Search

検索したいワードを入力してください

【完全版】変わった仕事・面白い職業ランキング20を大紹介!
2018年12月30日

【完全版】変わった仕事・面白い職業ランキング20を大紹介!

世界には、私の知らないあっと驚くような文化や職業があります。こんなことまで職業になってしまうの?というような変わった仕事から、リスクの高い危険な仕事まで、その収入やジャンルは様々。今回はその世界の変わった仕事・面白い仕事をランキング形式で詳しくご紹介します!

世界には変わった仕事・面白い仕事がたくさんある?

世界には変わった仕事・面白い仕事がたくさんある?
「今の職業にも飽きてきたし、そろそろ転職しようかな…」なんてお考えのあなたにお届けしたいことがあります。世界には、「え?こんなことでお金が稼げるの?」という変わった仕事や、面白い仕事がいっぱいあるんです。

ここでご紹介する変わった仕事か面白い職業が、もしかしたら将来の自分の職業になるかもしれません。

まだ知られていないものから珍しいもの、中には危険なものまで世界中の変わった仕事・面白い仕事をランキング形式でご紹介していきます!

変わった仕事・面白い仕事ランキングTOP5

変わった仕事・面白い仕事ランキングTOP5
世界では「こんなことも仕事になってしまうの?」という驚きの変わった仕事・面白い仕事がたくさんあります。

新しい職業を探している人や、他の人とは違うまだ知られていない変わった面白い仕事をしたい人はぜひ参考にしてください。

自分の将来の仕事になるかもしれない?そんな世界の変わった仕事や面白い仕事のTOP5をご紹介していきます!

第5位:フルタイムNetflix視聴者

第5位:フルタイムNetflix視聴者
映画好き・ドラマ好きにはまさに夢の職業がこちら。あの有名なNetflixが実際に募集した職業、それは「フルタイムでNetflixを見る」という面白い仕事です。

この仕事は「Tggers」と呼ばれる職業で、今後新しくNetflixに掲載される映画やドラマシリーズなどを全部見て、詳しくカテゴリー分けをするというもの。

Netflixに出てくる、”あなたにオススメの映画”などのマッチの確率があんなに正確なのも、このTggersの人たちが今後登場する映画やドラマを全てチェックして、細かく正確にカテゴリー分けしてくれているおかげなんです。

休みの日は一日中家で映画やドラマを見るのが好きな人や、Netflix中毒な人には、まさにぴったりの、夢のような面白い仕事です。

第4位:プロの添い寝師

第4位:プロの添い寝師
日本にも耳かき屋、添い寝専門店など、一風変わった仕事はいろいろありますが、この「添い寝師」はもともとはアメリカ発祥の職業。

ストレスに悩まされる人や、人の愛情を感じたい人、添い寝されることで安心感を得たい人など、様々な人がこの添い寝師を雇って、添い寝をしてもらいます。

お値段やサービスも様々で、プロの添い寝師は平均的に1時間約$80(約8800円)ほどチャージする人が多いそうです。

人に癒しを与えて、ストレスを軽減してあげる、まさにヒーラーのような、普通の職業では味わえない感覚の変わった仕事。人に尽くすのが好きな人や、接客業が得意な人、人を癒したいという人にはぴったりの、世界の面白い仕事です。

第3位:ゲテモノ試食人

第3位:ゲテモノ試食人
こちらの職業はとても珍しい職業ですが「無理な人には絶対無理!」的な内容です。それはゴキブリやコオロギ、幼虫などの「ゲテモノを毒味・試食する」というとても変わった仕事なんです。

でも一体何のためにこんなゲテモノを試食する職業があるのかと言うと、テレビなどのバラエティ番組でよくある、虫を食べるなどの罰ゲームやイタズラを、誰もが一度は目にしたことがあると思います。

このゲテモノを出演者の人が食べる前に、本当に安全なのか、毒などはなく安心して食べられるのかなど、その安全性をチェックするというもの。

リスクもある上に特殊なとても変わった仕事内容のため、アメリカでは実際にこの仕事は1日約$800(約88000)となかなかの高収入な面白い仕事の一つです。

第2位:犬の息を嗅ぐ職業

第2位:犬の息を嗅ぐ職業
この「犬の息を嗅ぐ職業」というのは、もともとは人間の息を嗅いで、ガムや歯磨き粉、マウスウォッシュなどいろいろな製品や洗い方の効果をレポートする、という職業の犬バージョンです。

今やペットを飼っている人がほとんどというような国もあるように、世界中で愛犬家の求めるような製品などの開発が必要となっています。

その中でも、犬の口臭の匂いが気になる飼い主などの悩みに向けて、犬の歯磨きやガムなどの製品の効果や品質チェックのためにあるのが、この犬の息を嗅ぐという変わった仕事なんです。

犬の息を嗅いでお金が稼げるなんて、かなり特殊なジャンルの職業になりますが、犬好きの人には楽しみながらできる、ちょっと面白い仕事になるかもしれません。

第1位:電気ショックギバー

第1位:電気ショックギバー
今メキシコで流行っている変わった仕事がこちら。バーやクラブなどに行って、酔っ払った人たちに電気ショックを与えるという「電気ショックギバー」という職業があります。斬新で面白い仕事ですが日本では知られていないですよね。

これは現地では「Toques」と呼ばれる職業で、電気ショックを与える機械を持ち歩き、飲んでいるグループの人たちの元を周り、ゲーム感覚で人を感電させるという、ちょっと変わった仕事。

最高120Vまで上げて感電することもあるというこのToquesの職業は、感電させられた人なども酔っ払っていることもあり、パーティの盛り上げ役のような感じで、メキシコでは人気になっています。

たとえ酔っ払っているからと言っても、お金を払って感電させられるなんて、日本ではなかなかありえない、陽気で明るい国民性のメキシコならではのとても面白い仕事です。

まだまだある!変わった仕事・面白い仕事

まだまだある!変わった仕事・面白い仕事
なかなか衝撃的な変わった仕事・面白い仕事は世界にはありますが、まだまだこんなもんじゃありません。まだ知られていない世界の面白い仕事をどんどんご紹介していきます。

ひよこ鑑定士

ひよこ鑑定士
日本ではそこそこ有名な「ひよこ鑑定士」も世界の変わった仕事・面白い仕事の一つです。そのひよこ鑑定士の仕事の内容は、ひよこの肛門や羽の形色などからオスとメスを見分けて仕分けするというもの。

鶏肉として育てられるオスと、卵を産むメスは、そのエサの与え方が違うため、それを仕分けるとても重要な職業でもあります。ひよこ鑑定士は、そのひよこの仕分ける速さと正確さが大事になってくる、特別な技術のいる職人的な職業です。

プロのひよこ鑑定士の人は、1時間に約1000羽のひよこを鑑定し仕分けることができるなど、収入も年収約500〜600万円と稼げる職業と言えます。

ひよこ鑑定士になるには、養成所に入り試験に合格しなければいけないなど、誰でも簡単になれる職業ではないですし、正確さと素早さの求められる大変な仕事でもあります。日本人のひよこ鑑定士は海外でも活躍している人もいて、年収も日本よりも好条件の変わった仕事です。

自転車釣り

自転車釣り
一見、「自転車釣りって何?」と首をかしげるような職業ですが、こちらは街のほとんどの人が自転車移動の”自転車の街”であるオランダのアムステルダムならではの面白い仕事。

アムステルダムは街の作りが平面で、自転車での移動に最適な街である上に、川の多い街でもあります。

その自転車と川、というアムステルダムの特徴を生かした、この自転車釣りの仕事の内容は、川に落ちた自転車を釣るというもの。

先端に機械のついた小さなボートに乗り、川の底に落ちている自転車を釣って、川を綺麗にするというエコな面白い仕事です。

自転車文化が根強く、川の多い街という、街の独特の特徴をよく生かした、アムステルダムならではの変わった仕事です。

ペイントが乾くのを見守る職業

ペイントが乾くのを見守る職業
「ペイントが乾くのを見守る職業」は、その名の通り絵の具やペンキのペイントが乾くのをじっと見て待つ、という職業。

なんてつまらなそうな仕事…と思う人もいると思いますが、こちらは乾く時間や乾いた時の色合いなどを、実際に目やマイクロスコープなどで細かくチェックすることで、絵の具やペンキの性質やクオリティをあげる手助けをしているとても重要な職業

科学的な知識はもちろん、じっと乾くのを見ていなければならないので、その忍耐力もいりますし、平均年収はなんと約$73000(約800万円)となかなかの高収入。

ただぼーっと座って見ているだけではなく、細かなところまでペイントの乾き具合や変化をずっとチェックし、レポートをするという、我慢強い性格の人にしかできない、世界の面白い仕事です。

人間マネキン

人間マネキン
アパレルのお店やショッピグモールなど、日常的に様々な場所で見かけるマネキン。通常はプラスティックなどでできている人形ですが、このマネキンの仕事を実際に肩代わりする面白い仕事が「人間マネキン」です。

人間マネキンの仕事内容は、モデルとマネキンの中間のようなもので、雇われたブランドの服を着て、マネキンのようにずっとポージングをするというもの。

時には動いてポーズを変えたりと、そのブランドの服やアクセサリーの良さをアピールすることが、最も重要になってくるこの変わった仕事。

スタイルの良さや忍耐力が求められる大変な職業でもあるので、もらえるお給料も1時間約$100(約11000円)となかなかの高時給の面白い仕事です。

人間カカシ

人間カカシ
人間マネキンもあればなんと「人間カカシ」という珍しい職業もあります。世界には、どんなことでも職業になってしまう、こんな変わった仕事・面白い仕事もあるんです。

イギリスで実際にあったこの変わった仕事の内容は、文字通りカカシの仕事を人間がするというもの。カカシは通常、畑などの作物に鳥や動物が近づかないために、威嚇するような役割をしているワラなどで作られた人形です。

イギリスで実際にこの人間カカシの仕事をしていた男性は、オレンジのコートを着てアコーディオンとウクレレを弾き、動物や鳥を遠ざけていたそう。この男性は大学で音楽を専攻していたこともあり、その特技を活かしてカカシの仕事を受け持っていたそうです。

この人間カカシの男性曰く、「最高な職業!」と言われている人間カカシ。世界には、職業にしようと思えばなんでもできる、面白い仕事がたくさんありますね。

押し屋

押し屋
こちらはご存知の人や実際に目にしたことがある人もいると思いますが、世界的には「え!?」と耳や目を疑うようなな変わった仕事でもあります。

東京や大阪などの、都会の満員電車に人を押し込む「押し屋」という職業。実際は駅員さんがやっている、世界的にはとても変わった仕事・面白い仕事です。

朝のラッシュアワーや、人の多い時間帯に活躍し、みんなが仕事に遅れずに無事に電車に乗ることを助けるという、通勤ラッシュの多い日本ならではの面白い仕事。

都会に住んでいる人には、毎日の満員電車やラッシュアワーは見慣れたものかもしれませんが、この押し屋という職業は世界から見ると「日本はなんてクレイジーな国!」と言われるほど変わった仕事でもあります。

都会に人が集中していて、毎日の満員電車が日常である日本ならではの、世界から見た面白い仕事・変わった仕事の一つです。

プロの泣き屋

プロの泣き屋
インドやアフリカなどを中心に、今も実際にある変わった仕事が、この「プロの泣き屋」です。

プロの泣き屋とは一体どんな仕事内容なのかと言うと、お葬式などの悲しい場面で、その雰囲気や空間を盛り上げるために、人々の代わりに泣くという職業。

この職業はかなり昔からあるそうですが、今はだんだんと廃れてきてなかなかやっている人のいない、とても変わった仕事でもあります。

こちらはもともと、インドの儒教の教えなどから生まれた職業。その教えの中に、お葬式で流れる涙が多いほど、その人には人徳があり供養されるという教えから生まれたものなんだそう。

いろいろな層の人に需要のあった面白い仕事でもありますが、お葬式に行って泣くプロというのは、少し悲しい職業なのも事実ですね。

二日酔いヘルパー

二日酔いヘルパー
こちらはアメリカで実際にあるサービスの「二日酔いヘルパー」という、発想が面白い仕事です。自宅などでパーティをすることが多い、大学生などの若者をターゲットに、パーティ好きなアメリカの学生達に需要のある変わった仕事です。

二日酔ヘルパーの仕事の内容は、主にパーティの片付けやバスルーム・キッチンなどの家の掃除など、パーティで散らかった場所の清掃作業がメイン。

二日酔いで体調が悪い次の日にしたくない、パーティの片付けや掃除一式を受け持つという、アメリカならではの便利で面白い仕事・変わった仕事です。

脇の匂いを嗅ぐ職業

脇の匂いを嗅ぐ職業
「こんな仕事誰もしたくない・・・」と思わってしまうとても変わった仕事が、人の脇の匂いを嗅ぐ「脇嗅ぎ人」というもの。

こちらは、デオドラントや制汗剤の匂いの効果や、その香りを詳しくレポートするという、製品の品質を上げるためには、とても重要な職業です。

西洋人などは体臭が強く、このデオドラントが必需品という人がほとんど。そんな誰もが必要な物であるからこそ、その匂いや効果のリサーチもとても重要な工程なんです。毎日使っている制汗剤がちゃんと効いているのも、この脇嗅ぎ人の人達が働いているおかげ。

とても変わった仕事ですが、そのお給料は高い人では年収約$52000(約570万円)と安定した立派な職業でもあるんです。

カープレートブロッカー

カープレートブロッカー
こちらはイランにある、その文化や特徴から生まれた、ちょっと独特な面白い仕事です。人口が多く、車による渋滞が問題になっていたイランは、交通規制が厳しくなり、特定のナンバープレートしか入ってはいけない場所などの規制がかかるようになりました。

その規制の違反者は、道路についているカメラからナンバーを特定されることから、そのナンバーを隠すための「カープレートブロッカー」という職業が生まれました。

彼らの仕事は、ゆっくり走っている車の後ろに、バイクや歩行、自転車などでぴったり張り付いて走り、カメラから車のナンバープレートを隠すというもの。側から見るとその光景はかなりおかしいですが、自由な発想から生まれた、独特でとても面白い仕事の一つ。

そこまでしてルールを破ろうとする思考もすごいですが、人口が多く交通渋滞に悩まされるイランだからこそ生まれた、とても変わった仕事です。

スネークミルカー

スネークミルカー
こちらは今までの仕事とはちょっと違い、命の危険もあるほどリスクのある、特殊で変わった仕事です。

「スネークミルカー」とは、毒ヘビの毒を摂取するというとても危険な職業。実際に毒ヘビに咬まれて病院送りになった人もいるほど、リスクのある危険な面もあります。

この毒ヘビから摂取された毒は、病院や研究所などの施設で薬の研究や調剤などに使われる貴重な成分。中にはその毒に触れるだけでも命に関わるような危険な毒を持っているヘビもいます。

そんな危険と隣り合わせの変わった仕事、スネークミルカーの月収は平均約$25000(約28万円)。仕事内容が危険な割にあまり高収入な仕事ではないですが、毒ヘビの毒は種類によっては1g約$2000(約2万円)ほどで取引されるものも!

医療などが進化していくのも、こういったスネークミルカーのような、命のリスクを背負った変わった仕事をしている人たちがいるからなんですね。

フェイスフィーラー

フェイスフィーラー
こちらは、私たちが普段使っているようなカミソリや化粧品など、”肌に使うもの”を実際に人の顔で試す、という少し面白い仕事です。

そんな実験台のような、別名「感覚の科学者」とも呼ばれている「フェイスフィーラー」という職業ですが、その仕事内容はとても繊細。

フェイスフィーラーの顔に試されるカミソリや化粧品などの使用感や、肌に受ける感覚を、細かく正確にレポートしなければいけません。

きちんとトレーニングを受けて、使う製品や化粧品の感覚や効果をちゃんと感じられる、感覚の鋭い人にしかできない、特殊な職業でもあります。

まだきちんと許可の降りていない、テスト前の化粧品や製品を自分の顔で試す、というなかなかリスクのある、変わった仕事。

その繊細な感覚を持つ人にしかできない特殊な仕事であるため、お給料も1時間約$25(約2800円)となかなか高時給な、世界の面白い仕事・変わった仕事の一つです。

ダチョウベビーシッター

ダチョウベビーシッター
「ダチョウベビーシッター」は、南アフリカ発祥のとても面白い仕事の一つ。野生に囲まれているアフリカならではの、とても変わった仕事ですね。

その仕事内容は、ベビーシッターのようにダチョウの赤ちゃんを、ケガをしたりケンカをしないように見守る、という面白い仕事。時給は約$20(約2200円)ですがその時給は、ダチョウの数や、ダチョウの凶暴さなどによっても多少変わってきます。

日本ではとても考えられない仕事ですが、野生の動物や自然が豊富なアフリカならではの面白い仕事です。

毒ヘビのような命の危険はないですし、ダチョウの赤ちゃんを見守るだけという、割と単純でリラックスした仕事内容は、動物好きにはたまらない職業かもしれません。

ベッドを暖める職業

ベッドを暖める職業
疲れて帰ってきた時や、寒い夜などは、家に帰ったら暖かいベッドで寝たい!という人も少なくないはず。そんな願いを叶えてくれるのが、ベッドを暖めておいてくれる「プロのベッド暖め屋」です。

このベッド暖め屋の仕事内容は、その名の通り、雇われた人のベッドに入り、その人が寝る前にベッドを暖めておくというもの。そんな変わった仕事が本当にあるの?と思いますが、世界ではどんな変わった仕事もビジネスになってしまうのが面白いところ。

実際に個人経営のホテルなどでも、このプロのベッド暖め屋を雇って、宿泊客が部屋に入った時にすぐ、暖かいベッドでリラックスできるようなサービスを行っているところもあるんです。

プロのベッド暖め屋の給料は、なんと平均年収約$64000(約700万円)と、とても高収入!個人などで雇われる場合は、顧客との信頼関係がないとリスクもあるため、プロのベッド暖め屋は割と高収入な面白い仕事となっています。

ドッグフードテスター

ドッグフードテスター
世界中でペットブームとなっている今、愛犬家の人達は犬の口臭のみならず、その食事にもとても気を使います。そんな自分のペットに良い食事を食べさせてあげたい!という愛犬家の声を形にしてくれるのが、この「ドッグフードテスター」という職業の人たち。

「何が好き、何が嫌い」と声に出して伝えられない犬たちの声となって、実際に犬が好む味などを研究し、ドッグフード作りに携わっている、動物好きにとっては興味深い、とても面白い仕事です。

ドッグフードテスターは、犬の好きな味や匂いを熟知していなければならなかったり、栄養やバランスなど、様々な知識と味覚・嗅覚が必要な、とても難しく繊細な職業でもあります。

このドッグフードテスターの平均年収は約$40000(約440万円)ほどですが、経験豊富なドッグフードテスターになってくると年収も約$70000(約770万円)となかなかの高収入な、変わった仕事・面白い仕事の一つです。

変わった仕事・面白い職業に就く方法

変わった仕事・面白い職業に就く方法
世界にはいろいろな変わった仕事・面白い仕事がありますが、どのようにしてそんな珍しい職業につくことができるのでしょうか?

上記でご紹介したような面白い職業は、専門的な知識が必要だったり、体を張って行う、危険なリスクを負うような職業も少なくありません。

そんな変わった仕事・面白い仕事に就くためには、まず自分の視野を広げ、今まで持っている固定概念を捨ててしまうことも必要です。

自分の持っている一見使えなさそうな特技や、何の役にも立たないと思っていた知識が、あなたを変わった仕事・面白い仕事へ導く鍵になるかもしれません。

自分の発想次第で新しい職業を作ることも!

自分の発想次第で新しい職業を作ることも!
世界の変わった仕事・面白い仕事は、いろんな人の新しい発想や思考の転換から生まれた、斬新な職業ばかりです。例えばあなたに好きな趣味や特技が一つあったとしたら、そんなことも世界の変わった仕事の一つにできるかもしれません。

特にベッドを暖める職業や、二日酔いヘルパーのように「こんなことをしてくれる人がいたら便利なのにな」と思うようなことは、どんどんビジネスになるチャンスも!

世界にあるような変わった仕事や面白い仕事は、こんな小さな「これがあったらいいのに」という発想から、自分で自由に生み出すことができる無限の可能性があるのも面白いポイントです。

どんなことも可能!世界の変わった仕事・面白い仕事

どんなことも可能!世界の変わった仕事・面白い仕事
世界には、まだまだ知られていないような変わった仕事・面白い仕事がたくさんあります。そんな変わった仕事は、誰もがやりたくないような仕事内容から、みんなが憧れるような面白い仕事まで、その内容や収入は様々。

ですがどれも需要があるからこそ、成り立つ立派な職業。なんの役にも立たないような小さなことが、いつのまにか安定した収入につながるような職業になるのが、世界の変わった仕事・面白い仕事の特徴です。

今後転職を考えているあなたも、もっと面白い仕事をしたいと思っているあなたも、もしかしたらその小さな特技が、職業にできる日がくるかもしれません。

どんなことも仕事にできてしまう、その自由な発想を活かして、将来はあなたも世界の変わった仕事・面白い仕事に就いてみてもいいかもしれませんね!

Related