Search

検索したいワードを入力してください

【決定版】たくさん食べても太らない食べ物はこれ!
2019年02月11日

【決定版】たくさん食べても太らない食べ物はこれ!

ダイエットをするときに必ずと言っていい程、気を付けることは食事制限。しかし、ダイエットはしたいけれど、お腹いっぱい食べたいという女性も少なくないはず。今回はダイエットのために食事制限をしている方に向けて、たくさん食べても太らない食べ物についてご紹介します!

食べても太らない食べ物ってあるの?

【決定版】たくさん食べても太らない食べ物はこれ!
ダイエットというと、食事は控えめにしなきゃいけないというイメージが持たれがちですが、食べることが好きな人にとっては、食事を減らすことはストレスになってしまうのではないでしょうか。

たくさん食べても太らない食べ物があれば、楽しくダイエットできるのに…と思う人もいるでしょう。そんな虫のいい話が、実はあるのです。

食べても太らない食べ物を食事に取り入れて、しっかり食べながらキレイを目指しましょう。食べても太らない食べ物や食事のレシピ、健康的なダイエットのポイントをご紹介していきます。

太らない食べ物ってどんなもの?

食べても太らない食べ物って本当にあるの?と半信半疑な人もいるかもしれませんが、特別な食べ物ではなく、私たちの身の回りにある食べ物の中にあるのです。

逆に、太りやすい食べ物というと、糖質や脂質が多いものがまず挙げられます。身体の中で脂肪に変わりやすいからです。また、カロリーの高いものは消費しきれないカロリーが蓄積され、食物繊維が少ないものは便秘を招きます。それらも太る原因になります。

つまり、食べても太らない食べ物とは、脂肪に変わりにくい・カロリーが低い・腸内環境を整えるという特徴のある食べ物ということですね。

糖質・脂質が少なめで高たんぱく

脂肪に変わりやすい糖質や脂質が少なめな食べ物は、たくさん食べても太りません。たんぱく質は脂肪に変わりにくいうえ、余剰分が排出されやすいという特徴があるので太りにくいのです。

たんぱく質は筋肉のもとになります。しっかりと筋肉をつけておくことも、太りにくい身体づくりには大切です。

ほとんど水分でできている

水はカロリー0です。水分がたっぷり含まれている食べ物は、しっかりとボリュームはあってもカロリーが低いです。

成分のほとんどが水分でできているものは、たくさん食べればお腹は膨れますが体内に蓄積されにくいので、太らない食べ物と言えるでしょう。

食物繊維が豊富

太っている人の多くは便秘がちで、腸内環境も乱れています。腸内環境が悪いと代謝が低下し、エネルギーを消費しにくくなってしまいます。それがさらに太りやすい身体を作ってしまうのです。

そのため、腸内環境を整えるのに役立つ食物繊維が豊富な食べ物を摂ることが、太りにくい身体を作るのに役立ちます。さらに食物繊維は消化しにくく満腹感を得やすいので、たくさん食べても太らない食べ物の代表格なのです。

食べても全然太らない食べ物を紹介

【決定版】たくさん食べても太らない食べ物はこれ!
太らない食べ物の特徴がわかっても、栄養学に詳しくないと具体的にどの食べ物を選べばいいのかわからないですよね。そこで、具体的な食べ物を15個ほどご紹介します。

これから挙げる太らない食べ物は、多くの人がダイエットに取り入れているというだけでなく、栄養素やカロリーの面でも太りにくい・あるいは痩せるのに効果があるものばかりです。

さらに、どの食品もスーパーなどで気軽に購入できるので、毎日の食事にぜひ取り入れてみて下さい。

キノコ類

水分が多くカロリーも低いキノコ類は、たくさん食べても太らない食べ物として有名です。満腹感を得られかつヘルシーなので、毎日の食事に取り入れてはいかがでしょう。食物繊維やビタミンも豊富で、健康食品としても注目されています。

しいたけ、まいたけ、しめじ、えのきだけ、きくらげ、マッシュルームなど種類も豊富で、それぞれ味も含まれる栄養素も異なるので、毎日の食事で飽きずに食べることができそうですね。

魚介類

魚は糖質が少なく、高たんぱくな食材のため食べても太らない食べ物と言えるでしょう。また、特にサンマやサバなど青魚の脂にはDHAやEPAといった血液をサラサラにする成分が含まれています。これも肥満を予防するのに効果があるのです。

魚介の中でも特に赤身の魚やエビ、イカ、貝などは脂質が少なく、たくさん食べても太らない食べ物と考えられています。食事でこのような魚介類を食べる習慣をつけるといいでしょう。

お刺身

【決定版】たくさん食べても太らない食べ物はこれ!
食事で魚を食べる際には、生食がおすすめです。それは、たんぱく質は生の方が消化・吸収がいいから。筋肉を作り太りにくい身体にするには、たんぱく質の消化・吸収を高めることも大切なのです。

そのため、魚を生で食べるお刺身も太らない食べ物の仲間と考えられます。ただし、魚の動物性たんぱく質は身体にいいし、脂も肉と違って血中コレステロール値を下げる働きをしますが、食べ過ぎはNGです。酸化物や水銀など有害物質も摂取する可能性があるからです。

たくさん食べても比較的太りにくいですが、食べ過ぎないようツマなど付け合わせで満腹感を得られるようにしましょう。

赤身の肉

肉ばかり食べていると太りそうな気がしますが、それは脂身を一緒に食べるからです。霜降りの肉や脂身がしっかりついた肉は、やはり食べ過ぎると太ります。

逆に脂身のない肉は、高たんぱくで食べても太らない食べ物と言えるでしょう。食事に使用するなら、赤身の肉やヒレ肉など、脂身のない肉を選ぶと安心です。

鶏ささみ

鶏肉も、もも肉や皮の部分は食べ過ぎると太りやすいですが、皮を取り除いた胸肉など脂身のない部分は食べても太りにくいです。

中でもささみは脂身がなく高たんぱくなうえ、柔らかく調理もしやすいので、食べても太らない食べ物としてダイエット中の女性からも人気を集めています。ぜひ普段の食事に取り入れたい食材です。

豆腐

大豆製品も、食べても太らない食べ物の代表格です。豆腐は高たんぱくで糖質が少ないのが特徴の大豆から作られており、さらに水分も豊富なため食べ応えがあります。

大豆は他の豆類に比べるとやや脂質が多いですが、脂質の蓄積を抑えるサポニンという成分が含まれているため、太る心配はありません。

クセがなく淡白なので他の食材との相性も良く、さらに経済的なので、毎日の食事に取り入れやすい食材と言えるでしょう。

納豆

納豆は豆腐と比べるとカロリーも糖質も高めですが、血液をサラサラにするナットウキナーゼの効果や、腸内環境を整えるのに役立つことを考えると、積極的に取り入れたい食材です。

好き嫌いがありますが、調理しなくてもそのままで手軽に美味しく食べられるので、冷蔵庫に常備しておきたい食材と言えるでしょう。

おから

ダイエット中の人から注目を集めているおからは、たくさん食べても太らない食べ物として大人気です。その理由は、何といってもカロリーの低さと食物繊維の豊富さでしょう。

おからは、豆腐を作るために豆乳をしぼった残りかすですが、たんぱく質もカルシウムもたっぷり含まれており、栄養面でも優れています。さらにとても安く手に入るので、お腹いっぱい食べても太らないし経済的ですね。

そのままではパサパサして食べづらいので、様々な料理やお菓子作りにアレンジして食べるといいでしょう。

野菜類

野菜は9割以上が水分でできているというものも多く、太らない食べ物と言えるでしょう。特にキャベツやレタス、白菜などの葉野菜は食物繊維も豊富でカロリーが低く、たくさん食べても太りません。

かぶの葉や大根の葉には、食物繊維だけでなく鉄分を始めビタミンやミネラルなど美容と健康に欠かせない成分も豊富に含まれているので特におすすめです。

ただ、あまり知られていませんが蓮根などの根菜には糖質が多く含まれるので注意が必要です。野菜の食べ過ぎのせいで太るには、相当の量を食べる必要があるので実際に太る可能性は低いでしょうが、食事作りの際には押さえておくと安心です。

野菜は食べても太らない食べ物というだけでなく健康にもいいので、様々な種類の野菜を毎日の食事でバランスよく食べるようにしたいですね。

意外と食べても太らない食べ物なのがです。卵にはたんぱく質とミネラル、ビタミンが含まれており栄養価が高い食材として広く使われていますね。なんとビタミンCと食物繊維を除くすべての栄養素が含まれているのです。

また、レシチンという代謝を高める成分が含まれており、それでいてカロリーが低いので、健康的なダイエットに最適な食材と言えるでしょう。

安価なうえ、料理にも様々な使い方ができるので毎日の食事で飽きずに食べられるのではないでしょうか。

こんにゃく

カロリーが低く、噛み応えのあるこんにゃくは満腹感が得られるので、たくさん食べても太らない食べ物として多くの人がダイエットに取り入れています。

特に、こんにゃくに含まれるグルコマンナンという食物繊維は人間の消化酵素では分解できません。そのまま腸まで届き排出されるので、文字通り食べても太らないのです。

ただ、きちんと噛まないと塊のまま腸に運ばれてしまい、便秘になったり他の栄養素も一緒に排出されてしまいます。そうならないためにも、よく噛んで食べること・他の食材も一緒に食べることを心がけましょう。

スイカ

夏の食べ物と言えばスイカです。甘みがあるため糖質が多いと思われがちですが、100gあたりの糖質はたったの6g。バナナは21g、りんごは13gなので、糖質は決して多くありません。

さらに、スイカは9割が水分でできているので、お腹いっぱい食べても水分を摂っているだけということ。スイカだけをたくさん食べても太らないのです。

また、スイカに含まれるシトルリンという成分が血行を良くすることで代謝が高まり、太りにくい体質にしてくれます。さらに、脂肪や糖質の燃焼を妨げる活性酸素の発生を防ぐリコピンも、トマトの約1.5倍含まれています。

グレープフルーツ

グレープフルーツもダイエットに人気の食品です。苦みや酸味が食欲を撃退させるので食べ過ぎを防ぐという効果もありますが、それだけではありません。

グレープフルーツに含まれるビタミンB1の働きにより、糖質の代謝が促されることで脂肪が溜まりにくくなるのです。また、体内の塩分の量を調整する働きのあるカリウムが、むくみを予防してくれます。

他にも脂肪を燃焼させるリモネン、代謝を上げるペクチンなどが含まれており、食べても太らないどころか食べることでダイエットに効果が期待できるのです。

そば

炭水化物の中でも、比較的食べても太らない食べ物と言われているのがそばです。小麦粉ではなくそば粉で作られていることに理由があります。

食べた後に血糖値を上昇させやすい食べ物のことを高GI食品と呼ぶのですが、小麦粉が高GI食品なのに対し、そばは低GIなのです。さらに、食物繊維や代謝を高めるビタミンB群も豊富に含まれています。

かつお出汁でそばを食べると、代謝を高めるイノシン酸も摂取できるのでさらに効果的です。

無糖・無脂肪ヨーグルト

代謝を高めるためには腸内環境を整えておくことが大切ですが、ヨーグルトにはその効果があります。腸内の善玉菌を増やし悪玉菌の増殖を抑えることで腸内環境が整いますが、その善玉菌を増やすのに役立つのが乳酸菌です。

生きたまま腸に届く乳酸菌を含むヨーグルトを食べることで、腸内環境が整い、代謝が高まり便秘もありません。これが食べても太りにくい身体づくりにつながります。

さらに、脂肪の排出を促すカルシウムも豊富に含まれています。ただし、加糖のフルーツソースや砂糖をたっぷりかけると太らない食べ物とは言えなくなってしまうので、無糖のままもしくは生のフルーツにかけたヨーグルトを食べるといいでしょう。

キムチ

韓国の伝統的な食品のキムチも、ダイエットで人気の食品です。キムチが太らない食べ物と言われる理由は、乳酸菌・食物繊維・ビタミンB群・唐辛子の働きがあるから。

キムチに含まれる乳酸菌は生きたまま腸内に届き、善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれます。そして豊富な食物繊維により便秘を防ぎます。キムチは発酵食品ですが、野菜が発酵することでビタミンB群が増え、糖質の分解や脂肪の燃焼を促します。

さらに、キムチに含まれる唐辛子が発汗を促し、カプサイシンが脂肪を燃焼させます。これらの効果により、キムチが食べても太らない食べ物と言わているのです。

太らない食べ物を使った食事の注意点

【決定版】たくさん食べても太らない食べ物はこれ!
ご紹介してきた食べても太らない食べ物は、どれも私たちの身近にあり、そのまま食べられるものや料理にアレンジしやすいものばかりです。毎日の食事作りに取り入れることでたくさん食べても太らず満足感を得ることができるでしょう。

ただ、せっかく食べても太らない食べ物を使っても、その食べ方によってはダイエット効果がなくなってしまう可能性があるのです。

特に食事作りの際に、気を付けたいポイントがあるので見ていきましょう。

食べても太らない食事は味付けが重要

食べても太らない食べ物は、そのまま食べられるものなら問題ないのですが、味付けして食べる場合には注意が必要です。なぜなら、調味料を使うことで、糖質や脂質を知らず知らずのうちに摂取してしまうことになるからです。

例えばレタスなどの葉野菜は食べても太らない食べ物ですが、そのままの状態でお腹がいっぱいになるまで食べるのは難しいですよね。かと言ってこってりしたドレッシングをたくさんかけると、カロリーも油脂もたっぷり取り入れてしまうことになります。

他にも砂糖やソースやケチャップなど、食材に気を遣っていても、カロリーや糖質・脂質が高い調味料を使い過ぎている食事では意味がなくなってしまうので要注意です。

食べても太らない食事は油脂にも配慮

ドレッシングもそうですが、食材を傷めたり焼いたりして食べる際に使う油脂にも気をつけましょう。せっかく脂身のないお肉でも、バターを使って焼けば脂質を摂取することになります。

ダイエットを意識している場合は、食事作りには動物性ではなく植物性の油を使うのが基本です。ごま油やキャノーラ油を使うといいでしょう。また、油脂の取り過ぎを予防するには蒸す・茹でるといった調理法がおすすめです。

ちなみに油脂を全く摂らないと便秘になりやすくなってしまうので、食事では適度に摂取することが大切です。

旬の野菜が中心の和食がおすすめの理由

日頃の食事で満腹感を得られれば、食べ過ぎも防ぐことができますよね。実は、昔ながらの和食は食べても太らない食事なのです。特に、旬の野菜を使った和食を食べると、太りにくく健康な身体になります。

その理由は、旬の野菜を食べるメリットと和食の味付けや献立にあります。

旬の野菜は太らない食べ物で栄養も最大

まず、和食には旬の野菜が多く取り入れられます。この旬の野菜を食べると、ビタミンやミネラルの数値が高く太りにくい身体づくりに役立ちます。そして、旬の野菜は甘みが強く美味しいので、薄味でもたくさん食べられて野菜だけでも満腹になりやすいのです。

果物や魚なども同様に、旬のものは味が良く栄養価も高いし価格も安いので、たくさん食べたいなら旬のものを選ぶといいでしょう。

出汁が効いていれば薄味の食事でも美味しい

調味料にも注意が必要とお伝えしましたが、和食には出汁を効かせた料理が多く、それも食べても太らない食事の理由です。昆布やいりこ、カツオぶしなどの出汁は旨味が強く、味付けが薄くても美味しく食べられます。

出汁はローカロリーなのでたくさん飲んでも太りません。薄味で出汁のしっかり効いた煮物や汁物を食べてお腹を満たすといいでしょう。

ご飯やパンも食べたい!おすすめの選び方

炭水化物抜きダイエットが流行った時期がありましたが、食事はバランスも重要です。それに、ご飯やパンも食べたいという人もいますよね。ただ、実際炭水化物の摂り過ぎは太る原因になることは事実です。

そこで、食事のときにご飯やパンを選ぶ際には次のようなことを意識するといいでしょう。

発芽玄米・雑穀米は食べても太りにくい

白米は糖質なので、食べても太らない食べ物とは言えませんが、食事の際にご飯を発芽玄米に変えるだけでぐんと太りにくくなります。糖質が抑えられ、食物繊維をたっぷり摂ることができますよ。

また、雑穀米もおすすめです。ビタミンが含まれるものもあるので、毎日の食事で簡単に補うことができます。

硬めのご飯・炊き立てより冷やご飯が太りにくい

柔らかめの炊き立てご飯は消化がいい分、太りやすいです。具合が悪い時におかゆや軟飯を食べるのが、効率よくカロリーを摂取するためというのも同じ理屈ですね。

つまり、逆に硬めのご飯・冷ご飯は消化が良くない=糖質に変わりにくいので太りにくいのです。

バターロールよりフランスパン

パンにも様々な種類がありますが、単純に油脂や砂糖、乳製品の入っていないシンプルなものなら食べても太りにくいです。甘い菓子パンが太りやすのは一目瞭然ですが、ベーシックなものなら例えばバターロールよりもフランスパンを選ぶといいでしょう。

大満足!オススメな低カロリー料理

【決定版】たくさん食べても太らない食べ物はこれ!
カロリーが低く、太りにくい身体づくりに効果のある栄養素が含まれる食べ物。そのようなものなら、たくさん食べても太る心配がありませんね。

日頃の食事で食べ続けるためにも、食事作りのレシピを知っておくといいでしょう。ここでは、太らない食べ物を使った5つのレシピをクックパッドからご紹介します。

ノンオイルドレッシングの海藻サラダ

まずは、野菜や海藻、豆を使ったヘルシーなサラダをご紹介します。サラダは太らない食べ物ですが、ドレッシングでカロリーを摂ってしまいがちに…。こちらのレシピはもずく酢を使うことでノンオイルで食べられる点がおすすめです。

☆豆とシャキシャキ野菜のもずく酢サラダ☆

材料 (2人分)

水菜1束
セロリ7~8cm
海藻(乾燥なら水で戻す)軽くひとつかみ(戻した状態で)
マルヤナギ やわらか蒸しサラダ豆40g
もずく酢1パック(3つくらいに小分けになってるタイプ)
◎おろし生姜、白胡麻適量

1
水菜は根元を切り落とし3~4cmに切り、セロリは筋を取って斜め薄切りにする。
海藻は大きければ食べやすい大きさに切る。

2
ボウルに◎以外の材料を入れよく混ぜ合わせる。

3
器に盛り、◎をのせて完成。
*食べる時に生姜も混ぜて食べて下さい!

出典: https://cookpad.com/recipe/1707170 |

具沢山の味噌汁・スープ

具沢山の汁物もカロリーが低いわりに食べ応えがあります。このレシピは野菜やキノコ、豆腐や卵が入っているので栄養も満点です。鶏モモ肉を胸肉やささみに変更すれば、さらにヘルシーな食事になるでしょう。

【ダイエット】卵と豆腐の、トロトロスープ

食べ過ぎてしまった日の夕飯はコレ!具材は何でもいいのですが、エリンギは食べごたえがあり低カロリーなので、お勧めです♪

材料 (1人前)

卵1個
豆腐(絹)1/2丁
エリンギ1本
鳥モモ100g
玉ねぎ1/2個
人参1/6本
もやし軽くひと掴み分
刻みネギ少々
水200cc
☆中華スープの元大さじ1~2
☆しょうが(市販のチューブ) 小さじ1
☆ごま油 少々
☆塩ひとつまみ

1
エリンギと鳥モモは一口大に、玉ねぎと人参は千切りにします。(エリンギは少し大きめの方が、食べた感が出ると思います)

2
お鍋で水を沸かし、1の材料を入れ中火で2分煮ます。

3
☆の調味料と豆腐を加えて、さらに2分煮ます。(お使いの中華スープによって塩加減は調整して下さい。豆腐は煮崩れてOKです)

4
卵を溶いて、お鍋に流し入れます。卵が完全に固まる少し手前で器に移して、刻みネギを振れば完成です。

出典: https://cookpad.com/recipe/5465270 |

ササミともやしと豆苗蒸し

蒸し料理も太りにくいのでおすすめです。さらに、ささみ・もやし・豆苗といった安くて太らない食べ物が使われているので、日頃の食事のおかずに取り入れてみてはいかがでしょう。

ササミともやしと豆苗蒸し 〜わさび醤油〜

わさび醤油でサッパリと食べられます!

材料 (2人分)

ササミ3本
豆苗1袋
もやし1袋
塩こしょう少々
酒大1〜2
醤油大1〜2
わさびお好みの量で

1
ササミは筋を取り一口大に切る。
豆苗は半分に切る。
切った豆苗ともやしはザルに入れて混ぜながら水洗い。

2
軽く水切りしたもやしと豆苗を半分フライパンに敷く。その上に一口大に切ったササミを乗せ、残りのもやしと豆苗を乗せる。

3
塩こしょうを振り、酒を回し入れ蓋をして中火で蒸す。

4
わさびと醤油を混ぜておく。わさびの塊が残らないようにしっかり混ぜる。

5
ササミに火が通ったらお皿に盛り付けてわさび醤油をかけて出来上がり!

出典: https://cookpad.com/recipe/5110629 |

キムチ豆腐

気軽に食べられるおつまみのような簡単料理も押さえておきましょう。冷ややっこの上にキムチをトッピングするだけの簡単すぎるレシピですが、驚くほど美味しいです。

冷奴☆キムチ

栄養があって、低カロリーで満腹感もあり☆
そして美味しい(^∇^)

材料 (1人分)

豆腐小さいの1パック
キムチお好み
胡麻油 お好み
いりごまお好み
ブロッコリースプラウトお好み

1
お豆腐をお皿へ

2
上にキムチをのせる

3
胡麻油を香り付け程度、少しだけかける

4
ごまをパラパラ

5
スプラウトを刻んでちょこんとのせる

6
完成☆

出典: https://cookpad.com/recipe/5335253 |

きのこそば

太らない食べ物を組み合わせ、さらに温かい出汁をたっぷり飲んで満腹になれるレシピです。夜食にもおすすめです。

Vegan☆きのこ蕎麦

キノコたっぷり♡水溶性食物繊維が摂取できます。

材料

蕎麦の麺2人分
長ねぎ10㎝
◎椎茸2個
◎水350ml
エリンギ1/2パック
舞茸1パック
■ そばつゆ
椎茸の戻し汁300ml~350ml
醤油大匙2
みりん 大匙2
▲片栗粉 大匙1
▲水大匙2

1
◎をボールに入れて椎茸を水でもどす。

2
エリンギ、舞茸をさく。
しいたけを細く切る。
▲を合わせて水溶き片栗粉にする。

3
そばつゆの材料、▲以外の全てとキノコ類を鍋で煮る。

4
▲をゆっくりと入れ混ぜ、火をとめる。

5
蕎麦をたっぷりの水で茹でる。
長ねぎを切っておく。

6
蕎麦の水を切って、器に盛る。
上から【4】をかけ、長ねぎを盛り付けたらば完成です。

出典: https://cookpad.com/recipe/4234665 |

ダイエットの大原則

【決定版】たくさん食べても太らない食べ物はこれ!
太らない食べ物についてご紹介・ご説明してきましたが、そもそもダイエットをする場合は食べ物の種類の他にも押さえておきたいポイントがあります。

食べても太らない食べ物を使った食事でダイエットするなら、次の4点は押さえておきましょう。

食べないダイエットは健康に悪い

そもそも、食べても太らない食べ物を知る以前に、食べなければ太らないのでは…と考える人もいるかもしれませんね。

でも、食べないと身体の代謝がどんどん下がり、逆に太りやすくなるうえ免疫力も失われてしまいます。病気にかかりやすくなるだけでなく、リバウンドも怖いです。

太らない食べ物や食事なら、しっかり食べても健康を維持しながら太りにくい身体を作れますよ。

良く噛んでゆっくり食べる

せっかく太らない食べ物を食べても、丸呑みするような食べ方では意味がありません。満腹中枢は噛むことで刺激されるので、噛まなければいくら食べても満足できないのです。

さらに、噛まずに食べると消化されずに腸まで運ばれてしまうような食べ物もあるので、便秘の原因にもなります。食事はよく噛んでゆっくり食べるようにしましょう。

継続すること

ダイエットは始めてすぐに効果が出るわけではありません。毎日の食事に太らない食べ物を取り入れながら、根気よく続けていくことが大切です。

続けることで、食べても太りにくい身体になっていきます。食べても太らない食べ物を意識した食事で太らない身体を維持していきましょう。

ダイエットには運動も大切

【決定版】たくさん食べても太らない食べ物はこれ!
ダイエットは、太らない食べ物・健康的な食事を心がけるだけでなく、運動もすることで効果が得られます。筋肉を作ったり脂肪を燃焼させるためには筋トレや有酸素運動を行いましょう。

食事と運動を組み合わせ継続させることで、痩せるだけでなく太りにくい身体になります。

ダイエットにおすすめのサプリメント

【決定版】たくさん食べても太らない食べ物はこれ!
毎日の食事に食べても太らない食べ物を取り入れ、調理法や食べ方にも気を配り続けることは理想的ですが、実際にはなかなか難しいですよね。

そこで、ダイエットに効果のあるサプリメントを併用するのも一つの方法です。糖や脂肪の吸収を抑えてくれるこちらのサプリメントを食事や運動と共に取り入れてみてはいかがでしょう。

FANCL カロリミット

人気メーカーFANCLの「カロリミット」は、ダイエット中でもしっかり食べたい人にぴったりのサプリです。桑の葉や緑茶エキス、インゲン豆などの有効成分により糖質や脂質の吸収を防ぐことができます。

こうじ小町

7種類の穀物麹が凝縮された大人気のサプリです。トマト乳酸菌発酵物やビフィズス菌なども配合され、身体の内側からきれいを目指せますよ。自然由来の原料にこだわる人におすすめです。

ヘルシーな食事をしっかり食べよう

【決定版】たくさん食べても太らない食べ物はこれ!
たくさん食べても太らない食べ物の特徴、具体的な食品がわかり、さらに食べ方のポイントや食事への取り入れ方を押さえておくと、食べながらでも無理なくダイエットができるのではないでしょうか。

ご紹介した食べ物はどれも安価で手に入りやすいものばかりです。毎日の食事に使えるもの、そのまま食べられるものなど、食べても太らない食べ物を上手に組み合わせるのが飽きずに続けるコツです。

もちろん、食事だけでなく運動も心掛けて下さいね。時にはサプリメントも使いながら、楽しく続けていきましょう。
特に夜お腹が空くという人には、次の記事もおすすめです。

Related