Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】おでこが広い人に似合う髪型を紹介!狭く見せる前髪は?
2019年03月08日

【男女別】おでこが広い人に似合う髪型を紹介!狭く見せる前髪は?

おでこが広いのがコンプレックスという人は多いですよね。そんな人は髪型を変えてみてはいかがでしょう。広いおでこは見方によってはチャームポイントにもなるのです。この記事では、芸能人の髪型を参考にしながら、おでこが広い人に似合う髪型を男女別にたっぷりとご紹介します。

おでこが広いってどうなの?

おでこが広いってどうなの?
自分の顔について、コンプレックスを抱えている人は少なくないですよね。その中でも、「おでこが広い」ということで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

おでこが広いというコンプレックスに関して、他の人がどう思っているのかということも気になるものです。でも、一人で悩んで苦しむ必要はありません。

おでこが広い人でも、その個性を生かした髪型にすることでおしゃれを楽しんではいかがでしょう。この記事でご紹介する髪型を参考にすれば、おでこが広いことをチャームポイントに変えられる可能性だってあるのです。

おでこが広い人はどう思われてる?

おでこが広い人はどう思われてる?
おでこが広いのが嫌…と悩む人は多いですが、他の人はそのことをどう思っているのでしょうか。気になる人のために、まずは「おでこが広い」ということに関してよく聞かれる意見をご紹介します。

「理想的なおでこ」や「おでこが広い人」に対する自分以外の考えを知ることで、案外そこまで悩み過ぎる必要はないということに気付けるはずです。

広いおでこに対する皆の意見をチェックしていきましょう。

おでこは顔の3分の1が理想!

そもそも、どこからが「おでこが広い顔」なのでしょうか。具体的には、おでこの割合が顔の3分の1を超えるとパッと見た時におでこが広く感じられることが多いと言われています。

というのも、おでこの割合が顔の3分の1というのが理想的なのです。それを超えるとおでこが広いということになるので、ちょっと広いくらいなら逆に理想に近いとも言えますね。

おでこはチャームポイントになり得る

おでこはチャームポイントになり得る
「おでこが広いと可愛い感じがするし、お人形みたいでむしろうらやましい。」(19歳/女性)

「おでこが狭いよりは、広い方がいいんじゃないかな。」(25歳/男性)
よく聞かれるのはこのような意見です。広いおでこに対してお人形のようで可愛いとか、狭いよりは広い方がいいと思っている人は少なくありません。そう考えると、広いおでこをチャームポイントと捉えることもできるのではないでしょうか。

おでこが広いのは美人の条件!


このあと詳しくご説明しますが、おでこが広いと顔のバランスが良く見えることも多いです。広いおでこを持つ美人さんもたくさんいます。おでこが広いのは恥ずかしがることではなく、美人に見えるために役立っていると考えてみてはいかがでしょう。

おでこが広いメリット

おでこが広いメリット
おでこが広いのも意外と悪くないかも…ということで、具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。広いおでこについて、チャームポイントや美人の条件と捉える理由は次のとおりです。

明るく活発に見える

おでこが広いと、顔のパーツが必然的に中央から下の方にまとまって見えます。そうすると、実年齢よりも少し幼く可愛らしい顔立ちになります。それが若々しく明るい雰囲気を感じさせるのです。

また、広いおでこが見える髪型にしていると目元もすっきりと見え、活発な印象を与える効果があります。

知的に見える

知的に見える
おでこが広いと幼く見えることもありますが、同時に知的な印象も与えます。特に前髪を上げる・伸ばして分けるなど、おでこが出ていることでスッキリと清潔感を感じられますし、頭の形が整って見える効果があるのです。

おでこや頭のラインがキレイだと、きちんとした賢い人という雰囲気が出るので、知的に見えるのでしょう。おでこが広いと脳みそもたくさん詰まってそうなイメージも抱かれそうですね。

社交的に見えて親しみやすい

おでこが広いことで顔が明るく親しみやすく見えるので、なんとなく話しかけても大丈夫そうと人から思われるというメリットもあります。

特に自分から何もしなくても、広いおでこに親しみを感じた人が寄ってきてくれるので、自然とたくさんの人と親しくなれて本当に社交的な性格になったという人も少なくありません。

顔のバランスが良く見える

先ほど広いおでこは美人の条件ともお伝えしましたが、おでこが広いことによって顔のパーツが広がって見えることがありません。

おでこが狭いと顔のパーツが広がって見えたり顔が大きく見えてしまいますが、広いおでこの人は顔のパーツが集まって見えるため、顔全体のバランスが整いやすいのです。

おでこが広いデメリット

おでこが広いデメリット
おでこが広いことによるメリットはありますが、やはり悩みを抱えるほどのデメリットも存在するのが実際のところです。多くの人が悩む原因ともなるデメリットには、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

顔が長く見える


顔のバランスが良いので顔が広がって見えないメリットがある反面、おでこの面積も含めて考えると小顔とは言えない…と思っている人は多いです。やはり、おでこが広いぶん顔が大きい・長いと感じてしまうのでしょう。

特に女性は顔の大きさを気にする人もいれば、頭が大きく見えるのでは…と心配する人も多く、おでこが広いことで顔や頭が人よりも大きめになってしまうケースは実際少なくありません。

ハゲて見える


もともとおでこが広いだけで薄毛ではない人でも、おでこが広いことで髪の生え際が後退しているように見えてしまうことがあります。特に男性はこのことでコンプレックスに感じる人が多いです。

ただおでこが広いだけなのに禿げあがっているように見えてしまうのは、本人にしてみれば心底悲しいことでしょう。

おでこのシワが目立ってしまう

おでこのシワが目立ってしまう
おでこが広いと露出する面積も大きくなりやすいため、シワがあるとおでこが狭い人に比べてどうしても目立ってしまいます。

なるべくおでこにシワが寄るような表情をしないよう気を付ければいいのかもしれませんが、やはり加齢とともにシワは避けられなくなってくるでしょう。

冬はおでこが寒い


面積が広いぶん、風を受けて寒く感じやすくなってしまうというデメリットもあります。逆に夏はおでこから汗が噴き出て汗だくになってしまう人も多いとか。

おでこが広いと寒さ・暑さ共に厳しい環境の洗礼を受けやすくなってしまうのは、意外と気付かれにくいデメリットです。

おでこが広い人に似合う髪型《女性編》

おでこが広い人に似合う髪型《女性編》
メリットもいろいろあるけれど、やはりデメリットも気になるという人が多いのではないでしょうか。でも、そんな悩みを改善する方法があります。それが、髪型の工夫です。

ここではおでこが広い人におすすめの髪型を男女別にご紹介していきます。おでこが広いことで有名な芸能人の方々の髪型を参考に、おでこで悩む生活から抜け出しましょう。

眉ラインに下ろした自然な前髪

広いおでこを隠したいなら、前髪をおろすのが手っ取り早い方法です。ただし、シースルーバングと呼ばれる薄い前髪は、おでこが透けて見えるため隠したい場合はおすすめできません。

この画像の吉岡里帆さんのように、前髪を眉ラインに厚めにおろした髪型なら、広いおでこも自然と目立たなくなります。

フルバングのパッツン前髪もおでこは隠れますが、ストレートすぎる前髪はおでこの長さが強調されるので、このような無造作な髪型の方が似合うでしょう。

前髪をながしておでこを小さく

おでこを隠すために前髪を厚めにおろす髪型だけでなく、こちらの優木まおみさんのように前髪を斜めにおろして少しおでこを見せる髪型もおすすめです。

ポイントは、おでこを三角形に見せること。広いおでこを自然と包むような感じの長めの前髪で、生え際はうまく隠しながらおでこだけキレイに見せることができます。

おでこ全開の髪型は気が引けるけれど、チャームポイントを完全に隠すのも嫌という人には、ぜひ試してほしい髪型です。

おでこを見せたボリュームロング

あえておでこを全部出しちゃうというのも、意外と可愛く美人に見せる効果があります。安室奈美恵さんはおでこが広めのドーリーフェイスがキュートですよね。おでこが広くても、髪型にボリュームがあれば視線を散らすことができておでこが目立ちません。

こちらの画像のように、ボリュームのあるロングパーマもおすすめの髪型の一つです。おでこ全開でペタンコの髪型だとのっぺりして見えますしおでこも目立ってしまいますが、このような顔を包むような華やかな髪型ならチャームポイントを生かせるのです。

おでこ出しナチュラルロング

先ほどの安室奈美恵さんほどのロングスタイルが難しいという場合は、沢尻エリカさんの髪型もおすすめです。こちらもおでこは全開ですが、顔周りを包むようなレイヤーが入っているため、広いおでこが目立つことなくバランスが良く見えます。

おでこを出しても、レイヤーやパーマで程よくボリュームのある髪型なら、縦ラインが強調されないので安心です。ロングでもミディアムでもショートでも、ペタンコではなくふわっとした髪型を意識するといいでしょう。

短めのパッツン前髪とボリュームのあるボブ

個性的な髪型が好きな人におすすめなのが短めの前髪です。こちらの木村カエラさんのように、まゆ毛の上でかなり短く切り揃えられた前髪も、おでこの広さをカバーしつつ、明るく活発な印象を与える効果があります。

さらにこちらの髪型は耳の下あたりのボブで横のラインができているため、面長な顔を小顔に見せるメリットもあるのです。横にボリュームがある髪型にすれば、おでこの広さが全然目立ちませんね。

丸みのあるショートボブ

ショートにするなら、ホラン千秋さんのように丸いシルエットにカットすると、縦と横のバランスが良くなります。このような「ひし形シルエット」は、おでこが広い人や面長な人に似合う髪型の定番です。

このショートボブならふんわりとボリュームがあるため、前髪をもう少し短くカットしてもおでこが目立ちません。ペタンコのショートではおでこが強調されてしまうので、丸みがある横のボリューム程良く出ているというのがポイントです。

おでこが広い人に似合う髪型《男性編》

おでこが広い人に似合う髪型《男性編》
広いおでこを隠すための髪型だけでなく、出しても似合う髪型もあることをお伝えできた女性編でした。では、男性編はどうでしょうか。

男性芸能人にもおでこの広い人はたくさんいますが、皆さんそれぞれ個性的でおしゃれな髪型でキメていらっしゃいます。そんな中でもおすすめの髪型をご紹介していきましょう。

前髪を流しておでこを隠す

前髪をおろして広いおでこをカバーしたい場合は、こちらの松山ケンイチさんの髪型がおすすめです。ちょっと長めの前髪で憂いを出しつつ、しっかりと目元は見せているので暗すぎません。

前髪を厚めにおろして斜めに流すことがポイントです。ワックスを毛先にもみこんで無造作ヘアに仕上げましょう。あまり整え過ぎるとペタンコになったりおでこが透けて見えてしまうので、整え過ぎないようにして下さい。

おでこ出しショートカット

おでこを出してもカッコよく見せるには、こちらの妻夫木聡さんのような髪型がおすすめです。ポイントは、先ほど女性編の優木まおみさんの髪型と同じく、おでこに三角形を作ることで、おでこの面積を小さくする効果があります。

さらに、男性のショートカットの場合はトップが潰れてしまうとのっぺりしておでこが大きく見えてしまうので、こちらの髪型のようにトップにボリュームを出すことも大切です。

おでこ出しアシンメトリー

おでこ出しスタイルなら、こちらの堂本光一さんのようにやや長めの髪型にすることもできます。前髪を流していますが、妻夫木さんと同じくおでこに三角形を作りトップにボリュームを出しています。

さらに、おでこから耳にかけてつなげるようなラインでこめかみの部分が自然と隠れるので、小顔に見えます。このとき、左右対称よりもアシンメトリーな髪型にすることで、おでこの面積がより小さくなっているのです。

おでこを隠せるマッシュ

前髪をおろし丸くカットしたマッシュは、おでこの広さをカバーしてくれる髪型です。Hey! Say! JUMPの伊野尾慧さんのトレードマークでもあるこの髪型は、ただおでこを隠すだけでなく、頭全体がふんわりと丸いシルエットになるため小顔に見える効果も。

顔を包み込むようなサイドで、こめかみも隠れ縦も横もおでこの広さがまったく気にならない無敵の髪型なのです。

ワイルドな短髪

DA PUMP・ISSAさんのような茶~金色の短髪もおすすめです。黒髪に比べて顔と髪の毛のコントラストがぼやけるため、前髪を上げていてもおでこの広さが目立ちません。

おでこを出した爽やかな髪型が好きな男性は、このようにカラーリングしてはいかがでしょう。また、かなりおでこが出ている髪型でありながら、自然に流している前髪によって生え際がうまく隠れています。実はおでこの面積も絶妙に小さく見せているのがポイントです。

坊主・スキンヘッド

男らしさが際立つということで、意外と人気の坊主頭やスキンヘッドも、広いおでこを目立たなくするにはもってこいの髪型です。若い人だけでなく、高橋克実さんのように渋いオジサマにも似合うのも大きなメリットでしょう。

もともとおでこが広い男性や、年齢を重ねるとともに前髪の生え際が後退してきた男性にも、潔すぎるほどカットしたこの髪型は中途半端に髪を残すよりもカッコいいかもしれません。

髪型以外でおでこを隠す方法《女性編》

髪型以外でおでこを隠す方法《女性編》
男女ともに、おでこが広い人に似合う髪型は、意外と様々なバリエーションがありましたね。おでこを隠す髪型だけでなく、小さく見せる髪型や視線を分散させるようなマジック的な髪型など、好みや気分でぜひ試してみて下さい。

ただ、髪型を変えるには美容院に行く手間もありますし、今すぐに実行するのが難しいという人もいるのではないでしょうか。そこで、髪型の他にも広いおでこをカバーする方法をご紹介します。

帽子をかぶる

帽子をかぶる
手っ取り早い方法といえば、帽子をかぶることです。特にニット帽は深めに被るのが自然なので、広いおでこをカバーするのにはうってつけのアイテムですね。こちらの画像のような麦わら帽子も、つばが横のラインを出してくれるので縦長を緩和してくれます。

あまり深くかぶらなくても、前髪の生え際を隠せるというだけでかなり効果があるので、髪型と併せて帽子を上手に使っておしゃれを楽しみましょう。

帽子が似合わないと思い込んでいる人でも、自分に似合う帽子のタイプがあるはずで、それに気付いていないだけと考えられます。どんな帽子が似合うか、帽子の専門店などに行けばアドバイスしてもらえますよ。

ターバンやヘアバンドを使う

前髪の生え際を隠すという意味では、ターバンやヘアバンドもおすすめのアイテムです。こちらの画像のように太めのものを使うことで、おでこの広さがカモフラージュされます。

前髪を上げて、生え際にターバンやヘアバンドをつけてもいいですし、おろした前髪の上からつけても前髪の生え際が見えなくなるので、おでこの長さを短く見せることができるでしょう。

様々なデザインやカラーから選べるので、お気に入りのターバンやヘアバンドを集めておしゃれを楽しんでみて下さい。アップスタイルでもダウンスタイルでも、幅広い髪型で使えます。

ウィッグを使う

おしゃれ上級者は、ウィッグを上手に使います。髪型をあれこれ変えて楽しみたい人にとっては、ウィッグでおでこの広さをカバーするのもおすすめの方法です。

男性でおしゃれのためにウィッグを使う人はあまりいませんが、女性はコンプレックスを隠すためというよりはおしゃれでウィッグを使う人が多いので、抵抗なく取り入れられるのではないでしょうか。

ちなみにこちらの女性はウィッグに加えて伊達眼鏡も使用していますが、このような太い縁の眼鏡も目元に視線が行きやすくなるので、効果のあるアイテムです。

以下の記事でも髪型について紹介していますので、参考にされてくださいね。

眉毛のメイクを太めにする

女性の場合、メイクでコンプレックスをカバーすることができます。広いおでこを隠したい場合、眉を太目に描くのが効果的です。

眉を太くするとおでこの面積をわずかながら狭めることができますし、それ以上の効果として眉に存在感があることで視線をおでこからそらすことができるのです。

細い眉では顔がぼやけた印象になり、おでこの広さが目立ってしまいますので、眉メイクで顔にメリハリをつけることをおすすめします。

目立つピアスやネックレスをつける

アクセサリーで視線をおでこよりも下に集めるという方法もあります。特に大ぶりのピアスやイヤリング、ネックレスなどは目を引きますので、顔を小さく見せる効果もあり、おでこの広い人にはぴったりのアイテムです。

髪型以外でおでこをカバーするときに、つい頭にかぶったり巻いたりすることばかりを考えがちですが、視線をおでこから外すということも同時に考えるといいですね。

顔周りに存在感のあるアクセサリーがあることで、おしゃれなだけでなく顔のバランスの重心を下げてくれるでしょう。

髪型以外でおでこを隠す方法《男性編》

髪型以外でおでこを隠す方法《男性編》
女性が広いおでこをカバーする方法には、様々なバリエーションがありました。では、男性の場合はどのようなことができるでしょうか。髪型を変えなくてもできることは、男性にももちろんあります。

それでは、広いおでこをどうにかしたいと思っている男性におすすめしたいことをご紹介していきます。

帽子をかぶる

帽子をかぶる
まずは、女性と同様に誰でも簡単に取り入れられる「帽子」をおすすめします。帽子をファッションアイテムとして使いこなせる男性はおしゃれ度も高く、おでこが広くても女性からもモテるはず。

もちろん、帽子で隠すことによりおでこの面積を小さく見せてくれる効果もあります。ニット帽やキャップ、ハンチング、ハットなど男性に似合う帽子のタイプも様々です。

自分に似合う帽子がどのタイプかわからないという人でも、女性同様に帽子の専門店で相談すればすぐにでも帽子を使いこなせるおしゃれ男子になれますよ。

ワックスはツヤなしのものを使う

多くの男性は髪をセットする際にワックスを使いますが、そのワックスの選び方も実は重要です。つやつやのワックスは、髪が束状になりやすく髪の隙間から見える地肌が目立ちやすいのです。そのため、前髪からおでこが透けて広く見えてしまいます。

一方ツヤなしのワックスの場合、髪が束状になったとしても他の束との間に地肌が見えることはありません。何もつけていないかのような質感のため、おでこが透けることなく髪型を整えることができます。

このように、ワックスの選び方でもおでこの見え方は変わってくるので、ワックスを購入する際にはツヤのないものを選ぶことをおすすめします。

ターバンやサングラスを生え際につける

前髪の生え際を隠すことには、おでこの面積を小さくする効果があることはお伝えしてきました。女性編でヘアバンドやターバンを使っておしゃれを楽しみながら隠すことをおすすめしたように、男性も服装に合った小物を上手に使ってみましょう。

ヘアバンドやターバンの他には、サングラスやヘッドホンといったアイテムもおすすめです。頭に巻いたり掛けたりするのはチャラチャラした感じで嫌という人も、シンプルで派手過ぎないものなら違和感なく使えるのではないでしょうか。

植毛する(薄毛でおでこが広い場合)

おでこが後退してきてもう止められない!というように、悩みが薄毛も含んでいる場合は思い切って植毛するという手もあります。美意識の高い男性が増えた今、男性の植毛は珍しくなく、若い人でも昔より気軽に通える雰囲気にもなってきています。

もちろん最終手段ではありますが、何をやってもダメでどうにかしたいと本気で苦しむくらいなら、心がラクになる方法として考えてみるのもアリではないでしょうか。

広いおでこに似合う髪型で脱・コンプレックス!

広いおでこに似合う髪型で脱・コンプレックス!
おでこが広い自分の顔が嫌だと悩んでいる人は、今の髪型が合っていない可能性が高いです。なぜなら、この記事でご紹介したようにおでこが広い人に似合う髪型というものがいくつもあり、髪型を変えるだけでおでこの広さを目立たなくすることができるからです。

髪型の他にも様々な方法で広いおでこをカバーできることもお伝えしてきました。男性も女性も、髪型を変えたりちょっとした工夫をするだけで、おでこに悩む生活から解放されるかもしれません。

隠すだけでなく、程よく出すことで可愛く見せたり爽やかに見せることもできるのが、おでこのいいところです。似合う髪型を見つけることができれば、きっとコンプレックスだった自分のおでこを好きになれるはずです!

顔の特徴の違いによって、似合う髪型も変わってきます。今回はおでこの広い人に似合う髪型をご紹介しましたが、次の記事はハーフ顔など顔が濃い人に似合う髪型を知りたい人におすすめです。

Related