことが多くなるのです。

【特徴⑥】ストレスが溜まっている

仕事でキャパオーバーになりやすい人の6つ目の特徴として、ストレスが溜まっているということも挙げられます。

ストレスが溜まっていると、イライラしたり急に無気力になったり…と感情の浮き沈みが激しくなります。ストレスが溜まっている時は、仕事中だったとしても無気力になってしまい、全く仕事ができない…なんていう状況に陥る可能性が高くなります。

「何もしたくない」という無気力な時は、とにかく仕事もプライベートも連絡すら取りたくなくなりますよね?さらに、そんな自分に対してイライラしてしまったり他人のちょっとした態度にイライラしてしまったり…自分の感情の起伏に疲れきってしまうこともあるかと思います。

自分の感情の起伏が激しいというのは、仕事に集中出来ないということを意味します。仕事に集中出来ないと、仕事がどんどん溜まってしまいます。結果、やるべき仕事が増えてしまい、キャパオーバーに陥るのです。

キャパシティを広げる方法

キャパシティを広げる方法
仕事でキャパオーバーに陥りやすい人の特徴、お分かりいただけましたか?キャパオーバーになりやすい人の特徴をしっかり理解しておくことが、事前にキャパオーバーになってしまうことを防ぐことにも繋がるのです。

また、キャパオーバーは、キャパシティを広げることで、防ぐこともできます。キャパシティを広げることで、考え方や視野が広がるからです。つまり、キャパシティを広げること自体が、キャパオーバーを防ぐことを意味しているということになります。

ということで、次は、キャパシティを広げる方法について考えてみましょう。具体的に、キャパシティを広げる方法を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

【方法①】考える前に行動してみる

キャパシティを広げる具体的な方法を紹介していきます。まずひとつ目は、考える前に何でも行動してみるということです。

「何から始めよう…」「どうやってやろう…」などと悩んでいては、なかなか前へ進むことができません。とにかく行動しなければ、何も始まりませんよね?とにかく先に行動するということから始めてみましょう!

確かに、時には、行動するための手段や方法を順番に考えていくことも必要ですが、あれこれ悩んでしまうよりは、行動に移してしまった方が、目的に早くたどり着くこともあります。あれこれと悩む時間がかかりそうな場合は、とにかく行動するのが先決です。

とにかく行動することで、キャパシティが広がるチャンスも多くなります。

【方法②】上手くいくと思い込む

【方法②】上手くいくと思い込む
キャパシティを広げる2つ目の方法は、上手くいくと思い込むことです。

皆さんがなかなか行動に移せないという主な理由が、失敗が怖いからではないでしょうか?「失敗してしまうかもしれない」と考えてしまうと、どんどんマイナス思考になってしまいます。また、一度マイナスなことを考えてしまうと、その後、行動に移すのは難しくなってしまいます。

なので、行動する前は、「上手くいく!!」と思い込み、プラスのことを考えるようにしましょう。

また、人間は不思議なもので、「上手くいく!!」と思い込むことで、たいていのことは、本当に上手くいくのです。プラスに考えると、脳も良い意味で刺激されるからです。

【方法③】とにかく笑顔でいるように心がける

【方法③】とにかく笑顔でいるように心がける
キャパシティを広げるための続いての具体的な方法は、とにかく笑顔でいるように心がけることです。

辛そうな顔や苦労しているような雰囲気は、周りから“キャパシティが狭い人”という印象を持たれてしまいがちです。逆に、笑顔でいる人は、余裕でやってのける“キャパシティが広い人”という印象を持たれます。

実は、周囲からの印象というのは、キャパシティを広げる上ですごく重要な意味を持っているのです。周囲からの印象ひとつで、自分の気持ちは前向きに変わることができます。

これも不思議なもので、周囲から良い印象を持たれていれば、自分もそのように行動できるのが人間なのです。そのため、常に笑顔でいるということは、キャパシティを広くする基本中の基本であり、すごく重要なことなのです。

【方法④】普段行かない場所へ出かけてみる

【方法④】普段行かない場所へ出かけてみる
キャパシティを広げるための4つ目の方法を紹介していきます。それは、普段行かない場所へも積極的に出かけてみるということです。

普段行かない場所へ出向くことで、自分の考え方が広がる可能性が高くなります。というのも、人は、今まで見たことのないものや聞いたこともないものを直接見て感じ、新たな経験をすることで、自分自身に余裕が生まれ、キャパシティも広くなるのです。

たくさんのことを経験してきた人の方が、経験が少ない人に比べると、圧倒的にキャパシティが大きくなります。時間がある時は、普段いかない場所へも積極的に出かけてみたり旅行したりするようにしましょう。

【方法⑤】美味しいものをたくさん食べる

【方法⑤】美味しいものをたくさん食べる
キャパシティを広げる5つ目の方法は、美味しいものをたくさん食べるということです。

美味しいものを食べると、気持ちに余裕ができたり幸せな気持ちになったりしますよね?気持ちに余裕ができたことで、他のことにも目をむけることができたという経験はありませんか?キャパシティを広げるためには、気持ちに余裕を持つことが重要なのです。

また、美味しいものは美味しいものでも、できれば、自分が今までに行ったことのないレストランへ行って味わったことのないものを食べることが大切なのです。

先ほど説明した、普段いかないところへ出かけてみることと理由は似ていますが、経験したことのない味やお店に行くことで、自分自身の経験値が増えます。キャパシティを広げるには、経験値を増やすことが近道なのです。

【方法⑥】環境を変える

キャパシティを広げる6つ目の方法は、環境を変えることです。

環境を変えることで、自分自身の気持ちが新たになります。新たな環境へ行く時は、不安も少なからずありますが、それ以上にワクワクすることの方が大きいですよね?そういう前向きな気持ちで環境を変えることが、キャパシティを広げるうえで大切なことになります。

また、環境が変われば、自分の経験値もおのずと増えるため、視野も広くなります。そのこともキャパシティを広げることに繋がってくるのです。

環境を変えるというのは、勇気が必要な行動になりますが、キャパシティを広げるためには、勇気を出して一歩踏み出すことも大切なことになります。

仕事でキャパオーバーになってしまったら

仕事でキャパオーバーになってしまったら
キャパシティを広げる方法の具体例をご紹介しました。いかがでしたか?今ご紹介した方法を実践して、キャパシティを広げていきましょう!!

…とは言っても、忙しく仕事に追われる日々が続いてしまうと、普段キャパオーバーにならない人でも、キャパオーバーになってしまうこともあります。

キャパオーバーに陥ってしまった時は、どうやって対処していけばいいのでしょうか?次は、仕事でキャパオーバーになってしまった時の対処方法について具体的に説明していきます。

【対処法①】早めに周囲の助けを求める

キャパオーバーになってしまった時の最初の対処法は、早めに周囲の助けを求めるようにするということです。

仕事でキャパオーバーに陥ったとき、自分だけで溜め込んでしまうことが一番やってはいけないことです。溜め込んでしまうと、マイナス思考の堂々巡りになってしまい、仕事自体が嫌になってしまう可能性が高くなります。

周囲に助けを求めれば、周囲の人々はきっと、どうやったら上手くいくのかアドバイスをくれたり仕事を手伝ってくれたりするでしょう。なるべく早めに、周囲の助けを求めるようにしましょう。

【対処法②】睡眠を削るのは逆効果

【対処法②】睡眠を削るのは逆効果
キャパオーバーになった時、睡眠時間を削って仕事をする人がいますが、逆効果なのでおすすめしません。むしろ、睡眠不足であることが、余計にキャパオーバーを助長させている可能性が高いのです。

2つ目の対処法として、キャパオーバーになったと感じたら、とにかく寝ましょう

睡眠不足に陥ると、考えるのが面倒くさくなったり積極的な行動を取るのが難しくなったりするのです。また、眠たい時は仕事の効率も悪くなるため、良いことは何ひとつないのです。

【対処法③】やるべきことを箇条書きにする

続いてのキャパオーバーになってしまった時の対処法は、やるべきことを箇条書きにするということです。

仕事でキャパオーバーになってしまう人には、「何を先にやったら良いのか」「どういう順番で仕事を片付けたら良いのか」という優先順位を付けるのが苦手な人が多いんです。

色々なものにやみくもに手をつけているうちに、とにかくやるべき仕事だけが増えてしまうというのが、キャパオーバーになりやすい人の特徴です。

今やるべきことを紙に書いて整理しましょう!紙に書き出すことで、無駄な仕事や後回しでも大丈夫な仕事の有無が分かります。また、何を優先してやっていけば良いのか整理もできます。キャパオーバーになってしまった理由が分かる可能性もあります。

まずは、やるべきことを箇条書きに書き出してみましょう。頭もスッキリしますよ!

【対処法④】ストレス発散する

【対処法④】ストレス発散する
仕事でキャパオーバーになったら、ストレスを発散することも対処法に挙げることができます。

人それぞれストレス発散方法は違ってきますが、大きな声を出したりカラオケへ行ったり、買い物をしたり友達と愚痴を言い合ったり…時にはアルコールに頼ることも必要なことかもしれません。

ストレスを溜め続けていては、余計仕事の効率が悪くなり、キャパオーバーに陥る可能性が高くなるだけなので、注意しましょう!

仕事でのキャパオーバーを防ぐには

仕事でのキャパオーバーを防ぐには
キャパオーバーに陥ってしまった時の対処法はいかがでしたか?すぐに実践できそうなものばかりですよね?

しかし、できるなら、仕事でキャパオーバーになること自体避けたいと誰もが思っていると思います。

仕事でのキャパオーバーは、心の負担も大きくなり病んでしまうことにも繋がります。つまり、事前にキャパオーバーにならないようにすることが大事ということを意味します。

そこで最後に、仕事でキャパオーバーにならないようにするため、事前に気を付けておくべきことを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

できない仕事は初めから断る

仕事でのキャパオーバーを防ぐ最初の方法は、できない仕事は初めから断るということです。

無理して仕事を受けてしまい、自分がキャパオーバーになってしまっては、自分自身も心が病んでいきますし、周囲の仕事仲間にも迷惑をかけてしまうことになります。

仕事を断ることは勇気がいることですが、今の自分の状況やどうしてこの仕事を受けることができないのかを相手に簡潔に論理的に伝えるようにしましょう。

自分の力量を理解しておく

仕事でのキャパオーバーを防ぐ2つ目の方法は、日頃から自分の力量を理解しておくということです。

自分がこのくらいの仕事量なら難なくこなせるという量をしっかりと把握しておくことで、これ以上仕事を受けたらキャパオーバーになるということが予測できます。

自分の力量を理解していることが、仕事のできる社会人ということを意味するのです。

職場に頼れる人を見つけておく

職場に頼れる人を見つけておく
仕事でのキャパオーバーを防ぐ3つ目の方法は、職場に頼れる人を見つけておくことです。

1人でもいいので信頼できる人が職場にいるのといないのとでは、心の余裕という意味で、かなり変わってきます。

頼れる人がいる場合、自分がキャパオーバーになりそうな時、助けを求めることができます。キャパオーバーにならないコツは、全てを1人で完璧にやろうとするのではなく、頼れる人と互いに協力し合うということなのです。

仕事は、1人でするものではなく、みんなで協力して行っていくものだという意識を持っておきましょう。

キャパオーバーには注意して仕事に取り組もう!

キャパオーバーには注意して仕事に取り組もう!
今回は、キャパオーバーという言葉について、意味や使い方、対処法などをまとめてみました。いかがでしたか?

社会人になると、仕事をしている時間が1日の大半の時間を占めるため、仕事でのキャパオーバーに陥る可能性が高くなります。しかし、仕事でキャパオーバーに陥ってしまうと、心の病みに繋がり、プライベートまで上手くいかなくなってしまう可能性も潜んでいます。

キャパオーバーという言葉の意味についてしっかりと理解していることが1番重要なことなのです。キャパオーバーに注意して、前向きに仕事に取り組むようにしましょう。

Related