Search

検索したいワードを入力してください

整ってる顔のパーツの条件とは|将来イケメン・可愛くなるには?
2019年02月16日

整ってる顔のパーツの条件とは|将来イケメン・可愛くなるには?

顔立ちが整っている人たちには、一体どんな共通点があるのでしょうか?美男美女に共通する「整ってる顔をつくるパーツ」の特徴について、詳しく解説します。自分の顔面偏差値を診断できるチェック表もご用意しました。幼少時から顔が整っていた芸能人も写真つきでご紹介します。

整ってる顔は幼少期から決まっている?

整ってる顔は幼少期から決まっている?
自分の顔にコンプレックスがあるという人は少なくないはず。しかし一方で、コンプレックスなんて少しもなさそうな美男美女もいるので、世の中は不公平だなと思ってしまうこともありますよね。

イケメンや美女は、顔のパーツひとつひとつがとても整っています。それは幼少期からパーツが整っているのか、それともあとから整ってきたのか、気になるところです。「美形は子供の頃から顔が整っている」という意見も耳にしますが、それは本当なのでしょうか?

この記事では、顔の美しさを決定づける顔のパーツの条件や、幼少時から顔が整っていた芸能人をご紹介します。自分の顔の顔面偏差値チェックもあるので、ぜひ最後までご覧ください。

整ってる顔をつくるパーツの特徴《男性編》

整ってる顔をつくるパーツの特徴《男性編》
イケメンは、女性にとっては目の保養。格好いい男性を見ると、つい見惚れてしまいますよね。イケメンに見つめられただけでクラクラっときてしまう女性も多いはずです。

しかし普段、イケメンの顔のパーツをひとつひとつ見る機会はあまりないと思います。目や鼻、口などのパーツにどんな特徴があって、何故そこに魅力を感じてしまうのか、深く考えたことはありますか?

一体どんなパーツがあるとイケメンに見えるのか、イケメンに必須の顔のパーツの特徴について見ていきましょう。

高く筋の通った鼻

筋の通った高い鼻を持つ男性は、とてもイケメンに見えますよね。男性は鼻の幅が女性よりも大きめなことが多いですが、幅が大きくても鼻の高さがあれば顔にメリハリが出るので、イケメンに見えるのです。

鼻が大きくて高さが低い場合はいわゆる団子鼻になるので、どちらかというとブサメン寄りのパーツと言えるでしょう。

いわゆるイケメン芸能人と呼ばれている人たちは、誰もがスッと整った高い鼻をしています。横顔も整った美しいシルエットになるので、「横顔イケメン」と呼ばれる人もいます。

鼻の下が短い

鼻の下が長いと、なんとなくだらしない印象になりがちです。男性がデレデレしている様子を「鼻の下を伸ばす」と表現することがありますが、鼻の下が長いとそれだけ締まりのない顔に見えるということです。

鼻の下が短い方が、口元がしっかりと引き締まっているように見えるので、イケメン感が増すのです。これからは、意外と見落としがちな「鼻の下」というパーツにも注目してみましょう。

目は二重or切れ長

女性の場合はパッチリと開いた大きな二重まぶたが好まれる傾向にありますが、男性の場合は目の開き具合はそこまで重要ではありません。目元の印象が強い二重まぶたが好かれるのは同じですが、切れ長の細い目もとても人気があります。

イケメンには可愛さは不要で、切れ長のクールな目元の方が男性らしくて素敵に見える場合も多いのです。整った形の切れ長の目であれば、一重まぶたでも十分イケメンに見えます。

大きな目

「一重まぶたでも十分イケメンに見える」と述べたばかりですが、それはあくまで目が大きい人の話。たしかに一重まぶたで目の幅が大きい場合は、切れ長でもとてもイケメンに見えます。

しかし目の大きさそのものが小さすぎる場合は、一重まぶただとあまりイケメンとは言えません。目が大きいという前提があれば、まぶたの種類はあまり関係なく整った顔立ちになります。

意志の強さを感じさせる大きな目は、女性のハートを視線だけで射貫いてしまいます。目力が強く、ぱっちりとした大きな目は、イケメンには付き物のパーツなのです。大きいだけでなく形も整っていれば言うことなしです。

綺麗な肌

綺麗な肌というと女性の美の条件のように思えますが、男性にも十分にあてはまります。目や鼻などのパーツがどれだけ整っていても、ベースとなる肌が汚いと印象が悪くなり、イケメン度もダダ下がりになるのです。

肌がガサガサでも、皮脂でベッタリでもアウト。ニキビがあると清潔感がなくなってしまうので、それもマイナスです。吹き出物などがなく、キメが細かく綺麗な肌は、男性にとっても非常に大事な要素です。

歯並びが整っている白い歯

意外と見落としがちなのが、笑った時に見える「歯」。歯はあまり気にしないパーツかもしれませんが、実はイケメン度を大きく左右する重要なパーツです。

歯が汚かったり、歯並びがガタガタだったりすると、ブサイク度がグンと上昇します。笑顔そのものは素敵なのに、口元から覗く歯が汚かったら、それはイケメンスマイルとはいえません。

歯並びは生まれつきの問題でもありますが、歯が汚いのはその人のだらしない生活が原因ですので、そういったものが歯に全て表れてしまうのです。歯が白くなるだけで、好感度もイケメン度もアップします。整った歯並びも揃えばパーフェクトです。

目と眉毛の距離が近い

目と眉毛の距離が離れていると、少し間抜けな印象になりがちです。眉と目それぞれがそれなりに整っていたとしても、「目と眉」というセットのパーツが整っていないと、イケメンにはならないのです。

目と眉の距離が近ければ、目力が強くなり、男らしい顔つきになります。眉毛の生えてくる位置は生まれつき決まっているので、美意識の高い男性は眉を整った形に剃ったり、描いたりしています。それだけでかなり印象が変わり、整った顔立ちになります。

シャープな輪郭

無駄な凹凸のないシャープな輪郭は、イケメンの必須条件です。目や鼻、口といった全てのパーツの枠となる「輪郭」というパーツは、整った顔立ちに見せる上で非常に重要です。肥満体型でムーンフェイスの男性にほとんどイケメンがいないのは、輪郭の形が悪いからなのです。

少女漫画に出てくる王子様は、みんな細く整った輪郭をしていますよね。まさにそれが、女性が思う理想のイケメンだということです。

しっかりとした顎

顎が目立ちすぎるのも問題ですが、なさすぎるのはもっとアウトです。ある程度しっかりとした顎がないと、唇が飛び出したように見えてしまいます。顎は整った顔を作るために大事なパーツなので、ないよりはあったほうがいいと言えます。

横から見た時に顎がしっかりと出ていると、とても綺麗なラインになります。凹凸がしっかりしていると、見栄えのある顔になるのです。顎があまりない人は横顔が魚のように見えるので、他のパーツが整っていても台無しです。

整ってる顔をつくるパーツの特徴《女性編》

整ってる顔をつくるパーツの特徴《女性編》
女性の顔には「可愛い」と「美人」の2種類があります。この2つは顔の系統がかなり違いますが、両方に共通する顔のパーツの特徴があります。それはつまり、整っている顔をつくるパーツだと言えるでしょう。

一体どんなパーツがあると、綺麗で華やかな顔に見えるのでしょうか?女性の整った顔をつくるのに必須のパーツの特徴を見ていきましょう。

二重で大きい目

昔の日本では小さな目が好まれていましたが、現在はお人形のような大きな目が好まれます。特に幅広の二重まぶただと目元がとても印象に残りやすく、「可愛い」「美人」と言われている芸能人はほとんどがそのような目をしています。

現代風の華美な洋服に似合う顔となると、ファッションに負けないほど派手なパーツが求められるのです。イケメンの場合は細い目でも整って見えますが、女性の場合は目力の強い瞳がとても重要視されます。

特に黒目がちの瞳は大変人気があるので、フチありカラコンで黒目を大きくしている人もいます。男性はフチありカラコンをあまり使わないので、そこが男性とはやはり基準が違いますね。

アイプチやアイテープなどの、二重まぶたを作るアイテムが続々開発されているのは、大きな目が求められている時代だからです。プチ整形をする若い人も増えています。

ぷっくりとした涙袋

最近は「涙袋メイク」が定番になりつつありますが、わざわざメイクで涙袋を目立たせるということは、涙袋に美の秘密が隠されているということです。一重まぶたで小さな目の人でも、ぷっくりと膨らんだ涙袋があると魅力的な目に見えます。

黒目やアイホールを大きく見せるのには限界がありますが、涙袋メイクによって、目の存在感をさらに強めるメイクが可能になりました。目がとにかく目立つと、顔が整って見えます。涙袋は「目」というパーツの一部でもあるのです。

長いまつ毛

長いまつ毛
女性らしい華やかな目元には、長いまつ毛が必須のパーツです。マスカラはメイクの時に当然のように塗りますよね。目が小さい人でも、まつ毛が長ければ目元が整って見えるようになります。

つけまつ毛はもはや定番のアイテムですが、最近はまつ毛エクステやまつ毛カール、まつ毛育毛剤といったところまで女性の関心がいっています。いかにまつ毛が大事なパーツであるかということが窺えます。

顔が大きくない

頭デッカチだと、顔全体のパーツのバランスが悪く見える上、スタイルも悪く見えてしまいます。せっかく魅力的なパーツを持っていても、頭が大きいと台無しになってしまうので非常にもったいないです。

顔が小さいと、目が小さくても比率的に大きめに見えるので、顔立ちが整って見えやすいのです。顔が大きいと顔全体の面積が広くなるため、顔の各パーツのバランスが崩れる可能性がその分高くなります。

整った小さな鼻

鼻が異様に大きかったり、鼻の穴が目立ったりする人は、どうしてもそこに目が行きがちです。全体的に小さめで鼻の穴が目立ちにくい鼻は、目や唇などの他のパーツを引き立たせてくれます。さらに鼻が高ければ、文句なしのパーツです。

男性は鼻の幅が大きくてもイケメンになれますが、女性の場合は小さくて整っている鼻がとにかく好まれます。「印象に残らない鼻」は、美人に必須のパーツなのです。

白飛びした自撮り写真がやけに可愛く写っているように見えるのは、鼻が目立たなくなるからです。鼻の存在感がいかに重要かお分かりいただけたでしょうか。

ふっくらとした唇

唇の大きさについては個人によってバランスの善し悪しがあるので何ともいえませんが、ある程度ふっくらとした唇が魅力的に映るのは確かです。唇にヒアルロン注射をする美容整形が流行っていることからも、それがよく分かるでしょう。

しかしタラコ唇までいくと、魅力的とは言い難くなってしまいます。一般的には、大人っぽいセクシーな美人には厚めの大きな唇、可愛いベビーフェイスには小さめの唇が似合うと言われています。

すっきりとした輪郭

イケメンと同じく、女性のフェイスラインもとても重要な顔のパーツです。可愛い系の顔であっても美人系の顔であっても、すっきりとしたラインであるという点は共通しています。

脂肪がつきすぎて真ん丸になった顔は、あまり美しいとは思ってもらえません。また、極端にガリガリの細い顔は女性らしい丸みが全くないため嫌がられることが多いです。ほどよく丸みがあり、なおかつすっきりとした輪郭だと顔が整って見えます。

ほどよい大きさの耳

顔全体が綺麗でも耳があまりにも大きい場合、美人度を下げてしまいます。耳が大きすぎると、髪をアップにしたときにとても目立ってしまうからです。顔を正面から見た時に耳が横に貼り出した状態のことを「立ち耳」といい、コンプレックスに思う人も多くいます。

耳たぶの大きさも重要です。福耳は一般的には喜ばれるものですが、あまりにも耳たぶが大きいと不格好に見えてしまいます。耳たぶが薄すぎる場合は、イヤリングが固定し辛いという理由で美人度を上げるアクセサリーが着けられないというデメリットを生んでしまうことも。

整った形の眉

眉は人の顔の印象を大きく変えるパーツです。感情が真っ先に表れるのも眉ですから、眉をいかに美しく整えるかが非常に大事になってきます。元々の眉毛の形に関係なく、自分の顔や流行に合った眉にすることで、より美しく見せることができますよ。

理想的な眉毛を描くことができるテンプレートを使ってメイクしたり、眉毛のアートメイクで眉毛を作り上げてしまったりする人もいるほどです。眉毛は美容整形なしでもいじりやすいパーツともといえますね。

どんな眉の形が美しいとされるかは、時代や国によって大きく異なります。昔の日本では眉毛を全部抜いて額に描き、目から離れた位置にあればあるほど美しいとされていましたし、お隣の韓国では平行に引いた眉が最も美しいとされているため誰もが並行眉にしています。

あなたの顔の顔面偏差値はいくつ?

あなたの顔の顔面偏差値はいくつ?
イケメンや美人の顔のパーツの特徴をそれぞれ見てきましたが、自分の顔にあてはまるものはありましたか?そろそろ、自分の顔の顔面偏差値が気になってきましたよね。

そこで、自分の顔面偏差値を簡単に調べられるチェックリストをご用意しました。鏡を見ながらぜひチェックしてみましょう。客観的に見てもらった方がより正確に診断できるので、まわりにいる人にチェックしてもらうのもいいと思います。
  1. 目が大きい
  2. 輪郭がすっきりしている
  3. 二重まぶただ
  4. 涙袋がふっくらしている
  5. 唇がほどよく厚い
  6. 鼻が目立たない
  7. 小顔だ
  8. 鼻が高い
  9. 眉の形が整っている
  10. まつ毛が長い
  11. 各パーツの位置に違和感が少ない
上記のリストで1個〜2個当てはまったら、あなたの顔面偏差値は30です。整っているパーツが少ないようですが、ファニーフェイスも人気なので、落ち込まないでください。

3~4個当てはまったら、顔面偏差値40です。「整っていなくもない顔」と評されることもあれば「ちょっとブサイク」と評されたりと、見る人によって評価が分かれやすい顔です。

5~6個当てはまったら顔面偏差値50です。どこにでもいるタイプの、普通の顔立ちです。それなりに整ってはいますが、美形にはまだまだ届きません。

7~8個当てはまったら顔面偏差値60です。整っているパーツが多いので、整っていないパーツがあったとしても目立ちません。

9個以上当てはまっていたら、顔面偏差値70以上。整っているパーツだらけなので、間違いなく美形認定されているでしょう。

幼少期から整ってる顔の芸能人《男性編》

幼少期から整ってる顔の芸能人《男性編》
顔立ちが整っている人は、持っている顔のパーツにも共通点があることはよく分かったと思います。それでは現在イケメンと言われている男性芸能人たちは、子供の頃から顔が整っていたのでしょうか?どのくらい整っていたのかも気になるところですね。

幼少期から顔のパーツが整っていた男性芸能人を、何人かピックアップしてみました。

神木隆之介

幼少時から美少年で、人気子役として活躍していた神木隆之介さん。

あまりにも可愛らしい容姿だったため、子役時代から「神木きゅん」という愛称で親しまれており、大人になった現在でも人気の衰えない俳優です。今もドラマや映画、CMなどでひっぱりだこで、テレビで見ない日はないほどですね。

幼少時はすっきりとした印象の大きな瞳、長いまつ毛、子供らしいふっくら感を残したシャープな輪郭が特徴的な男の子でした。今でもそれらのパーツの特徴は健在で、パッと見の印象は昔とほとんど変わりません。大人になっても整った顔立ちのままです。

濱田龍臣

可愛い子役として人気が爆発した、俳優の濱田龍臣さん。実写版『怪物くん』で演じた市川ヒロシ役がとても好評で、ドラマも高視聴率を記録しました。

大きなタレ目に綺麗な白い歯、ほぼ左右対称の整った顔立ち。子供の頃からイケメンに必須のパーツをいくつも持っていました。現在もイケメンで、当時の可愛らしさを残しています。

小栗旬

小栗旬さんは誰もが知っている人気俳優ですが、実は子供の頃からテレビドラマなどに出演していました。元子役というイメージがあまりないのは、「人気子役」として人気が出たわけではなく、大人になってからイケメンだと注目されるようになったからでしょう。

しかし昔の写真を見てみると、今とあまり変わらないとても整った顔立ちをしています。子役は可愛らしい美少年が人気になりやすいので、幼い頃から大人っぽい顔立ちだった小栗さんは、子役としてはそこまで注目されなかったのかもしれませんね。

柳楽優弥

映画『誰も知らない』で、カンヌ国際映画祭史上最年少で最優秀主演男優賞を受賞し、天才子役として注目を浴びた柳楽優弥さん。『誰も知らない』の監督が惚れこんだ、目力の強い大きな瞳が印象的なイケメンです。現在も人気作に出演しており、注目され続けている実力派俳優です。

子供の頃からくっきりとした二重まぶたが特徴で、きりりとした形の良い眉が意志の強さを感じさせます。パーツの配置も整っていて、誰が見てもイケメンですね。

三浦春馬

三浦春馬さんは、4歳の頃から児童劇団に所属していた子役です。2006年に放映されたテレビドラマ『14歳の母』では主人公の恋人役を演じ、2007年公開の映画『恋空』では日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。

その後もドラマの主演を多く務め、最近では舞台でも活躍しており、俳優としてのキャリアを確実に積み重ねています。

くりっとした大きな目や形のいい唇、眉などは子供の頃から全く変わりません。子供の頃よりも輪郭はかなり男らしくなりましたが、パーツにはあまり変化がなく、美少年がそのまま大人のイケメンに成長したという感じです。

幼少期から整ってる顔の芸能人《女性編》

幼少期から整ってる顔の芸能人《女性編》
可愛くて美人な女性芸能人は、いつの時代も女性たちの憧れの的。しかし彼女達は、子供の頃から顔のパーツが綺麗に整っていたのでしょうか?実はメイクで誤魔化しているのではないかと、つい気になってしまいますよね。

幼少時から本当に可愛かった女性芸能人を何人かご紹介します。

安達祐実

2歳でモデルデビューを果たし、テレビドラマ『家なき子』の主役で天才子役と認められた女優の安達祐実さん。

「同情するなら金をくれ」という同ドラマの台詞は、新語・流行語大賞に選ばれるほど有名になりました。迫真の演技が評価されたのはもちろんですが、とても女の子らしい可愛い容姿も人気の理由でした。

幼い頃からとても顔立ちが整っており、特に大きな瞳が魅力的な少女でした。2児の母となった現在でも当時の面影をそのまま残しており、大人になってからも映画などで活躍しています。

吉川愛

吉川愛さんは、3歳で芸能界入りをした元子役です。以前は「吉田里琴」という名前で活動しており、2016年に芸能界を一度引退しましたが、現在は「吉川愛」に改名して再び芸能活動を続けています。

子供の頃から笑顔が可愛らしく、口元から覗く真っ白い綺麗な歯が印象的でした。目が大きく涙袋がぷっくりとしており、幼い頃から綺麗なパーツを沢山持っていたようです。

新垣結衣

女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』のモデルとして芸能界デビューした新垣結衣さん。現在はテレビドラマやCM、映画などで大活躍中の人気女優です。「ガッキー」の愛称で親しまれており、男女両方から支持されています。

幼少時の写真がバラエティ番組などで紹介されることがありますが、幼い頃から今とほとんど変わらない可愛らしい整った顔立ちだったことがうかがえます。大きな黒目がチャーミングで、目力が強いのに優し気な眼差しが特徴です。

志田未来

テレビドラマ『女王の教室』で一躍有名になった、元子役の志田未来さん。その後も話題作『14才の母』で主演を務めるなどし、実力派女優へと成長を遂げました。

子供の頃から、とても大きな目が印象深い顔立ちです。程よく丸っこいフェイスラインが可愛らしさを出しています。

大人になってからも顔は変わる

大人になってからも顔は変わる
今回ご紹介した芸能人たちは幼少期から顔が整っていましたが、なかには「昔と今では全然顔が違う」という芸能人もいますよね。逆に、子供の頃は普通の顔だったのに、大人になってからの方が顔のバランスがよくなることもあります。

もしこの記事を読んでいるあなたに子供がいたとして、「うちの子は顔が普通だから、大人になっても美形にならないのかな」と心配しているのであれば、そんな心配は無用です。

整っている顔立ちに見えやすいパーツについてはあくまで参考程度にして、子供の成長を見守ってあげてくださいね。

あなた自身の顔について「もっと美形に近づきたい」と思っているのであれば、顔が整っているように見えるメイク法などを研究してみましょう。雰囲気美人を目指したい方は下の記事も参考にしてください。

Related