Search

検索したいワードを入力してください

「眉毛を剃りすぎた!」失敗した眉毛の整え方と失敗しない切り方!
2018年11月30日

「眉毛を剃りすぎた!」失敗した眉毛の整え方と失敗しない切り方!

誰しもが1度は経験済みだと言っても過言ではない「眉毛の剃りすぎ」ですが、みなさんはその時どのように対処しましたか?剃りすぎてしまった時の整え方で誤魔化しがきくのでしょうか。そこで、眉毛を剃りすぎた時の整え方や失敗しない方法をご紹介します。

眉毛を剃りすぎた…

眉毛を剃りすぎた…
人間に限らず動物にまで生えていて、その人や動物の人相を形作る重要な役割を果たしている眉毛ですが、少し眉毛を整えたりいじったりするだけで顔付きの印象を変える事ができます。

自分の好きな芸能人と同じ形の眉毛にしたり、雑誌を見ながら眉毛を整えたりなど、形や整え方はさまざまです。

ですが、毎回眉毛をキレイに整えられるというわけではなく、時には剃りすぎた事や一部分を剃りすぎた事で失敗してしまったりした事があるのではないのでしょうか。

女性は剃りすぎた時や失敗してしまった時にお化粧で誤魔化す事ができますが、男性は剃りすぎた時や失敗してしまった時にお化粧で誤魔化す事ができないので、失敗は禁物となっています。

眉毛を剃りすぎた時の整え方

眉毛を剃りすぎた時の整え方
眉毛を剃ったり整えたりする事に慣れている男性や女性なら、眉毛を剃りすぎたり失敗してしまったりする事も少なく、剃りすぎたり失敗してしまったとしても誤魔化せたりもできます。

ですが、普段あまり眉毛を剃ったり整えたりした事のない男性や女性からすれば、眉毛をキレイに剃ったり整えたりする事は難しい事でしょう。

時には剃りすぎたり失敗してしまったりして、どうしようもない形の眉毛ができあがって外に出たくないと思ってしまう方もいるほどです。

では、眉毛を剃りすぎたり失敗してしまった時にまだマシになる整え方はあるのでしょうか。

そこで、眉毛を剃りすぎた時の整え方についてご紹介します。

剃りすぎた時の整え方①理想の形に合う部分を残す

眉毛を剃りすぎた時の整え方に、「理想の形に合う部分を残す」という眉毛の整え方があります。

眉毛を剃りすぎた時には必ずしておかなければならない事だと言っても過言ではないほど、自分の思う理想の眉毛の形に合う部分を残すという事は、大切な事です。

女性なら理想の形に合う部分を残す事でお化粧で誤魔化せますし、男性はお化粧ができなくても理想の形に合う部分を残す事で、ぱっと見普通に見えるのでオススメです。

ですが、剃りすぎたり失敗して理想の形に合う部分を残す事にしたとしても、その部分まで剃りすぎたり失敗してしまうと取り返しがつかなくなってしまうので気を付けるようにして下さい。

剃りすぎた時の整え方②眉頭の形をそろえる

眉毛を剃りすぎてどうしようもなくなってしまった、眉毛を剃りすぎて失敗してしまったと感じた時には、「眉頭の形を整える」という事をするといいでしょう。

たとえ眉尻を剃りすぎた事で失敗したと思ってしまったとしても、眉頭の形が整っているだけで見栄えがよくなるので、眉毛を剃りすぎた事で失敗したとしても大丈夫です。

逆に眉頭が整っていないと途端に剃りすぎた感や失敗した感が漂ってしまうので、できるだけ眉頭を同じ形に整える事をオススメします。

剃りすぎた時の整え方③眉尻の高さをそろえる

眉毛を剃りすぎた時の整え方の1つに、「眉尻の高さを揃える」という整え方もオススメです。

眉毛を剃りすぎた事で失敗してしまったとしても、眉尻の高さを揃えて同じくらいにしておけば、見た目的にも悪くなくぱっと見失敗したとわかりづらいです。

眉尻の高さが違っていた場合、左右で高さがガタガタになってしまって顔立ちがおかしくなってしまうので、できるだけ眉尻を同じ高さにしておく方がいいでしょう。

ですが、眉尻の高さを揃えようとして逆に失敗してしまう事も多々あるので、剃りすぎないように気を付けて時間をかけながら眉毛を整えるようにしてみて下さい。

剃りすぎた時の整え方④眉毛の濃さを同じにする

眉毛を剃りすぎたり失敗してしまってどうしようもないという時に、「両方の眉毛の濃さを同じにする」と失敗した感じや剃りすぎてしまった感じが薄れるのでオススメです。

両方の眉毛を同じ濃さにしておくと、たとえ形がいびつであったり左右のバランスが悪かったとしても、眉毛の濃さが同じだと不思議と違和感が薄れます。

なので、眉毛を失敗しすぎてしまってこれ以上は整えられないという時に、両方の眉毛の濃さを均等にする事を試してみて下さい。

ですが、整えようとしてあまりにも眉毛の濃さを薄くしてしまうと、眉毛の存在感がなくなってしまって「眉なし」に見えてしまう事もあるので要注意です。

剃りすぎた時の整え方⑤眉毛を両方同じ形にする

眉毛を剃りすぎた時の整え方には、「眉毛を両方同じ形にする」という整え方もあります。

理想の形に合う部分を残すように整えたりする事ももちろん大切ですが、それを意識するあまり両方の眉毛の形が揃っていなかったり、いびつになってしまっては意味がありません。

自分のなりたい眉毛に当てはまる部分を残しつつ、左右の眉毛の形のバランスを見ながら整えるようにしなければ余計に失敗したと思われてしまうでしょう。

なので、少し難しいですが自分の眉毛の形のバランスを鏡で見ながら、失敗しそうなら型取りながら眉毛を剃るようにしてみて下さい。

眉毛の失敗しない切り方

眉毛の失敗しない切り方
眉毛を剃りすぎたり失敗してしまった時の整え方を知っていれば、もう怖いものなしだと言っても過言ではありません。

ですが、そもそも眉毛を剃りすぎたり失敗しないような切り方や整え方を知っていなければ、いつまで経っても上達しませんし、ずっと失敗したままです。

ずっと剃りすぎたり失敗したままの眉毛を放置してしまうと、そこから毛が生えなくなってしまったり、その形にしか整えられないようになってしまいます。

では、そうならないためにも眉毛の失敗しない切り方や整え方には、どのような切り方や整え方があるのでしょうか。

そこで、眉毛の失敗しない切り方や整え方についてご紹介します。

失敗しない切り方①自分の眉毛の形を知る

失敗しない切り方①自分の眉毛の形を知る
眉毛の失敗しない切り方や整え方として、1番知っておかなければならない事が「自分の眉毛の形を知る」という事です。

自分の思う理想の眉毛と、自分自身の眉毛の元の形が必ず近しいというわけではありませんし、近しいわけではないならどのようにして理想に近づけるかを考える必要があります。

そのために、自分自身の眉毛の元の形をしっかりと知っておく事で、剃りすぎてしまったり失敗してしまったりする可能性がぐんと下がります。

ですが、眉毛を伸ばしっぱなしにしていてボサボサの場合には、ある程度はじめに眉毛の薄い部分の掃除からはじめるようにして下さい。

失敗しない切り方②理想の眉毛の形を書いておく

失敗しない切り方②理想の眉毛の形を書いておく
眉毛を剃りすぎてしまったり、失敗してしまう事が多い男性や女性はだいたいの方が、自分の理想の眉毛を思い浮かべてその形どおりに下書きもなく剃りはじめてしまう事が多いです。

もともとよく眉毛を剃っていて手慣れている方はその方法でもいいでしょうが、眉毛のお手入れ自体をあまりしていなかった方にはなかなか難易度が高いでしょう。

なので、あらかじめ自分の眉毛に「理想の眉毛の形を書いておく」事で、どこまで剃っていいのかが一目でわかるようになるので失敗する事が減ってオススメです。

失敗しない切り方③毛の流れに逆らって剃る

失敗しない切り方③毛の流れに逆らって剃る
眉毛の失敗しない切り方や整え方には、「生えている眉毛の毛の流れに逆らって剃る」という切り方や整え方もあります。

足や手などのムダ毛処理の時は、必ず毛の流れに沿って剃るようにしなければならないのですが、眉毛の場合は毛の流れに沿って剃る事で失敗に繋がる事があります。

もちろん肌を傷めないようにするには毛の流れに沿って剃る事が1番ですが、そうしてしまうとなかなかキレイに根元から剃れずに何度も同じ場所を剃ってしまう事になるでしょう。

そうすると、だんだんと他の必要な眉毛も剃られてしまうので、毛の流れに逆らって1発で終わらせるようにしてみて下さい。

失敗しない切り方④必ず肌を引っ張って剃る

失敗しない切り方④必ず肌を引っ張って剃る
この切り方や整え方は毛の流れに逆らって剃るという方法と似たような理由なのですが、「必ず肌を引っ張って剃る」という方法もあります。

毛の流れに逆らって剃る方法と同じように、きちんと剃りきれていなくて毛穴の中に毛が残ってしまったり、微妙に肌から生えてしまったりする事があります。

どうにかしたくて同じ場所を何度も剃ってしまうと肌荒れを起こしたり色素沈着をしてしまったりもするので、なるべくしない方が賢明です。

なので、肌を引っ張って剃る事で毛穴の奥までしっかりと剃れるうえに毛も目立たなくなるので、なるべく肌を引っ張って剃るようにしましょう。

失敗しない切り方⑤だいたい剃れたら終わりにする

失敗しない切り方⑤だいたい剃れたら終わりにする
眉毛の失敗しない切り方や整え方の1つに、「だいたい剃れたら終わりにする」という切り方や整え方もあります。

誰でも陥ってしまいやすい事ではありますが、眉毛を剃っているともっとキレイに整えたいと思うようになってしまい、その結果剃りすぎてしまったり失敗してしまったりします。

キレイに整えたいと思う事は悪い事ではありませんが、ある程度の見切りをつけなければどんどんキレイに整っている眉毛から剃りすぎて失敗した眉毛になっていってしまうでしょう。

そうならないためにも、だいたいの理想の形に整えられたら終わるようにする事が大切です。

眉毛は剃るだけじゃない

眉毛は剃るだけじゃない
眉毛は剃る以外にも整える方法があって、少し痛いですが眉毛を抜く事もキレイに整えられる方法として有力です。

眉毛を剃る場合の整え方は痛みがない代わりに毛穴の奥までムダ毛を排除する事ができず、眉毛を抜く場合の整え方は痛みがある代わりに毛穴の奥までムダ毛をキレイに取り除く事ができます。

どちらの整え方も良いところと悪いところがあるので、両方試してみた上で自分に1番合う眉毛の整え方で失敗しないよう整える事をオススメします。

男性の眉毛をうまく剃るコツ

男性の眉毛をうまく剃るコツ
基本的には女性の眉毛を整える方法と同じなのですが、女性とは唯一違うところが失敗した時にお化粧で誤魔化す事ができないというところです。

女性はある程度失敗してしまってもお化粧の方法次第ではなんとかなりますが、男性は少し失敗してしまうだけでも誤魔化しがきかずにアウトの場合が多いです。

なので、たとえ時間がかかってしまったとしても、自分の眉毛に直接理想の形を書いてから剃るようにする事が特に大切です。

手間がかかる代わりに失敗する事がほぼなくなるので、手間をかけてでもキレイな眉毛を維持するようにしましょう。

失敗しても慌てず眉毛を整えよう!

失敗しても慌てず眉毛を整えよう!
これまで「眉毛を剃りすぎた時の整え方」や「眉毛の失敗しない切り方や整え方」などについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

眉毛は人間にとって人相を決める大切なパーツでもあるので、剃りすぎてしまったり失敗してしまったりすると一大事でもあります。

そんな時に、眉毛を剃りすぎてしまった時の整え方や眉毛を失敗しない整え方を知っていれば、間違って剃りすぎたりしてしまった時でも安心でしょう。

この記事を参考に、眉毛の整え方を失敗しても慌てずに、落ち着いて均等になるよう整えなおしてみて下さい。

Related