Search

検索したいワードを入力してください

夜寝る前に納豆を食べてダイエット?痩せる理由とおすすめの食材!
2018年12月17日

夜寝る前に納豆を食べてダイエット?痩せる理由とおすすめの食材!

寝る前の空腹に耐えている人へ朗報です。「夜寝る前に納豆を食べると痩せる」効果があるってご存知ですか?納豆以外にもはちみつやバナナなど痩せる食材があるんです。痩せる仕組みや効果と、寝る前に食べる方法を詳しくご紹介していきます!

夜寝る前に食べると「痩せる」食材がある?

夜寝る前に食べると「痩せる」食材がある?
夜寝る前に何かを食べると太りやすいというのがダイエットをする上で常識になっています。しかし現在、そんな常識をくつがえす「夜寝る前に食べると痩せる食材」がブームになっているのはご存知でしょうか?

食事制限をするダイエットを経験した人は、夜寝る前になるとお腹が空いて挫折したことはないですか?お腹が鳴ってしまうと寝つきが悪くなるんですよね。そんな時、テレビ番組に美味しそうな料理が登場すると、我慢できずについ食べてしまうものです。

でもここでご紹介するのは、ダイエット中なのに夜寝る前に食べてもOKで、しかも痩せる効果が期待できる食べ物なんです。信じがたい内容ですが、この食材を知ることでつらいダイエットから解放され、夜寝る前の空腹を我慢しなくて済みます!

寝る前に食べることで「痩せる」と話題の栄養素

寝る前に食べることで「痩せる」と話題の栄養素
寝る前に食べて痩せることができる食材を知る前に、その栄養素には何があるのかをご紹介します。なぜその栄養素が寝る前に食べるとダイエット効果があるのかを考えることで、より効果的に取り入れることができます。

たんぱく質

ダイエットのカギとなるのが筋肉の増加です。脂肪燃焼を高めるために筋トレなどを行う人は、たんぱく質を食べることでより筋肉増強につながります

たんぱく質には成長ホルモンを促す効果もあります。これがさらに筋肉アップにつながり、脂肪を燃焼しやすい体への近道になります。

たんぱく質を多く含む食材を食べることで、筋肉疲労を解消させる作用もあるため、アスリートも取り入れている定番の栄養素です。

乳酸菌

乳酸菌
便秘になりやすい人は腸内環境を整える乳酸菌を食べましょう。老廃物を排除する効果があるので、食べることで痩せやすい体質になります。

ダイエットを始めると便秘がちになる人もいるので、どんどん食べて摂取していきたい栄養素です。

亜鉛

亜鉛は人間が作り出せない栄養素ですが、新陳代謝や抗酸化作用など色々な効果があるので、毎日摂取しておきたい栄養素です。

しっかりと亜鉛を食べることでダイエット中の健康維持につながり、体調が整うことで痩せやすい体になります。

ミネラル

ミネラル
ミネラル不足になると、肌荒れや風邪をひきやすくなったりと体の不調が出てきます。脂質や糖質の高い食べ物ばかり食べている人はミネラルがたりません。

ミネラル豊富な食材を食べることで美しく痩せることができます。とくに食べたいのがマグネシウムです。疲労効果がアップするので激しい運動をしている方にもおすすめです。

「常識をくつがえす」寝る前に食べると痩せる理由

「常識をくつがえす」寝る前に食べると痩せる理由
なぜダイエット中なのに寝る前に食べていいのか?そして寝る前に食べてなぜ痩せるのか、その理由について解説していきます。

これまでの常識をくつがえすような、思わぬ効果がたくさんあります。

痩せる理由①筋肉の量がアップする

美しくダイエットするには筋肉アップが欠かせません。体脂肪を減らして筋肉をつけることで、太りにくい体になります。

筋肉というものは空腹のままでは増えにくくなります。お腹が空いた状態で筋トレをした時よりも、しっかりと食事を食べてから行った方が効果的に筋肉がアップするんです。

寝ている間にも筋肉は作られているので、空腹のまま寝るよりも、寝る前に食べることで痩せる効果が得られます。

痩せる理由②便秘になりにくい

痩せる理由②便秘になりにくい
女性の大半が悩むのが便秘です。なかなか痩せない原因としても便秘があげられることから、ダイエットをしたい人はしっかりと便秘対策を行うべきです。

寝る前に整腸作用があるものや、腸内環境を整える効果のある食材を食べることで、これまで以上に痩せやすくなります。体内の老廃物を出すことで女性にはうれしい美白効果も得られます。

痩せる理由③ホルモンが分泌される

寝ている間に成長ホルモンを促すことで新陳代謝や筋肉アップにつながり、消費カロリーを増やす効果があるので、結果的に痩せることにつながります。

寝る前にホルモンを促す効果のある食材を食べると、疲労回復効果もあります。睡眠の質もアップするのでダイエット中以外にも取り入れたいものです。

痩せる理由④安眠効果がある

痩せる理由④安眠効果がある
寝つきが悪い人は、体が痩せにくい状態といわれていて、そのためダイエットに失敗しやすくなります。成長ホルモンを促す効果のある食材を寝る前に食べることで、安眠効果もアップします。

疲れやすさを感じている人は、安眠効果を上げる食材を選び、適量を寝る前に食べてみましょう。

痩せる理由⑤脂肪燃焼を促す

ダイエットをしてもなかなか痩せない人は新陳代謝が低下している可能性が高いです。空腹状態のまま寝るよりも、痩せる効果のある食材を寝る前に食べることで、脂肪燃焼効果もアップします。

筋トレが苦手な人も、うまく新陳代謝をアップさせるように工夫をすることで痩せることができます。

「夜・寝る前に食べたい」おすすめの食材

「夜・寝る前に食べたい」おすすめの食材
寝る前に食べると痩せるからと言って、寝る前に夕食を食べたりおやつを食べてしまえば、当たり前ですが逆効果になります。

夜寝る前に食べたい、痩せる効果のある食材をしっかりと覚えましょう。また、食べ方や適量を守らないと失敗につながります。

痩せる食材①ねばねば食材「納豆」

痩せる食材①ねばねば食材「納豆」
まずおすすめしたいのが、ねばねば食材「納豆」です。低カロリー高たんぱくで整腸効果もあり、ミネラル豊富な食材として代表的な存在です。ダイエット中に納豆を取り入れている人はたくさんいるかと思いますが、ぜひ寝る前にも食べてみましょう。

納豆に含まれる酵素ナットウキナーゼには、血液をサラサラにする効果があります。アンチエイジング効果や、便秘解消効果もあるため綺麗に痩せることが期待できます。

食べ方はご飯にかけるのではなく、そのまま食べるようにしましょう。味に変化がほしいときは、ネギやしそなどの薬味を入れても構いません。また、冷蔵庫から取り出した直後に食べるよりも、20分ほど室内に置いてから食べた方が発酵状態が良くなります。

痩せる食材②乳酸菌たっぷり「ヨーグルト」

痩せる食材②乳酸菌たっぷり「ヨーグルト」
寝る前に乳酸菌たっぷりの「ヨーグルト」を食べることで、乳酸菌が寝ている間に腸内へしっかり届くことができます。腸内環境を整えることが無理なく痩せるためのポイントです。

ヨーグルトであれば胃もたれしにくく、長年便秘に悩んでいる女性でも快腸な朝を迎えることができます。

ただ、寝る前に冷たいヨーグルトを食べてしまうとお腹を冷やしてしまいます。そこで、冷え性な方でも食べやすいホットヨーグルトをおすすめします。

作り方は、耐熱性の器にヨーグルトを100㎎ほど入れてレンジで1分ほど加熱するだけ。あまり温めすぎると乳酸菌が減ってしまうので人肌程度が目安です。

また、寝る直前よりも寝る1時間前に食べると効果的、かつ胃腸に負担をかけ過ぎる心配もありません。

痩せる食材③アミノ酸豊富な「バナナ」

痩せる食材③アミノ酸豊富な「バナナ」
「朝バナナダイエット」が流行りましたが、寝る前に食べることでも実は痩せる効果があります。アミノ酸豊富な「バナナ」には食物繊維のほかに、アルギニンというアミノ酸が豊富に含まれています。アルギニンは成長ホルモンを促す効果があるので脂肪燃焼にもつながります。

バナナには、睡眠ホルモンを助けるアミノ酸も含まれており、精神安定効果があるセロトニンを分泌させることができます。バナナは安眠効果のある食材としても実は有名で、抗酸化作用を持つ亜鉛もバナナには含まれています。

寝る前にバナナを食べる際には、体を冷やさない白湯を一緒に飲むのがおすすめです。お腹を下しやすいひとは冷たい水を避け、バナナの量も少しずつ調整していきましょう。

痩せる食材④脂肪燃焼効果「はちみつ」

痩せる食材④脂肪燃焼効果「はちみつ」
寝る前に甘いはちみつを食べたら太るのでは?とおもってしまいますが、はちみつに含まれる糖分は肝臓を活性化させる効果があります。この働きにより、成長ホルモンや新陳代謝を促す効果が得られます。

脂肪燃焼効果がある「はちみつ」を寝る前に食べることで痩せるだけではなく、美容や健康にうれしい効果が得られます。

はちみつの食べ方は、寝る1時間前に大さじ1杯をそのまま舐めても、ホットドリンクにしてもOK。のどを痛めやすい人はお湯に溶かしてゆっくりと飲んでみましょう。風邪予防の効果もアップします。

痩せる食材⑤抗酸化作用の「アーモンド」

痩せる食材⑤抗酸化作用の「アーモンド」
寝る前に食べると痩せる効果が期待できる食材の中には、抗酸化作用を持つ「アーモンド」もあります。ナッツ類でもOKですが、その中でも積極的に食べたいのがアーモンドです。

アーモンドには強い抗酸化作用があり、肌荒れや血行改善効果があります。ダイエット中に貧血になりやすい人も積極的に取り入れたい食材です。

ただ気をつけたいのが寝る前にアーモンドを食べると消化不良を起こしやすいので注意しましょう。そのまま食べる場合はよく噛んで多くても8粒くらいまで。もし食べにくい人はアーモンドミルクに切り替えてもOKです。

冷たいまま飲むよりも温めてから飲んだ方が冷えにくく、体も温まるので安眠効果が高まります。

夜・寝る前に納豆を食べると痩せる理由

夜・寝る前に納豆を食べると痩せる理由
「夜納豆」という言葉が流行るほど、納豆は朝よりも夜食べた方が体にいいと言われていました。しかし、寝る前に納豆を食べることで痩せる効果があると言われている理由とは何でしょうか?

その答えのカギを握るのが便秘への効果です。女性の多くが悩む便秘が、夜寝る前に納豆を食べることで解消されたと感じています。

いくら食事制限をしたり運動を頑張っても便秘状態が続くと体重が変化せず、お肌もボロボロになります。

夜寝る前に納豆を食べることでナットウキナーゼの酵素が働いて血流がアップ。ダイエット中も体調もお肌の調子も整います。健康的に痩せることが美しく痩せるために最も大切なことです。

「効率よくダイエット」寝る前に食べる時のポイント

「効率よくダイエット」寝る前に食べる時のポイント
基本的に夜寝る前に食べることは胃腸への負担をかけてしまい、食べ方を間違えてしまうと痩せるどころか太ってしまいます。また、睡眠の妨げにもなりかねないので、次の点を注意してください。

・食事はバランス良く食べる
・夕食は寝る3時間に済ます
・食べ過ぎない
・消化に悪い食べ方をしない
・体を冷やさないようにする

普段から胃腸の調子が悪い人は、無理せず様子を見ながら量や食べ方を調整してください。

寝る前に食べて楽に痩せよう!

寝る前に食べて楽に痩せよう!
今まで必死にガマンをしていた寝る前の空腹をもう我慢しなくてもいいというのはダイエット中の人にとってこの上ない朗報です。さらに寝る前に食べると痩せる効果がアップとあれば、その後も続けていきたい内容です。

痩せたいけどうまく痩せられない人は、新陳代謝が落ちている証拠です。寝る前に痩せる食材をチョイスして、脂肪燃焼効果をアップさせましょう。痩せるだけでなく安眠効果へもつながるので、たくさんのメリットが得られます。

納豆やヨーグルトにバナナと、どれも取り入れやすい食材ばかりです。とくにはちみつは舐めるだけでいいのでお手軽ですね。

便秘解消をしたい人は、納豆やバナナにチャレンジしてみましょう。きっと翌朝のスッキリ感が実感できるはずです!便秘が解消されれば、お肌もきれいになる上にダイエットにも成功して一石二鳥ですよ!

Related