Search

検索したいワードを入力してください

「頭が良くなりたい!」誰でもできる頭が良くなる勉強方法を紹介!
2019年02月03日

「頭が良くなりたい!」誰でもできる頭が良くなる勉強方法を紹介!

頭が良い人になりたい!と誰しも思うことがあるでしょう。しかし、頭を良くするにはどうしたら良いか悩みますよね。そこで、効率よく頭が良くなる勉強法や、頭が良くなる食べ物などを調べてみました。どれも簡単な方法なので、ぜひ試してみてください!

頭が良くなる方法なんて本当にあるの?

頭が良くなる方法なんて本当にあるの?
皆さんは頭が良くなる方法を知ってますか?たくさん勉強をやれば確かに勉強すれば知識が付いて頭が良くなります。しかし、がむしゃらに勉強するのでは効率が良いとは言えませんね。

この記事では頭が良くなる方法の基本から食べ物などをご紹介しますが、とくに必勝編は必見です!頭が良い人が行う勉強法は学ぶものが多数あります。ぜひ頭が良くなる方法を試し、これからの人生へ活かしていきましょう!

頭が良くなる方法《基本編》

頭が良くなる方法《基本編》
まず、基本的な頭が良くなる方法をご紹介します。

誰でも聞いたことがある簡単な勉強法なので今すぐにでも実行できます。ぜひ試してみましょう!

為になる本を読む

まず、頭が良くなるためには大量の知識が必要です。しかし、多くの知識を得るのはとても大変そうに感じますよね。そこで、効率よく知識を得る勉強法は本を読むことです。

本を読むということは、ただ知識が身に付くだけではありません。自分の興味のある内容のものだと、自然と本の内容が頭の中に記憶されていませんか?

自分にとって為になる本を読むと、自然と脳が内容を記憶して知識が身に付きます。勉強法として本を読むのではなく、楽しんで本を読むことが重要です。自分の興味がある本を楽しんで読むことが頭が良くなる方法です。

頭が良くなる本を厳選して紹介!

本を読む本

本を読むことが頭が良くなる方法とご紹介しました。しかし、「本を読めって言われても何を読めばいいかわからない」と言う人は多いですよね。そんな方に読んでほしいのが、「本を読む本」です。

この本は「どのように本を読んでいけばいいのか」という、読書の仕方について記述されています。この本を読むと、今までなんとなく好きな本を好きなように読んでいた人は、本の読み方を考えさせられます。

この本を読んでから別の本を読むと、効率よく知識をインプットでき勉強法も変わるでしょう。

倫理力を鍛えるトレーニングブック

論理的に考えるって意識したことはありますか?倫理的に物事を考えることが頭が良くなる方法です。

人間は論理的に物事を考えるのが苦手です。この本は、「論理的とは何か」という基本的なことから「論理的に考えるということ」をわかりやすく伝えてくれます。

論理力を鍛える基礎的なことを学ぶためにもオススメできる1冊なので、頭が良くなる方法を試す方にはぜひ読んでいただきたいです。

脳が冴える15の習慣記憶・集中・思考力を高める

記憶・集中・思考力を高める勉強法と聞くと、脳トレをイメージしますね。頭が良くなる方法として、クイズやパズルなどをイメージする人が多いです。

この本は日常でできる習慣を見直し、脳の衰えを防ぐ勉強法です。例えば、「朝はきちんと起きて生活のリズムをつかむ」「整理整頓(机の整理は優秀な上司を持つことと同じ)」など、すぐに実行できるような頭が良くなる方法が多く書かれています。

生活習慣を整えることが、もっとも簡単に脳を鍛えられて頭が良くなる方法ということが理解できます。

マキアヴェッリ語録

ニッコロ・マキャヴェッリ(イタリア語: Niccolò Machiavelli, 1469年5月3日 - 1527年6月21日)は、イタリア、ルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国の外交官。

著書に『君主論』[1]、『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考(ディスコルシ)』、『戦術論』がある。理想主義的な思想の強いルネサンス期に、政治は宗教・道徳から切り離して考えるべきであるという現実主義的な政治理論を創始した。日本語では「マキャヴェリ」「マキャベリ」「マキァヴェリ」「マキァヴェッリ」など様々な表記が見られる。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B3... |
「ニッコロ・マキアヴェッリ」という人物をご存知ですか?ルネサンス期の政治思想家でフィレンツェ共和国の外交官でした。

彼は徹底した「現実主義」で、人道主義や理想主義といった感情に左右されるような対応や目的を廃た人です。

マキアヴェッリの思想には、現代社会の会社経営や人生において必要な教訓があります。ビジネスや現代の政治に応用できる言葉や思想が書いてあるので、ビジネスに興味がある人や会社経営をしている人にオススメです。

常に「なぜ?」を考える

常に「なぜ?」を考える
現代はインターネットが普及して、わからない事はパソコンやスマホですぐに調べることができます。そのため、「なぜ?」と疑問を持ち、「考える」機会が少なくなりました。しかし、「考える」ことは脳を鍛え、頭が良くなる方法です。

積極的に考えて疑問を持ったら人に質問をしてみましょう。日本人は「わからないことは恥ずかしいこと」という考え方が強いので、質問することは苦手かもしれません。でも、人から答えを聞くことで頭の中に答えが入りやすくなります。

また、たくさんの人に聞けば十人十色の答えが聞けてさまざまな考え方を知ることができます。多くの意見を取り入れることも、頭が良くなる方法です。疑問を持って人に聞くということを意識して実行していくと、論理的思考が身に付きます。

聞いたことはアウトプットする

聞いたことはアウトプットする
上記で「なぜ?」と感じたら人に聞くと良いと書きましたが、自分から人にアウトプットすることも、頭が良くなる方法です。

自分から「覚えた知識」「教訓」を声に出して伝えるということは、ただ黙々とインプットするより覚えやすいです。声に出すと耳からも情報が入り、記憶に残りやすくなりますし、伝えるということは自分でも再確認できます。

アウトプットは覚えた知識を記憶するのにとても重要な勉強法です。

新しいことに興味を持つ

新しいことに興味を持つ
あなたは最近何か新しいことを調べたり、新しいことを始めたりしましたか?今までやったことのない新しいことに興味を持つということは、脳の活性化に繋がる勉強法です。

新しいことを始める時は、必要な物やどのように行えば良いのか調べたり聞いたりしますね。「調べる」「聞く」というのは、脳が活性化されるので頭が良くなる方法の1つです。

流行のものや最先端のものでなくてもいいのです。例えば、「英会話に興味があるからやってみよう」など、自分の経験したことがないものにチャレンジしてみませんか?

言語を学ぶ

言語を学ぶ
頭が良くなる方法として、新しい言語を学ぶということは、言葉の幅が広がる勉強法というだけではなく、知らなかった文化や考え方を知ることができます。

英語やフランス語、中国語など様々な言語がありますね。どの言語も、日本語に訳す時にどのように訳せばいいのかわからない言葉やフレーズが出てくるでしょう。

訳し方を考えるだけでも思考力を刺激し、脳が活性化されます。

休憩も頭が良くなる方法の1つ

休憩も頭が良くなる方法の1つ
様々な勉強法を試したら、学んだことを脳が処理するために、何もしない時間を作ることも大切な頭を良くする方法です。

脳を刺激から休ませることで、学んだことを脳が処理する空間を作ります。なので、毎日勉強することも大切ですが、30分でも1時間でもいいので休憩を挟むことが効率よく頭を良くする方法と言えます。

頭が良くなる方法《食事編》

頭が良くなる方法《食事編》
勉強法を行う以外にも、食べることも重要な頭が良くなる方法です。

食物には、頭が良くなるために必要な栄養素が入っています。勉強法にプラスして食事からも頭が良くなる栄養素を摂取して勉強の効率を上げましょう。

では、どのような栄養素が、頭が良くなるために必要かご紹介いたします。

DHAの豊富な食材

DHAの豊富な食材
DHAという言葉は聞いたことがありますね。勉強法以外で頭が良くなる方法の1つとして有名です。DHA(ドコサヘキサエン酸)は、いわしやマグロなどの脂の多い青魚に多く含まれています。体内で生成できない必須脂肪酸です。

このDHAは、脳の海馬という部分に存在しており、記憶力や伝達力に関係しています。シナプスという伝達経路の流れをスムーズにしてくれているのです。

DHAは体内で作り出すことが出来ないので、加齢とともに減少してしまいますが、食事から摂取することで神経の伝達スピードがアップして頭の回転が速くなります

実際に、国立大学に合格した子供の母親の約半数近くが、頭が良くなる方法として意識して魚を食べさせていたそうです。DHAは学んだことを記憶したり伝達するために必要な栄養素なのです。

国公立大学在学の子どもと同居の母親に、子どもの受験期に意識して食べさせていた食材について聞いたところ、1位 根菜(54.4%)、2位 葉物野菜(51.5%)、3位 乳製品(48.5%)、4位 豚肉(47.6%)、5位 魚(46.6%)という結果になりました。
 DHAの摂取が可能な食材である魚を食べさせていたと回答した人は、46.6%と約半数にのぼりました。

出典: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000024201.html |

ブドウ糖

「ブドウ糖」も頭が良くなる方法の重要な食材であることはご存知でしたか?

ご飯や麺類などの炭水化物が体内で分解されるとブドウ糖になります。ブドウ糖は、脳のエネルギー源として必要不可欠な栄養素で、不足すると思考力が低下したりイライラしやすくなります。

朝ご飯をしっかり食べることは大切だと小学校などで習いますよね。1日の始まりにしっかりとブドウ糖を摂取することで、脳が活性化して効率よく仕事や勉強ができます。

眼鏡ブランドで有名な「JINS」が行った働き方改革の1つとしてラムネでブドウ糖を摂取の実験したところ、集中力が非常に高い数値を示したそうです。

朝はあまり食べられないという人は、バナナなどのフルーツやチョコレートなどで良いので、しっかりとブドウ糖を摂取しましょう。

「どうすれば集中力が高まるのかいろんなパターンを検証していたある日、仕事中に何気なく食べていたラムネに『ブドウ糖90%』と書かれてあった。以前からブドウ糖が集中力にいいと聞いていたので、数値を測ったところ非常に高い数値を示した」

出典: https://r25.jp/article/502014206977335571 |

レシチン

レシチン
食材から頭が良くなる方法に「レシチン」は欠かせません。レシチンとは、大豆に多く含まれる成分です。レシチンはアセチルコリンというものに脳内で変化します。これは、神経伝達物質の一つで記憶力や集中力のアップに欠かせません。

医学的な根拠は証明されていませんが、アメリカでは幼少のころから毎日納豆を欠かさずに食べていた子供が飛び級で大学に合格したという報告があります。豆腐や納豆などで毎日の食事で上手に摂取したいですね。

ビタミンB1

ビタミンB1
「ビタミンB1」は豚肉や大豆製品、玄米や胚芽米などに多く含まれています。摂取したブドウ糖を代謝してエネルギーに変換する役割があります。ブドウ糖を代謝して分解し、脳に不足しているエネルギーを供給し、脳の疲労を回復・防止する役割があります。

ビタミンB1が不足するとイライラしたり、疲れやすかったり、集中力が低下してしまうので勉強には必要な栄養素と言えます。

ビタミンB1のとれる”頭脳パン”

伊藤パンから販売されている、「頭脳パン」をご存知ですか?頭が良くなる方法として知っている方もいるでしょう。

ビタミンB1を豊富に含んだ「頭脳パン」というパンのことです。受験の時は毎日このパンを食べていたという中学生、高校生も多いのではないでしょうか。

頭脳パンを食べるだけで頭が良くなるというわけではありませんが、ビタミンB1で効率よく勉強するための手助けをしてくれます。

頭が良くなる方法と言えるかわかりませんが、ユニークな勉強法の1つとして試してみる価値はあります。

ビタミンB12

ビタミンB12
「ビタミンB12」は、血中のヘモグロビンの合成に関わっています。なので鉄分とともに摂取しましょう。また、ビタミンB12は神経細胞内の核酸などの合成や修復にも関わっています。

脳の働きなどに関係があるため、ビタミンB12が不足すると全身がだるくなったり、眠くなったりしてしまいます。他にも痺れや手足の痛みなど、神経症状が出ることもあります。

なお、ビタミンB12は、身体に蓄えておけず、過剰に摂取したものは排出されます。ですのでビタミンB12が不足しないように、魚やチーズなどの動物性食品からしっかり摂取しましょう。

鉄分

鉄分
「鉄分」が不足すると、貧血の原因になります。貧血になると頭が働かず、ぼーっとしてしまいますね。これでは、せっかくいろいろな勉強法を試しても覚えられません。

勉強に集中するためにも、貧血にならないようにしっかりと鉄分を摂るように意識しましょう。

鉄分の多い食材は、赤身の肉や魚、アサリにも多く含まれています。小松菜やほうれん草などの野菜にも含まれていますが、植物性の鉄分より動物性のほうが吸収力が良いのでオススメです。

頭が良くなる方法《必勝編》

頭が良くなる方法《必勝編》
頭が良い人は、効率よく頭が良くなる勉強法を知っています。頭が良い人が実践している必勝法をご紹介します。頭が良い人が実践している勉強法を参考にすれば、あなたも天才になれるかも?

目から鱗の頭が良くなる方法は必見です。

多読・速読で脳を活性化させる

多読・速読で脳を活性化させる
「多読」や「速読」と言った本の読み方をご存知ですか?文字の通り「本をたくさん読む」、「本を早く読む」ことです。「多読」や「速読」は頭が良くなる方法だと言われる理由には、効率の良い勉強法に大きく関係するものがあります。

「速読」ができるようになれば、短時間でたくさんの本が読めるようになります。短時間で効率よく知識が増やせるようになるのです。さらに、速く本を読み、理解することは脳の処理スピードを鍛える勉強法なのです。

そして速読ができればより多く本が読めるので「多読」ができますね。たくさんの本を早く読むことは頭が良くなる方法です。

しかし、「いきなり速読をしろ」と言われても難しいですよね。そこで、読むスピードを鍛える簡単な方法をご紹介します。誰でもできるので、試してみてください。

速読法①まずは目次に目を通す

目次は、本の内容や構成が一目でわかるようになっています。中には構成など無いものもありますが、どのようなことが書かれているかはわかるようになっているはずです。まずは本の概要を理解しましょう。

速読法②パラパラ漫画を見るようにパラパラめくる

右脳を鍛えるために有名なフラッシュカードをご存知ですか?最近、幼児教育などに取り入れられてきている勉強法で、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

パラパラ漫画のように速いスピードで変わる絵を見て、脳の潜在能力を鍛える勉強法です。お子さま向けの頭が良くなる方法のようですが、大人の脳トレとしても動画を参考に取り入れてみましょう。
このフラッシュカードの要領で、本のページをパラパラとめくっていきます。この時、「文字を読もうとしない」でください。文字が読めなくても、無意識に本の情報が何かしら入ってくるはずです。

速読法③速度を落としてパラパラする

パラパラ漫画のように読むのが終わったら、少し速度を落として読みましょう。イメージは雑誌の立ち読みなど、おおまかな内容を把握するくらいのスピードです。

全ての文字が読めなくても、見出しや気になる文章に目が留まります。無意識に気になる文章を目で「見る」ことが大切です。

速読法④10分くらいで本を読むように意識して読む

本の厚さにもよりますが、5~20分くらいで本を読み終えるように読みます。

文章の意味がわからなくても、行を飛ばしてもかまいません。内容が理解できなくてもとにかく早く読むように意識して読みましょう。本に目を通すことが大切です。

速読法⑤時間を計って読む

一通り本に目が通せたら、いつも通り普通に読みましょう。

しかし、時間を計って速く読むことは意識してください。最初はなかなか速く読めないかもしれませんが、時間を意識して読んでいくことでだんだんと読むスピードが速くなるはずです。

①~⑤を繰り返していくことで、速く読む力を鍛えることが出来ます。頭が良くなる方法として速読をマスターすると、読める本の量が増えて知識の幅が広がります。

自分と不釣り合いな人とつるむ

自分と不釣り合いな人とつるむ
人は自然と自分の周りには、自分と似たような性格の人が多く集まります。考え方が似ている人といると、居心地が良いですよね。

しかし、頭が良くなる方法として、たまには自分と不釣り合いな人とつるんでみると、頭が良くなるための刺激になります。

自分には無い考え方や、行動、対応をするので自分では思いもよらなかった発見があります。また、「なぜこの人はこうしたのか」と考えたり聞いたりすることで脳が活性化されますし、柔軟性が鍛えられますね。

自分の知っている世界だけでなく、いろいろな性格の人とつるむことで視野が広がります。視野を広げるために、基本的な勉強法以外にも周囲の環境を変えてみることも重要です。

運動をする

運動をする
実は運動は頭が良くなる方法ってご存知ですか?運動と聞くとダイエットや健康促進のイメージですが、勉強法の能率をアップさせる役目もあるんです。

運動をすると、集中力と記憶力がアップしたり認知能力のアップ、ストレス解消などの効果があるという研究結果があります。

軽い運動をしてから3~4時間以内が最も集中力が上がると言われているので、勉強前にストレッチやヨガなどを行うと効率が良くなります。

就寝前は1日を振り返る

寝る前に、その日1日の出来事を振り返る癖をつけましょう。朝ご飯は何を食べたか、何時に出かけて何をしたかなど、思い出せないこともあるかもしれません。1日の出来事を思い出そうとすることで記憶力を鍛えることが出来ます。

また、何かミスをしたり後悔があれば、その日のうちに振り返り、同じことを繰り返さないように反省することも賢さにつながります。

頭が良くなる本の読み方

頭が良くなる本の読み方
頭が良くなるためには、本を読むことがとても良い勉強法とご紹介してきました。

「速読・多読」が良いと書きましたが、普通に読む時も効率よく読む方法があります。効率よく読んで知識をたくさん吸収しましょう。

目的をもって本を読む

頭が良くなる方法として、まず本を読むときは目的をもって本を読みましょう。自分は「自己啓発のため」「内容を楽しむ」「英語を学びたい」など、本を読む目的をハッキリさせて読み始めましょう。

目的をもって意識しながら読むと、内容の理解力が高まります。

章ごとに簡単な要約を書く

章ごとに要約を書くことで、自分がどのように内容を理解しているか理解度を客観的に見ることが出来ます。

また、要約を考えて書き出すことは、わかりやすい文章を相手に伝える技術も上がります。わかりやすく周囲に教える能力も頭の良い人の特徴なので重要です。

分からない単語は辞書ですぐにひく

辞書で調べることは大切な勉強法だと学生時代に教わりましたね。本を読んでいくと、分からない単語が出てくる時があるでしょう。調べずにそのままにしてしまっていませんか?

分からない単語は、その場で辞書ですぐに引くのも頭が良くなる方法です。本を読み終わった後に調べてもいいのですが、忘れてしまったり、前後の文との繋がりを理解できるようにすぐに調べるほうがオススメです。

ポストイットを残す

ポストイットを残す
本を読んでいて、疑問や感想が浮かんだら「ポストイット」を積極的に使用しましょう。

ポストイットに疑問や感想を書いて、そのページに貼ります。ポストイットに残すことで、読み終えてから自分の気持ちや疑問を整理できますし、振り返って調べることができます。

また、解決した疑問ははがしたり、貼り直したりできるのでポストイットがオススメです。ポストイットを積極的に使って、自分がどのように疑問や感想をもって本を読んでいるのか振り返って整理する癖をつけましょう。

自分の疑問や感想を振り返ることも、頭が良くなる方法です。

関連付けをする

本を読んでいる時に、内容を自分の知っていることや経験と関連付けのも頭が良くなる方法です。

自分に置き換えて読み進めていくと、内容が覚えやすいですよね。そして、自分に置き換えることで内容の整理もできますし、アウトプットがスムーズに行えます。

頭が良くなる勉強法

頭が良くなる勉強法
ここまで様々な勉強法を紹介してきました。頭が良くなる方法は、実は簡単に実行できるものが多いですね。では最後に、効率の良い具体的な勉強法をご紹介します。

勉強法①暗記ものは寝る前に

勉強法①暗記ものは寝る前に
睡眠は、実はとても重要な勉強法なんです。人は寝ている時、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返して寝ています。

レム睡眠の時、脳は海馬に記憶を定着させ、ノンレム睡眠の時に記憶を結合させています。眠ることで記憶を定着していくので、暗記する場合は寝る前に行うのがベストです。

さらに、睡眠時間が短いと、記憶が定着されない可能性があります。最低でも6時間は眠るようにしてください。睡眠時間を削って勉強するのは、実は効率が悪いです。

勉強法②勉強する時間を区切る

勉強法②勉強する時間を区切る
勉強は、「1時間ごと」「2時間ごと」など、時間を区切ることを意識してください。

区切りをつけることで、脳の回転が上がり効率よく勉強を進めることができます。ダラダラ同じ教科を繰り返すよりメリハリをつけることが大切です。

勉強法③繰り返し読む

勉強法③繰り返し読む
教科書や参考書は、わからなくても繰り返し何度も読みましょう。内容が理解できなくても、立ち止まらずに何度も何度も読みます。2回3回4回と何度も繰り返すことで、人間の脳は内容を覚えて理解していくのです。

わからなくても、あきらめずに何度も読むことを繰り返しましょう。繰り返すことも、内容を覚えるために重要な勉強法です。

勉強法④音読をする

声に出して読むことは、紙に書くだけよりも記憶に残りやすいです。小学生のころ、九九は音読で覚えましたよね。

また、勉強のやる気が出ないときも、とりあえず声に出して参考書などを読むことで脳が刺激されだんだんとやる気が出てきます。音読は、記憶力もアップしてやる気も出てくる効果的な勉強法です。

勉強法⑤内容を録音して聴く

勉強法⑤内容を録音して聴く
教科書や参考書の内容を、録音して勉強すると覚えやすくて効果的です。例えばスピードラーニングは聞き流す勉強法として有名ですね。文字を読んで覚えるより、耳で聴いて覚えるほうが記憶に残りやすいのです。

さらに、録音しておけば通勤時や家事の合間など、スキマ時間に聴くことが出来ますし、ノートを開かなくても勉強できるのでオススメの勉強法です。

勉強法⑥勉強する場所を考える

普段、勉強する場所はどこですか?静かな自室と言う人が多いかもしれませんね。しかし、たまには勉強する場所を変えてみるのも集中力を鍛える勉強法です。

家族の集まるリビングや喫茶店など、人の目がある場所だと「人に見られている」という意識が出て必然的に勉強に集中できます。意外にも見られているという意識は頭が良くなる方法なのです。

転職を考えている方など、仕事について参考になる次の記事も合わせてご覧ください。

自分に合った勉強法で脳を鍛えよう

自分に合った勉強法で脳を鍛えよう
学生だけでなく、大人になってからも勉強をする機会があったり自己啓発のために頭を良くしたいと思うことがありますよね。様々な勉強法がありますが、どれも今すぐにでも実践できる簡単なものばかりです。

大人になって勉強する時間がない人も、通勤時間に本を読んだり、参考書の録音を家事をしながら聴くことができます。脳を鍛えるということは難しいことではないのです。

1日や2日で急に頭が良くなるわけではありません。毎日コツコツ続けることが大切ですので、自分のペースで出来ることから始めてみてくださいね。

頭がよくなる方法については下の記事もぜひ参考にしてみてください。

Related