Search

検索したいワードを入力してください

松戸女子大生殺害放火事件の詳細|凶悪犯「竪山辰美」がなぜ無期懲役?
2019年03月12日

松戸女子大生殺害放火事件の詳細|凶悪犯「竪山辰美」がなぜ無期懲役?

「松戸女子大生殺害放火事件」をご存知でしょうか?裁判員裁判、犯罪を繰り返す人間、被害者の人権と報道のあり方、多数の被害者と家族の苦痛。多くの問題点により取り沙汰されたこの事件は、なぜ起こったのでしょうか?犯人の素性は?裁判結果は?逮捕後は?その真相に迫ります。

「松戸女子大生殺害放火事件」とは?

「松戸女子大生殺害放火事件」とは?
「松戸女子大生殺害放火事件」は、犯人である無職の竪山辰美(当時48)が、千葉大学4年の女子大生荻野友花里さん(当時21)を殺害放火した事件です。しかも、これが初犯ではなく、竪山辰美にはいくつもの前科があり、この事件が起こる1ヶ月半前は刑務所にいました。

息をするように犯罪を重ねて生きる犯人に対し、更生の余地はないと裁判員裁判で「死刑」を告げられますが、前例がないことなどを理由に二審で「無期懲役」と判決されました。

さらに、事件発生から犯人逮捕、そして裁判が終わるまでの間、被害者の顔写真や素性が多く取り上げられたのに対し、犯人の顔写真や素性がほとんど出回りませんでした。

被害者の人権より加害者の人権が守られるおかしさ。それを受けて、被害者遺族の傷もさらに深まります。理不尽や不条理が積み重なり、この「松戸女子大生殺害放火事件」は今でも日本の事件に爪痕を残しています。

なぜ、事件が取り沙汰されたのか?

なぜ、事件が取り沙汰されたのか?
過去に「殺人」を犯していない犯人が、一度目の殺人で死刑を宣告されたことや裁判員制度が始まってから8回目の死刑だったということ、その判決が二審で無期懲役という判決になったことなど、日本の裁判制度のあり方に大きく関係しています。

他にも、犯人の生い立ちや度重なる犯罪歴、独自の歪んだ思考も、日本の人々に怒りや不安、悲しみを植えつけ、話題に取り上げられるようになりました。

また、被害者である千葉大学女子大生の荻野友花里さんの個人情報が、マスコミにより面白おかしく取り上げられたことより、被害者の人権と報道のあり方も、重要な問題点となりました。

次の項目では、その事件の発端となった犯人についてご紹介していきましょう。

凶悪犯「竪山辰美」のプロフィール

名前竪山辰美(たてやま・たつみ)
年齢48歳(事件当時)
出身地鹿児島県
学歴中卒
無職(48歳時点)
婚姻歴あり
これだけ大きな事件ですが、今でも生年月日や身長、血液型などの竪山辰美のプロフィールは大々的に出回っていません。後ほど被害者の情報も出てきますが、松戸事件の被害者女性である荻野友花里さんの方が圧倒的に情報量が多いのも、この事件の問題点です。

犯人は鹿児島県出身で、中学卒業後に大阪府など各地を転々とした。職業も宅配・長距離トラック運転手、建築作業員、パン屋住み込み従業員などを転々としている。妻子もいるとされ、犯人を知る人たちは、「自治会の役員になったまじめな人」と語っている。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%88%B8%E5%A5%B3... |
これほどの凶悪犯でも、婚姻歴があることに驚きです。さらに子供もいるようですが、既に離婚しているとのことです。

「竪山辰美」の犯罪手口とは?

凶悪犯と言われる、犯人・竪山辰美ですが、一体、被害者の荻野友花里さんにどんなことをしたのでしょうか?ここでは、事件の手口や犯行の一部始終をご説明します。

「松戸女子大学生殺害放火事件」は、2009年10月20日の夜から22日にかけて起こりました。

荻野友花里さんの自宅マンションへ不法侵入

竪山辰美は、どのようにして千葉の松戸にある荻野友花里さんのマンションへ侵入したのでしょうか?荻野友花里さんは、女性の一人暮らしのようでしたので、一般的に考えても戸締りはしっかりしていたはずです。

竪山被告は09年10月20~21日、荻野さんのマンションに窓から侵入し、荻野さんに包丁を突きつけるなどして脅した後、殺害。

出典: https://web.archive.org/web/20110703074044/http://mainich... |
犯人は、窓から侵入していました。しかも、二階の窓からです。一階の窓ならまだしも、二階の窓では、思いつきでは入ろうと思わないものです。犯人は、下見などはしていたのでしょうか?そもそも、どうしてここを選んだのでしょうか?

その答えは、当時の毎日新聞に書いてあったようですが、現在記事ページは削除されています。今でも個人で書かれているブログには、そのページの引用文とURLだけが残っているのが確認できます。

当時の毎日新聞には、竪山辰美が現場を複数回下見し、「入りやすそうだ」と発言していたと書かれていたとのことです。突発的に入るような位置ではないことからも、下見の事実は正しいといえそうです。

荻野友花里さんを殺害

「竪山辰美」の犯罪手口とは?
こうして荻野友花里さんのマンションへ侵入した竪山辰美は、彼女が帰宅するのを待ちました。そして、帰宅した彼女を確認すると、犯行におよびました。

犯行内容は、主に「殺害」「窃盗」「放火」です。

被害者のマンション宅に侵入して包丁を突き付けて現金約5000円とキャッシュカードを脅し取り、胸を刺すなどして刺殺した後に証拠隠滅のため22日に火を放った

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%88%B8%E5%A5%B3... |
金銭目的だけではなく証拠隠滅のために殺し、足がつかないようさらなる証拠隠滅のために放火をしています。放火については、後日改めて戻ってきていることから、計画的犯行だと伺えます。

焼け跡から荻野さんの遺体が発見され、胸や首に数カ所の刺し傷があった。司法解剖の結果、煙を吸い込んだ形跡はなく、死因は胸を刺されたことによる出血性ショック死と断定された。

出典: https://npn.co.jp/article/detail/29037099/ |
荻野友花里さんの死因は胸の傷であり、人間にとって致命傷を負わせるほどの傷は、かすった程度では起こりえないものです。つまり、明確に「刺すぞ」という殺意が必要になります。

しかし、これについて竪山辰美は、のちの裁判でこう証言しました。

「包丁を取り返そうともみ合いになり、荻野さんに刺さった」と殺意を否認。

出典: https://web.archive.org/web/20110703074044/http://mainich... |
「竪山辰美」の犯罪手口とは?
そんなことが、あり得るのでしょうか?ミステリードラマでもない限り、もみ合いになって刺さって死亡したという結末は、相当にマレです。もみ合ったとしても、犯人に刺されでもしなければ、必死に抵抗する人間は何かしら傷を負いつつも逃げおおせるものです。

また、犯人が部屋に潜んでいたことから、女子大生は不意打ちを食らったはずです。向けられた刃が、自分の近くに到達する前に咄嗟に掴んで抵抗するなど、一般的な女子大生には難しいことです。

そんな竪山辰美の主張は、次の捜査結果で打ち消されることになります。

「被害者の左腹部を包丁で3回突き刺し、包丁が根元で折れるなどしており、優に殺意を推認できる」

出典: https://web.archive.org/web/20110703074044/http://mainich... |
こうなると、もみ合って刺さったどころか、殺意をもって執拗に荻野友花里さんのことを殺そうとしていることが伺えます。

荻野友花里さん宅に放火

「竪山辰美」の犯罪手口とは?

事件後に現金自動預け払い機の防犯カメラから女子大生のカードで現金2万円を引き出す男の姿が映っていた。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%88%B8%E5%A5%B3... |

2009年10月、千葉県松戸市のマンション2階で火災が発生し、焼け跡からこの部屋に住む千葉大学園芸学部4年の女子大生が全裸のまま遺体で見つかった。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%88%B8%E5%A5%B3... |
荻野友花里さんを殺害した竪山辰美は、部屋から現金約5000円とキャッシュカードを奪うとJR松戸駅のATMで金銭を引き出し、その場から逃走しました。しかし、翌日また戻ってきて、証拠隠滅をはかり荻野友花里さんの家に火をつけました。

その行動について、当時のジャーナリストはこう述べています。

「むしろ現場から少しでも遠くに逃げたいと考えるのが通常の犯罪者心理だ。現場に証拠を残していることに気付き、それを隠滅・回収するために戻ったケースなどが考えられる。犯人が何らかの理由で警察に指紋を取られていた場合などは、部屋じゅう拭いて回るのは困難だから放火するしかない」(事件取材するジャーナリスト)

出典: https://npn.co.jp/article/detail/29037099/ |
後述しますが、竪山辰美には、幾多もの余罪があるので、体毛や体液、指紋を照合されるのを恐れて放火したという理由が濃そうです。後始末まで考えて行動している当たり、やはり計画犯ということになり、荻野友花里さんも計画的に殺害されたことになります。

ここまでで、竪山辰美が「不法侵入」に「窃盗」に「放火」にと、いくつもの犯罪に手を染めていることが、お分かりいただけたでしょうか。
ここまでの事件の手口のまとめは、次の『荻野友花里さん殺害事件の経過』画像から、一目で確認することができます。

千葉県松戸市松戸の事件現場の様子

竪山辰美が事件を起こした場所は、千葉県松戸市松戸にあるマンションの2階でした。人気のなさそうな森林に囲まれていたり、人里離れた僻地などではなく、一般的な住宅街の印象を受けます。

竪山辰美に裁判員が導き出したのは「死刑」

竪山辰美に裁判員が導き出したのは「死刑」
2011年6月、千葉地裁にて裁判員裁判が開かれました。「松戸女子大生殺害放火事件」の他にも竪山辰美の余罪が数多くあり、また「松戸女子大生殺害放火事件」のすぐ後にも犯罪を繰り返していることから、裁判員裁判で導き出された判決は「死刑」(裁判長は、高裁の村瀬均裁判長)でした。

また、裁判中、焼け残った現場から、被害者の荻野友花里さんが全裸で見つかったことに対し、

などと、捜査で色々と証拠が出ているにも関わらず、竪山辰美は発言していたようです。

また、放火についても、

竪山被告は被告人質問で「自分の体毛が残っていないか気になったため放火した」と説明した。
竪山被告は「体毛や体液が気になり、掃除するより燃やした方が早いと思った」と述べた。

出典: https://raicho.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1307680632/... |
などと供述しています。幾重ものウソや居直りともとれる竪山辰美の反省の色のなさが伺えます。

波床昌則裁判長は判決理由について、「犯行態様は執拗で冷酷非情、結果も重大である。出所後も数多くの犯罪を重ねており、被告の更生の可能性は著しく低い。また、(弁護側の死刑回避の主張に対して)死亡した被害者が1人であっても、極刑を回避する決定的な理由にならない」とした。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%88%B8%E5%A5%B3... |

また、被告が「命を以て償いたい」と話していたにも関わらず、証言が証拠と食い違い真実が述べられておらず反省が認められないとも述べた。裁判員裁判で、殺人の前科のない被告に、1人の殺人で死刑判決が出たのは初めて。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%88%B8%E5%A5%B3... |

裁判員裁判によって行われた1審では、荻野さんが殺害された、いわゆる「松戸事件」の前後に、竪山が強盗致傷や強盗強姦を繰り返していたことなどを重視。「松戸事件」以外の犯行でも刃物を使用しており、場合によっては他の事件でも被害者の生命身体に重篤な危害が及ぶ危険性があった、として「死刑をもって臨むのが相当」と結論づけた。

出典: https://ja.yourpedia.org/wiki/%E8%8D%BB%E9%87%8E%E5%8F%8B... |
裁判員裁判で「死刑」の判決が出たのは8例目なのだそうです。このとき、検事の意見が通ったことになりますが、この時の弁護士の意見は、以下でした。

弁護側は「一生をかけて償わせるのが相当」と死刑回避を求めていた。

出典: https://web.archive.org/web/20110703074044/http://mainich... |

竪山辰美に科されたのは「無期懲役」

誰もが「死刑」で決まりだと思っていた矢先、事態は起こりました。判決が「無期懲役」へと変わってしまったのです。

その判決を言い渡したのは、村瀬均(むらせ・ひとし)裁判長でした。

村井宏彰主任弁護人などの弁護側は死刑判決を不服として即日控訴した。2013年10月8日、東京高等裁判所で一審が破棄され、無期懲役の判決が下された。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%88%B8%E5%A5%B3... |
当時の最高裁判所第二小法廷の裁判長には、元弁護士の千葉勝美(ちば・かつみ)裁判長がいました。

小法廷は、裁判官数人から構成されています。裁判官出身の人を2名、検察官出身の人を0から1名、弁護士出身の人を1から2名、法曹以外(行政官、外交官、学識経験者)出身の人を1名といった人数構成です。つまり、5人での多数決になります。

千葉勝美裁判長は、他に「闇サイト殺人事件」という事件も担当していましたが、その時も似たような状況で「無期懲役」にしています。また、言い分も「松戸女子大生殺害放火事件」と似たものがありました。

その「闇サイト殺人事件」とは、このような事件です。

松戸事件と類似の「闇サイト殺人事件」

竪山辰美に科されたのは「無期懲役」

闇サイト殺人事件(やみサイトさつじんじけん)とは、2007年(平成19年)8月24日深夜に発生した強盗殺人・死体遺棄事件。

インターネット上の闇サイト「闇の職業安定所」で集まった男3人組により、愛知県名古屋市千種区春里町の住宅街路上で帰宅途中の会社員女性A子(事件当時31歳)が拉致され、同県愛西市内で殺害された上、岐阜県瑞浪市内の山中に遺体を遺棄された。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%97%87%E3%82%B5%E3%82%A4... |
この事件でも、松戸市の事件と同じように殺人が行われ、何もしていない一人の女性が残虐な死を遂げることとなりました。

その時の裁判長が、千葉勝美裁判長であり、彼は次のような意見で「死刑」ではなく「無期懲役」を言い渡しました。

事件の被害者は1人で、死刑を選択すべきかどうかが焦点だった。

出典: https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1304A_T10C12A7CC1000/ |
「死刑」を宣告するには、殺害された被害者の人数が最重要事項なのでしょうか?

やむを得ず殺害した殺人事件と、快楽に任せて殺害した殺人事件の罪の重さが、同じに見えるのでしょうか?彼らの日常に組み込まれた犯罪行為は、問題ではなかったのでしょうか?それを法廷という場所で精算し、また清算するのが裁判ではないのでしょうか?
竪山辰美に科されたのは「無期懲役」
法廷で責任を擦り付け合い、逃れようとする犯人たちには、「松戸女子大生殺害放火事件」の竪山辰美と同じく、反省の色が見られませんでした。

このように、裁判員裁判で導き出された判決を覆し、命の重さを前例の無さと人数で決めた裁判結果は、世間に大きな波紋を呼びました。

被害者の母親は加害者全員への死刑適用を求め、刑事裁判終結までの5年間で約33万筆の署名を集め、鳩山邦夫法務大臣・但木敬一検事総長(いずれも当時)に対し請願の手紙を送った。その後も犯罪被害者・遺族に対する支援拡大・権利保護を求め、日本各地での講演活動など積極的な活動を行っている。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%97%87%E3%82%B5%E3%82%A4... |

闇サイト殺人事件については以下の記事で詳しく解説しています。こちらも合わせてチェックしてみてください。

千葉勝美裁判長

見たところ、温厚そうで優しそうな、いわゆるイイ人の印象を受けます。

しかし、これだけの凶悪事件を引き起こした竪山辰美被告に死刑ではなく無期懲役を言い渡したということで、千葉裁判長の判決に対しては疑問の声も多く上がっています。

千葉勝美裁判長に関しては、他にも色々な噂や情報がありますので、気になった方は、ぜひチェックしてみてください。併せて、村瀬均裁判長もどうぞ。

最高裁判所第二小法廷(千葉勝美裁判長)は2月3日付で、東京高裁による無期懲役判決を支持する結論を出した。1審(千葉地裁)は裁判員裁判で審理され、被告人の竪山には死刑が言い渡されたが、2審で破棄されて無期懲役となっていた。一般人が審理に加わって出した判決を、プロの裁判官が覆した格好だ。

出典: https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:cB3... |
裁判員裁判で決まった判決を「被害者は1人だから」という理由で覆されてしまっては、取りつく島もありません。なんのために一般の人間を裁判員裁判で召喚しているのか、意味がないのでは?という声も少なくありません。

罪を内容ではなくて数で裁いてしまうのですから、荻野友花里さんのご遺族と事を見守っていた人たちはやり切れない思いでいっぱいのはずです。

しかし、判決は判決です。やり切れない気持ちを抱えたまま、「松戸女子大生殺害放火事件」は、終息へと向かっていきました。

なぜ荻野友花里さんはターゲットにされたのか?

「松戸女子大生殺害放火事件」において、なぜ荻野友花里さんがターゲットにならなければいけなかったのでしょうか?

犯人との接点は?何か特筆すべき理由があったのでしょうか?

被害者:荻野友花里さん

被害者の荻野友花里さんは、千葉県松戸市松戸のマンション2階に住む、千葉大学園芸学部の4年生でした。当時21歳で、明るく活発な性格だったようです。

被害女性は兵庫県出身で高校時代も陸上部の主将、3年の運動会で応援団長を務めるなど、明るく活発な人物だったという。また、大学卒業後は教員になるべく、試験に向けて勉強を重ねていた最中だった。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%88%B8%E5%A5%B3... |
千葉大学を卒業後に教員になろうとしていたようで、優しさや勤勉さが伺えます。

こうして、少し調べただけでも竪山辰美よりも多くの情報が出てくるので、犯人ばかり守り被害者の人権が守られにくい状況にあるというのも頷けます。

荻野友花里さんの2つの顔

荻野友花里さんは、学生業の他に仕事をしていました。それは、キャバクラで働くキャバ嬢のアルバイトです。

一般的には、キャバ嬢と聞くと、あまり良いイメージはありませんね。水商売の部類ですので、なるべくなら入らない方が良い世界という認識が、世間一般にはあることでしょう。

しかし、荻野友花里さんの仕事がなんであれ、事件が起こってもいい理由にはなりませんし、竪山辰美が犯罪の対象にしていい免罪符にも、当然なりません。

当然のことであるはずですが、今回の「松戸女子大生殺害放火事件」で、荻野友花里さんがキャバ嬢をしているという情報をリークしたマスコミが、こぞって週刊誌に掲載してしまいました。この写真もその当時のTVに上がったものです。

荻野友花里さんの職業の偏見と憶測

荻野友花里さんの職業の偏見と憶測
荻野友花里さんのアルバイトが、キャバ嬢だと知ったマスコミは、事件の勝手な憶測を始めます。もっともらしく書かれた記事は、すぐに取り上げられ、瞬く間に広がっていきました。

「夢は農家・夜はキャバ嬢・千葉大生2つの顔」(週刊文春)

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%88%B8%E5%A5%B3... |

「彼と別れたばかりで殺された美人女子大生。キャバクラ勤めの稼ぎ方」(週刊新潮)

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%88%B8%E5%A5%B3... |
週刊誌で注目を浴びたネタは、すぐTVのワイドショーなどに使用されました。こうして、荻野友花里さんの仕事が一般の人に知れ渡るようになり、事態はどんどんこんがらがっていきます。

週刊誌側は、さらに荻野友花里さんの特ダネを探し始め、最終的には警察の捜査に支障をきたすところまできてしまったのです。

元警察幹部は週刊誌の取材で「被害者が全裸で抵抗した形跡も無く、遺体には布団がかけられていた。さらに放火などという作業もしており、男女のもつれによる顔見知りの犯行」などと答えて、捜査を混乱させた。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%88%B8%E5%A5%B3... |
この証言では、まるで荻野友花里さんと竪山辰美に面識があるように聞こえます。週刊誌といえども、元警察幹部へ取材をしたことで、信憑性も上がってしまいました。それにより、事件解決に余計な時間がかかってしまったのです。

松戸事件で問われるマスコミの姿勢

松戸事件で問われるマスコミの姿勢
結局、週刊誌やTVが報道した荻野友花里さんの個人的な情報は、キャバ嬢であること以降はデタラメばかりでした。さまざまな憶測を流し、警察の捜査を撹乱し、世の中を混乱させた週刊誌側の人間だけが、私腹を肥やすこととなったのです。

中にはデタラメではない報道もありましたが、事件には特に関係なさそうなプライベートの情報などが目立ったように見えました。流石に、行き過ぎた報道だったのではないでしょうか?

報道の自由とはいえ、それを盾にして一切責任を取らないのは、今や社会的に大問題です。プライベートをさらされて傷つく被害者が出る以上、モラルの側からも重視するべきなのが、大人としての責任ある行動だといえるでしょう。

週刊誌側も、何の罪もない被害者の荻野友花里さんの個人情報より、犯罪者である竪山辰美側の報道を多くしていたら、賞賛されていたのかもしれませんね。

竪山辰美の犯罪歴

竪山辰美の犯罪歴
さまざまな問題点の多い「松戸女子大生殺害放火事件」ですが、竪山辰美は、なぜこの犯罪を行おうと思ったのでしょうか?

荻野友花里さんの事件の場合は、お互いに全く面識がなく、竪山辰美が荻野友花里さんの部屋に「入りやすそうだ」と判断したからこその犯行でした。いわゆる、流れの犯行というものです。流れの犯行で荻野友花里さんの家を選び、かつ、その後の流れに計画性のある犯行となれば、常習犯の臭いがしてきます。

実は、竪山辰美には、度重なる犯罪歴があったのです。

繰り返される竪山辰美の犯罪

繰り返される竪山辰美の犯罪

何人の女を強姦したか覚えていない。殴って蹴って、本当に厭がったのはひとりだけだった。強姦してやると女はうれし泣きするものだ。長いあいだそう思ってきた。

出典: https://www.news-postseven.com/archives/20110705_24866.html |
このショッキングな発言をしたのは、他でもない竪山辰美でした。「松戸女子大生殺害放火事件」の後の話しです。

犯罪を重ねる度に、どんどん頭の中で都合の良い解釈を繰り返した結果、このように考えを歪ませてしまったのでしょう。

では、一体、竪山辰美はどのような犯罪歴を重ねてきたのでしょうか?

少年院へ送り込まれた18歳

繰り返される竪山辰美の犯罪
竪山辰美の犯歴は、18歳から始まりました。その内容は、自分で誰かに犯罪をしようと率先したようなものではなく、犯罪をもちかけられた受け身の話でした。それも、親戚の叔父からです。

少年院に入る前の18歳のころ、母親の弟・叔父らのグループと交友していた。

 車で町に出て「あの女をナンパしてこい」といわれる。女がうまくついて来ると車に乗せる。運転する大人が「いやあ、私は送って行くだけだから」と騙し、アパートに連れ込んで皆で強姦した。

可哀そうだからと、少年の竪山が逃がしてやったことがあった。大人たちに殴られた。以降、ナンパで連れ込む強姦を繰り返した。

出典: https://www.news-postseven.com/archives/20110705_24866.html |
最初こそ「可哀相だから」という気持ちはあったようですが、その後もズルズルと叔父のグループと関係をもって、泥沼にはまってしまっていることが分かります。

一等親ではないこともあり、大人になり社会に出てから分別を付けなおすこともできたはずですが、竪山辰美は改めることなく、そのままの道を進んでしまいます。

中学卒業後に仕事に就き社会人となっていることからも、叔父たち大人の存在が年功序列のように感じられたり、人生の先輩のような存在に思えてしまったというのもあるのかもしれません。

「なんどもやったが、みんなはじめは嫌々といい、あとで、いいといった」

出典: https://www.news-postseven.com/archives/20110705_24866.html |
強制的に強姦した女性に対し、そう思ってしまうほど、18歳の竪山辰美の精神は歪んでしまっていたようです。

そして、事件は発覚し、「傷害、詐欺」で竪山辰美は中等少年院へ送られることになりました。

窃盗を働いた20歳

繰り返される竪山辰美の犯罪

20歳で〈窃盗〉。懲役1年執行猶予3年。

出典: https://www.news-postseven.com/archives/20110705_24866.html |
18歳で「傷害罪、詐欺罪」を起こしている竪山辰美は、20歳で「窃盗罪」で逮捕されていました。犯罪に犯罪を重ねていく様が分かります。犯罪の種類に関係なく、犯せば裁かれるということがそろそろ分かってもいい頃ですが、竪山辰美の犯罪はまだ続きます。

「強姦」「窃盗」で逮捕された23歳

繰り返される竪山辰美の犯罪

23歳で、駐車場で車に乗る女を押しこみ、「殺すぞ」と脅し、自分の部屋に連れて行って強姦。2万3300円と、通帳、カードを奪って懲役7年。

出典: https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0705/sgk_110705_... |
23歳にして、とうとう自らの行った強姦罪で逮捕されています。また、強姦だけでなく現金とカードも奪っていることから、この頃には既に、竪山辰美は欲望のままに女性を狩っていることが分かります。

「強奪」で刑務所服役の41歳

繰り返される竪山辰美の犯罪

41歳で、21歳の女のマンションに侵入。「騒ぐと殺す」と脅し、5万7000円とカード1枚を強奪。これが月形刑務所の服役7年となった。友里さん殺害の2週前にも、竪山は同様の手口〈住居侵入〉〈強盗強姦〉を犯している。

出典: https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0705/sgk_110705_... |

これが原因で妻子から縁を切られた。

出典: https://matome.naver.jp/odai/2153455888134607501 |
とうとう41歳になっても、竪山辰美の犯罪行為は、落ち着くことも直ることもありませんでした。彼は、いくら懲役を重ねても、再犯することを選び取ってしまうのです。

毎回のように行う窃盗と強奪ですが、莫大な金銭が手に入るという方法でもありませんので、快楽と欲望のほうが先行していたのでしょう。この頃の彼自身に犯罪行為が根付いているようにみえます。

出所後「松戸女子大生殺害放火事件」前

繰り返される竪山辰美の犯罪
7年間の服役を経て出所した竪山辰美の、「松戸女子大生殺害放火事件」を起こす前の行動の様子です。

竪山は殺害事件を起こす前月の2009年9月1日に刑務所を出たばかりだった。
刑務所での作業報奨金など合計46万円の所持金があった。その後、上京して、サウナやネットカフェに宿泊して過ごした。

出典: https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:cB3... |

3日後の9月4日にはキャバクラで15万円を使い、所持金が一気に減ってしまった。9月中旬にはさらに金が減り、空き巣を働き始める(これらは起訴されていないが、竪山曰く18万円ほど盗んだという)。

出典: https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:cB3... |
これを読む限りでは、どこに居つくでもなく、生活に計画性があるワケでもないことが分かります。一般的には、これからの生活のために住む場所や職を探すものですが、竪山辰美は、そのわずかな金で豪遊し、真っ当に稼がずに窃盗などの犯罪に走っています。

あれだけ服役しても、全く改善されていないどころか、いまだに常習性があるように見えます。

「松戸事件」の前後の犯罪

繰り返される竪山辰美の犯罪
竪山辰美は、「松戸女子大生殺害放火事件」前後にも大量の犯罪を起こしています。中には報道されていないものも多く、それは悲惨な事件もありました。

それらをまとめたものが、こちらになります。

(1)9月16日 住居侵入、窃盗(被害者Aさん・男性・佐倉市)
(2)10月2~3日 住居侵入、強盗致傷(被害者Bさん・76歳女性・松戸市)
(3)10月6日 住居侵入、窃盗(被害者Cさん・男性・佐倉市)
(4)10月7日 住居侵入、強盗致傷(被害者Dさん・61歳女性・佐倉市。Dさんとその夫、娘Eさんと3人暮らし)
  住居侵入、強盗致傷、強盗強姦、監禁、窃盗(被害者Eさん・31歳女性・佐倉市〜成田市)
(5)10月20~22日 住居侵入、強盗殺人、窃盗、現住建造物等放火、死体損壊等(被害者Fさん・21歳女性・松戸市被害者方、JR松戸駅周辺ATM)
(6)10月31日 強盗致傷(被害者Gさん・22歳女性・印西市の病院駐車場)
(7)11月2日 住居侵入、強盗強姦未遂(被害者Hさん・30歳女性・印旛郡)
(8)11月13日 住居侵入、窃盗(被害者Iさん・男性・印旛郡)

出典: https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:cB3... |
全部で8つ、9人の被害者です。こうして見るだけでも、ため息の出るような多さです。

荻野友花里さんが被害者となった千葉県松戸市の「松戸女子大生殺害放火事件」は、10月20日に起こったので、その前後にも大量の犯罪を犯していることが伺えます。荻野友花里さんが特別に狙われたというよりは、強盗、強姦をする人間を片っ端から探していたというほうが合っていそうです。

罪名のおかしい事件

繰り返される竪山辰美の犯罪
上記の11月2日の犯行には、酷いものがありました。

竪山はこの日、家の主が出勤するのを見届けた午前8時40分ごろ、民家に侵入。二人の幼い子どもたちがいる前で女性を緊縛し、右手で頭を殴打して「騒げば、殺す」と脅迫。おびえて身動きを止めた女性を強姦しようとしたところ生理中と知るや、なんと、女性の肛門で射精していたのだ。

出典: https://ja.yourpedia.org/wiki/%E8%8D%BB%E9%87%8E%E5%8F%8B... |
普通なら「強姦罪」が適用され、裁かれそうなものですが、当時の判決は酷いものでした。

刑法では、これは性交とみなさないため、『強姦未遂』。

出典: https://ja.yourpedia.org/wiki/%E8%8D%BB%E9%87%8E%E5%8F%8B... |
繰り返される竪山辰美の犯罪
こう聞くと恐ろしくてなりません。同じかそれ以上に酷い被害が出ているのに、裁けないなんて、法とは何だったのかと言いたくなってしまいます。

しかし、現在では刑法が改定されており、被害者が男性であった場合にも、「強姦罪(今では『強制性交等罪』)」が適用されるようになっています。

強制性交等罪(きょうせいせいこうとうざい)とは、暴行又は脅迫を用いるなど、一定の要件のもとで男性器を性器、肛門又は口腔へ挿入し、または男性器をこれらに挿入させる行為を内容とする日本の犯罪類型。刑法177条から180条に定められている。
性犯罪の中で最も重い犯罪とされる。かつては被害者が女性の場合のみに限定されていた強姦罪(ごうかんざい)が存在した。改正刑法案が2017年(平成29年)6月16日に可決成立[1]、同年6月23日に公布、7月13日施行され、これにより強姦罪は廃止され継承類型としての本罪が改正施行された。

本罪では、男性が被害者の場合や、(男性器と)肛門または口腔を使用した場合を含め、性別不問の規定となり、また非親告罪となっている。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E5%88%B6%E6%80%A7... |

竪山辰美の罪状

繰り返される竪山辰美の犯罪
こうして竪山辰美の犯歴を見てみるだけでも、住居侵入罪に傷害罪、詐欺罪や強盗罪に強制性交等罪、強盗致傷、監禁、殺人に放火と、数えていたらキリがないと思うほどの量です。

こんな凶悪犯が、余罪を作り出しながら「松戸女子大生殺害放火事件」を起こしたのです。そして、死刑ではなくて無期懲役になりました。そういったことから、日本は犯罪者に優しいと言われてしまう風潮が出てきているのでしょう。

竪山辰美のその後

竪山辰美のその後
「松戸女子大生殺害放火事件」で「無期懲役」を言い渡された竪山辰美は、その後どうしているのでしょうか?今後は出てくるのでしょうか?

そんな気になるところを見ていきましょう。

そもそも「無期懲役」とは?

そもそも「無期懲役」とは?
「無期懲役」と一口にいっても、普段身近ではないことや聞きなれない言葉だと、漠然と解釈をしてしまうことはあります。特に「終身刑」と混同してしまうなんてことは、よく聞く話しでもあります。

そんなモヤモヤを打開するべく、ここでは「無期懲役」について見ていきましょう。

無期懲役は、「懲役の期間を決めずに刑務所に服役させること」ですが、終身刑は「死ぬまで刑務所から出られない」と断言することです。

出典: https://keiji-pro.com/columns/53/ |

「無期懲役刑だから一生刑務所から出られない」という考えには若干の誤りがあり、無期懲役とはいえ刑務所から出てこられる可能性はあります。
(中略)
しかし、無期懲役で刑務所から出てこられたとしても監視下に置かれ続けます。これは、無期懲役での釈放は、刑期が満了する前に出所する仮釈放となるためです。仮釈放となると保護観察所に月に2回行かなければなりません。

出典: https://keiji-pro.com/columns/53/ |
「無期懲役」と「終身刑」、この2つは、一見似たような意味合いに聞こえてしまいがちです。「『無期懲役』は、無期限で永遠に懲役させられる制度」のように解釈をしていた、などの話しも耳にしたことがあります。

しかし、「出られる可能性がある」と「出られない」という2つでは、全く重さが違います。「無期懲役」もさまざまな理由で執行される人がいるでしょうから、その中でも模範囚や更生の余地がありそうな人には、仮釈放が適用されるようです。

竪山辰美が出所することはあるのか?

そもそも「無期懲役」とは?
「松戸女子大生殺害放火事件」や数々の余罪を犯してきた竪山辰美は、今後出所することはあるのでしょうか?出所しては再犯を繰り返しているだけに、気になるポイントです。

実際に無期懲役で釈放されることは稀で、最短でも入所後30年以降

出典: https://keiji-pro.com/columns/53/ |
それでは、事件を起こした30年後に出てきてしまうのでしょうか?約50歳から30年経っているとはいえ、今の日本は高齢化が進み、元気に活動するご老人が増えてきていますから心配は募ります。

しかし、そこは刑法ですから、「仮釈放が認められる基準」というものが存在します。

「犯罪をした者及び非行のある少年に対する社会内における処遇に関する規則」の第28条に仮釈放に関して記載があり、それを簡単に説明すると、「服役者本人に、更生の意欲があり、再犯のおそれがなく、保護観察を付け社会に返す事で改善につながり、更に、社会的感情がこの事を許すようであれば」認められる可能性があります。

出典: https://keiji-pro.com/columns/53/ |
更生の意欲がある、再犯をしないなど、どの要素をとっても竪山辰美が出所をするような要素はなさそうです。しかし、これまでも驚くような判決が出ていることから、その可能性は全くのゼロとはいいにくいですね。

竪山辰美は文通をしていた

「松戸女子大生殺害放火事件」という決定的な事件を起こした竪山辰美は、「無期懲役」をの判決を受けて服役することになりました。大概の裁判は、一般の人も傍聴することができます。竪山辰美の裁判も傍聴が可能でした。

そこに、とある傍聴ライターが、竪山辰美の事件を見て好奇心を抱きました。その結果、文通をするという事になったというのです。

法廷では「気の小さそうな、頭の薄いおじさん」と見えた男が犯した凶悪な事件。その裁判を傍聴した私は、彼がどんな人間なのかを確かめたくて、面会や文通を重ねた。

出典: https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:cB3... |
「人の心もないような凶悪な犯罪をする人間」と「写真や動画、実際に見る人間」が本当に同じ人物なのか、その静と動の差からは想像が難しく、疑問に思うことは多々あると思います。この傍聴ライターも同じような気持ちだったのでしょうか。

文通のやりとりを抜粋すると、以下のような内容でした。

私は、この竪山と、2011年から2012年までに複数回、面会し、17通の手紙を受け取っている。その前に、千葉地裁で1審の公判も傍聴している。
(中略)
初めて千葉の拘置施設を訪れたのは、2011年の7月だった。
(中略)
その見た目はいたって普通で、とても強盗殺人や強盗強姦といった凶悪犯罪を立て続けに起こした人間には見えなかった。法廷で見たのと同じく、気の小さそうな、頭の薄いおじさんだった。
(中略)
本人はあまり語りたくないようだった。
(中略)
女性ばかりをターゲットにして危害を加え続けてきた竪山だが、そのことについて、手紙や面会で言及することはなかった。
(中略)
少し神経質ではないかと感じさせることもあった。私あての手紙の中で、差し入れ品について、こんな注文をつけてきたことがある。

「差し入れしてくれた食品に苦手な物は何もありませんでしたが、さんまの生姜煮を食べた後ゴミが直に出せないのでしばらく部屋に置いて置くので臭いが酷いでした。出来れば菓子類か、甘味品等が良いです」(原文ママ)

また、自己嫌悪から逃れたいと、自殺を図ったこともあるという。
(中略)
「刑務所の辛さ苦しさを充分わかっていたはずなのに、安易に犯罪に向かった自分が今でもわかりません」(手紙より)

私と交流のあった当時、竪山は1審の死刑判決を受け、死におびえていた。いまはどんな心境なのか。

出典: https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:cB3... |
竪山辰美は文通をしていた
一連のやり取りを終え、神経質さや死に怯えるといった竪山辰美の人間らしさを垣間見た傍聴ライターでした。しかし、そのやり取りの中で「松戸女子大生殺害放火事件」の手口や荻野友花里さんを殺害した事件の核心に迫ることはできなかったようです。

傍聴ライターが事件のことを質問しても、言い訳のようなことや「頭が真白になり、あまり覚えていない」といった具合に、はぐらかされています。

しかし、これだけやり取りをしても、傍聴ライターにはこう見えたそうです。

凶悪犯の素顔は「ごく普通のおじさん」だった

出典: https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:cB3... |

残された両親の想い

残された両親の想い
加害者が1人だから、被害者が同じく1人だということは、ほぼありえません。「松戸女子大生殺害放火事件」での実質的な被害者は、荻野友花里さんですが、その残された家族もまた、事件の被害者なのです。

「松戸女子大生殺害放火事件」で犯人が逃走、警察が捜査をして犯人を逮捕し、その裁判が行われている一連の陰では、荻野友花里さんの両親も必死に戦っていました。

家の電話が鳴り、受話器をとると、
(中略)
「松戸警察の○○です。荻野友花里さんの自宅が火事で友花里さんが焼け死にました。遺体の確認に来て下さい。」
(中略)
何度聞いても何を聞いても全く信じる事が出来ません。外にいた夫に「友花里が焼け死んだんだって。」と、言うのが精一杯。
(中略)
一人になると不安に押しつぶされそうで、娘の携帯に何度も何度もかけ続けましたが、「電源が入っていません。」と、メッセージが流れるだけで、つながる事は一度もありませんでした。

出典: https://www.nnvs.org/hvoice/post-4423/ |
両親が裁判などの奮闘に至る、悲しい始まりが記載されていました。引用は長文だったため、抜粋させていただきました。

荻野友花里さんの父・荻野卓さんの手記

荻野友花里さんの父・荻野卓さんの手記
犯人逮捕前に、父・荻野卓(おぎの・たかし)さんが書いたとされる手記もあります。手記は、県警を通じて発表されました。

友花里ちゃん、守ってやれなくてごめんね。
堪忍して。
友花里ちゃん、司法解剖、痛かったろうね。頑張ったね。
幼い頃から頑張って、頑張って最後の力を振り絞って頑張ったから犯人は捕まるよ。
父さん、弱虫だけど警察の人は悔し涙を流して、頑張ってくれているから犯人は捕まるよ。

出典: https://matome.naver.jp/odai/2140333827096131101 |

裁判の結果を聞いて

裁判の結果を聞いて

荻野さんの両親は、被害者参加制度で出廷。
  母美奈子さんは、竪山被告が部屋が燃える様子を供述し始めると、
  メモを取っていた手を止め、タオルを顔に押し当てて動こうとしなかった。

出典: https://raicho.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1307680632/... |
愛する娘を残虐に殺害された荻野友花里さんの両親は、荻野友花里さんの無念を晴らそうと、胸が引き裂かれる思いであろう裁判も傍聴して戦いました。

そして、「死刑判決」を手にしたときには、どんなに喜んだことか知れません。荻野友花里さんを供養できたという気持ちもあったのでしょう。

私と夫は被害者参加制度を利用して、物言えぬ娘に代わり、共に臨みました。平成23年6月8日から始まった裁判は、1か月をかけ、本当に丁寧に、しっかりと審議され、厳しく的確な裁判でした。

出典: https://www.nnvs.org/hvoice/post-4423/ |

母美奈子さん(58)は「苦しい毎日だったが、被害者みんなが事件と向き合い、私たちの思いが裁判員裁判に生かされた。みんなで勝ち取った判決です」とほっとした様子を見せた。

出典: https://web.archive.org/web/20110703074044/http://mainich... |
裁判の結果を聞いて
しかし、そんな矢先に起こったのが、裁判員裁判の「死刑」判決を覆した「無期懲役」の問題でした。

「私も主人も、頭が真っ白になりました」と美奈子さん。卓さんも「え?!あんだけ何日もかかって死刑(判決)をもらったのに、と思った」と振り返る。

出典: https://ja.yourpedia.org/wiki/%E8%8D%BB%E9%87%8E%E5%8F%8B... |

「私らの無念を晴らしてくれるのは、裁判だと思っています」と卓さん。

出典: https://ja.yourpedia.org/wiki/%E8%8D%BB%E9%87%8E%E5%8F%8B... |
裁判の結果を聞いて
この裁判結果について物申したいのは、荻野友花里さんの両親だけではありません。さまざまな年代の老若男女が、憤りを見せながら反対意見をしました。

以下が、その声の一部です。

「先例主義ならロボットが判断すればいい」(全国犯罪被害者の会の松村恒夫代表幹事)

出典: https://ja.yourpedia.org/wiki/%E8%8D%BB%E9%87%8E%E5%8F%8B... |

他にも、似たような裁判結果を宣告された事件は多く、そういったことに憤りを見せている人もたくさんいました。こちらが、その声の一部です。

全国被害者支援ネットワークとは?

全国被害者支援ネットワークとは?
全国被害者支援ネットワークとは、「松戸女子大生殺害放火事件」の被害者である荻野友花里さんの両親が相談・支援を受けている機関です。

具体的には、どのような機関なのでしょうか?

12月7日の四十九日を前に友花里の荷物整理をしに行った時、警察本部の被害者支援室の方と一緒に紹介を受けました。「困った時には何でも御相談下さい。」と、パンフレットも頂きました。
自分達のおかれている状況が被害者遺族であることすらまだ実感がありませんでした。

出典: https://www.nnvs.org/hvoice/post-4423/ |

一般人には普段あまりかかわりのない、経験もない裁判のこと、弁護士の事、法律的な手続き等、何から何まで教えて頂き、時として毅然とした態度で、検察官や弁護士にも被害者側の考えや意見を述べて下さいました。

出典: https://www.nnvs.org/hvoice/post-4423/ |

私たち全国被害者支援ネットワークは、全国48の加盟団体とともに犯罪被害者と被害者家族・遺族がいつでもどこでも必要な支援が受けられ、その尊厳や権利が守られる社会の実現を目指して活動しています。

出典: https://www.nnvs.org/network/sengen/ |
全国被害者支援ネットワークとは?
被害者支援の機関とのことで、警察でも勧めているようです。

こういった事件の被害者側は、通常ほとんどが法や裁判に詳しくない普通の一般人です。そんな人たちが、いきなり弁護士を雇ったり、裁判をしたりと、慣れないことをテキパキするのは難しいものです。そこをフォローしてくれる機関が存在するということは、とても心強いでしょう。

全国被害者支援ネットワークは、それだけではなく、心のケアもしてくれるのだそうです。被害者にとって、これほど大きな心のよりどころはないはずです。

事件から6年目になろうとしてますが、今日まで何とか乗り切ってこれたのは、センターの御支援があったからこそです。裁判は全て終わり、残念ながら納得のいく結果ではありませんでしたが、センターとの結びつきが心のより処どころとなって、いつまでも甘えています。

犯罪被害者の遺族にとって、生きている限り、悔しさ・無念さ・自責の念・苦しみの中、日々生活を送らなければならない事は、これからも続いていきます。年月が経てば、その分更に深く大きなものになってくるのです。
被害者側にとってはセンターの御支援はなくてはならない存在なのです。

出典: https://www.nnvs.org/hvoice/post-4423/ |
この機関を利用している被害者方の傷が、一日でも早く癒えることを祈るばかりです。

「松戸女子大生殺害放火事件」から学ぶこと

「松戸女子大生殺害放火事件」から学ぶこと
「松戸女子大生殺害放火事件」は、民意を多く反映した「死刑」ではなく、プロの裁判官により「無期懲役」となりました。裁判官が「無期懲役」を判定した理由を列挙していましたが、既に裁判員裁判でクリアできているところであったにも関わらず、そこを無視しての判決でした。

実際、裁判官自ら下した判決で、本当に正しかったのかと裁判官自身が罪の意識に苛まれるという例も耳にします。それほど重い役回りである立場ではありますが、今後「松戸女子大生殺害放火事件」と同じ轍を踏まないためにも、彼らのような裁判官は、裁判員制度との共生を図ってみたほうが良さそうです。

裁判員制度は、「国民の理解しやすい裁判」を作るためのシステムですから、これでは導入前と変わりません。ぜひ、これからの質を高めるためにも検討してもらいたいものです。

Related