Search

検索したいワードを入力してください

「なぜ?」ダイエットしてもどうしても痩せない原因と解決法を紹介!
2019年01月25日

「なぜ?」ダイエットしてもどうしても痩せない原因と解決法を紹介!

食事や運動に気をつけてダイエットをしているはずなのに、なぜか痩せない!そんな悩みをお持ちの人は、そのダイエット方法や運動を見直す必要があります。今回はそんなダイエットをしても痩せない原因や、もっと効果的なダイエット方法を詳しくご紹介していきます!

ダイエットしてもどうしても痩せない!

ダイエットしてもどうしても痩せない!
食事制限もしているし、ダイエットもそろそろ効果が出てもいい頃なのに、どうしてもなかなか痩せない!そんな風にダイエットの効果が出なくて悩んでいるあなたは、そのダイエット方法に何か原因があるかもしれません。

ダイエットをして痩せたい時は食事を管理することも大切ですが、長期的な目で健康を第一に考えることもとても大切です。

今回は、なかなか痩せないダイエットの問題を挙げて、本当に効果のあるダイエット方法やその体験談を詳しくご紹介していきます!

なぜ痩せない?ダイエットをしても痩せない原因

なぜ痩せない?ダイエットをしても痩せない原因
しばらくの期間ダイエットをしているのになかなか痩せない、全く変化が見られないなんて人は、そのダイエット方法に問題があるのかもしれません。

ダイエット方法が体やライフスタイルに合っていない、やり方が間違っているなど、効果がでないことには必ず原因があるんです。

ダイエットをする際にやってはいけない事や、なかなか痩せない原因をご説明していきます。

無理な食事制限をしている

無理な食事制限をしている
ダイエットする時に食事の管理をすることは、痩せるための基本です。ですが痩せたいからといって、サラダばかり食べることや、摂取カロリーをかなり制限する、もしくは食べないなどの、無理な食事制限は逆に痩せない体をつくる原因となります。

女性に多い食べないダイエットは、体が飢餓状態であると勘違いしてしまい、エネルギーを蓄えようと、食べた物を脂肪へと蓄積しようとします。こういった状態が何度か続いてしまうことが、無理な食事制限が痩せない原因となっているんです。

食事制限をするとリバウンドにつながってしまいます。

「自分にあった」運動をする。
無理な「食事制限」はしない。
一日三食、「栄養バランス」のとれた食事を。
規則正しい生活を心がける。

これが大切。

過度な運動は辛いでしょうし、「サラダだけ」などはダイエットでよくないです。
栄養素はそれぞれ助け合って働くので逆に痩せにくくなります。
あと、夜にたくさん食べるよりも朝にしっかりと食べたほうがいいですね。
夜ふかしもNG。
摂取カロリー=消費カロリーになるようにしましょう。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |

◯◯だけダイエット

テレビや雑誌などでも取り上げられた「◯◯だけダイエット!」などの、栄養の偏ったダイエット方法も、間違ったダイエット方法の一つ。

りんごだけやスープだけなど、過剰な食事制限は、短期間で体重を落とすことには効果がありますが、必ずリバウンドをしますし、脂肪だけではなく筋肉まで落としてしまいます。

そして体に必要なタンパク質やビタミン、カルシウムなどの重要な栄養をとることができず、痩せるどころか体を壊し病気になってしまう原因にもなります。

結果を早く求める

ダイエットを始めて一週間で5キロ痩せる、などの早く結果を求めすぎることも、痩せないダイエットによくある失敗例の一つ。

結果を早く高く求めすぎると、かなりキツイ内容のダイエットをしなければいけなくなり、その短期間の間で効果が出ないとモチベーションが下がったり、ダイエットが続かないことが原因です。

ダイエットに重要なのは、筋肉をちゃんとつけて脂肪を減らしていくことです。それにはもちろん時間がかかりますし、短期間で痩せようとすることは筋肉を落としてしまい逆効果になります。

過度な運動をしている

過度な運動をしている
痩せようと、過度な運動をダイエットに取り入れることも、痩せない原因となることがあります。ダイエットに必要なのは、運動と食事のバランスです。痩せるために運動はもちろん必要ですが、何事もやりすぎは厳禁

今までやってなかった運動を過度にしてしまうとケガの原因になったり、過労により寝れなくなったり、お腹が過剰に減って摂取カロリーも増えたりと、あまり良いダイエットとは言えません。

消費カロリーよりも摂取カロリーが多い

食事制限をしているようでも、毎日の消費カロリーと摂取カロリーをちゃんと管理できていないと、いくらダイエットをしてもなかなか痩せません。

あまり食べていないつもりでも、毎日ほとんど動くことがなく代謝も悪い場合、その消費カロリーは摂取カロリーよりも少なくなり、結果的に体の脂肪として蓄えられてしまいます。

自分の基礎代謝運動量から消費カロリーを計算して、それを下回る摂取カロリーであれば、食べても健康的に自然に痩せることができますよ。

新陳代謝が低い

ダイエットで痩せないと悩む女性のなかには、新陳代謝の低い人がとても多いです。

痩せるメカニズムと深くかかわっている新陳代謝は、ダイエットをする上でとても重要なもの。新陳代謝が低いと脂肪が燃焼されにくく、どんなに食事制限をしても溜まったままの脂肪が減っていきません。

普段あまり運動をしない人や体が冷えやすい女性は、新陳代謝が低いために食事などでダイエットをしても効果が出にくいです。食事にかなり気を使っているのに痩せないという人は、その新陳代謝の低さに原因があります。

早食いをしている

早食いをしている
ダイエット中になかなか食事の量が減らせないという人は、その食べ方に問題がある可能性があります。中でも痩せない原因となってしまうのは、食べる時に噛む回数が少ない”早食い”です。

早食いをしてしまうと消化に悪い上に、噛む回数が少ないため満腹感を得るのに時間がかかってしまいます。そうすると食べても食べてもなかなかお腹が満たされず、結果食べる量が多くなってしまい、痩せない原因となります。

食事を始めて20分くらい経過しないと、脳の満腹中枢がうまく反応しないのです。
ですから、早食いすると脳が「もう満腹だ」と感じる前に食べ過ぎてしまうのです。

よく噛んで味わいながら食べると、いつもより少ない食事でも満足できるようです。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |

間食選びの間違い

間食選びの間違い
ダイエット中の食事制限によるストレスを溜め込まないためにも、少し間食をすることは、お腹が減りすぎるのを防ぎ、ダイエットに効果的とも言われています。

ですが、その間食に食べる物の選択を間違えると、なかなか痩せない原因となってしまいます。

カロリー制限内だからと、ドーナツやアイスなどの脂質や糖質が高く栄養の少ないおやつを食べると、血糖値が急に上がり結果的に脂肪が増える原因に。

ダイエット中のおやつは、無塩のナッツや昆布など、栄養があって白砂糖などの添加物の入っていないものがベターです。

運動をしない

運動をしない
よくダイエットをしているのに痩せない、という女性に多い間違いが、食事制限のみで痩せようとし、運動を全くしていないことです。

ダイエットの成功の鍵でもある新陳代謝をあげるために、筋トレや有酸素運動は必須。食事制限のみで痩せたダイエットは、筋肉を落としただけで、リバウンドや肌の老化、新陳代謝の低下など、デメリットの方が多く体に良くありません。

睡眠不足

睡眠不足
食事や運動を管理しているのになかなか痩せないという人は、睡眠不足が原因かもしれません。

ダイエットと睡眠は関係ないようで実は深いつながりがあり、よく眠る人ほどダイエットの効果が出やすいと言われています。睡眠時には、脂肪を分解する成長ホルモンがでて、この成長ホルモンが寝ている間も体のカロリーを消費してくれているんです。

寝不足だったり睡眠時間が足りていないと、よく寝る人に比べ、消費されるカロリーも半分以下と少なく、食事制限や運動をしても痩せない原因となっていることがあります。

体重を気にしすぎている

体重を気にしすぎることも、なかなか痩せないダイエットの原因になっていることが多いです。

体重ばかり気にして行うダイエットは、脂肪ではなく筋肉を落としている場合がとても多く、体重は減っても見た目の変化が少なく、モチベーションが下がりダイエットを諦める原因に。

筋肉は脂肪よりも重く、運動や筋トレをすると見た目は引き締まるかわりに、体重に変化がなかったり、逆に増えたりすることもあります。

ダイエットは見た目の変化が一番大事ですが、体重を気にしすぎてしまうと、せっかく筋肉がついてボディシェイプされても、痩せないと勘違いしてしまうことがあります。

痩せない時に試すべき効果的なダイエットとは

痩せない時に試すべき効果的なダイエットとは
しばらく食事制限や運動をやってダイエットを続けているのに、なかなか効果が出ず痩せない、という人はそのダイエット方法に原因があります。

よくダイエットに失敗してしまう人は、食事制限のみや運動のみなど、ダイエットのバランスが悪くなってしまっていることが多いです。

痩せるために必要なのは運動と食事、そして睡眠などの生活習慣のバランス。この3つがしっかり管理できていて、初めてリバウンドしないダイエットに成功できると言えます。

なかなか痩せないと悩んでいる方に、実際に効果の出やすいオススメのダイエット方法を《食事》《運動》《生活習慣》別に詳しくご紹介していきます。

効果的に痩せられるダイエット《食事編》

効果的に痩せられるダイエット《食事編》
まずはダイエットを始める中で、誰もが一番気にする《食事》。過度な食事制限が痩せない原因となってしまうように、その食事にも効果的に痩せるためのいくつかのポイントがあります。

しっかりと体を作り、運動の効果を支える基礎となる、ダイエットには欠かせない食事の大切なポイントをご紹介していきます。

1日3食バランス良く食べる

まず朝食を抜く、夕食を抜く、などの”食べないダイエット”は、長期的な目で見ても、あまり良いダイエット方法とは言えません。

1日の摂取カロリーを管理することは痩せるためには重要ですが、食べずに摂取カロリーを低くすることは、新陳代謝を下げることや、肌荒れや病気などを引き起こす原因となります。

摂取カロリーを低く保ちながらも1日3食しっかりと食事をとることが、効果的に痩せるダイエットの食事方法です。

野菜やたんぱく質を多めに取ったり、エネルギー消費の少ない夜は炭水化物を減らし朝多めにとるなど、自分の生活のリズムに合わせてしっかり食事をとるようにします。

【体験談】食事制限は難しかったけど…

「食べることが大好きな私は、夕食を抜くなど、食べ物に関して我慢をしてダイエットをするのが苦手でした。

いつもダイエットをするたびに、食べられないストレスからどか食いに走ってしまったりとなかなか続かないことが多かったです。

ダイエットをしていても、食べる物やカロリー、量に気をつければ3食しっかり食べてもいいと知り、豆腐などのたんぱく質と温野菜などのバランスのいい食事を心がけ、一ヶ月で3㎏痩せることができました。

運動ももちろんしていましたが、今までのように食べられないストレスは全くなかったため、特に辛いこともせずに痩せられたことが嬉しいです」(26歳 女性)

体を温める食事をする

摂取カロリーを減らすためにサラダなどの生野菜ばかり食べることは、体を冷やしたり代謝を低くしたりといった痩せない原因だけでなく、冷え性や肌荒れなどの女性に多い悩みの原因となります。

ダイエットの効果を出したい時は、新陳代謝を上げて、脂肪を燃えやすい体にしていくことが大事です。そのためにも体を温めるような生姜や根菜系の野菜をたくさんとり、基礎代謝を上げていくことが、痩せないダイエットを改善するポイントです。

オススメなのは根菜や生姜をたっぷり使ったスープなどを夕食に取り入れること。体が芯から温まり、寝ている間のカロリー消費を助けてくれます。

和食中心の食事を心がける

今は日本でも洋食中心のライフスタイルになっていることが、肥満体質や生活習慣病の人、痩せない人が増えてしまっている原因の一つ。

和食中心の食事がなぜダイエットに効果的かというと、和食には、豆類、海藻類、野菜、きのこ、発酵食品など、消化吸収がよく低カロリーで栄養豊富な食べ物が多いからです。

ダイエットに必要なミネラルやビタミン、たんぱく質がバランス良く豊富に取れるので、食事を和食に変えるだけでも、痩せない悩みから解放されることがあります。

一つ注意したいポイントは、和食は特に塩分が高い食事が多いので、和食を作る際は塩分を控えめに薄味で作ることを心がけることです。

満腹になるまで食べない

食べることが大好きな人に多い痩せない原因の一つが、”量を食べ過ぎてしまう”ことです。いつもお腹いっぱいになるまで食べていると、その食べたものを消化するのにエネルギーを使ってしまい、今ついている脂肪まで燃焼されなくなってしまいます。

ダイエットをしたくてもなかなか食事制限が苦手、という人は食べる時にゆっくり噛み、”腹八分目”まで食べる、という習慣をつけましょう。

いつもお腹いっぱいではなく腹八分目まで食べることで、食べ過ぎを抑えるうえに、食べられないストレスなどはなく、食事の量を管理することができます。

効果的に痩せられるダイエット《運動編》

効果的に痩せられるダイエット《運動編》
ダイエットをする上でもう一つ大切なポイントである《運動》。今ついている脂肪を燃やし、体型に変化を出させるためには、運動は不可欠です。

なかなか痩せない人が効果的に痩せるための運動方法や、ストレスなく続けられる日常の運動を詳しくご紹介していきます。

普段から大股で歩く

運動が苦手で、ジョギングやジムでの筋トレはしたくない…という人でも、日常の動作を少し意識して変えるだけで、消費カロリーを増やすことができます。

いつも歩く駅までの道やオフィスの中でも、いつもの歩き方よりも少し大股で歩くことを意識しましょう。これだけでも使う筋肉が増え、消費カロリーが通常の歩き方に比べ多いため、効果的に脂肪燃焼をしてくれます。

インナーマッスルを鍛える

インナーマッスルとは、体の深部にある筋肉のこと。通常の腹筋運動などでは鍛えられない、もっと深い部分の小さな筋肉のことを指します。

インナーマッスルを鍛える事にどんなダイエット効果があるかというと、体全体のラインを引き締めたり、ダイエットに重要な基礎代謝を上げてくれたりする効果があります。

ポッコリお腹の原因は、インナーマッスルの衰えから内臓などの臓器が下にさがっていることが多いので、お腹がなかなか痩せないという人は、通常の腹筋運動をしても効果が出ないことが多いです。

そういった食事だけでは変えられない見た目を、ギュっと引き締める効果があるのがインナーマッスルのトレーニングです。

体重よりもまず見た目を引き締めてボディラインを変えたい!という人には、インナーマッスルを鍛えることをオススメします。

有酸素運動+筋トレ

有酸素運動をしていてなかなか痩せないという人は、その有酸素運動に筋トレをプラスしてみると、スルスルと痩せていくことがあります。

有酸素運動は脂肪を燃焼させるためにはとても効果的ですが、有酸素運動だけのダイエットはに、必要な筋肉も一緒に落としている場合が多いです。有酸素運動だけと言わず、筋トレも組み合わせて運動することで、体のラインを綺麗に整えながら効果的に痩せることができます。

筋トレは体の基礎代謝を上げ、痩せやすい体にするのに必要不可欠な運動です。筋トレをすることで基礎代謝が上がり、長期的な面で太りにくい体になりますし、有酸素運動の効果も倍増します。
「普段運動をあまりしない生活だったので、ダイエットをきっかけに筋トレと軽い有酸素運動を始め、今までのダイエットで一番効果があったと実感しています。

筋トレに関しては知識も皆無で全くの初心者でした。最初は全く動くことができずという感じでしたが、日に日に筋トレのメニューも増やせるほど筋肉力も上がり、体重というよりも見た目にかなり大きな変化がでました。

おへその下が出ていることが悩みだったのですが、インナーマッスルを鍛えることでどんどんお腹が引き締まり、ピタッとしたタイトな服もカッコ良く着れるようになりました。

なにより嬉しいのが、新陳代謝が上がり体の冷えや便秘など、今まで長年悩んでいた悩みがなくなったことです。」(29歳 女性)

階段を使うことや、歩くことを心がける

階段を使うことや、歩くことを心がける
運動をしていないという人やジムにいく時間がないという人は、エレベーターやエスカレーターを階段に変える、タクシーに乗らず歩く癖をつけることで、ダイエットにもしっかり効果が出せるでしょう。

毎日している動作を変えるだけで、一日の消費カロリーが大幅に上がり、今まで痩せないと悩んでいたダイエットにも、かなりの効果がでてきます。

効果的に痩せられるダイエット《生活習慣編》

効果的に痩せられるダイエット《生活習慣編》
食事管理や運動の他にダイエットでとても大事なポイントが、生活習慣の見直しです。運動しても食事制限をしてもなかなか痩せないという人は、この生活習慣に原因があることがあります。

しっかりと健康に痩せてダイエットの効果を出すためにも、ちゃんと知っておきたい生活習慣のポイントをご紹介していきます。

睡眠をしっかりとる

睡眠をしっかりとる
運動と食事制限はしっかりしているのになぜか痩せないという人は、睡眠時間が少なかったり、睡眠不足が続いている人がとても多いです。

ダイエットに睡眠は必要不可欠。しっかり寝ることで寝ている間にもカロリーが消費され、ダイエットの効果が出やすくなります。ただ寝てないというだけで消費カロリーが減ってしまい、痩せない原因となるほか、肌荒れやストレスなど、いろいろな悪影響を及ぼします。

なかなか寝付きが悪い・寝れないという人は、寝る前のスマホやパソコンを止め脳を休ませる習慣をつけることや、寝る前にハーブティーを飲むことで改善されます。

食事と運動の記録をつける

食事と運動の記録をつけることは、とてもシンプルで簡単にできる方法ですが、とても効果的な方法でもあります。

特に食事からの摂取カロリーと、運動での消費カロリーをしっかり把握しておくことで、食べ過ぎていた、この栄養素が少ないなど、痩せない理由や改善点を見つけることができます。

しばらくの期間ダイエットをしているのに痩せない人は、食事か運動のどちらか原因がある場合が多いので、記録をつけるようにし、何を食べてどれだけ運動をしているかを確認してみましょう。

【体験談】ジムのトレーナーにすすめられて

「ダイエットを始めてしばらくした頃になかなか痩せない時期があり、ただの停滞期だと思っていたのですが、そこからなかなか抜け出せず、ジムのトレーナーさんに食事と運動の記録をつけることを勧められました。

今まで食事や運動に関して気をつけていたつもりでしたが、毎回何か食べた後にノートをつけるようにすると、運動で消費していたカロリー以上に食事のカロリーが多い日が何日かあったことを知りました。

意外にカロリーや糖質の多かった食べ物や、夕食に多くカロリーを摂りすぎていたことなど、痩せない原因がわかり改善点が知れたので、そこを意識して停滞期も乗り越えることができました。

面倒くさがりの私は、いちいち紙に書くのが面倒くさいという理由で、間食が減ったこともダイエットが成功した理由だと思います。」(32歳 女性)

ストレスをなくす

ダイエットをしていてなかなか痩せない時は、知らず知らずのうちに溜まっているストレスが原因になっていることがあります。

食事制限や仕事などの様々なストレスは、ホルモンバランスが崩れたり、睡眠の質が落ちたりするほか、暴飲暴食の原因にもなったりします。

ストレスが溜まる前に、適度な運動や瞑想、マッサージを受けてリラックスするなど、自分にあった方法で解消しましょう。ストレスがなくなれば、ホルモンバランスが整い睡眠もしっかりとれるようになるので、今まで痩せないと悩んでいた人も痩せやすくなりますよ。

お風呂に浸かる習慣をつける

お風呂に浸かる習慣をつける
毎日シャワーだけで済ませてしまう、という人はぜひ毎日入浴する習慣をつけましょう。

お湯につかり体の芯まで温めることで、代謝が上がり脂肪を燃焼しやすくする上に、血流の流れを良くし、体の余分な毒素を外に出してくれる効果もあります。

お風呂にゆっくり浸かるとストレス解消にもつながりますし、体がしっかり温まるとぐっすり寝ることもでき、ダイエット中にはメリットばかりです。

痩せないダイエットには必ず原因があります

痩せないダイエットには必ず原因があります
食事制限や運動などでしばらくの期間ダイエットをしていても効果がでない、痩せないという人は、そのダイエット方法や生活習慣に必ず痩せない原因があります。

食事制限のみや運動のみで痩せることはなかなか難しく、この二つをバランス良く組み合わせることで、健康的・効果的に痩せることができますよ。

今ダイエットをしていてなかなか痩せないと悩んでいる人は、今回ご紹介した痩せない原因の見直しや、効果的なダイエット方法を参考に、自分に合ったダイエット方法を試してみてください。

無理をせずに自分に合った方法でダイエットを続けることで、ストレスを感じずにしっかりと着実に効果を実感できるようになるでしょう。

他にもダイエットに関して興味のある方は、こちらの記事もチェック!

Related