Search

検索したいワードを入力してください

女性は筋トレ必須?体脂肪が減らない原因と効率よく落とす方法を解説
2018年12月20日

女性は筋トレ必須?体脂肪が減らない原因と効率よく落とす方法を解説

ダイエットを頑張っているはずなのに、体脂肪が減らないと悩む女性…多いですよね。もしかしたら、間違ったダイエット方法を突っ走ってしまっているのかもしれません。今回は、体脂肪について正しい知識を身につけ、効率の良いダイエット方法を伝授します!

「体脂肪がなかなか減らない」と悩む女性は多い?

「体脂肪がなかなか減らない」と悩む女性は多い?
出るところはしっかり出ていて、引き締まっているところはしっかり締まっている、そんな女性らしい体型は永遠の理想ですよね。

理想的な体型になりたくて、ダイエットを始めてみたものの、「なかなか体重が減らない!」「体脂肪が減らない!」など女性なら、ダイエットの悩みは尽きないものです。

数あるダイエットの悩みの中でも、今回注目したいのが“体脂肪”。体脂肪が減るということは、筋肉が増えるということです。程よい筋肉があった方が、引き締まった女性らしい身体つきになることができます。

そのため、ダイエットでは、体重を減らすよりも体脂肪を減らすことに重点を置いた方が、キレイに痩せることができるのです。とは言っても、女性はなかなか体脂肪が減らなくて悩む人が多いですよね。

そこで今回は、体脂肪が減らない原因や効率的に体脂肪を減らす方法を紹介していきます。ぜひダイエットの参考にしてみてください!

女性は男性に比べて体脂肪の落ちるスピードが遅い

女性は男性に比べて体脂肪の落ちるスピードが遅い
女性の皆さんには、少し残念なお知らせがあります。実は、体脂肪の落ちるスピードは、一般的に、男性より女性の方が遅いと言われているのです。

その理由は、男性と女性それぞれにつきやすい脂肪の種類にあります。そこで、まずは、男性につきやすい脂肪“内臓脂肪”と女性につきやすい脂肪“皮下脂肪”について詳しくみていきましょう。

内臓脂肪と女性の敵!皮下脂肪とは?

内臓脂肪と女性の敵!皮下脂肪とは?
一般的に言われているのが、男性は腹回り中心に“内臓脂肪”が、そして女性は下腹部や腰回り、太ももなど中半身中心に“皮下脂肪”がつきやすいと言われています。

それぞれの脂肪には役割があります。内臓脂肪は、クッション代わりになっており、内臓を守る働きがあります。一方、皮下脂肪は、体温調節の働きがあります。

内臓脂肪と皮下脂肪は、どちらもカロリーオーバーや運動不足のため、蓄積してしまう脂肪です。内臓脂肪の方が、脂肪として溜め込みやすいけれど、消費しやすいという特徴があります。

「頑張っているのに」女性が体脂肪が減らない原因

「頑張っているのに」女性が体脂肪が減らない原因
体脂肪を減らすために、大切となってくるのが、「食事・運動・生活習慣」です。この3つのバランスがすごく大事だと言われています。

ダイエットを頑張っているのになかなか体脂肪が減らないと悩んでいる女性は、もしかしたら上に挙げた3つのどれかに偏ったダイエットをしていたりバランスが悪かったりする可能性が高くなります。

具体的に体脂肪が減らない理由を考えていきましょう!

体脂肪が減らない①栄養が足りていない

体脂肪が減らない①栄養が足りていない
ダイエットを始めようと思った女性が、大概最初にするのが食事制限ですよね。しかし、過剰な食事制限は、栄養が足りずに体脂肪を減らすどころか、逆効果になりかねないのです。

一気に食べる量を減らしてしまうと、今ある脂肪を溜め込もうとする防御反応が働き、脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。結果、全く体脂肪が減らないというトラップに陥ってしまうのです。

体脂肪が減らない②炭水化物の取り過ぎ

食事の量を減らしていたとしても、ご飯やパスタ、パンといった炭水化物ばかり食べていたのでは、なかなか体脂肪を減らすことはできません。

炭水化物に含まれる糖分を吸収すると、血糖値が上昇します。急に上昇してしまった血糖値を下げようと、インスリンが分泌されます。インスリンには、余分な糖分を脂肪として溜め込む働きがあるのです。

つまり、炭水化物を取り過ぎてしまうと、インスリンが多く分泌されてしまうため、その分、多くの糖分が脂肪として蓄積されてしまうというわけなのです。

体脂肪が減らない③塩分の取り過ぎ

人間の身体の塩分濃度は決まっているものなのです。そのため、塩辛いものを食べ過ぎてしまい、身体の塩分濃度が高くなってしまうと、その塩分濃度を下げようと水分を溜め込むようになります。それが、いわゆるむくみです。

このむくみがあるかないかで、女性の身体つきもかなり変わってきます。

筋肉量が多い男性の場合は、リンパの流れもいいのでむくみにくいのですが、筋肉量が少なく体脂肪が多い女性の場合、マッサージしたり運動したりしないと慢性的なむくみになってしまいますので、注意が必要なのです。

体脂肪が減らない④食事の時間が遅い

体脂肪が減らない④食事の時間が遅い
働く女性にとっては、気を付けたくても難しい問題が、食事の時間です。一般的に、就寝の2時間前には食事を終わらせるのがいいとされています。

食べた後すぐに寝てしまうと、摂取した食事の糖分が脂肪として吸収されてしまいます。そのため、食べる量が少なかったとしても太りやすくなり、体脂肪はなかなか減らないというわけなのです。

体脂肪が減らない⑤運動不足

ダイエット=食べる量を減らす、食べないなどのイメージを持つ女性も多いかと思いますが、体脂肪を減らすには、運動は必要不可欠です。

運動をしないで食事の量だけ減らしても、筋肉量が落ちてしまい、貧相な身体つきになってしまいます。もしくは、体重は減っていくけれど、体脂肪は減らないため、ムチムチしたままの体型から脱却できないという女性もいます。

働く女性にとって、毎日運動する時間を作ることは難しいとは思いますが、1日30分でもいいので、筋トレや有酸素運動を取り入れるように心がけましょう!

体脂肪が減らない⑥水分不足

体脂肪が減らない⑥水分不足
ダイエット中は水分を1日に2リットルを目標に飲みましょう!とよく言われていますよね。水分が足りないと体脂肪は減らないので、意識して水を飲むことが大切です。

身体の水分が減ってしまうと、代謝が悪くなり、脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。また、老廃物が体内から排出されにくくなってしまうというマイナス面もあります。そのため、便秘になってしまったり肌の調子が悪くなってしまったりします。

水不足は、体脂肪が減らないだけではなく、肌までボロボロになってしまうのです。

しかし、だからと言って過剰な水分補給は、水中毒を引き起こすリスクもあります。1日に5リットルも6リットルも水を飲むという行為は、かえって危険なのでやめましょう。

「焦らないことが大切」効果的に体脂肪を減らす方法

「焦らないことが大切」効果的に体脂肪を減らす方法
「ダイエットは1日にしてならず」という言葉があるように、ある程度時間をかけてゆっくりと体脂肪を減らしていくことが成功の秘訣です。

急激に体重や体脂肪を減らすことに成功したとしても、またもとの食生活に戻したとき、リバウンドしてしまう可能性を秘めているからです。大切なことは、焦らずに時間をかけて体脂肪を減らしていくことなのです。

では、具体的にどんなことをしていけば、体脂肪を減らすことができるのでしょうか?女性におすすめの体脂肪を減らす方法を紹介していきます。

体脂肪を減らす①筋トレをはじめる

先ほども言いましたが、運動不足の状態では体脂肪を減らすことはできません。運動の中でも最もおすすめなのが、筋トレです。

筋肉量が少ない人は多い人に比べて、基礎代謝が少なくなります。基礎代謝とは、簡単に言うと、何もしなくても1日に消費するエネルギー量のことです。つまり、基礎代謝が高くなればなるほど、普通に生活しているだけで、消費されるエネルギー量が増えるということなのです。

筋トレをして、効率よく筋肉量を増やし、体脂肪を減らしましょう!

体脂肪を減らす②半身浴をする

体脂肪を減らす②半身浴をする
半身浴は、新陳代謝を高めるのに効果的です。新陳代謝を高め、血行を良くすることで、脂肪が燃焼しやすくなります。つまり、体脂肪を減らすことができるのです。特に女性は、もともと冷えやすい体質という人も多いですよね。半身浴することで、徐々に冷え性も改善できます

しかし、毎日半身浴をする時間は取れないという女性も多いと思います。週に1回でもいいので、1、2時間ゆっくりと半身浴をしてみてはいかがでしょうか?リラックスもできるのでおすすめです。

体脂肪を減らす③糖質制限をする

完全に糖質を断つことは危険ですが、多少の糖質制限ならかえって身体にとってはプラスのものだと言われています。

糖質制限をすることで、身体の中にあるエネルギーが不足します。そうすると、脂肪が燃焼されて、エネルギーへ変わっていくのです。結果として、体脂肪が減るという仕組みです。

今まで三食ガッツリと炭水化物を取っていたという人は、昼食か夕食のどちらかは炭水化物を控えるなどしてみると、余分な脂肪がエネルギーになり、体脂肪が減っていきます。

体脂肪を減らす④たっぷり寝る

体脂肪を減らす④たっぷり寝る
実はダイエットを成功するには、睡眠時間がかなり影響してくるのです。最低でも1日に6時間は寝ることが、体脂肪を減らすことの鍵になってきます。

その理由は、寝ている間に細胞や筋肉が修復されるからです。そのため、たっぷりと寝ないと、体脂肪は減らないのです。

また、単純な考え方ですが、寝ている間は何も食べなくてもすみますよね。夜遅くまで起きていると、ついついお菓子をつまんでしまったり…そんな経験ある女性は多いのではないでしょうか?

無駄なつまみ食いをしないためにも、早めにベッドに入り、たっぷりと寝るように心がけましょう。

「体脂肪を減らしたい」と思った時に注意すべきこと

「体脂肪を減らしたい」と思った時に注意すべきこと
体脂肪を減らしたいと思ったとき、注意しなくてはいけないのは、体脂肪について正しい知識を持つことです。間違えた知識は、ダイエットが成功しないだけではなく、体調が悪くなってしまうこともあるからです。

注意すべきこと①脂肪には痩せる順番がある

体脂肪には、燃焼しやすい順番があります。その順番が、痩せていく順番でもあります。

基本的に、心臓に遠いところにある脂肪から燃焼していきます。足首や腕から燃焼し始め、太もも、背中、腰回り、お腹という順番で痩せていきます。つまり、多くの女性が悩む腰回りやお腹周りは痩せにくい部位ということになるのです。

注意すべきこと②停滞期は誰にでもある

ダイエットをしていると、ある時期を境に、何をしても体重も体脂肪も減らなくなる時期が来ます。これこそ、停滞期と呼ばれるものです。

停滞期は、急激な体脂肪の減少を命の危機だと感じた脳が、身体の代謝を落とすように命令することから生じます。個人差がありますが、停滞期は1ヶ月から2ヶ月続きます。

体脂肪を減らして理想的な女性を目指そう!

体脂肪を減らして理想的な女性を目指そう!
女性にとって、キレイになることやダイエットは永遠のテーマですよね!体脂肪を減らして、スラリとした体型は女性の憧れです。そんな体型になるためには、当然努力が必要です。しかし、どうせ努力するなら報われる努力をしたいですよね?

ただ、食事制限をするだけでは、体重は減っても体脂肪は減らないのです。脂肪が付いたままなので、見た目はキレイな体型とは言えません。食事制限にプラスして、筋トレを続けることで、基礎代謝を上げていくことが何よりも大切です。

体脂肪について正しい知識を身につけ、効率の良いダイエットを取り入れ、理想的な女性を目指しましょう!

Related