Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月27日

顔がでかいと悩む人必見!顔が大きい原因と小顔にみせるための対策

自分は顔がでかいと思いますか?有名な芸能人の特徴の話の中で、「○○は、スタイルもいいし顔も小さいよね」や「○○は、顔も小さいし可愛いから」などと聞きますが、実際の顔の大きさを測ったことがある人はどれくらいいるのでしょうか。顔がでかいとは何なのでしょうか。

顔がでかいと悩む人必見!顔が大きい原因と小顔にみせるための対策

顔がでかい原因とその特徴①

顔がでかいと悩む人必見!顔が大きい原因と小顔にみせるための対策
顔がでかい人にはいくつか原因があります。顔が大きくなるような日常を送っていたり、みんながしていることをしていなかったり、その特徴をご紹介します。

むくみが原因で顔がでかい

顔がでかいと悩む人必見!顔が大きい原因と小顔にみせるための対策
ふくらはぎや手の指がむくむという人は多くいます。実は顔もむくんでいるのをご存知でしょうか。

顔がむくむことによって、普段より顔がでかいと感じたり、それが慢性化することで、常に顔がでかいという状態になる原因となります。

むくみを起こす原因は水分の取りすぎや不足と塩分の取りすぎとなります。特に塩分をとりすぎることで、体内のナトリウムイオン濃度が高まると、元の濃度に戻すために必要な水分を必要としますが、その水分が排出されにくくなります。

水分は取りすぎても足りなくてもむくみの原因となりますから、塩分の取りすぎには十分に注意が必要です。味付けの濃いものが好きな人や、ジャンクフードを好む人は日頃から注意してとりすぎに注意するようにしましょう。

冷え性はむくみの原因に

顔がでかいと悩む人必見!顔が大きい原因と小顔にみせるための対策
冷え性であったり、気温差で夏場にエアコンの効いた部屋に長くいたりすると、血液やリンパの流れが悪くなります。結果、むくみやすくなることで老廃物が排出されなくなってしまいます。顔がでかいのはこれが原因になります。

顔がでかい原因でもあるむくみは血液の循環が滞ることで発生してしまいます。血液の循環が悪いことで首や肩こりがひどくなってしまいます。

顔周りの血液の循環が悪くなり、顔がでかい原因でもあるむくみが発生してしまいます。冷えはむくみの原因となるため注意が必要です。

顔がでかい原因とその特徴②

顔がでかいと悩む人必見!顔が大きい原因と小顔にみせるための対策
顔だけでなくたるみというのは加齢とともに現れます。顔のたるみがあるかどうかは、フェイスラインがぼやけてきたりたれ目になっていたり、口角が下がることで確認が取れます。これらは全て顔がでかいことへの原因となります。

また、ほうれい線が目立ったり顔が長く見えるのもたるみが原因によるものです。たるみは加齢だけでなく生活習慣が原因でもあります。顔がでかくなるだけでなく対策をしても意味がなくなってしまうため注意が必要です。

スマホの使用に注意

スマホやパソコンなどのインターネット環境が多く利用される近年ですが、下向きで操作をすることによって顔がでかい原因となります。口角や頬の筋肉がたるんでしまい、二重あごの原因となり、二重あごが結果的に顔がでかい原因ともなります。

20代や30代で顔がたるんでいる人は、スマホなどの利用姿勢が悪いことによって発生しています。顔がでかい原因となるため、対策が必要です。日常的に目線を上に、顎が下に下がってしまわないように注意が必要となります。

スキンケアが原因で顔がでかい?

毎日行っているスキンケアのやり方が間違っていることによって顔がでかい原因を呼び起こしている可能性があります。顔がでかい人の多くはスキンケアの方法が間違っているのが特徴にあげられます。

クレンジングや洗顔を行う時、顔の汚れを落とすためにゴシゴシと強めに洗ってしまうのは、角質層を傷つける原因ともなります。肌の保水力やバリア機能を低下させており、たるみを引き起こす原因を自ら作ってしまっている可能性があります。

スキンケアの方法が間違っている人は顔がでかい人の大きな特徴ともいえます。洗顔を行う時の対策が必要となりますので、肌を傷つけるような洗い方をしないように注意が必要です。

顔がでかい原因とその特徴③

顔がでかいと悩む人必見!顔が大きい原因と小顔にみせるための対策
顔が大きく見える特徴に、個人個人の顔の輪郭の個性があげられます。顔の輪郭や大きさなどは、その人の個性として見るべきものですが、顔が大きいことにコンプレックスを持っているとやはり隠したい特徴となります。

エラや骨格で顔がでかい

エラが張った輪郭や、骨格がしっかりしている人は顔が大きく見えやすいのが特徴です。エラや骨格はその人の個性ではありますが、女性で顔が大きいことに悩む女性は多くいます。

顔の輪郭は整形しない限り変わらない部分ですから、顔が大きく見える特徴ともいえるエラなどは隠していきたいのが女心といえます。

顔がでかい人の対策①「エラを隠せる髪型にする」

顔がでかいと悩む人必見!顔が大きい原因と小顔にみせるための対策
エラが張っているのは顔がでかい人の特徴ですが、カバーするための髪型もいくつか注意が必要です。まず、前髪がポイントとなります。前髪一つで顔の横幅が決まるといわれているほど、前髪というのは重要なポイントです。

縦の隙間を作って毛束感を出したり、不揃いカットといった髪型がエラ張り対策となりますが、ぱっつん前髪や前髪の束を多くする髪型は、エラを強調してしまう原因となり、顔がでかい人の特徴に当てはまってしまいます。

髪型での対策で前髪づくりのポイントは、ワンカールのパーマをかけることや大き目のゆるふわカールを入れて軽い前髪を作ることです。自然な形で、顔がでかい原因でもあるエラをカバーしてくれるのでおすすめの対策方法です。

サイドの髪の毛は?

サイドの髪の毛を、エラを隠すためにボリュームを出してしまうと、逆に横に広がります。顔がでかいことが強調される原因ともなりますので注意が必要です。また、ボリュームが少なすぎると顔の輪郭に沿って丸みが出てしまいます。

サイドにボリュームを持たせたいときは、ひし形となるよう心がけ、対策としては適度に空気を含ませてエアリーな髪型を意識してみましょう。髪形のバランスを整えることで、顔がでかい原因のエラをかくす対策ともなります。

トップにボリュームでエラ対策

顔がでかい人は、トップにボリュームを持たせた髪型が対策として効果的になります。トップにボリュームを出すことで、顔の輪郭の縦ラインを強調し、エラをカバーしてくれます。ボリュームの出し方は様々に存在します。

ペタッとしやすい人は、ドライヤーで温風を当てながら根本を温め、その髪型を維持したまま冷風を充てることでキープしやすくなります。また、そこにワックスやスプレーをつけることで簡単にボリュームをだし、顔がでかいことへの対策としてヘアセットすることができます。

髪を結んだり、アップヘアスタイルを作ることでも簡単にボリュームが出せます。セットしやすい髪型で対策してみましょう。ペタッとしやすい人は、顔のエラを強調して横幅が出てしまい、顔がでかい原因となります。空気を含ませたボリューム感のある髪型で対策しましょう。

顔がでかい人がやってはいけない髪型

顔がでかいと悩む人必見!顔が大きい原因と小顔にみせるための対策
顔がでかいことを気にする人は、やってはいけない髪型に十分注意する必要があります。顔のラインを強調するような髪型を作ってしまうと、エラのはりや、顔の丸みが強調されやすくなるため、出来る限り避けるようにしましょう。

顎ラインのボブヘアスタイルは一時期はやりましたが、エラのはりで顔がでかい原因となっている人は、顎ラインで一直線にハサミをいれたボブヘアスタイルは避けるようにしましょう。エラを強調して、顔がでかい原因をさらけ出すことになってしまいます。

前髪の幅を広げてしまったり、顔周りを強調させるような髪型を避けるようにしましょう。顔がでかい原因でもあるエラ張りの対策としては先に説明したような空気を含ませたバランスのいいボリューム感です。

顔がでかい人の対策②「マッサージでむくみを解消」

顔がでかいと悩む人必見!顔が大きい原因と小顔にみせるための対策
顔がでかい人の原因としてむくみやたるみがあると説明しましたが、このむくみやたるみを解消させるためにも毎日コツコツとマッサージを行うことが重要です。

マッサージをすることによってたまっている老廃物を排出するほか、血流を良くしてくれるため、顔がでかいことへの対策となります。

特に重要なのが鎖骨まわりです。あまり動かすことのない場所ですから、鎖骨から顔、リンパに流すようにして優しくマッサージをしてみてください。鎖骨のリンパ節は全身のリンパ管の出入口といわれている為、重要な場所となります。

鎖骨から耳裏を通す

顔がでかい人の対策として顔周りのマッサージをおすすめします。やり方は簡単です。

お風呂あがりにオイルやクリームを使用して痛気持ちいいくらいの強さでマッサージしましょう。優しくマッサージしているのに痛みを感じる人は、リンパの流れが悪くなっている証拠です。

鎖骨まわりを優しくマッサージした後は、顔の中心から耳の上、耳の裏側を通すように老廃物や血流をリンパの方に流すようなマッサージをしてみてください。マッサージをしたらリンパに流す、この流れを守るだけで、顔のむくみ対策となります。

顔がでかい人は血流が滞っているのが原因ですから、毎日のマッサージでしっかりと対策しましょう。

舌回しも有名

口の中で舌をぐるぐる回す、顔周りの筋肉を使うマッサージ方法も有名です。歯と唇の間を時計回りに20回、反時計回りに20回、舌をぐるぐるとまわします。

このマッサージ方法では、あごの筋肉や顔周りの筋肉が鍛えられます。筋肉が鍛えられることによってたるみ対策となり、小顔を得ることができます。意外と疲れが出て、20回ずつ回すことができない場合がほとんどです。

ほうれい線対策ともなるため、むくみやたるみの他に若返り効果も持っています。顔周りの筋肉はとても大事で、このマッサージをすることで引き締まった顔立ちに変化させることができます。

顔がでかい人の対策③「エステの小顔コース」

顔がでかいと悩む人必見!顔が大きい原因と小顔にみせるための対策
自分で毎日マッサージをするのが億劫だという人もいます。お金をかけてでも小顔を手に入れたいという人はエステの小顔コースに行くのもおすすめです。

もちろん、毎日のケアがなければ日にちが経つと元に戻ってしまいます。お金に余裕がある人であれば、毎月定期的にエステに通うことで、いつもきれいな小顔でいることができます。

また、エステでは自分でマッサージするよりもリンパの流れをよくするため、老廃物の流れもかなり改善させることができます。体験コースもあるため、一度エステのマッサージを体験してみて、予想通りの効果が得られれば定期的に通うという方法もおすすめです。

顔がでかいことへの対策として重点的にマッサージしてくれるエステもあります。

美容鍼を使ったツボ押し

顔がでかいことへの対策として、治療法として使われている美容鍼というのもおすすめです。体のツボに針を刺す療法ですが、顔専用で行うことで、小顔効果を得ることができます。

顔がでかいことへの対策としておすすめで、ツボや神経を刺激することで血行をよくするためシミやしわ乾燥などにも効果的です。

即効性があるため、たるみやむくみ対策としても好まれています。二重あごや腫れぼったい瞼もスッキリすることで小顔効果を得ることができます。痛そうにも見えますが、ツボをしっかり心得た専門の先生が対応してくれるため、むくみ対策としては抜群の効果があります。

顔がでかい人の原因と対策まとめ

顔がでかいと悩む人必見!顔が大きい原因と小顔にみせるための対策
顔がでかいと悩む人は多く存在します。女性なら特に、小顔がうらやましく思えます。顔がでかいことには原因があることをご紹介しました。日常生活で顔が大きくなる原因となるような行動を行っていませんか?

日常を見直して、むくみ対策を徹底してみましょう。むくみがなくなるだけで、顔の大きさはずいぶん変わります。ほとんどが自宅で自分自身で行うことができる対策方法であるため、まずは簡単な日常の見直しやマッサージから始めてみましょう。

顔の大きさに悩んでいる人は、一度こちらでご紹介した対策を行ってみてください。顔の大きさの変化を実感することができます。顔が大きい原因への対策を行って憧れの小顔を手に入れましょう。

Related