Search

検索したいワードを入力してください

当て馬ってどういう意味?使い方を例文付きで解説!
2019年01月30日

当て馬ってどういう意味?使い方を例文付きで解説!

仕事や恋愛、スポーツなどの場面で出てくる「当て馬」の正しい意味を知っていますか?さまざまな場面での使い方を解説!ネガティブなイメージの当て馬ですが、自分が当て馬にならないためにも、当て馬になりやすい人の特徴や体験談もチェックしてみましょう。

当て馬という言葉の印象って?

当て馬という言葉の印象って?
「当て馬」という言葉を聞いて、どんな印象を受けるでしょうか。おそらく、あまりよいイメージではないと思う人が多いことでしょう。

「当て馬にされた」や「当て馬にしてやった」という言葉はネガティブな場面で使われることがほとんどです。「当て馬」という言葉は実際にどういった使われ方をしているのか、詳しく見ていきましょう。

「当て馬」の意味

「当て馬」の意味
ところで、そもそも「当て馬」とはどういう意味なのか、ご存知ですか?なんとなくマイナスなイメージで、人に利用される嫌な役回りだということは想像が付きますが、正しい意味を知らない人もいるのではないでしょうか。

それでは詳しい意味を解説していきます。

当て馬の本来の意味

当て馬の本来の意味
当て馬とは、本来は馬に対して使われる言葉でした。馬の種付けを行う際、発情しないメスの馬を興奮させて発情を促すためだけに使われたオス馬が「当て馬」です。

当て馬によってメス馬が発情したところで、本命の種馬であるオス馬にチェンジし、交尾を成功させます。目的を達成させるための手段として、利用するのが「当て馬」なのですね。

仮の人という意味

仮の人という意味
本来の意味が元になり、「相手の出方や様子を探るためだけに出す仮の人」のことも「当て馬」と言われるようになりました。馬の時と同じく、目的達成のために「利用される」人を指すので、当て馬と言われるのはいい気がしないですよね。

しかし、実生活において当て馬を利用することはいろいろな場面で見受けられます。

「当て馬」のシチュエーション別の使い方

「当て馬」のシチュエーション別の使い方
それでは、「当て馬」が使われるシチュエーションの例をそれぞれ見ていきましょう。状況によって当て馬となる人のタイプも変わってくるのが特徴です。

恋愛で使われる当て馬

恋愛で使われる当て馬
恋愛において使われる当て馬は、当て馬の人と信頼関係が成り立っていて、依頼してなってもらうパターンが多いです。例えば、自分が付き合っている恋人が自分のことを本当に大切に思っているのか試してみたくなったとします。

そこで、友人などに頼んで当て馬となってもらい、あえて異性と仲良くしている様子を見せ付けて恋人がどう出るかをうかがうのです。

他にも、気になる異性が自分のことをどう思っているのかを調べるために、あえて当て馬を近付けて相手の様子をみることもあります。いずれにしても、当て馬となる人との信頼関係がなければこういった計画は成り立ちません。

信頼できる相手でなければ、当て馬だったはずの人に逆に恋路を邪魔されてしまうということも考えられるからです。当て馬の人選は大切ですね。

仕事で使われる当て馬

仕事で使われる当て馬
仕事においても、さまざまなシチュエーションで当て馬を利用したり、されたりすることは多々あるようです。例えば、営業では新人のスタッフが当て馬となり、契約成功に結びつけることがあります。

まず、新人のスタッフを顧客に接触させるのですが、新人なのでうまく説明ができず、相手は不安な気持ちになってしまいます。しかしそこでベテランのスタッフにバトンタッチして、落ち着いた振る舞いと豊富な知識を披露して信頼感を得るのです。

顧客に「この人なら頼れそう」と思わせることができれば、契約にも繋がりやすくなります。そんな演出のためにも当て馬は利用されるのです。

「当て馬」はどういうときに使われる?

「当て馬」はどういうときに使われる?
当て馬を使う場面は、さまざまあります。いくつか例を見ていきましょう!

コンペ

コンペ
前述もしましたが、ビジネスシーンでは「当て馬」は実に多く利用されます。例えば、コンペ。上司であるあなたは、日頃から目をかけていた部下のA君の企画を通らせたいと思っていたとします。

しかし、それを無条件に決めてしまうと他の社員から「A君のことを贔屓している」と思われてしまいます。そこで、A君とB君の2人に企画を依頼し、どちらか良い方の企画を選ぶということを建前にするのです。

この場合はB君の方が「当て馬」となり、八百長のコンペということになるのですが、企画を依頼された2人は自分の企画を選んでもらおうと必死になって励むことでしょう。

結果的に「こちらの企画の方が良かった」などと言ってA君の企画を選ぶことができる上、質の良い企画を2つ挙げてもらうことができるのです。

当て馬を上手く利用できる人は、ビジネスで成功できると言っても過言ではありません。

三角関係

三角関係
先の例にも出ましたが、恋愛においても当て馬は利用されています。恋の三角関係も、当て馬が生まれる場面だと言えるでしょう。想いを寄せる異性がいて、そこから恋愛関係に発展させたいところに恋のライバルが出現

紆余曲折がありながらも結ばれることができれば、ライバルが「当て馬」となります。しかし、ライバルに想い人を取られてしまったとしたら、自分が当て馬だったということになるのです。

恋愛において当て馬がいると刺激となり、傍から見ているぶんには「面白い展開になってきた」といったところですが、当人にとっては厄介で、自分が当て馬にはなりたくないと頭を悩ませる事案になることでしょう。

スポーツ

スポーツ
当て馬はスポーツでも使われます。例えば野球で、相手のピッチャーがどういう特徴や癖を持った選手なのかわからない場合、とりあえず様子見として当て馬のバッターを出します。

当て馬と言ってもそのまま打ててしまえば結果オーライですし、打てなかったとしてもどんなボールが来るのかを確認できれば当て馬としての役割は果たせているのです。

他のスポーツにおいても、相手選手の情報を引き出すために、当て馬の選手を出すことはよくあることなのだとか。団体競技で当て馬が使われることが多いようですね。

ショッピング

ショッピング
日常生活で行うショッピングでも、当て馬は利用されます。

気になる商品があったとして、買いたいけれど値段もそれなりに高いのでどうしようかと躊躇している時、友達に「あの商品いいらしいよ」などと言って買いたくなるように仕向けます。

友達が当て馬となって買ってくれれば、実際に買ってみての感想を聞いて、自分が買うかどうかを検討することができますし、あわよくば貸してもらうこともできるかもしれません。

ただし、この手はあまり頻繁に行うと「ズル賢い」や「セコい奴」と思われてしまう危険があるので、注意した方が良いかもしれませんね。

当て馬にされる人の特徴《性格編》

当て馬にされる人の特徴《性格編》
当て馬にされやすい人の特徴ってあるのでしょうか。まずは、当て馬にされる人の性格に注目してみましょう。

おとなしい性格

おとなしい性格の人は、当て馬にされやすい傾向があります。逆に、気が強くて何かと反論してくるような人では思い通りに事が進まないので、当て馬には向きません。

おとなしい性格の人は頼まれた事に反発せずに都合の良いように動いてくれるので、当て馬としては利用されがちです。

諦めが早い性格

諦めが早い性格
諦めが早い性格の人も当て馬にされやすいです。対して根気強く粘るタイプの人は、自分の信念を貫き通すので、当て馬には向きません。

飽きっぽく、「もういいや」「もうやめた」が口癖で、物事が長く続かないタイプの人はライバルとなっても勝手に根負けしてくれるので、当て馬にしても都合が良いのです。

お人よしな性格

頼まれると断れない、ついつい世話を焼いてしまうようなお人よしの性格の人も当て馬にされやすいです。

「あなたしかいない」「どうしてもお願いしたい」などという言葉に弱く、引き受けた事は必ず実行してくれるのがお人よしの性格の人の特徴です。

つい身を犠牲にしてしまうお人よしの性格の人は頼れる存在の「いい人」ですが、当て馬として都合良く利用されてしまうこともあるのです。

流されやすい性格

流されやすい性格
流されやすい性格の人もまた、当て馬にされやすいタイプです。意見をはっきりと主張するような人は当て馬としては扱いにくく、あまり自分の意見を出さず、周囲に合わせてしまうような人の方が都合が良いのです。

当て馬役を直接頼む場合も、流れで引き受けてしまうことが多い傾向があります。

当て馬にされる人の特徴《行動編》

当て馬にされる人の特徴《行動編》
当て馬にされやすい人の特徴、次はどんな行動をしている人なのかに注目します。

目立ちたがらない

当て馬が目立ちたがり屋では、不必要に目立ってしまってうまく計画が進まないことも考えられるでしょう。目立つことを好まず、黙々と裏方の仕事をするようなタイプの人は当て馬にされやすいです。

当て馬として人知れず淡々と仕事をこなしてくれるので、利用する側はその間に表立って活躍して、最終的には「実は裏方の仕事も自分がやったんだ」などと嘘を付いて手柄を横取りするなんてこともあります。

しかし目立ちたがらない人は、揉めて騒ぎ立てるようなことは嫌なので、結局は損な役回りになってしまうのです。

上司の太鼓持ちをする

上司の太鼓持ちをする
上司の顔色を伺って媚を売る「太鼓持ち」のタイプも当て馬にされることがあります。太鼓持ちをする人は、ごますりによって上司に気に入られていますが、仕事に対する能力は低いことが多いです。

よって、当て馬として利用しやすく、成功すれば自分に対する上司からの印象もさらに良くなります。

上司に気に入られている人と言っても、太鼓持ちではなく本当に実力があって一目置かれている人は当て馬にするのは難しいでしょう。

秘密を守る

口が堅く、秘密を守り通すタイプの人も、当て馬としてターゲットにされることがあります。

秘密を守る人は辛抱強く、誠実な性格なので利用しにくい印象もありますが、もし当て馬にしていることがバレてしまっても、騒いだりペラペラと他人にしゃべったりしないので利用するには都合がいいとも考えられるのです。

また、当て馬役を直接頼む場合は、他人に秘密を漏らすことなく動いてくれる頼もしい相手なので、当て馬を任せるには最も適した存在であると言えるでしょう。

報酬を重視している

報酬を重視している
当て馬を頼む場合、報酬があればいいと考えているタイプの人は頼みやすいです。事前に「成功したら○○を奢る」など、明確な報酬を提示して受け入れてくれる相手であれば、利用する側も気兼ねなく当て馬を依頼することができます。

ただし、報酬によって軽く引き受けてしまうこのタイプにはお調子者でおしゃべりな人も多いので、計画はくれぐれも内密に実行するようにと念を押しておくのが良いでしょう。

当て馬にされる人の特徴《態度編》

当て馬にされる人の特徴《態度編》
当て馬にされる人の特徴を追究してみます。一体どんな人物なのでしょうか?

深く考えていない

緻密な計画が苦手で、あまり考えずにノリで行動をしてしまうようなタイプは当て馬にされやすいです。

お調子者で口が軽い人である場合も多いので、当て馬にしていることがバレてしまうと厄介なのですが、その場の雰囲気で動いているので細かいことは気にせず、当て馬にされていることには気付かないことがほとんどでしょう。

利用されていると気付くのはずいぶん経ってからなので、後の祭りなのです。利用する側にとっては近付きやすい存在であるとも言えます。

気持ちの切り替えが早い

気持ちの切り替えが早い
ポジティブで気持ちの切り替えが早いタイプの人も、当て馬にするのに向いています。もし、当て馬のターゲットにした相手がしつこい粘着質な人だった場合、当て馬にしていたことがバレた時の報復が厄介です。

気持ちの切り替えがうまくできる人は、「まぁいいか」と割り切った考えができるので、後になってから復讐などの面倒なことになることも無く、済んだこととして片付けられることができるのです。

当て馬になった側もあまり気に病むこともなく、利用する側も手を出しやすいという特徴があります。

気さく

気さくで誰とでも仲良くなれるタイプの人は、当て馬を頼むのに向いています。特に恋愛の時には、気さくで接しやすい人は頼りになります。

おしゃべりが上手なので、ターゲットにすんなり近付き、利用する側の人との橋渡しをスムーズに行ってくれることが期待できます。計画を相談するのも、気さくな人だと安心感がありますよね。

忠誠心がある

忠誠心がある
自分に対して忠誠心がある人も、当て馬を頼むには適しています。一番わかりやすいのは学校や職場での後輩ではないでしょうか。

自分に反論せずに、おとなしく従ってくれる人は当て馬として都合が良く、普段から面倒を見ている関係であれば、頼みやすい相手でもあります。恩義を感じられている関係であれば尚更のこと、頼れる存在であることでしょう。

計画の途中で裏切られることもなく、安心して任せられる相手です。

当て馬にされた人の体験談

当て馬にされた人の体験談
それでは、実際に当て馬にされた経験のある人の体験談をいくつか見てみましょう。

当て馬体験談《職場編》

当て馬体験談《職場編》

いつの間にか責任ある職を任されていた

こちらの方は、新しい職場を探す間のつなぎのような意識でアルバイトをしていたはずが、いつの間にか「職長」という責任あるポジションを与えられていて安易にバイトを辞められなくなってしまったようです。

おそらく、アルバイト先では元々の職長というポジションの人が辞めてしまうなどの理由で任せられる人が他におらず、困っていたところにいいタイミングで入ってくれた人にしれっと役を任せてしまったのではないでしょうか。

辞めるはずが辞められない、納得のいかない状況に「当て馬にされた」と感じているようですね。

最初から選ばれる企業は決まっている

「クライアントから案件の対応依頼が来ても、意中の企業はすでに決まっていて、当て馬のケースもよくあります。」(40代男性・会社経営)
こちらはとある会社の社長の意見ですが、当て馬にされていたケースもあるので、案件についての提案をしても、最終的に必ずしも受注できるとは限らないという現実を語っています。

当て馬体験談《恋愛編》

当て馬体験談《恋愛編》

実は自分は当て馬だったと後から気づいた

こちらの方は、男女3人でカラオケを楽しむつもりでいたのに、気がついたら他の2人がデュエットをしていい感じになっていて、自分は当て馬にされただけではないかと感じているようです。

本命の相手から当て馬にされた…

こちらの方は、過去の恋愛で本命の当て馬にされてしまい、深く傷ついてしまったようです。

恋愛の駆け引きにおいて当て馬はよくあることではありますが、当て馬にされることによってトラウマを抱えてしまう人もいるというのは肝に銘じておかなくてはなりません。

当て馬体験談《スポーツ編》

当て馬体験談《スポーツ編》

駅伝選手の当て馬にされていた

スポーツの世界でも当て馬は使われるようですが、箱根駅伝のエントリーもそのひとつのようです。エントリーの段階では当て馬の選手を登録しておいて、他のチームの様子を見て、当日になってから本命の選手に変更するということなのでしょう。

これもチームが勝つための作戦なのでしょうけど、期待していた選手が当て馬だった時のガッカリ感も共感できますよね。

バレないように他の人をうまく当て馬にするには

バレないように他の人をうまく当て馬にするには
誰かを当て馬にしようと思っても、途中でバレてしまっては台無しです。

計画が狂ってしまうことはもちろん、それ以上に当て馬にしようとしていた人や周囲からの信頼が失われたり、反感を買ってしまったり、大きなしっぺ返しが来ることも考えられます。バレないように当て馬にするにはどうしたらよいのでしょうか。

当て馬にされても気づかなさそうな人を選ぶ

当て馬にされても気づかなさそうな人を選ぶ
当て馬にする人を選ぶ時、当て馬にされたことに気づかなそうな人を選ぶのは重要なポイントであると言えるでしょう。

当て馬にされやすい人の特徴をいくつか前述してきましたが、深く考えていないタイプの人などは「気づかなそうな人」に当てはまります。

当て馬を利用するときは、普段から相手の行動をよく見て、どういったタイプなのかを把握しておく必要がありますね。

忠誠心を持たせる

忠誠心がある人には当て馬を頼みやすいと前述しましたが、相手にバレないように当て馬にする時も忠誠心を持っている相手は利用しやすいです。

忠誠心があるということは相手を敬っていて信頼しているということなので、不審に思われることが無いのです。忠誠心を持たせるには日々の言動がとても大切になってきます。

日頃から部下や後輩を可愛がり、親身になって接したり、困った時に助けてあげたりと地道な努力の積み重ねで信頼を得て、恩義を売っておくと、いざという時に助かるということに繋がるでしょう。

うまくおだてて乗せる

うまくおだてて乗せる
相手をうまくおだてて乗せ、当て馬にしてしまうという方法もあります。前述した当て馬にされやすい人の特徴の中では、お人よしの人などがおだてに乗りやすい傾向にあります。

困っている人を助けたい、頼ってもらいたいと思っている世話好きなタイプの心をくすぐる「他に頼れる人がいない」などの言葉でお願いすると、思い通りに行動してくれることが期待できるでしょう。

強引に頼んでしまう

最後の手段として、強引に頼んでしまうという方法もあります。相手が反論したり断ったりする隙を与えずにお願いを畳み掛けて、行動をしてもらうのです。

日本人は「NO」と言うのが苦手な傾向が強いので、強引に迫られると思わず圧倒されてしまうものですよね。

強引にお願いされてつい引き受けてしまうというのはどんな人でもあり得ることですが、流されやすい性格の人や、おとなしい性格の人などは特に引き受けてしまいがちです。おとなしい性格の「草食系男子」の特徴についてはこちらの記事も読んでみてくださいね!

当て馬のポイントを押さえてトラブルを回避しよう!

当て馬のポイントを押さえてトラブルを回避しよう!
当て馬の意味や使い方がおわかりいただけたでしょうか。なにかと損な役回りの当て馬は、なるべくならなりたくないですし、利用もせずにいられたら平和ですよね。

当て馬を利用する際のリスクや当て馬にされやすい人の特徴をチェックして、トラブル回避にお役立てください!聞いたことはあるけれど、意味がよくわからないという言葉は他にもあるはず。こちらの記事も読んでみませんか?

Related