Search

検索したいワードを入力してください

【とにかく美人になりたい!】努力で綺麗な顔・美人になる方法
2018年11月21日

【とにかく美人になりたい!】努力で綺麗な顔・美人になる方法

誰もが1度は思う「美人になりたい」。生まれ持ったものだけの勝負だといって諦めてはいけません。誰もが努力次第で美人になることができるのです。諦めずに努力すれば素敵なあなたが待っています。美人になるための方法を知って、美人への道を進んでいきましょう!

誰だって美人になりたい!

誰だって美人になりたい!
女性なら誰しもが1度は思ったことがある「美人になりたい」という願望。少しでも美人になるために毎日努力をしている方もいれば、美人になりたいけどそのためのキツい努力はしたくないという方もいます。

でも、陰で美人と噂されて嫌な気持ちにはなりませんよね。自分も周りから美人といわれてチヤホヤされたいと思ったこと、ありませんか?

また、可愛いよりも美人になりたい、と思っている方もいますし、童顔で幼く見られがちだけどそろそろ年齢的にも美人系統に変更したい、という方もいます。

美人と聞くと、可愛いとは違い「美しい」「綺麗」というイメージがあります。中高生や大学生のころはかわいいと思われたいという心理が大きくても、大人になってもかわいいままだとイタイ女性になりかねません。

そうならず、美人になるためにも、そもそも「美人」とは何が基準でどのような人のことをいうのでしょうか。美人になる方法も紹介します。

【美人・綺麗な顔】理想の顔は?

【美人・綺麗な顔】理想の顔は?
一口に美人といっても人によって好みの顔が違うため、美人な顔・理想の顔も人それぞれ違います。しかし、芸能人の方のように大勢の方から美人といわれる方の顔には必ず共通点があります。

その共通点を知ってマネをすることで、少しでもその顔に近づけることが美人になる方法の1つです。

理想の美人①鼻筋が通っている

理想の美人①鼻筋が通っている
顔の真ん中にあり、印象を大きく変えるパーツの1つの鼻。その鼻についても、鼻筋がスッと通っている顔は一気に美人度が増しますし、顔つきが一気に涼しげになり顔が整って見えます。

美人になりたいと思う人の中にはこの鼻や鼻筋にコンプレックスを抱えている方がたくさんいます。

また、鼻筋が通っていることで正面から見たときに鼻の主張がなくなるため、他のパーツに目が行きやすくなり、メイクで印象を変えやすい目や唇でアピールをすることもできれば、メイクの色を変えて様々なイメージの顔を表現できます。

また、主張のないすっきりとした印象や中立的な印象を与えることができるため、人を惹きつけやすい顔になるともいえます。

理想の美人②大きな目・ぱっちり二重

理想の美人②大きな目・ぱっちり二重
美人のイメージといえばこれと言ってもいいほどみんなが大切にしているパーツですね。芸能人の方たちも街中の美人な方たちもほとんどみんな目が大きくてぱっちりしています。

目が大きくてぱっちりしている人に惹かれてしまう理由は本能のレベルになります。赤ちゃんは人間も動物も顔の大きさに対して目が大きいです。そのためかわいいという感情が生まれ、赤ちゃん自身を敵から守る役目があります。

このため、大人でも目が大きくてぱっちりとしていると惹きつけられ、魅力を感じるのです。

美人になりたいのならば、目が大きいことで与える魅力は本能的に感じることですので、目を大きくしたり大きく見せられる工夫をすることが大切です。

理想の美人③輪郭がすっきりしている

理想の美人③輪郭がすっきりしている
美人の方の顔は余白(パーツからパーツまでや、パーツから輪郭までのなにもない部分)が本当に少ないです。そう見える理由の一つに、輪郭がすっきりしているということがあります。

骨格の問題もありますが、痩せたりマッサージでコリを取ったりリンパを流したりして輪郭をすっきりさせることもできます。美人の方はこの努力をしていたり、知らぬうちに輪郭がすっきりする行動をしているのです。

また、輪郭がすっきりすることで顔も小さく見えますし、それぞれの顔のパーツがぼやけなくなります。余白が多いとそれだけで顔が大きいという印象を与えてしまったり、のっぺりとした顔という印象を与えてしまいます。

輪郭をすっきりさせればそれぞれのパーツに目が行きやすくなるため、美人になりたいのならパーツも大切ですが、輪郭に重きを置くことも美人になる方法の1つです。

理想の美人④顔のパーツのバランスが整っている

理想の美人④顔のパーツのバランスが整っている
冒頭で美人といわれる方にも様々なお顔があるといいましたが、様々なお顔立ちでもパーツが整っていれば美人に見えるのです。例えば、目が特別大きくない人でも全体的に見て鼻や口などの他のパーツとのバランスが整っていれば「美人」という印象になるのです。

ここでいうバランスとは、大きさや距離、主張の具合を言います。これらのバランスが上手く取れていると美人に見えます。

例えば、それぞれのパーツはとても綺麗で完璧なのに、目と目が離れてしまっていたり近すぎていたり、鼻から唇までの間が長すぎたり、顔の輪郭に対して全体的に真ん中にパーツが寄っているから余白が多く見えてしまうなど。

パーツに注目することも大切ですが、遠目から見て顔全体で与える印象が1番大切です。美人になりたいと考えている方は、何か1つだけにこだわったりパーツだけを意識するのではなく、顔全体のバランスを意識することも美人になる方法です。

「努力で美人になれる」努力で目指せる美人の条件

「努力で美人になれる」努力で目指せる美人の条件
美人は生まれつきの顔や骨格、性格で決まってるからどう頑張っても美人になる方法なんてない。そんなふうにネガティブに考えてしまっていませんか?

確かに骨格から美人な方は何をしなくても常に美人です。しかし、自分と美人な顔や雰囲気との差に気が付けるということはとても素晴らしいことです。

それだけ自分のことに関心があって差を見つけられるのならば、その気付いた点を改善すれば美人になれるのですから。

もちろん美人といわれるにおいて顔の美しさはとても重要です。しかし骨格だけで決まる部分のみで美人と決まるわけではありません。お顔以外のところでも美人という印象を与える方法は簡単です。

では、美人といわれるための条件とはいったい何でしょう。世間一般の美人と呼ぶ基準を挙げてみましょう。

美人の条件①肌が綺麗

美人の条件①肌が綺麗
肌が汚いとそれだけで不潔なイメージを与えてしまったり顔全体のイメージが悪くなってしまいます。ニキビがいくつもあったりニキビ痕が残っていたり、毛穴の黒ずみが目立ってしまうと肌が汚いという印象を与えてしまいます。

また、肌が汚いとそれを隠そうとしてファンデーションが厚くなってしまい、より一層お肌が重そうに見えてしまいます。さらに厚いファンデーションは他人から見たとき、顔に不自然な印象を与えてしまいます。

厚いファンデーションからさらに肌荒れを起こしてしまうこともあるので、元のお肌を綺麗にすることはとても大切です。

元のお肌が綺麗だとファンデーションを塗っても綺麗にのりますし、透明感も出ます。そして何よりも、自分の肌に自信を持てることが1番大きいです。その人全体の印象も明るくなりますし、お肌が綺麗である効果はたくさんあります。

美人になりたいと思ったら、まずは土台となるお肌を整えることから始めましょう。

美人の条件②白い歯・綺麗な歯並び

美人の条件②白い歯・綺麗な歯並び
意外と見落としがちな美人になる方法の1つです。歯が白いことと歯並びが綺麗であることは清潔感を与えられると同時に、顔の印象もよくなります。笑顔になったときだけではなく、普段会話をしているときから歯の色と歯並びは見えています。

歯並びが悪いと笑顔になるときに気にしすぎて上手く笑えなかったり、話すこともおっくうになってしまいます。もしそれが原因で暗い人間だと思われてしまえば雰囲気も美人からは遠ざかってしまいます。

美人になりたい方は歯についても気を配り、大人になると歯の矯正に時間がかかるようになってしまうため、美人になるための方法として矯正ができるようであればなるべく早めにしましょう。

海外の歯についての考え方

海外では、美人になりたいと思ったら整形よりも先に歯の矯正をします。むしろ、親の義務でもあるというくらい歯並びが綺麗であることは世界で考えてもとても大切で、当たり前のことなのです。

海外の方からみたら、「日本人はなぜ親が自分の子供が幼いときにに矯正をさせてあげなかったんだ!」という意見が出るほどです。歯並びが汚いままの大人はとてもみすぼらしく見られ、就職や人間関係にも影響を与えるほど大切に考えられています。

美人になりたい、特に海外の人と変わらないくらいの美人になりたいというならば、歯には特に気を配りましょう。

美人の条件③メイクで顔のパーツのバランスを整える

美人の条件③メイクで顔のパーツのバランスを整える
顔のパーツの位置や骨格については整形でメスを入れて削ったり大掛かりな手術をしない限り変えることはできません。

整形で骨格を変えれば大きく印象は変わりますが、お金もとてもかかりますし、ダウンタイムもあるためとても体に負担がかかります。さらに、手術が100%で成功する保証もありません。

お化粧だけでも十分に顔の印象を変えることができますし、パーツを整えることができます。ハイライトやシェーディングで陰影を上手くつければ骨格が変わったと思うくらい変化を付けることができますし、アイラインの引き方やアイシャドウで目を大きく見せることもできます。

メイクで顔全体のバランスを整えることができれば一気に美人度が増します。整形だけではなく、メイクで自分の顔を活かすことも美人になる方法の1つです。美人になりたいからといってすぐに整形に頼ることはやめましょう。

美人の条件④雰囲気から溢れる美人

美人の条件④雰囲気から溢れる美人
顔や見た目の美人はもちろん美人です。しかし、見た目だけで美人と決まるわけではありません。美人になりたいと考えている方は見た目にとてもこだわりますが、意外とそれは間違いなのです。

いくら美人でも、性格が悪そうと雰囲気で思われてしまったり、顔が整っていても雰囲気が暗いから残念と思われてしまっている方がたくさんいます。

それよりも顔は普通でも明るくて一緒にいて楽しい人や、落ち着きがあって雰囲気だけでも魅力を感じる人のほうが美人と思われます。

見た目だけに固執しているとその考え方も雰囲気に出てしまうため、美人だけど中身が残念という印象を与えてしまい結果的にマイナスイメージで終わってしまいます。

見た目を美しくすることも大切ですが、美人になりたいのならば内面を磨いて雰囲気から美しくなることも美人になる方法の1つです・

美人の条件⑤落ち着いていて常に冷静

美人の条件⑤落ち着いていて常に冷静
先ほどの雰囲気からわかる美人とも重なりますが、常に落ち着きを持っていて冷静でいる方はとても美人に見えます。そのような方は雰囲気からも落ち着きが分かるため、その落ち着きが美しい、という印象になります。

いくら美人でも騒がしかったり落ち着きのない人だと、美人なのに…というマイナス点がどんどんついてしまいます。一緒に楽しめる人は人気がありますが、度を越えてしまってはいけません。普段は落ち着いていて冷静、でも話すと明るくて楽しいという人は真の美人です。

美人になりたいからといって見た目だけにこだわりすぎて、落ち着きのない残念ない人になってしまってはせっかくの美しさも努力もすべて水の泡となります。そうならないためにも、見た目以外でも美人になる方法を探して取り入れましょう。

美人の条件⑥言葉遣いが丁寧で綺麗

言葉遣いが丁寧で綺麗な方には美しいという印象を持ちます。言葉遣いが丁寧だということは先ほどの落ち着いているということにも関わってきます。言葉遣いは意識して変えることができるため美人になりたい人にはお勧めの方法です。

言葉遣いが汚かったり乱暴だと、その人自体に乱暴な印象を持ったりガサツそうという印象が生まれてしまいます。いくら美人でも、言葉遣いがこのように残念ならばいただけません。見た目よりも言葉遣いのほうが美人の印象に大きく影響を与えます。

見た目で人を惹きつけられても、いざ仲良くなってみたらとても中身が残念な人だったとなればせっかく魅力を感じて寄ってきてくれた人たちも離れていってしまいます。

そうならないためにも、普段から言葉遣いに気を付けて丁寧に話すことを意識していると自然と美人になる方法を実践することができます。美人になりたいのならば言葉でも美しさを感じさせられるような人になりましょう。

美人になりたい!努力で美人になる方法

美人になりたい!努力で美人になる方法
美人になりたい!少しでも理想の美人像に近づきたい!と思う方はたくさんいます。しかし、美しくあるためにはそれなりの努力も必要であれば工夫も必要になります。

しかし、裏を返せば「努力すれば美人になれる」ということです。美しさは見た目だけではないと何回も言いましたが、このように努力をしている人は人の目にとても魅力的に映ります。スポーツでも勉強でも美しくなるためでも、何かに努力している人は美しいのです。

頑張っている姿を見せたくないという方もいますが、その努力は雰囲気からも伝わります。だから努力をしている人は魅力的に、美しく見えるのです。

あれもこれも100%で努力して美しくなろうとする必要はありません。何か1つでも取り入れてみて毎日継続するだけでも大きな努力です。続けることは簡単そうですが実は1番難しい努力なのです。

気負いせず焦らず、のんびりとゆっくりと努力して美しくなっていきましょう。

美人になる方法①スキンケアを完璧に

肌の美しさは大切だといいいました。顔の印象にもその人の印象にも関わりますし、お化粧のりも変わります。そのためにも、美人になりたいのならばスキンケアは完璧にしっかりと行いましょう。

良くネットなどでの情報では、お風呂から出たら化粧水を塗って乳液を塗って美容液を塗って…という情報や、スチーマーを当てましょうという情報、ましてやそんなにいろいろとつけなくても大丈夫など、とてもたくさんの情報がありどれが正解なのかわかりませんよね。

1番大切なのは、今のあなたのお肌の声を聴くことです。例えば、乾燥が激しくてお肌がピリピリしたり粉を吹くようならクリームでしっかりと保湿をしてあげることが大切ですが、特に何もないときのお肌なら簡単なケアだけで十分なのです。

人間が食べすぎたら太ってしまうように、お肌も栄養をあげすぎると悪影響です。自分のお肌の状況にあったスキンケアが綺麗なお肌になる方法です。

美人になる方法②メイクの練習をする

美人になる方法②メイクの練習をする
美人になりたいと思ってまず手を付けるのがメイクでしょう。お化粧で美しくなった顔を見るたびに、さらに美人になりたいという気持ちがわいてどんどん美意識が高まっていきます。

しかし、お化粧は足し算ばかりではいけません。足し算ばかりしていてはそれぞれの主張が強くなってしまいけんかしてしまいます。さらに、どのパーツも主張していては顔のバランスが崩れてしまいます。目!鼻!チーク!唇!という、とても主張してくる顔になります。

足し算するところもあれば引き算をするところもある、という具合に上手く調整して顔全体のバランスを整えるメイクを意識しましょう。自分の思っているお化粧が実は他人から見たら合っていなかったり、色味があっていなかったりします。

お化粧中の自分目線も大切ですが、自撮りで他人から見たときのメイクを把握することでさらに上達することができます。他人からの目線を知ることも美人になる方法です。

美人になる方法③体形を整える

美人になる方法③体形を整える
やはり美人に素敵な体形は必須です。いくら顔が可愛かったりお化粧を頑張ったりしていても、太っていてはすべてが水の泡となります。

反対に、とても美人な顔つきでなくても体形が整っていれば美人度は増します。美人へ近づくためにも、運動や食事には気を付けることは方法の1つです。

体形を整えるといっても、いろいろあります。体重を落とす、体脂肪率を落とす、筋肉質なら筋肉も少し落とすなど。今の体もなりたい理想の体も人それぞれです。痩せることだけを目標にするのではなく、美しく女性らしい体つきを目指しましょう。

ガリガリの状態を目指すことは美人になる方法とはいえません。美人になりたいのなら、自分を追い込みすぎずに「ちょうどいい」プロポーションを目指しましょう。

美人になる方法④お金を出して改善できることはする

お化粧品でもそうですが、お化粧をしたりかわいい服を着たり、様々なことにお金は必要不可欠です。

美顔器やエステ、ジムなどにお金をかけて自分のモチベーションをあげることができたり、さらに効果に現れるのであれば、それはお金をかけるべきです。美人になりたいといっても、ただひたすら自分自身のみで努力することだけが美人になる方法ではありません。

お金を出して道具に頼るのではなく、自分で努力をすればお金をかけなくても済むことはたくさんあります。しかし、技術の進歩した道具を使わないことはもったいないともいえます。

例えば、道具を使うことで時短ができれば他の美容にかける時間を作ることができますし、早く寝ることができてホルモンにも影響を与えます。

もしあなたにお金の余裕があるのならば、道具に頼ってみるのも方法です。

顔をいじることも美人になりたい人の1つの方法

メイクではどうしても変えられないパーツもあります。骨格やパーツの大小についてはメイクで目の錯覚を利用してごまかすことはできても、どうしても根本的な解決にはなりません。

例えば、すっぴんでも常に整った状態でいたい、すっぴん美人になりたいという方は、整形という手もあります。整形はズルだという方もいますが、整形をするための費用を稼いで貯金をすることはとても大変なことです。

整形には莫大な費用が掛かります。比較的安価なプチ整形もありますが、プチ整形で変えられる範囲には限りがあります。さらに、ダウンタイムや今後のメンテナンスなどたくさんのつらいことがあります。

それを乗り越える努力をできる方が整形をしているため、整形をするということはとても努力の必要なことです。

美人になりたい欲が強いほど整形をする傾向がありますが、それはとても素敵なことでありもっと受け入れられる世の中になると整形が身近な世界になります。

美人になる方法⑤意識して改善できることはする

美人になる方法⑤意識して改善できることはする
お金や道具に頼らず、自分の意識だけで美人になる方法もたくさんあります。

例えば、姿勢。普段から猫背や反り腰で姿勢の悪い人はそれを意識するだけでもグッと変わります。姿勢がよくなるだけで表情もよく見えて自信があるようにも見えます。

さらに、正しい姿勢を保つことで腹筋や背筋も鍛えられ、足にも変な負担がかからなくなるため余計な筋肉が発達しずに済み美脚を手に入れることも可能です。容姿が美人でも姿勢が悪いと美人にはなれません。

また、バッグをこまめに持ち替えたり片足重心で立ったりしない、食事の時に片方だけでかまないなど意識次第で改善できることはたくさんあります。

無意識で行っていることが及ぼす影響はとても大きいため、その無意識の部分をいかに努力して改善できるかが美人への1歩です。美人になりたいのならば、自分の無意識の癖や行動を把握して改善しましょう。

普段から自分のことを研究することが大切ですね。

美人になる方法⑥常に余裕を持つ

美人は常に余裕があります。常に何かに追われていたり切羽詰まっていたりする人は美人には見えませんし、美人になれません。そのような状態であるとその人の雰囲気にも表れてしまうため、印象から美人度が下がります。

どれだけ着飾っていても雰囲気が残念であればすべてが残念になってしまいます。

美人になりたい人におすすめの余裕の持ち方は、常に1歩先ではなく2歩先3歩先、さらにもっと先を考えることです。1歩先を考えて行動することはもはや常識といってもいいでしょう。

そこで止まるのではなく、さらにもう1歩2歩…と進みましょう。その1歩2歩…の差が美人と普通の人との差です。

2歩先以上を考えておくことで、1歩先しか考えていない人よりも余裕が生まれます。1歩先を考えられる人はたくさんいますが、そのさらに先になるほど考えられる人は少なくなります。

美人になりたければ理論的にも行動にも余裕を持ちましょう。

美人になる方法⑦雰囲気を美人にする

美人になる方法⑦雰囲気を美人にする
見た目と同様に美人と判断される大きな要因の1つが雰囲気です。雰囲気と見た目が美人であってこそ本当の美人です。そのためにも、雰囲気を意識することは美人になるための方法です。

雰囲気というと性格が表れるといわれますが、実はとても簡単に変えることができます。表情を意識してみたり立ち居振る舞いや姿勢を変えてみたり、メイクや服装を変えるだけでも変えることができます。先ほどの余裕を持つことも雰囲気を美人にする方法の1つです。

美人になりたいといって見た目ばかり意識するのではなく、雰囲気も同じくらい大切にして意識してくださいね。雰囲気が欠けてしまうと中途半端などことなく残念な美人になってしまいます。

美人になる方法⑧見た目だけで勝負しようとしない

美人になる方法⑧見た目だけで勝負しようとしない
いろいろ紹介してきましたが、つまりは見た目だけでは美人にはなれないというとです。SNSや写真だけでなら雰囲気よりも見た目の印象のほうが強いため、容姿のほうが大切になってしまいがちです。

ですが、写真越しでも雰囲気は伝わるものです。見た目しか意識していない人は写真越しだと「かわいい」「美人」というだけで終わってしまいます。それだけの印象しか与えられないのですぐに忘れられてしまいますし、たくさんいる美人の中の1人という印象にすぎません。

雰囲気も美人になることができたら、「美人な〇〇さん」という「あなた」の印象を強く残すことができるのです。せっかく美人と思われるのならば大勢の中の一人ではなく、あなた自身の印象が残るほうが素敵なことではないですか?

美人になる方法は見た目だけではありません。見た目と雰囲気を併せ持つことが本当の美人になる方法です。

美人は1つの理想像ではなく人それぞれの美人がある

美人は1つの理想像ではなく人それぞれの美人がある
世の中、特に女性の中では細い人やぱっちり二重の人が美人という認識が強いですし、そのためにメイク方法もそうなるためのコツであったり、みんなが痩せようとしたりしています。

しかし、人それぞれの美人像があります。世間では細い子がいいという印象だけれど私は筋肉がたくさんある女性が美しいと思うという方もいれば、ぽっちゃりしているほうが女性らしさもあって美人と思う方もいます。

周りに流される必要はありません。それに、美人になりたいと思う人もそのために努力する人も、美人になりたいと思わない人にもみんなにそれぞれの魅力があります。

自分の魅力を最大限に活用することこそが本当の美人です。二重じゃないからダメ、痩せてないからダメ、というように自分を否定することだけはしていけません。美人になる方法はたくさんあっても、自分自身を愛している人以上に美人な人はいません。

オンリーワンの美人を目指してくださいね。

Related