Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月24日

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!

お洒落な女子には欠かせないネイル。夏でも冬でもちゃんとフットネイルをする人も多いんじゃないでしょうか?サロンのような綺麗な仕上がりを家でもできたらいいのに..と思っているあなたに、家で簡単に綺麗にできるフットネイルのコツをお教えします!

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!

フットのセルフネイルをするのは難しい?

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!
今や、おしゃれな女子は誰でもしているフットネイル。ネイルサロンにいくと、仕上がりも綺麗だし持ちもいいけれど、ペディキュアやフットネイルって自分でするのは難しいかも..。と思っている人も多いでしょう。

ですが実はフットネイルはコツさえ掴めば誰でも簡単に、しかも綺麗にすることができます。ハンドのセルフネイルのように利き手のネイルだけぐちゃぐちゃになってしまう心配もいらないので、初心者でも簡単に仕上げることができます!

今回は家で簡単にできるペディキュア、フットネイルのコツと方法をお教えします。

フットネイルとペディキュアの違いって?

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!
フットネイルもペディキュアもよく聞く言葉ですが、その違いとは一体なんなのでしょう?

ペディキュア

ペディキュアとは、「足のケア」つまり、フットバスに足をつけて足の裏の角質をとったり、爪のキューティクル周りを綺麗にしたり、足全体のお掃除・ケアのことを指します。

今はネイルサロンでのペディキュアだと、爪のカラーリングを含めたペディキュアがほとんどで、角質を取る等のケアはもちろんカラーまで綺麗に仕上げてくれます。

フットバスに足をつけて角質をとって、サロンによってはパラフィンパックなどで足をパックして保湿してくれるところもあります。

海外だと、カラーをしたくない人や、男性でも、ネイルサロンにいってペディキュアをするという文化もあるほど、自分へのご褒美としてもペディキュアをしたりします。

フットネイル

フットネイルとは、爪にジェルやネイルポリッシュでカラーリングをすることを指します。フットバスなどを使ったペディキュアをせずに、キューティクル周りのみドライケアをカラーを塗るのが一般的です。

足の裏のケアなどペディキュアは特に必要ではないけれど、綺麗にカラーリングしてネイルアートを楽しみたい人などはフットネイルのみをする方もたくさんいます。

場合によっては、時間もお金もペディキュアをしてからカラーをする程かからないので、フットネイルだけを好む人も今は多くいますよね。

フットのセルフネイルをする為に必要なもの

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!
誰でも簡単にできるフットのセルフネイルですが、ネイルポリッシュ以外にも少し他のツールを使うともっと綺麗で長持ちなフットネイル・ペディキュアができてしまいます。

より綺麗に、簡単にセルフネイルを楽しむ為に必要なものをご紹介します!

キューティクルプッシャー

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!
ネイルサロンなどでペディキュアをする時使われる、キューティクルを押し上げるステンレスのツールをキューティクルプッシャーと呼びます。こちらは100円ショップや薬局、どこでも手に入るものなので一つ持っておくととても便利です。

セルフネイルの場合、キューティクルをただ押し上げるだけで十分なのですが、これをやるのとやらないのでは仕上がりが全く変わってきます。ペディキュアをしてキューティクルを柔らかくさせておくと、押し上げる時に痛くなく、皮膚を傷つける心配もありません。

セルフネイルでよくある、ポリッシュがはみ出す、キュテークル周りについてしまう、などの問題も、キューティクルプッシャーでキューティクルを少しケアしておくだけで、少なくなりより簡単にポリッシュを塗ることができます。

トゥーセパレーター

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!
トゥーセパレーターとは、ネイルサロンなどでペディキュアをする時に必ず使う、あの足の指を広げるツールです。一度は使ったことがある人もいるんではないでしょうか?

トゥーセパレーターはセルネイルでフットネイルをする時にとても役立つアイテムなので、手に入れておいて損はないです。

普段、幅が細めのハイヒールや、パンプスを履く人は特に、足の小指がぎゅっと真ん中によってしまっている人が多いです。なのでネイルポリッシュを塗る時もそうですが、乾かしている間に、他の指にくっついてしまいぐちゃぐちゃ..なんて経験がある人もいるでしょう。

トゥーセパレーターはその問題を解決してくれる、とても優秀なアイテムです。こちらも薬局や100円ショップなどで簡単に手に入るのでとてもオススメです。

アルコール

セルフネイルをするのになぜアルコール??と思うかもしれませんが、アルコールはネイルポリッシュの持ちを良くするのにとても重要なアイテムなんです。

通常人の皮膚や爪には油分や水分があり、それに保護されていますよね。その爪の油分・水分によってネイルポリッシュが定着しにくく、数日でぺろっと剥がれたり、欠けたりする原因になります。

ペディキュアをしてから、アルコールで良く油分を除去しておくだけで、ネイルポリッシュの持ちが全然違いますし、何度もネイルオフして塗り直すより、爪にも優しく、手間もかかりません。

アルコール以外にも、ポリッシュリムーバーやマキロンなどの消毒液でも代用可能です。

フットのセルフネイルをする時のコツ

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!

まずはペディキュアからやってみよう

まず綺麗なフットネイルを仕上げるために、土台となるペディキュアに挑戦してみましょう。かかとや足の裏の角質除去などは好みですが、キューティクルケアはマスト。

キューティクルリムーバーなどの軟化剤をお持ちの方は、これをキューティクルに塗布します。この時にキューティクルをしっかり押し上げておくと、爪の塗る範囲も広くなり、塗りやすくなります。

フットバスを使って本格的にペディキュアをしたい方は、大きめのお風呂の桶や、フットバスにお湯をはりソープなどを入れて、スクラブやフットファイルで角質をとりましょう。

キューティクルを押し上げた時にでてくるルースキューティクルは、湿らせたガーゼがコットンでくるくると拭き取りましょう。

この基本のペディキュアをしておくだけで持ちがグンとアップします。

ペディキュア後の油分・水分はしっかり除去

ペディキュアをして、ネイルポリッシュを爪に塗布する前に、油分や水分をしっかり除去しておきましょう。簡単ですがとても重要なステップです。

コットンにアルコールを含ませて、くるくると爪をふき取るような感じで油分・水分をしっかり除去していきます。

油分・水分がしっかり除去できたときは、爪の光沢がなくなって少しドライな感じに見えます。この状態がネイルポリッシュを塗布する前の一番ベストな状態。

ペディキュアをした後は、爪表面の水分が多くなっているので、しっかりとアルコールで油分・水分を除去しましょう。

拭き取ったら、必ず表面をさわらないようにして、ベースコートの塗布に進んでください。指で触ってしまった場合は、もう一度ふき取る方がいいでしょう。

必ずベースコートとトップコートを使う

セルフネイルでフットネイルをする場合も、必ずベースコート→カラー→トップコートの順を守ってください。

セルフネイルをする時、とりあえずカラーポリッシュだけを塗る、という人もいますが、ベースコートを塗らずにカラーを塗ってしまうと、爪に色素沈着してしまったり、ダメージを与える原因になってしまいます。

フットのネイルは特に、普段履く靴や、歩き方などいろいろな原因で、爪に凹凸ができていたり、角質化してしまっている場合があります。

ベースコートはその凹凸をなだらかにしてくれて、カラーのムラなどを防いでくれる効果もあります。なのでセルフネイルでフットネイルをする際も必ずベースコトーを塗って、カラー、トップコート、という順番を守りましょう。

持ちをよくするコツはエッジ!

セルフネイルをする際に、持ちをもっとよくしたい、とお悩みの方も多いはず。その持ちを良くする為のちょっとしたコツが、爪のエッジ、先端の部分までしっかりネイルポリッシュを塗布してあげることです。

ベースコートを塗る際に、爪の表面のプレートの部分を塗ったついでに、筆についているベースコートで爪の先端のエッジの部分もなぞるように塗布してください。たっぷり塗る必要はないですがこれをやっておくだけで持ちがぐんとアップします。

カラー、トップコートを塗る際も同じように先端のエッジの部分もしっかり塗っておきましょう。これをすると、先端から欠けてきたり剥がれることを少しでも防ぐことができます。

ちょっとしたコツなので、ぜひ試してみてください。

100均のネイルパーツもおすすめ!

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!
サロンだと色々なネイルアートができていいけど、セルフネイルだとなかなか凝ったアートは難しそうですよね。でも実はセルフネイルでも簡単にネイルアートを楽しむことができます。

特に100均のネイルパーツなどは安い上に使い勝手が良くておすすめです。中でもスタッズやホログラムなど、クオリティも悪くなく、少し置くだけで凝ったアートができます。

今は色々なネイルグッズが売られていますが、シールなども可愛くて、カラーをした後に貼ったり置くだけなので、オシャレにセルフネイルを楽しみたい人にもぴったりです。

シールもスタッズなどのパーツも、置いた後にしっかりトップコートでコーティングしておくことで取れたり、剥がれることを防げます。

ジェルのセルフネイルをする時に必要なもの

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!
ネイルポリッシュでのセルフネイルに慣れてきたら、もっと持ちが良く乾く時間もない、ジェルネイルに挑戦してみるのもいいでしょう。

ジェルネイルはアートの幅も広がりますし、何より、乾かしている時にぐちゃぐちゃにしてしまう心配がありません。

簡単にもっとおしゃれにセルフネイルを楽しめるフットのジェルネイルの必需品をご紹介します。

LEDまたはUVライト

ジェルネイルは、ネイルポリッシュと違い揮発して乾くものではないので、必ずLEDまたはUVライトで硬化してあげる必要があります。

このジェル用のライトは、セルフネイルのキットなどで一緒に販売されていることが多いので、簡単に手に入ります。

ライトを購入する際は、ジェルがLED用なのかUV用なのか、ワット数などもしっかりチェックしておいてください。

サンディング用のスポンジバッファー

ジェルネイルは、ネイルポリッシュと違いつるつるの表面の爪には定着せず、剥がれやすいです。

ペディキュアをした時点で、爪の表面のプレートの部分を220/280程度の緩めのグリッド数のスポンジファイルでサンディングしておきます。サンディングといってもたくさん削らずに、爪の表面の艶がなくなる程度でOKです。

ネイルサロンだと、このサンディングの工程も安心して任せられますが、セルフネイルの場合はどこまで削っていいのかわからないものです。セルフネイルが原因で爪が薄くなったりダメージを受けたりする人もいますので、くれぐれも削りすぎには注意!

スポンジバッファーを爪の表面に少し当てて、滑らせる程度で十分です。

キューティクル周りの細かいところも綺麗にサンディングしておくことで、ルースキューティクルも一緒に除去できて、長くジェルネイルを楽しむことができます。

ジェルでセルフネイルをする時のコツ

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!
コツをつかめば簡単に誰でもできるセルフネイルでのフットジェルネイル。いくつかのポイントを押さえておけば、セルフネイルでもトラブルなく楽しめます。

ではそのセルフでフットのジェルネイルをする際のコツをご紹介していきます。

通販でカラージェルは買える

今までは、ジェルネイルは化学薬品なのでプロの間でしか購入ができなかったのですが、今は通販で簡単に購入することができます。

Amazonや楽天などでも、セルフジェルキットや、ジェルのカラーのみなど様々な商品があります。初めて購入する際は、ジェル用ライトとベースジェル、カラージェル、トップジェル、筆など一式セットになっているものをオススメします。

セルフネイル用のジェルでもクオリティが良く、カラーのバリエーションも多いので、サロンでフットネイルをするように自宅で楽しむことができます。

ボトルタイプのジェルがおすすめ

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!
通常、ジェルはコンテイナーに入っていて筆をつかって塗るタイプが多いのですが、セルフネイルでフットジェルをする場合、ネイルポリッシュのようなボトルタイプのジェルが、塗りやすく簡単です。

ボトルタイプだと、ネイルポリッシュの時と同じように、ペディキュアをして、サンディングをして油分除去、そしてネイルポリッシュと同じように塗っていくだけなので、初心者の人でも簡単に、綺麗に仕上げることができます。

ジェルネイルは攪拌といって、使用前にカラーの顔料とジェルをしっかり混ぜないといけないのですが、ボトルタイプだと振って混ぜるだけなのでとても簡単です。

セルフネイルでフットジェル初心者の人はまずこのボトルタイプのジェルから始めることがオススメです。

ハミ出しは厳禁

ネイルポリッシュでフットネイルをする時のように、少しハミ出してもまぁいっか、という風にいかないのがジェルネイルです。

ジェルを塗布した時に皮膚やキューティクルにつくと、そこからすぐに剥がれてしまいます。早い時は数時間や、その夜にお風呂に入った時にぺろっとそこから浮いてくることも。

全部剥がれてしまえばまだ良いですが、少し浮いてしまったジェルをそのままにしておくとそこに水分が溜まり、グリーンネイルなど爪の病気になる可能性があります。

ジェルを塗る際は、必ずはみ出さずに塗ることと、はみ出したらオレンジスティックなどで必ずはみ出した部分を取ってからライトで硬化しましょう。

削らないタイプのジェルもある

ジェルネイルをする際は爪の表面をサンディングする必要がある、とお伝えしましたが、ジェルの種類によってはこのサンディングをしなくてもいいジェルもあります。

セルフネイルでフットジェルをする場合なども、慣れていないとサンディングしすぎて爪にダメージを与えてしまう可能性があります。ですがサンディングなしのジェルだと、ネイルポリッシュと同じようにペディキュアをした後に塗布するだけなのでとても安心です。

持ちは通常のジェルよりも短い場合が多く、10日〜2週間ほどのものが多いです。フットネイルだとハンドのネイルよりも使う頻度が少ない分もう少し持ちますが、通常のジェルよりは短めです。

爪の消毒と、浮いたジェルはすぐにオフをする

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!
セルフネイルでフットジェルをする場合、一番気をつけたいのが、グリーンネイルなど爪の病気です。

通常グリーンネイルなどは、普通のネイルポリッシュではならない少し特殊なものですが、ジェルの場合、消毒やケアが足りなかったり、浮いたジェルをそのままにしておくことで、このグリーンネイルになってしまう可能性があります。

一度グリーンネイルになってしまうと、使っていたファイルなどは捨てないといけないですし、他のまだ健康な爪に移ってしまう可能性もあります。

グリーンネイルになった場合は病院にいって薬をもらう必要がありますので、せっかくセルフネイルを楽しみたかったのに病気になっては台無しですよね。

グリーンネイルを防ぐ方法は、アルコールなどでしっかり爪の消毒、使う器具の消毒をしておくことです。

水を使ったペディキュアはしない

セルフネイルでフットジェルをやる際に、グリーンネイルにならないように、とお伝えしました。消毒をきちんとすることがグリーンネイルなどの爪の病気にならない為の大事な工程ですが、ペディキュアをする際も気をつけたいポイントがあります。

ペディキュアでしっかりケアをしておくことは持ちを良くさせるには重要ですが、フットバスなど水に浸すペディキュアは、セルフネイルでフットジェルをする前には避けたほうがいいでしょう。

フットを水に浸したペディキュアをすると、どうしても爪が水分を含んでしまって、早くジェルが剥がれる原因になる可能性があります。

ペディキュア後に、爪の水分がきちんと除去できていないと、グリーンネイルにもなりやすいですし、きちんと水分を取りきることは少しセルフネイルでは難しくなります。

なので、セルフネイルの際のペディキュアは、水を使わないドライケアのみがオススメです。

簡単で綺麗なセルフネイル

家でできる簡単セルフフットネイル!気軽にペディキュアを楽しもう!
誰でも簡単にできるセルフネイル、コツとポイントを押さえておけば、爪にダメージを与えることなく楽しめます。

サロンで仕上げたように、綺麗でお洒落なフットネイルをぜひ楽しんでください。

Related