Search

検索したいワードを入力してください

「間違えると超失礼!」労いの言葉の使い方や意味を例文つきで解説
2019年01月16日

「間違えると超失礼!」労いの言葉の使い方や意味を例文つきで解説

常日頃なにげなく使っている労いの言葉。この記事では「労いの言葉」について少し深く考えてみました。そうしていくと、労う気持ちには、感謝や励ましの意味まで含まれていることがみえてきます。素敵な労いの言葉をかけて貴方の周りの大切な人を大事にしましょう。

「労う」の意味とは?

「労う」の意味とは?
普段なにげなく耳にする「労う」という言葉。なんとなく意味はわかるものの、正式な意味は意外と知られていないようです。

この「労う」という何気ない言葉、実はその使い方や言い回し、使う相手によっては、失礼にあたってしまう場合があり、注意が必要なのです。

では「労う」という言葉の意味を確認していきましょう。

「労う」の読み方は「ねぎらう」

「労う」の読み方は「ねぎらう」
まずは基本中の基本、「労う」の読み方から確認していきましょう。ご存じの方がほとんどだとは思いますが、「ねぎらう」と読みます。

よくある間違いが、「労らう」と送り仮名を間違えて書いてしまうというもの。送り仮名を間違えないよう気をつけましょう。

基本的には目上の人が目下の人をいたわる意味

基本的には目上の人が目下の人をいたわる意味
この「労う」という言葉は、基本的には目上の人が目下の人をいたわる意味で使うのが正解です。

例えば、会社での話しとしましょう。上司が仕事を遅くまで頑張っている部下に対して労いの言葉をかけるという意味で使われます。

逆に、部下が頑張っている上司に対して、労いの言葉をかけるというのは、言い回しにもよりますが、上から物を言っているように感じられ、印象がよくありません。

「労う」と同じような意味を持つ言葉

「労う」と同じような意味を持つ言葉
「労う」と同じような意味を持つ言葉として、「慰める」(なぐさめる)「労わる」(いわたる)等が挙げられます。

この2つの言葉とも、相手を労う気持ちが込められているのは同じですが、使うシチュエーションによって使い分けが必要となってきます。

この使い分け方や例文についてはこのあと詳しく解説していきます。

一般的に使われる労いの言葉

一般的に使われる労いの言葉
では日常でよく使われている労いの言葉には、どんなバリエーションがあるのでしょうか。

できれば気のきいた言葉で、周りの人に対して、労いの言葉をかけることができたら、とっても素敵ですよね。また自分がかけられると嬉しくなるような労いの言葉を考えていきましょう。

「お疲れ様です」

まずは定番の「お疲れ様です」という言葉からみていきましょう。バイトをしている学生でも、会社勤めの社会人でも、この「お疲れ様です」という労いの言葉を、一日に何度も言ったり、また言われたりするのではないでしょうか。

また労いの言葉でありながら、「労う」という意味は特に持たずに、ある意味挨拶のように使われている側面もありますね。

がんばってくれて有難うという労いの言葉ではなく、例えば営業マンが会社に帰ってきたときなど、当たり前のようにお互いが「お疲れ様です」と声を掛け合ったりしますよね。

労いの言葉である「お疲れ様です」という言葉が、ある意味「ただいま」と「おかえり」の意味も含まれていて、少し深く考えてみるとバリエーションが多くなかなか不思議な言葉のように思えてきますね。

「御苦労様です」

「御苦労様です」というこの言葉も、前項の「お疲れ様です」という言葉と、同じように使われているのをよく耳にします。

ですがイメージ的には、年配の方が「御苦労様」などと声かけをしているのをよく耳にします。実際にはどのようなシチュエーションで使われているのでしょうか。

この「御苦労様です」という言葉は、目上の人が目下の人を労う場合にかける言葉として使うのが正しいです。間違って使ってしまうと、相手の方は気分を害してしまう可能性がありますから、慎重に使い分けることが大切です。

「大変でしたね」

「大変でしたね」
「大変でしたね」という言葉も、労いの言葉としてよく使われていますよね。「お疲れ様です」「御苦労様です」という言葉は、ある意味挨拶の代りのような意味も含んだ言葉として使われています。

ですがこの「大変でしたね」という言葉は、純粋に相手を労う気持ちが込められています。

例えば、なにかトラブルに巻き込まれてしまった時、また身内の不幸があった時など、この「大変でしたね」という言葉をかけられた相手は、少し救われたような気持ちになるかもしれません。

たった一言の労いの言葉で、人の気持ちを変化させてしまうこともあるのですから、日頃から労う気持ちを持って、過ごしていきたいですね。

「さすが○○ですね」

この「さすが○○ですね」は、労いの言葉でもあり、褒めたたえる言葉でもあります。

例えば、仕事でのトラブルを解決できた時、「さすが○○さん!」などと言うことありますよね。あるいは学校のテストで、一生懸命勉強して良い点数が取れた子供に対して、「さすが○○ね。頑張ったわね!」なんて声をかけることもあるでしょう。

このように努力を労う気持ちを、褒めたたえる言葉として使うこともできます。このような言葉をかけられた人は、まんざらでもないようなとってもいい気分になってしまうでしょう。

できるだけ周りの人が気持ちがよくなるような言葉をつかっていきましょう。

労いの言葉のかけ方《シチュエーション編》

労いの言葉のかけ方《シチュエーション編》
周りの相手を労う気持ちがあっても、労いの言葉のかけ方って難しいものですよね。

せっかく相手を労う優しい気持ちがあったとしても、そのタイミングを逃してしまうと、せっかくの労いの言葉も意味を持たなくなってしまいます。

ここでは労いの言葉をどのようなシチュエーションでかけるのがベストであるのか掘り下げていきましょう。

相手が頑張っている時

部活で一人遅くまで残って自主練していたら、それを見ていた先輩から「よく頑張ってるな」と褒められて嬉しかった。」(19歳男性)

「新規プロジェクトの仕事を抱え、それがやっと完了したとき、上司からよくやったと言われ、大変だったけど一瞬で苦労を忘れるくらい報われた気がしました。」(24歳女性)

どのような時に労う気持ちが生まれるかといったら、相手が頑張っている時ですよね。

そういう姿を目にすると、自然と労う言葉をかけてあげたいという気持ちになりますよね。また労いの言葉をかけられた相手は、頑張りが報われたような気持ちになるでしょう。

自分に置き換えてみても、頑張っている姿を見てくれて、労いの言葉をかけられたら、とっても嬉しくなると思います。労うということは、相手への賛辞にもなりますから、積極的に労いの言葉を使うことができたらとっても素敵なことですね。

相手が疲れている時

相手が疲れている時
仕事で疲れきっているとき、家に帰ったら妻がいつもの笑顔でお疲れ様と言ってくれただけで、疲れが軽くなりリラックスできる。」(31歳男性)

「繁忙期で深夜まで仕事が続いて疲れていた時、会社の同僚にちょっとした時に労いの言葉をかけられて、なぜかフッと気持ちが楽になって、また仕事を頑張ることができた。」(28歳男性)

相手が疲れてしまっている時、精神的にも肉体的にもまいってしまっている時って、きっと誰にでもありますよね。

そのような時は、ぜひ労う気持ちを込めて、労いの言葉をかけてあげましょう。疲れてしまっている時に労いの言葉をかけられると頑張れたりするものです。

また今までの疲れが軽くなったり、ふっとんだりすることもあります。貴方の労う気持ちが、労いの言葉となって、疲れまで軽くさせてしまうなんて、とっても素敵なことです。

相手が落ち込んでいる時

相手が落ち込んでいる時
仕事でミス続きで、もう辞めてしまいたいと悩んでいた時、同僚に労いの言葉をかけられ、また頑張ろうと思った。」(25歳女性)

相手を労う気持ちがダイレクトに伝わるのは、相手が落ち込んでいる時ではないでしょうか。なにか原因があって、ひどく落ち込んでしまうことって、誰にでもありますよね。

そんな時こそ、誰かが貴方を思ってかけてくれる労いの言葉は、労う意味ももちながら、ある意味では励ましのような思いも込められているはずです。

落ち込んでしまっている時に、そのような労いの言葉をかけられたら、ふっと気持ちが軽くなることでしょう。そして、言われた方は、何年経ってもその時かけたられた労いの言葉を覚えてくれていることもあるでしょう。

そうなったら貴方が心配し労う気持ちが、相手の記憶に深く残っているなんて、とっても嬉しいですよね。そのような言葉をかける方にもかけられる方にもなりたいものですね。

労いの言葉のかけ方《関係性編》

労いの言葉のかけ方《関係性編》
これまで労いの言葉をかけるシチュエーションをみてきましたが、その際の言葉のかけ方もとっても大事です。目上の人や、目下の人、友達や夫婦の場合等、労う気持ちは変わらなくても、相手によってかける労いの言葉は変わってきます。

貴方は労う気持ちから良かれと思ってかけた労いの言葉のはずなのに、気づかないうちに相手を不快にさせてしまうこともありますから、しっかり確認していきましょう。

自分が上司である場合

自分が上司である場合
「いつもピリピリしていて怖い上司が、苦労して契約がやっと取れた時、満面の笑みで、よくやったな!大変だっただろう。と声をかけてくれて、思わず涙ぐんでしまうほど嬉しかったです。また頑張ろうと思えました。」(27歳女性)

まずは自分の方が立場が上である上司の場合からみていきましょう。部下や後輩に対しての労う気持ち、ぜひその気持ちを素敵な労いの言葉にして、伝えてあげましょう。

貴方がかけた労いの言葉によって、モチベーションが上がったり、努力が報われたような気持ちになるのですから、自分の方が立場が上であるからこそ、日頃からよく周りをみて誰が頑張っているのか、把握しておくことが大切です。

そして、あくまで労う気持ちを現すのですから、日頃厳しい上司であったとしても、優しく声をかけることがとっても重要ですよ。

自分が部下である場合

「自分が部活の試合中にミスを連発してしまった時、後輩からうまくいったパスのお礼と、ドンマイです!という言葉をサラッと言われ、心が軽くなった。」(18歳男性)

自分が部下である場合、目上の人である上司や先輩に労う気持ちを伝えたい場合、どのようにしたらいいのでしょう。

労いの言葉であっても、目上の人からすると、その言葉によっては、上からものを言っているように受け取られかねません。せっかくの労う気持ちが、相手の気分を害してしまうことがないように、注意と気遣いが必要になってきます。

夫婦である場合


夫婦という近い関係であっても、労う気持ちをいつまでも忘れないようにしましょう。家族なのだから、ずっと一緒にいるのだから、言葉にしなくても分かるだろう、なんて思ってはいけませんよ。

夫婦であるからこそ、労う気持ちを持ち、そして労いの言葉をかけることが大切なのです。仕事で疲れて帰ってきた旦那さまに対して、お疲れ様などの声かけをちゃんとしていますか?

また毎日の食事作りは、メニューを考えるのも一苦労で大変なものです。奥さんが一生懸命作った料理を無言で一瞬で流し込む、なんてことしていませんか?

そういう何気ない日常にこそ、労う気持ちを持つことが大切ですよ。「お仕事お疲れ様」「いつも美味しいご飯ありがとう」などと、感謝の気持ちを込めた労いの言葉をかけてあげましょう。

きっとそのような言葉をかけられたら、仕事を頑張ろう!もっと美味しい新メニュー作ろう!などの、相乗効果が生まれることになるでしょう。

友達である場合

友達である場合

友達どうしの場合でも労いの言葉をかけるタイミングはたくさんありますよね。良い関係を築いていくためにも大切なことです。友達どうしの場合は、上下関係などありませんから、貴方の思うタイミングで声をかけてあげましょう。

例えば自分が何かをがんばったりした時に、「大変だったね。よく○○できたね」などと声をかけられたら、とっても嬉しいと思います。

友達どうしの労いの言葉は、共感という意味も含まれているようですね。人は共感されると嬉しいものです。貴方の周りの大切な友達の状況をよく把握して、適切なタイミングで労う気持ちを率直に伝えてみてはいかがでしょうか。

今日から使える労いの言葉の例文《ビジネス編》

今日から使える労いの言葉の例文《ビジネス編》
労いの言葉を伝えるシチュエーションとして、もっとも多いのは仕事に関してでしょう。

日々仕事を頑張っている社会人なら、一日に何度も「お疲れ様です!」という言葉を繰り返し耳にしているでしょう。ではビジネスの場合、どのような労いの言葉が妥当であるのかみていきましょう。

例文①「お疲れ様でした」

ビジネスシーンで頻繁に使われる「お疲れ様でした」という労いの言葉。頑張りに対しての言葉として使うこともありますが、挨拶として日常使いをされる方が一番多いでしょう。

シチュエーションとしては、営業マンが外出先から帰社した時に「お疲れ様です」と、お互いに声を掛け合う。仕事が終わって退社する時に「お疲れ様です。お先に失礼します」と挨拶をする。

ある業務が無事に完了したあとに行う、打ち上げの飲み会の場での乾杯の音頭の「お疲れ様でした」など。どのシチュエーションも日常でありふれたシーンですが、ビジネスシーンの中で、より良いコミュニケーションを取ることがとても大切になってきます。

例文②「御苦労様でした」

例文②「御苦労様でした」
ビジネスシーンの中で頻繁に使われる言葉として「御苦労様です」もよく耳にしますよね。

「お疲れ様です」という言葉と同じ意味で使われていますが、使う相手には少し注意が必要です。この「御苦労様です」という言葉は、一般的には目上の人から、目下の人へ使うのが正解です。

ですから、自分の上司に対しては「お疲れ様です」の方の言葉を使いましょう。また目下の部下等には、「御苦労だったね」など、フランクに使える言葉ですので、労う気持ちをどんどん表現して、部下のがんばりを認めてあげましょう。

ひとは目上の人に労いの言葉をかけられると、褒められたように感じることもありますから、積極的に使っていきましょう。

例文③「○○さんのおかげで助かりました」

ビジネスシーンで、自分がしたことに対して「おかげで助かりました」という言葉をかけられたら、どう思うでしょうか。

単純にとっても嬉しい気持ちになりますよね。そしてまたしてあげよう、という気持ちに自然となってしまうでしょう。またこういう労う気持ちに感謝の気持ちを乗せたような言葉を、素直にサラリと言える人もとっても素敵です。

会社の中がこういうひとばかりになれば、とても雰囲気もよく、チームワークや信頼が生まれて、会社としてもプラス要素しかないですよね。そうした環境を作るには、まず貴方から周りの人に労う気持ちを持って、率先して言葉かけをしていきましょう。

例文④「ありがとう」

ビジネスシーンで「ありがとうございます」という言葉は日常溢れています。

周りの人に何かをしてもらったら、ちゃんと「ありがとう」と言っていますか?無言で書類を受け取ってるなんてことはありませんか?または、サラリと流すように気持ちのこもっていない「ありがとう」も言っていないのと同じことですよ。

特に立場が上の上司から言われる「ありがとう」は、部下としては嬉しいものですから、きちんと目を見て、できれば少しでも微笑んで言ってあげてくださいね。

仕事とはいえ、作業をしてお礼の言葉もないようでは、部下から嫌われてしまいますよ。信頼関係を築くためにも、日頃から労う気持ちを持って、感謝の気持ちを言葉で伝えることが必要です。

今日から使える労いの言葉の例文《夫婦編》

今日から使える労いの言葉の例文《夫婦編》
夫婦の間で使う労いの言葉には、とっても大きな意味があります。日常は必ずしも当り前なものではないのですから、日頃から大切なパートナーを労う気持ちを忘れずに過ごしていきましょう。

では夫婦間の労いの言葉、どのような言葉かけが良いのでしょうか。みていきましょう。

例文①「お疲れ様」

夫婦間で使う労いの言葉、毎日仕事から帰ってくる旦那さんに対して、労う気持ちはもっているものの、労いの言葉をかけられていますか?もちろん女性もバリバリ働く時代ですから、旦那さんから奥さんへの声かけも必要だと思います。

「ただいま」「おかえり~!」だけで終わってしまっていませんか?もちろんそれでもいいのですが、たまには日頃の感謝を込めて、労う気持ちを伝えてみてはどうでしょうか。

「お疲れ様」という言葉だけで、また頑張ろうという気持ちになるのですから不思議ですね。ぜひお互いに労いの言葉をかけあってみてくださいね。

例文②「いつもありがとう」

旦那さんや奥さんへの「ありがとう」という言葉。夫婦間で分担が決まっていることであっても、やってもらって当り前なんていうことはありません。

日頃から「ありがとう」という言葉を、お互いにかけあってみてはいかがでしょうか。ありがとうと言われたら単純に嬉しいものですよね。いつも労う気持ちをわすれずに、素敵な結婚生活を送っていきましょう。

例文③「あまり無理しないでね」

大切なパートナーが仕事を頑張っている時、身体を壊してしまうのではないかと心配になってしまうことってありますよね。

そんな時、「あまり無理しないでね」と声をかけてあげましょう。貴方の一言で疲れが取れたり、頑張る力が湧いてきたりするものですから、労う気持ちを素直に伝えてみましょう。

頭で考えなくても、自然と相手を労わる言葉をかけられる関係ってとっても素敵ですね。

今日から使える労いの言葉の例文《カップル編》

今日から使える労いの言葉の例文《カップル編》
カップル間で使う労いの言葉は、もしかしたら今後の二人の関係にも影響を及ぼすこともありますから、とっても大切です。

ではどのような言葉で相手を労う気持ちを伝えたらいいのかみていきましょう。

例文①「○○なところ尊敬してるよ」

つきあっている彼氏や彼女から「○○なところ尊敬してるよ」なんて言われたら、嬉しくて舞い上がってしまいそうですよね。

お互いのことが好きでつきあっている二人ですから、相手の良いところをたくさん見つけていきましょう。そして頑張っているところを見たら、ぜひ労いの言葉をたくさんかけあってくださいね。

例文②「頼りになるね」

この「頼りになるね」という言葉は、一般的には女性から男性に向けて使われる言葉でしょうか。

なにか頑張っていることに対して、頼りになる!と言われたら、とても嬉しい労いの言葉になりますね。女性の皆さんは、相手ががんばっている姿をみたら、労いの気持ちを込めてぜひ使ってみてくださいね。きっと喜ぶと思いますよ。

労いの言葉をかけてもらった人の感想

労いの言葉をかけてもらった人の感想
さてここまで色々なパターンの労いの言葉をみてきましたが、ではその言葉をかけてもらった相手は、一体どのような感想を抱くのでしょうか。体験談をみていきましょう。

努力が報われた

努力が報われた
「仕事が忙しくて大変だった時、上司や仲間に労いの言葉をかけられて、努力が報われる瞬間でした。」(29歳男性)

大変だったことも、まわりの人の労う気持ちが伝わるだけで、とても嬉しく、また報われることもあるようですね。頑張った甲斐があったなと思われるような、素敵な労いの言葉をかけたいものですね。そして素晴らしい信頼関係を築いていきましょう。

モチベーションが上がった

モチベーションが上がった
「大学の卒論で徹夜続きで疲れきっていた時、彼女から労いの言葉をかけられただけで、一気にモチベーションが上がりました!」(22歳男性)

労いの言葉をかけられただけで、モチベーションまで上げてしまうのですから、労いの言葉が持つエネルギーはとっても大きなもののようですね。

目上の人を労うのは失礼?年下に労われ落ち込んだ

目上の人を労うのは失礼?年下に労われ落ち込んだ
「部下から労いの言葉をかけられた時、変なプライドが邪魔をして落ち込んでしまった。」(31歳男性)

「仕事で失敗続きな自分は、後輩に労う言葉をかけられても、劣等感が余計に増幅するだけで結構つらい。先輩に言われるならいいけど、後輩には言われたくない。正直そっとしておいてほしい。」(29歳男性)

本来であれば、相手に対して労いの気持ちを現す言葉であるのに、労いの言葉をかけられて、落ち込んでしまう人もなかにはいるようです。ではどのような場面で、そういったことがおきてしまうのでしょうか。

例えば、ミスした時に後輩に労いの言葉をかけられて、自分ってどうしようもないな、後輩の方がよっぽど頼りになるな、などと落ち込んでしまう人もいます。いくら労う気持ちがあっても、言葉の種類やタイミングには注意が必要です。

労う気持ちと労いの言葉が良い人間関係を作る

労う気持ちと労いの言葉が良い人間関係を作る
相手に対して労う気持ちを表現する労いの言葉。その言葉によって、モチベーションが上がったり、気持ちが軽くなったりすることもあるのですから、なによりもその想いを伝えることが最も大切です。

その言葉を伝えることは、時には少し照れくさいこともあるかもしれませんが、その労いの言葉をかけられた相手は、その言葉によってプラスの原動力を得ることもあります。

もしかしたら、貴方からの労いの言葉をずっと覚えていてくれる人もいるでしょう。そうなればとっても素敵ですね。

よりよい人間関係を築くためには、相手を想う心と言葉が必要不可欠です。できるだけ素敵な言葉かけをしていきたいものですね。

Related