Search

検索したいワードを入力してください

有給休暇の申請理由は私用NG!?上司を黙らせる言い訳例を解説
2018年12月15日

有給休暇の申請理由は私用NG!?上司を黙らせる言い訳例を解説

みなさんは年次有給休暇を上手に利用しているでしょうか。上手に利用するためには年次有給休暇がどんなものであるかをきちんと理解しておくことが大切です。年次有給休暇とはどんなものなのかを解説し、申請が認められやすい理由などについてみていきます。

有給休暇とは

有給休暇とは
有給休暇とは、正式名称を年次有給休暇といい法律で定められたはたらく人の権利です。連続してひとつの職場に勤務する従業員に対し与えられる休日を指します。

年次有給休暇はその名称のとおり、休日ではありますが給与は発生する休日です。

年次有給休暇について正しい知識をもち、上手に年次有給休暇を利用する方法についてみていきます。

有給休暇の基礎知識

有給休暇の基礎知識
まずは年次有給休暇について基礎的なことを確認します。長年働いていても年次有給休暇について正しい認識がない場合もよくあります。

年次有給休暇の制度や仕組みをきちんと理解することは上手に休暇を取得するための第一歩です。

法定休暇と法定外休暇とは

雇用者が従業員に与える休暇には、法定休暇と法定外休暇があります。

法定休暇とは法律に定められた休暇をいいます。育児介護休業法で定められた介護休暇や、育児休暇がそれにあたります。労働基準法で定められた年次有給休暇も法定休暇のひとつです。

法定休暇は、従業員の権利として発生するものです。従業員からの申し出があれば理由のいかんを問わず、基本的には雇用者は権利を認めなければなりません。

法定外休暇とは雇用者の自由裁量で定められた休暇です。雇用者の自由ではありますがその制度は就業規則による取り決めが求められます。慶弔休暇や誕生日休暇といった特別休暇が設けられているところもあります。

法定外休暇については会社ごとそれぞれで独自のものです。ご自身の会社の就業規則などできちんと確認しておくようにしましょう。

年次有給休暇と欠勤の違い

会社での休みのひとつで「欠勤」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。年次有給休暇と欠勤とはまったくことなるものです。

年次有給休暇と欠勤の大きなちがいのひとつは、年次有給休暇は有給すなわち休んでも給与がもらえますが、欠勤の場合は給与が発生しません。

すなわち、月額で給与が定められている場合などは月額の中から「欠勤控除」として欠勤した分の給与が差し引かれます。

欠勤は、年次有給休暇の範囲を超えて会社を休む場合や年次有給休暇が認められなかった場合の休暇にあてられます。

会社に対して休暇の申し出を行うときは、今回の休暇が年次有給休暇にあたるのか欠勤になるのかを事前にきちんと確認する必要があります。

有給休暇が取得できる条件①雇用形態

有給休暇が取得できる条件①雇用形態
年次有給休暇を取得する権利があるのは、正社員や契約社員など一般の従業員です。派遣雇用やパート雇用の場合も、勤務期間や一週間の勤務日数などに応じて年次有給休暇が付与されます。

一定の期間中、連続して同じ場所で勤務している人は年次有給休暇を取得する権利があります。ご自身に年次有給休暇を取得する権利があるのかどうかは雇用主に確認してみるとよいでしょう。

雇用主から曖昧な回答しか得られない場合や、その回答に納得がいかない場合はお近くの労働基準監督署で確認することができます。現在の雇用形態や勤務日数が確認できるものを準備して労働基準監督署に問い合わせてみましょう。

ただし派遣雇用の場合、年次有給休暇は雇用主である派遣会社によって付与されるため、休暇日の算出方法などが異なりますのでご注意を。

有給休暇が取得できる条件②勤務期間

有給休暇が取得できる条件②勤務期間
正社員などで、会社のカレンダーどおり勤務する雇用形態の人は、雇用されて6か月が経過すると有給休暇を取得する権利が得られます。その際、雇用からの6か月間の勤務日が勤務すべき日数の八割以上であることが条件です。

この条件をみたすと10日間の年次有給休暇が付与されます。その後も引き続き同じ会社に勤務していた場合、一年を経過するごとにその日数が付加されていきます。

年次有給休暇の日数の上限はありますが、基本的には勤務期間が長いほど年次有給休暇がたくさん付与されることになります。

パートタイムなどの雇用形態の場合は、一週間の勤務日数などによって年次有給休暇の日数の計算方法が異なります。

有給休暇が取得できる条件③会社の繁忙期以外

年次有給休暇ははたらく人の権利ですので、基本的にはその理由や時期を選ばず取得できることになっています。

しかし、雇用者側には年次有給休暇の「時期変更権」があります。これは、従業員から年次有給休暇の申請があった場合で、その時期に従業員が有給休暇を取得することで事業の正常の運営を妨げると判断した場合は、その申請を別の時期に変更するよう求めることができる権利です。

事業の正常な運営の妨げとなる時期とは、その会社の繁忙期などを指します。

年次有給休暇は基本的に従業員がのぞむときに使用することができる権利ですが、会社の繁忙期などは避けるべきという条件があるといえます。

有給休暇のよくある申請理由

有給休暇のよくある申請理由
年次有給休暇を申請する理由にはどんなものがあるのでしょうか。よく聞かれる年次有給休暇申請の理由についてみていきます。

申請理由①大事な私用で

年次有給休暇申請の理由に「大事な私用」というものがあります。あまり理由を明言したくない場合に使われる理由です。

単なる私用というだけではなく「大事な」とつけることで、理由は明確にはできませんがご賢察ください、という含みをもたせています。

ただし、有給休暇を取得する理由の大部分はいわゆる「私用」です。「私用」でひとくくりにしてしまうと申請を受ける側も判断のしようがありません。

年次有給休暇の申請書に「私用」と記入して提出する場合は、具体的な理由を口頭で上司に伝えるのがマナーといえます。

申請理由②体調不良

年次有給休暇は体調不良のときにも使用します。

朝起きて体調がすぐれず会社に向かえそうにないときは、就業時間少し前もしくは就業時間になってすぐに職場に電話連絡し体調不良の旨を連絡しましょう。この場合はメールなどではなく電話連絡をするのが一般的にマナーです。

前日の仕事中にすでに体調が悪い場合などは帰宅前に翌日は、体調不良で年次有給休暇を取得したいことを伝えておきましょう。

体調不良の理由で年次有給休暇を取得し、病院でインフルエンザなど他人に感染する疾病に罹患していることがわかった場合はその時点ですぐに会社にそのことを連絡するようにしてください。

申請理由③家族に関する理由

申請理由③家族に関する理由
年次有給休暇を申請する私用理由に、家族についての事情というものがあります。その事由はさまざまあり、家族の病気やけがなどによることなどが一般的でしょうか。

法事や、本人または家族の結婚にまつわる行事も考えられます。

家族に関する理由の場合は慶弔休暇や介護休暇など、特別休暇といわれる制度で手当がされる職場もあります。職場の制度をよく確認しておきましょう。

特別休暇に当てはまる理由の場合で、年次有給休暇を取得するか特別休暇を取得するか、就業規則や勤務年数によってどちらが得かは異なってきます。就業規則をしっかり確認し無駄なく休暇を申請するようにしましょう。

申請理由④役所の申請など

銀行での手続きや、役所への各種申請、運転免許証の更新などの私用理由で年次有給休暇を取得することがあります。

最近では銀行や役所なども予約などの制度によって土日祝にも予約制などで窓口を開けていることがあります。しかしながらわざわざ休みの日に予約をしてまで出向くよりも年次有給休暇が取得できるようであれば、そのほうがゆっくり手続きをすることができます。

銀行や役所で手続きは、年次有給休暇取得の十分な理由として認められることが予想できます。

申請理由⑤旅行

申請理由⑤旅行
年次有給休暇取得の私用理由に旅行というのがあります。夏休みなどが設定されている会社では夏休みと年次有給休暇を合わせて長期の休暇を取得する場合もあるでしょう。

年に何度も旅行を理由に年次有給休暇を取得するのは、周囲の心象が心配ですがたまの旅行であれば特に問題なく年次有給休暇の取得が認められる私用理由のひとつといえます。

「私用でもOK?」有給休暇の申請理由

「私用でもOK?」有給休暇の申請理由
年次有給休暇を取得する場合に、私用の理由でもOKなのでしょうか。

「私用」の反対語は「公用」です。私用とは「自分の用事」という意味です。

年次有給休暇申請は基本的にいずれも私用であることにはちがいありませんが、私用の中でも申請が受けてけられる私用理由と、受け付けられない私用理由についてみていきます。

「ぎりぎりOK」な私用の申請理由の例

「ぎりぎりOK」な私用の申請理由の例
まずは、年次有給休暇の申請がぎいぎり許される私用の理由についてみていきます。

あくまでぎりぎりのラインですので、次のような私用で休暇を申請するときは丁寧な申請がおすすめです。

ぎりぎりOKな私用の申請理由①ペットの病気

ぎりぎりで許される年次有給休暇申請の私用理由のひとつは、「ペットの病気」です。

最近ではペットは家族として認識されつつあります。大切なペットの体調不良は他人からみればたいしたことがないかもしれませんが、飼い主にとっては一大事です。

大切な猫ちゃんや、わんちゃんを病院につれていくなどの理由は私用ではありますが年次有給休暇取得の理由として認められるものでしょう。

申請するときは、自分にとってそのペットがとても大切であることが伝わるように申請しましょう。中には動物が嫌いな上司もいますので、そのあたりを配慮した言い回しがおすすめです。

ただし、金魚だカブトムシだといって次々に年次有給休暇を取得するための私用理由にペットを持ち出していると上司からダメだしされる可能性があります。

ぎりぎりOKな私用の申請理由②コンタクトレンズ

「ぎりぎりOK」な私用の申請理由の例
年次有給休暇がぎりぎりに認められる私用理由のひとつは、コンタクトレンズや眼鏡をなくしたり破損した場合です。

コンタクトレンズや眼鏡は、本当に目が悪い人にとってはなくてはならない必需品ですよね。生活どころか家から出ることさえ不便…という場合、こちらは仕事にも影響がありますので、年次有給休暇の申請が認められる可能性が高いでしょう。

上司によっては、代わりの眼鏡がないのかと嫌みを言われることもありますが、この際の嫌みはスルーしてまずはコンタクトレンズや眼鏡を購入にいきましょう。

ぎりぎりOKな私用の申請理由③出張準備の買物

年次有給休暇の取得が認められるぎりぎりOKの私用の理由に、出張準備の私物の買い物があります。本来、私物の買い物は決められた休日にすべきことです。その買い物内容が会社のため、公用の出張のためのものであっても同じです。

しかしながら、海外出張や長期出張などで特殊なものが必要な場合や、出張前に仕事が忙しく残業などが続くことがあります。

そういった場合には、出張に関する私物の買い物のためであっても年次有給休暇の申請が認められることがあります。

「ぎりぎりNG」な申請理由の例

「ぎりぎりNG」な申請理由の例
年次有給休暇の申請がぎりぎり認められない私用の理由にはどんなものがあるでしょうか。
残念ながら年次有給休暇が認められるのが難しい私用理由についてみていきましょう。

ぎりぎりNGな申請理由①パソコンや携帯電話の故障

年次有給休暇の申請がぎりぎり認められない私用理由のひとつにパソコンや携帯電話の故障があります。

パソコンや携帯電話は現在ではなくてはならないアイテムです。パソコンや携帯電話が壊れていては、アプリやメールで配信されるオトクな情報はもちろん大切な恋人からの連絡も途絶えてしまいます。

しかし、パソコンや携帯電話にまつわる事情は基本的に「私用」です。パソコンや携帯電話の故障などは休憩時間や終業してから修繕に行くべきと考える上司もすくなくありません。

壊れてしまった一日は不便ですが休憩時間をまって修理に走るのが無難でしょう。

壊れてしまったパソコンや携帯電話が仕事用のものと兼用にしている場合はこのかぎりではなく、就業時間中に修理に出ることが許される可能性が高いです。

ぎりぎりNGな申請理由②車や自転車の故障

「ぎりぎりNG」な申請理由の例
通勤に使用している自動車や自転車が壊れたら、出勤する気持ちは萎えますよね。しかし、これは年次有給休暇を使って休暇のもらえる私用理由にはなりにくいです。

自動車や自転車など通勤手段が壊れてしまった場合は、公共交通機関で出社しましょう。

ぎりぎり許されるとするならば、自動車や自転車を修理工場まで持っていくために遅刻することくらいといえます。

ギリギリNGな申請理由③二日酔い

「ぎりぎりNG」な申請理由の例
病気は立派な年次有給休暇を申請できる私用理由です。しかしながら二日酔いは病気ではありません。

病気についても軽い風邪などを繁忙期にひいてしまった場合は、「体調管理ができないのは社会人としての心構えがなっていない。」と嫌みを言われることもあります。

二日酔いにいたっては、体調管理云々以前に翌日の仕事を考えずに飲んでしまったことに矛先が向きます。年次有給休暇を申請するときに二日酔いというワードはNGです。

二日酔いでどうしても出社が難しいときは、「体調不良」を理由として申請するのが無難です。

できれば上司の言うように翌日も仕事がある場合はお酒を翌日に持ち越さないのがベターです。

ギリギリNGな申請理由④交通機関遅延解除のあと

ギリギリ年次有給休暇の取得申請が認められない理由に、交通機関の遅延などがありそれが解除になったあとというのが考えられます。

公共の交通機関が人身事故などで遅延し、なかなか会社にたどり着けないということがあります。駅や電車に缶詰めになってしまい、仕事の前にもうへとへとということもあります。

数時間して交通機関の遅延解除は解かれたけれど、仕事をする気が萎えたので今日は年次有給休暇でお願いします。という理由はちょっと認められません。

有給休暇の申請を断られたら

有給休暇の申請を断られたら
年次有給休暇は雇用されている人の権利です。年次有給休暇を取得することは法律によってその権利が守られています。

雇用されている人は、基本的には私用理由のいかんを問わず年次有給休暇を取得することができます。

しかしながら、法律によって雇用主は年次有給休暇の「時期変更権」を有しています。
事業所の繁忙期に従業員から年次有給休暇の申請があった場合は、時期の変更を求めることができる権利です。

年次有給休暇は基本的には、雇用されている人が付与された範囲内で好きなときに取得することができますが、会社の状況によっては必ずしも認められないことがあります。

事業の繁忙期であっても、家庭の事情や体調による私用理由などの場合は雇用主がこの権利を行使することは少ないでしょう。

どちらにしても、会社があっての雇用であり年次有給休暇ですので、会社の繁忙期などには遊びなど私用での年次有給休暇の申請は慎むのがマナーであるといえます。

「絶対OKされる」有給休暇の言い訳

「絶対OKされる」有給休暇の言い訳
年次有給休暇の取得が必ず認められる私用理由にはどんなものがあるのでしょうか。

年次有給休暇が認められやすい私用理由についてみてみましょう。

言い訳①家族の不幸事

「母が手首を骨折。自分では車を運転することはもちろん、トイレの介助なども必要でした。会社は繁忙期で恐る恐る3日間も休んでしまいましたが、嫌みを言われるどころか皆さんに心配していただき、つくづくありがたかったです」(29歳 女性)

年次有給休暇が認められる私用の理由のひとつは家族の理由です。

家族の理由とは、家族の病気やけがによる通院入院の付き添いやそれにかかわる手続きなどが想定できます。病気やけがは不慮のものであり、先の見通しもつきません。

家族の事情については会社は年次有給休暇の申請をはねつけつことはないでしょう。

言い訳②家事の事情

言い訳②家事の事情
「台風でアパートのベランダの一部がクラッシュしてしまいました。修繕は平日のみで、立ちえないなら勝手に入りますと言われました。

大したものは置いてませんが、ベランダとはいえ知らない人に自分がいない間に入られるの抵抗アリ。事情を会社に話すと有給休暇をもらえました」(24歳 男性)

年次有給休暇の申請が認められる私用の二番目は、家事事情です。例えば、ガス管の点検の立ち合いや災害などで壊れた自宅の修繕立ち合いなどです。

ひと昔前の専業主婦などが多かった時代には、家にいる誰かに立ち合いを任せるのが一般的でした。最近は家族全員が働きに出ている場合や、一人暮らしなども多くありますのでほかのだれかに頼むことが難しくなっています。

家事に関する事情は年次有給休暇の申請が認めらる十分な理由になります。

言い訳③運転免許証や資格証の更新

「どっちでもよい民間資格の更新手続き。お金もかかるし行くのを迷っていたら、更新を上司がすすめてくれました」(26歳 女性)

年次有給休暇の申請が認められる私用の理由として運転免許証やパスポート、各種免許証などの更新手続きのため、というものが考えられます。

運転免許証やパスポートは管轄都道府県の制度によって詳細はことなりますが、土日などに予約制で更新が可能である場合があります。しかしながら、平日に更新手続きを行うのが一般的であるため、この理由での年次有給休暇の申請は認められることがほとんどです。

それ以外の、国家資格や民間資格で更新手続きが必要なものについても、年次有給休暇の申請は認められます。その資格が現在の仕事にまったく関係がない場合や、たんなる趣味のための資格であったとしても、却下されることは考えにくいです。

各種資格などの更新手続きは年次有給休暇の申請の立派な私用理由になります。

言い訳④友達の海外披露宴

言い訳④友達の海外披露宴
「大学時代の友人がグアムで挙式を行うことになり、仲良し3人で出席したいと話しあってました。土日が休みにくい職場なので、ちょっと心配しましたが『お友達のお慶び事であれば、楽しんできて』と年次有給休暇の申請を認めてもらえました」(30歳女性)

結婚式や法事などへの出席などは私用ですが年次有給休暇が認められます。このような予定の場合は前もって日にちが決まっていることが多いので、開催される日が繁忙期などにあたる場合も早めの申請で根回ししておくことができます。

結婚式などが海外などで行われそこに出席する場合は、年次有給休暇の取得が一日だけでは間に合いません。数日の間、会社の席を空けることにはなりますが常識の範囲内の日程であれば基本的には年次有給休暇の取得が認めれれるでしょう。

慶弔にかかわる私用の行事のための年次有給休暇申請は、よほどの繁忙期など以外は遠慮はいりません。

言い訳⑤繁忙期のあとの骨休め

言い訳⑤繁忙期のあとの骨休め
「新プロジェクトを任され平日の残業三昧はもちろん、休日も携帯電話が鳴りっぱなしで休んだ気がしない1か月でした。プロジェクトが形になりようやく一息つくことができたところで、上司から年次有給休暇を取るようすすめられました。ありがたかったです」(32歳 男性)

年次有給休暇の申請を認められる私用の理由のひとつに、繁忙期のあとの骨休めのためというものがあります。

通常に考えれば定期的に休日はありますので、わざわざ体を休めるという私用理由で年次有給休暇が取得できるの?と思ってしまいます。

しかしながら、職種によっては繁忙期は丸一日の休日をとることが難しい場合や、休日であっても携帯電話に翻弄されるということもあります。そのような職業職種の場合は、仕事のきりがよいときに、私用の骨休めを理由に年次有給休暇が認められます。

有給休暇を申請するときの注意点

有給休暇を申請するときの注意点
年次有給休暇を私用理由で申請するときはどのようなことについて注意をすればよいのでしょうか。
年次有給休暇を私用で申請するときの注意点や申請の仕方についてみていきます。

有給休暇を申請するときの注意点①私用ですませない

年次有給休暇を私用で取得するときに単に「私用です」とだけ言うのは角が立ちます。

年次有給休暇は雇用されている人の権利ですので、基本的には詳細な理由を述べる必要はありません。しかしながら「私用」のひとくくりでそれ以上はいっさい説明をしないでいると、上司の納得は得られません。

会社は組織であり、組織の一員として仕事をすることで給与が発生しています。年次有給休暇は権利ではありますが、まずは会社業務や人間関係が円滑であるうえの権利です。

あまり話したくない細かな事情まで話すことはありませんが、今回年次有給休暇を申請する理由についてはきちんと公開するのがおすすめです。

正直に理由を説明しておくことで、自分の置かれている状況も上司に伝わりますので、これから先また年次有給休暇を取得する必要があったときもスムーズに話がすすみます。

有給休暇を申請するときの注意点②繁忙期は避ける

有給休暇を申請するときの注意点②繁忙期は避ける
年次有給休暇を私用で取得するときには、会社や所属部署の繁忙期は避けて申請しましょう。体調不良や不慮の事故、家族の事情などはこの限りではありません。

旅行などリフレッシュや遊びの要素が強い私用休暇については職場の事情を考慮して年次有給休暇を申請するのがマナーといえます。

年次有給休暇は見方によっては「言ったもの勝ち」という雰囲気もあります。同僚の多くがちょうど休みたいな…と思っている時期でも、だれか一人が先に休暇を申請したことでほかの人が言い出しにくくなることもあります。

私用理由で年次有給休暇を取得するときは、職場の仕事の繁忙事情と同僚の様子を見極め配慮の上で申請するのが望ましいといえます。

有給休暇を申請するときの注意点③丁寧に

有給休暇を申請するときの注意点③丁寧に
年次有給休暇を申請するときは丁寧に申請するのがよいといえます。

年次有給休暇ははたらくものの権利です。だからといって「当然」の顔で申請するのも配慮を欠く行動といえます。

年次有給休暇は雇用する会社があって、一緒に働く仲間があってこそ取得できるものです。会社や同僚への感謝の気持ちを忘れずに丁寧に申請するのがマナーでしょう。

年次有給休暇を申請するときは、きちんと理由を述べ認められたときは「ありがとうございます」と伝えましょう。丁寧に申請することで、次に年次有給休暇を取得するときもスムーズにことが運びやすくなります。

有給休暇を申請するときの注意点④同僚へも配慮

年次有給休暇を私用で申請するときは同僚への配慮もおこたらないようにしましょう。

会社での仕事は自分の仕事さえしっかりすれば良いというのは当たり前です。一緒に机を並べる同僚の仕事も自分の仕事であるともいえます。

同僚も同じ時期に年次有給休暇を取りたいなと思っていても、さきに申請するのをみて自分の申請を引っ込めたかもしれません。

あなたが年次有給休暇で席にいない間、外からのかかる電話の取次ぎや上司の雑用など、普段みんなで手分けしてしていることはほかの同僚にふりかかっています。

年次有給休暇をとれるのは、あなたが休んでいる間に仕事をしている人がいるからであることを忘れずに、周りに感謝して休暇を得るとよいでしょう。

年次有給休暇を取得するときの注意点⑤お土産

年次有給休暇を取得するときの注意点⑤お土産
旅行など私用で年次有給休暇を取得した場合は、同僚や上司にちょっとしたお土産をもっていくのがおすすめです。

最近は手土産などをあまり渡さないことも多いようですが、職場の潤滑油にお菓子などを準備するとよいでしょう。

あなたの休暇中に同僚や上司は代わりにしてくれた仕事もあるでしょう。そのお礼の気持ちを形で表しておくと次の年次有給休暇も取得がしやすくなります。

マナーを守って有効に有給休暇を取得しよう

マナーを守って有効に有給休暇を取得しよう
年次有給休暇の申請や取得についてみてきましたがいかがでしたでしょうか。

年次有給休暇は雇用されている人の権利であり法律で守られた制度です。せっかくの権利、制度はできるだけ上手に利用するのがおすすめです。

年次有給休暇を申請するときの理由は法律的にはどのような理由でも構いません。しかしながら職場はともに働く仲間があり、また普段の業務が連続して続いている場所です。

職場の状況や同僚たちの状況を見定めきちんと配慮した上で私用の休暇を申し出るのが社会人としてのマナーといえます。

年次有給休暇の制度を上手に利用し、適度に息抜きをしながらしっかりと仕事ができるのがベストな働き方といえるのではないでしょうか。

Related