Search

検索したいワードを入力してください

頭の回転が速い人の特徴|頭の回転を速くする方法も紹介!
2019年01月24日

頭の回転が速い人の特徴|頭の回転を速くする方法も紹介!

頭の回転が速い人は単に勉強ができる人とは違い魅力がありますよね。頭の回転が速い人になりたいという人は多いでしょう。頭の回転を速くする方法は以外に多く、簡単に実行できます。頭の回転が速い人の特徴や頭の回転を速くする方法についてまとめてみました。

頭の回転が速い人とは

頭の回転が速い人とは
頭の回転が速い人は勉強ができることも多いですが、勉強ができるのとは明らかに違います。学歴が低くても頭の回転が速い人は珍しくありませんし、仕事が速いなどいわゆるできる人が多いです。

頭の回転が速い人は好印象を持たれることが多いですが、嫌われてしまう場合もありますね。頭の回転が速い人の特徴などを見ていくと、頼りにされる人と嫌われる人の違いも見えてくるでしょう。

頭の回転が速い人を理解することは、頭の回転を速くする方法を理解することにも繋がります。頭の回転が速い人の特徴や頭の回転を速くするための方法をまとめてみました。

頭の回転が速い人の特徴

頭の回転が速い人の特徴
一言で頭の回転が速いと言っても色々な人がいますが、頭の回転が速い人には特徴があります。早口で話したり、理解が速いなど、頭の回転が速い人の特徴をまとめてみました。

早口

早口
頭の回転が速い人の特徴として早口の人が多いと言われています。頭の回転の速い人は、口にしている内容よりも先を考えていることがほとんどです。早く話を進めたいので、自然と早口になってしまうのでしょう。

ある程度ゆっくり話そうとしても自然に早口になってしまう人もいるようです。しかし、早口過ぎて周りがついてこられなくなることもあります。

会話の展開が速い

会話の展開が速い
頭の回転が速い人は早口でしゃべるだけでなく、会話の展開が非常に速いのも特徴の一つです。途中で会話の内容が切り替わってしまうわけではなく、どんどん話が完結して次の話に進んでしまいます。

頭の回転が速い人は次の会話を選ぶ選択肢も非常に多いため、普通の人は考えもしない方向に話が進むこともあります。面白い話をどんどん展開させて周りを楽しませる人もいますが、周りがついていけないのに話を先に進めてしまう人もいるようです。

会話の切り返しがうまい

会話が終わった後に、いい切り返しが頭に浮かんで後悔した経験はありませんか?頭の回転が速い人は会話で自然にうまい切り返しができるのも特徴です。

引退したお笑い芸人の島田紳助さんは、会話の中で常に10種類の切り返しを考えてその中から1番良いものを選んでいたそうです。普通の人間から見たら信じられない話ですね。ただ、島田紳助さんはかなり努力してこの能力を手に入れたことも分かっています。

説明がうまい

早口過ぎて何を言っているのか分からないことと矛盾するようですが、説明がうまいことも頭の回転が速い人の特徴として挙げられます。頭の回転が速い人は全体像を意識しながら物事を理解している人が多いです。

要点がどこなのかも理解しているため、相手にわかりやすく説明できるわけですね。池上彰さんは、まさに要点を説明することが得意な有名人の代表でしょう。相手のことを考えて説明しているとも言えます。

相手の言いたいことをすぐに理解してしまう

相手の言いたいことをすぐに理解してしまう
頭の回転が速い人の特徴として話すスピードが速いだけでなく、人の話を理解するのも早いです。頭の回転の速い人は、全体像や結論を予想しながら話を聞いています。そのため、途中で話の結論が分かってしまうことが多いです。

全体像を考えているため、情報が欠けた要領を得ない話を聞いても即座に理解してしまいます。凄い能力ですが相手が結論を言う前に言い当てたり、話を遮って嫌われたりすることも少なくありません。

すぐに話をまとめようとする

すぐに話をまとめようとする
頭の回転が速い人はすぐ話をまとめようとするのも特徴の1つです。頭の回転が速い人は話の結論がわかってしまいます。そのため、相手の話を最後まで聞こうとせずに、結論を自分で言って相手の話を終わらせてしまう場合があります。

頭の回転が速い人にとって分かり切った話を最後まで聞くのは、まどろっこしいのでしょう。仕方のない部分もありますが、相手の話を自分でまとめてしまうと反感を持たれることも多くなってしまいます。

常に理由を考える

常に理由を考える
頭の回転の速い人は分からないことがあると、なぜそうなるのか理由を考えます。これが自然に論理的な思考を身に着けることになり、好奇心や幅広い視点を持つことに繋がるわけです。

因果関係を考えているので、自然と問題の原因を見抜くことになり問題解決能力も高くなります。この思考の習慣が頭の回転を速くすることに繋がっています。

結論から考える

結論から考える
頭の回転が速い人は、問題を解決する場合結論から考えています。日本人は学生時代は正解の決まった問題を解いているため、大人になっても正解に縛られやすいです。

ところが、現実の世界の問題は決まった正解があるわけではなく、自分なりの結論を出して問題を解決するしなければなりません。完璧な正解を求めようとすると、必要な情報を集めることに非常に時間がかかります。

しかし、頭の回転が速い人は情報を集めることには時間をかけません。結論を最初に出して、問題を解決しようとします。そのため、問題を素早く解決できるのです。

多面的な物の見方をする

多面的な物の見方をする
人間はどうしても一面的に物をとらえがちですが、多面的に物事をとらえるのも頭の回転が速い人の特徴です。例えるなら、目的地に向かう際に普通の人は一つのルートしか考えないのに、頭の回転が速い人は無数のルートから最適な道を選んでいることになります。

単純に考えるスピードが速いわけではなく、複数の考えを持っているから頭の回転が速いとも言えるでしょう。人とは違う見方をしているため、思いもよらぬことに気づくことも珍しくありません。

決断が速い

決断が速い
頭の回転が速い人は決断が速いのも特徴です。もちろん決断に時間をかけることもありますが、即座に決断することが多いのは間違いありません。あまりに早いので、何も考えずに決めているようにも見えます。

しかし、頭の回転が速い人は考え無しに決断しているのではありません。一瞬で決めているように見えても、普通の人以上に考えて決めている場合もあります。頭の回転が速い人は常に何通りもの選択肢を選ぶ癖がついているので、検討した上で素早く決断しているのです。

視野が広い

視野が広い
頭の回転が速い人は情報を処理する速度が速いだけではなく、全体像を見通す広い視野を持っています。これは視野の広いサッカープレイヤーがグラウンド全体を意識しているイメージをするとわかりやすいでしょう。

頭の回転の速い人は視野が広いので、複数の作業を同時に行うことが得意です。これは同時に複数の作業を処理するというよりは、広い視野で複数の作業を一つの作業として処理しているのでしょう。

効率的に仕事をこなす

効率的に仕事をこなす
頭の回転が速い人は仕事のスピードも速いですが、単純に早いわけではなく効率的に仕事を行います。広い視野で仕事の全体像を意識することができるため、効率的な仕事ができるのでしょう。

好奇心旺盛

好奇心旺盛
好奇心旺盛なのも頭の回転が速い人の特徴です。常に多面的に考えることに慣れているため、興味を持つ対象が人よりも多いのでしょう。興味が幅広い分あらゆる情報を吸収し、知識を増やしていきます。そのため、流行にも敏感で新しいことにも挑戦していきます。

記憶力が高い

記憶力が高い
頭の回転が速い人は記憶力が高いのも特徴です。見たものをそのまま頭に焼き付けてしまうような特殊な記憶力を持つ人もいます。

新しい知識を記憶する場合、自分の知識と似た点を見つけて結び付けることで記憶するのが普通です。意識して似た面を見つけるようにすると、記憶しやすくなるのを実感できます。

頭の回転の速い人は多角的な視点で物を見ているので、新しい知識と自分の知識の類似点を見つけるのも得意としています。だから頭の回転が速い人は記憶力も高いです。

頭の回転が速い人が与える印象

 頭の回転が速い人が与える印象
頭の回転が速い人は周りの人たちからポジティブな印象を持たれることが多いですが、ネガティブな印象を持たれることもあります。単純で難しいポイントが、周囲に与える印象の分かれ目になるようです。頭の回転が速い人の印象に関してまとめてみました。

頭の回転が速い人が持たれるポジティブな印象

頭の回転が速い人が持たれるポジティブな印象
頭の回転が速い人は、トラブルを上手く解決するため周りから頼りにされます。また人の考えを読んで行動するため、気が利くという印象も与えることが多いです。ポジティブな印象を持たれる人は、周りのことを考えて行動していることが分かります。

頭の回転が速い人が持たれるネガティブな印象

頭の回転が速い人が持たれるネガティブな印象
頭の回転が速い人は付け入る隙がないほど論理的な主張をして、相手に反論もさせないことがあります。これでは、反感を持たれることが多いです。これは、話が速すぎて理解してもらえないのと同様に、相手の気持ちを考えようとしないことが原因でしょう。

頭の回転が速い人の印象がポジティブなものになるか、ネガティブなものになるのかは相手の気持ちを考えるかどうかにかかっています。

頭の回転を速くする方法

頭の回転を速くする方法
頭の回転が速い人の特徴を上げてきましたが、頭の回転を速くすることはできるのでしょうか?もちろん、生まれつき頭の回転が速い人はいますが、頭の回転の速さは考え方や習慣など後天的な要素もかなり大きいです。

ディベーターは頭の回転を速くするためにトレーニングを行い、実際に頭の回転を速くしています。島田紳助さんは頭の回転を速くするために、地道な作業を続けていました。頭の回転が速い人の行動や考え方を真似することで、頭の回転を速くすることもできます。

頭の回転を速くする方法についてまとめてみました。

要約する習慣を作る

要約する習慣を作る
頭の回転を速くするには文章を読んだ際に要約を書くことをオススメします。頭の回転の速い人はとにかく理解が速いですが、それは情報を整理してまとめるのが得意だからです。これは頭の中で常に要約する習慣がついていると言えます。

難しく考えてしまいそうですが、相手の話のポイントをまとめるのも要約の一種です。日記は自分の一日を要約することになるので、日記をつけるのもいいでしょう。頭の中だけで考えるのでは効果が薄いです。

頭の回転を速くするために、要約を実際に書くようにしましょう。慣れてくると頭の中だけで要約ができるようになります。要約が無意識でできるようになれば、確実に頭の回転を速くすることができますよ。

頭に浮かんだことを書き出す

頭の回転を速くするには自分が考えていることをアウトプットし、具体的にするのが効果的です。頭に浮かんだことをそのまま言葉にするのは難しいですよね。無意識のうちに膨大な思考が行われているのに、そのほとんどは無駄になっているという学説もあります。

赤羽雄二さんのゼロ秒思考では、一つのテーマで頭に浮かんだことを書き出していくメモ書を紹介しています。なんとなく頭に浮かんだことを具体的な言葉にすることは、確実に頭の回転を速くします。

頭の回転を速くするためには、ただ頭に浮かんだことを書き出すだけでなく制限時間を決めましょう。考えをアウトプットすることが重要なので、書き出す必要はありません。頭に浮かんだことを口に出して録音するだけでも効果はあります。手書きより早いので、録音の方が効果的かもしれません。

とにかく速く読むことを意識して音読する

とにかく早く読むことを意識して、音読をするのも頭の回転を速くする効果があります。

音読は脳トレとして紹介されることもありますが、頭の回転を速くする方法として紹介をされることは少ないです。しかし、高速音読は、ディベートの基礎トレーニングとして行われています。

ディベートはすごいスピードで議論を戦わせる競技で、頭の回転が速くなければ勝てません。上の動画はハーバードとカンザスのディベートです。英語ですが、驚くほど早口でディベートしていて衝撃的を受けるでしょう。

高速音読が頭の回転を速くするトレーニングとして信頼されていることがわかりますね。

無意識でできることを増やす

無意識でできることを増やす
無意識でできることを増やせば、頭の回転を速くすることができます。

複数のことを行うマルチタスクは、集中力を奪い作業効率を下げるとも言われています。しかし、キーボードをブラインドタッチで打つことも、当たり前のように複数のことを同時に行っていますよね。

初心者はかなり苦労してブラインドタッチを身につけますが、無意識できるようになれば集中力を下げずにキーボードを凄いスピードで打てます。これと同じように、一つ一つの作業を無意識化すれば、マルチタスクを楽にこなせるようになるのです。

これは思考も同様です。プロ棋士は定石を無意識にイメージできます。頭の回転を速くするには無意識でできることを増やすようにしましょう。

興味を持つものを増やす

頭の回転を速くするには、色々なものに興味を持つようにしましょう。頭の回転が速い人は、好奇心旺盛なことが多いです。

医学博士の加藤俊徳さんは脳を鍛える本を何冊も出版していますが、好奇心が衰えると脳は委縮し、逆に好奇心が脳の強化に大事だと書いています。

頭の回転を速くするには、常に好奇心を忘れないようにしましょう。

時間を意識して行動する

時間を意識して行動する
頭の回転を速くするには時間を意識して行動する習慣をつけることが大切です。単純に速い行動を心がけるのではなく、時間を図るなど数字化するようにしましょう。また、速く行動するだけでは、せっかちになるだけです。

短い時間内に考えて頭を使うようにしましょう。同じ作業を短時間でこなしても、考える量が減っては頭の回転を速くすることにはつながりません。思考そのものを速くすることを意識して行動しましょう。

オーディオブックなどの再生スピードを上げる

頭の回転を速くするには、音声や動画の再生スピードを上げるのも有効です。

最近は本の内容が読み上げられたオーディオブックが増えています。音声を聞くことで勉強するのは、移動中でも楽にできるので人気がありますね。

この音声の再生スピードを上げると時間を短縮できるだけでなく、頭の回転を速くすることができるでしょう。最近は動画の再生スピードを上げることもできるようになっており、YouTubeは2倍まで加速できます。

効果を疑問視する人もいますが、普通の会話がゆっくり聞こえるようになるので会話をしながら考える余裕ができます。このことだけでも、頭の回転を速くする効果があるのが分かるでしょう。英語のリスニングにも効果があります。

睡眠をしっかり取る

睡眠をしっかり取る
頭の回転を速くするには睡眠をしっかりとることも大切です。もちろんよく寝たからと言ってそれだけで、頭の回転を速くすることはできません。しかし、睡眠不足だと頭の回転が鈍くなるのを実感している人は多いでしょう。

睡眠不足は健康に悪いだけでなく、脳細胞を破壊するという研究もあります。これは極端な例ですが、非常に長い間徹夜を続けたラジオのDJが性格が変わり、攻撃的になったというエピソードもあるのです。

睡眠時間は個人差も大きいですが、一般的に7時間寝ないと睡眠不足になると言われています。ベストのパフォーマンスを発揮するために、自分にとって必要な睡眠時間を確保するようにしましょう。それが頭の回転を速くすることにもつながりますね。

下の記事は睡眠に詳しいのでぜひ読んでみてください。

常に複数の理由を考える

常に複数の理由を考える
頭の回転を速くするには、自分の考えの根拠を複数考える癖をつけましょう。欧米人は、自分の考えの根拠は3つあるということが多いです。

実際の根拠は3つとは限らず、話している間に根拠を考えているというのも有名な話ですが、これは馬鹿にできない習慣でしょう。

複数の理由を考える習慣をつけることは大切です。それが無意識でできるようになれば、多面的な思考が可能になります。世間で当たり前だと考えられていることに、別の見方がないか考えるのも多面的な思考の練習になりますよ。

軽い運動も大事

軽い運動も大事
頭の回転を速くするには、運動も大切です。軽い運動をすることは体の血流をよくしますが、脳への酸素供給量を高める効果があります。激しい運動は効果はなく、ウォーキングやジョギングなどあくまで軽い運動であることが大切です。

有名な学者の新しい発見や小説家のアイディアは、散歩中に生まれています。頭の回転を速くするために、軽い運動を習慣化するようにしましょう。

速読を身に着ける

速読を身に着ける
頭の回転を速くするには速読を身に着けることも効果的でしょう。速読術を学んだことはなくても、頭の回転が速い人は基本的に自己流の速読ができる人が多いです。速読は文字を目で追うスピードを速くするだけでもある程度できますし、本でも簡単に身に着けることができます。

問題なのは読むスピードを上げると、内容が頭に残らなくなってしまうことです。これを解消するためには、読むだけでは終わらせずに内容をアウトプットするようにしましょう。最初には無理でも読んだ内容を書き出すなり、人に話すことで実用的な速読になります。

速読して要約することで、更に頭の回転を速くすることができるでしょう。

自分のアイディアをノートにまとめる

自分のアイディアをノートにまとめる
頭の回転を速くするには自分のアイディアをメモなどに残しておきましょう。人間は誰でも思わぬ発見をしているものですが、形にしておかないとすぐに忘れてしまいます。書き留めたりボイスレコーダーに録音したりすることで、発見が記憶に残り、思考の幅が広がりますよ。

島田紳助さんは面白い切り返しが頭に浮かんだ場合は全て書き残していたそうです。この繰り返しが、瞬時に会話の切り返しが10個浮かぶ頭を作りました。おそらく書き出しただけでなく、無意識に引き出せるレベルにしていたのでしょう。

誰にでも島田紳助さんの真似ができるとは思えませんが、頭の回転を速くするために自分のアイディアは記録した方が良さそうですね。

常に理由を考える

常に理由を考える
頭の回転を速くするには常に理由や因果関係を考えるようにしましょう。分からないことがあるとその理由を考えるのは、頭の回転が速い人の特徴です。それが頭の回転を速くすることに繋がっているわけですから、意図的に行うことで頭の回転を速くすることもできます。

全く無関係のものの共通点を見つける

全く無関係のものの共通点を見つける
全く無関係のものの共通点を見つけることも、頭の回転を速くするトレーニングになります。なぜ?と考えることは論理的な理由を考えることです。

しかし、無関係のものの共通点を考えることは形や匂い、味、感触など様々な結びつきを生み出し思わぬインスピレーションを生み出します。

有機化学者として世界的に有名なアウグスト・ケクレがベンゼン環の構造を思いついたのは、図形的なアプローチでした。

最初はこじつけでも、共通点を見つけることを習慣化すると論理に縛られない思考回路が生まれ、頭の回転を速くすることができるでしょう。

例え話をする

例え話をする
頭の回転を速くするには、例え話をすることもトレーニングになります。例え話は相手にわかりやすく話の要点を伝えるために、身近なものに置き換えて話をすることです。

中々例え話を上手くするのは難しいですが、物事の本質を見抜いて類似点を見つける必要があります。どうすれば例え話がうまくできるようになるか考えることで、確実に頭の回転を速くすることができるでしょう。

優先順位を決めて行動する習慣を作る

優先順位を決めて行動する習慣を作る
頭の回転を速くするには、作業の優先順位を決めることが大切です。頭の回転が速い人は迷いなく行動しますが、それは自分の中で優先順位が明確だからでしょう。優先順位が決まっていないと迷ってしまい行動が遅くなります。

今日中にする仕事と一週間以内にする仕事のように、明確に優先順位があるものを書き出して整理してみましょう。優先順位を決めた通りに行動する習慣をつければ、迷いなく行動できるようになります。

頭の回転が速い人エピソード

頭の回転が速い人エピソード
ここからは頭の回転が速い人のエピソードをご紹介します。頭の回転が速い人が持たれやすい印象についてもまとめてみました。

頭の回転が速い人エピソード①

高級ケーキ屋に、記念日なので、
仕事帰りに汚れた服装で入った時、

瞬時に、かわいい店員さんが、
切れたロールケーキを出してきた。

客の希望金額を、入店前から、
的確に見抜いたのに驚いた。

出典: https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10022369.html |
ケーキ屋に入ったら、即座に目当ての品物が差し出されたという驚きのエピソードです。店員さんがどうやって希望を見抜いたのか分からないのが残念ですが、頭の回転が速くなければできないことでしょう。

頭の回転が速い人エピソード②

頭の回転が速い人エピソード②

大企業で大ホールでやるような全体集会で、役員だか、社長だかなんだかが、「全社員ともこのような日報を一日5分でも書くようにしたいのですが、ご協力ください。」という話をしていました。
すると、人のいいおっさん風に見える部長が質疑応答の時間に挙手し、述べました。
「それを書く時間が5分間だったとしてもその5分を時間給にすると、20代社員から50代社員をおおよそ平均して○百○十○円で全社員○千○百○○名とすると一日当たり27万○千○○円となります。年間260日とすると7101万2497円の損ではないでしょうか!」という感じで瞬間で8桁の数字を暗算して抗議していました。
その人は普段から話が早くできる人でした。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
身近にいた天才という感じのエピソードです。日報を書く時間と時間給、社員の人数から一日の賃金から年間いくらかかるかまで、計算しています。概算ではなく一桁まで計算しているところがすごいです。

ここまで、具体的に言われると説得力が段違いと言えるでしょう。部長さんの頭の回転が速いことがよく分かります。ただ、少し説得力が強すぎます。

この部長さんが普段どんな人なのかはわかりません。しかし、あまり論理的で説得力のある主張を持ちだすと、相手に反感を待たれてしまいますね。

頭の回転が速い人エピソード③

頭の回転が速い人エピソード③
「レジで待っている時合計金額を聞く前にお釣りのことを考えて、お金を用意している人を見ると頭の回転の速い人が速いなと感心します。トラブルがあっても、レジ打ちの人がテキパキ対応するのを見ても頭の回転の速いと思いますね。」(28歳女性)
レジで会計しているとちょっとしたトラブルで、流れが停滞してイライラした経験がある人は多いでしょう。だからこそ、素早く対応する人を見ると頭の回転の速いという印象が強くなりますね。

頭の回転が速い人エピソード④

頭の回転が速い人エピソード④
「職場の先輩で非常にコミュニケーション能力が高く、頭の回転の速い人がいます。要領を得ない説明でも、その先輩はすぐに理解してしまいます。すごいと思うのは説明するときの言葉の使い方です。

相手に合わせて使う言葉を変えて話しているのですが、先輩が話すと相手の人は簡単に理解してしまいます。まるで、相手の頭の中が見えているようなコミュニケーション能力は、とても真似できません。」(24歳男性)
考えを一瞬で理解したり相手に合わせて分かりやすい言葉を使えるのは、頭の回転が速くなければできませんね。この先輩は単純に頭の回転が速いだけでなく、相手の気持ちを考えているからここまでコミュニケーション能力が高いのでしょう。

頭の回転が速い人エピソード⑤

頭の回転が速い人エピソード⑤
「私の父は、頭の回転の速い人でした。相手の考えを言い当てることが多く、何かあった時の切り返しがとてもうまかったのを覚えています。家庭教師の勧誘の電話がかかってきた時は、即座に自分は学校の校長だから勉強は自分で教えていると言って断りました。

煽り運転に遭った時は、自動車電話で通報したと言ったこともあります。携帯電話がない時代なので、父は自動車電話で通報したと言ったのです。相手は即座に逃げていきました。実際は自動車電話などありませんでした。」(30代男性)
いざという時に状況を変えるような言葉はなかなか出てきません。咄嗟の機転が利くのもまさに頭の回転の速さですね。

頭の回転の速さを活かせるかは性格次第

頭の回転の速さを活かせるかは性格次第
頭の回転の速い人の特徴や頭の回転を速くする方法、頭の回転の速い人のエピソードなどについてまとめてみました。

頭の回転が速い人に憧れることは多いでしょう。しかし、周りに合わせようとしなかったり、強引に行動すると嫌われてしまうことが分かります。周りの人のために、頭の回転の速さを活かせる人だからこそ頼りにされるのでしょう。

頭の回転を速くする方法を継続すれば、頭の回転を速くすることは可能です。しかし、頭の回転を速くしても、周りに嫌われては元も子もありません。頭の回転が速くなったのなら、より一層周囲の人のことを考えることが大切ですね。

下の記事も参考になりますよ

Related