Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】老け顔・老けない人の特徴|若いのに老ける原因とは
2019年02月12日

【男女別】老け顔・老けない人の特徴|若いのに老ける原因とは

老け顔に悩んでいる、老け顔をなんとかしたい男女に贈る、老け顔の原因分析とその対策を、外面的なことと内面的なことの両面からまとめてみました。老け顔を克服して、ハッピーな老けない人になりたい人必読の内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

老け顔には特徴がある?

老け顔には特徴がある?
あなたは実際の年齢よりも若く見られますか?それとも老けて見られますか?見た目年齢と実際の年齢とは、必ずしも一致するものではありません。

化粧品や美容系サプリの広告などでは、その効果を謳うために、実年齢よりも見た目が若いモデルが多く登場し、人々の興味を引き付けています。これは、人がいかに「見た目の若さ」にこだわりをもっているのかを証明する例のひとつです。

世の中に老けて見られて嬉しいと思う人はほとんどいないでしょう。「老けてるね」よりも「若いね」と言われたいのが本音です。

よく年齢を上に見られるという人、実際は若いのに老け顔で悩んでいる人、一歳でも見た目が若くなりたい人はこれを読んでみてください。老け顔に見えてしまう顔には特徴があります。この記事では、そこを掘り下げ、さらに見た目年齢を若くするアイデアを集めてみました。

老け顔の人の特徴《外見編》

老け顔の人の特徴《外見編》
いわゆる「老け顔」に見られてしまう顔には、ある共通した特徴が見られます。どんな顔だったら老け顔に見えてしまうのか、ご自分のお顔にも当てはまっていないかチェックしながら読んでみてください。

顔がたるんでいる

ピンと張った美肌は若さの象徴です。逆に、顔の皮膚が下がっている、たるんでいるのは、典型的な老け顔の特徴であると言えます。特に目の下、口回り、あごなどのお肉がたるんでいると、そこだけで5歳は老けて見えてしまいます。

想像してみてください。あなたの好きなアイドルや女優の顔。いくら造形が美しくても、もしかれらの顔の皮膚がたるんでいたら、若さも美しさも何割か減ってしまいます。まるで重力に負けてしまったかのような老け顔の特徴です。

仏頂面・無表情

表情というものは、お顔の特徴を決定すると言っても言い過ぎではないぐらい大切なものです。まったく同じ年齢だとしても、はつらつとした笑顔の人と、むっつりとした暗い表情の人とでは、当然笑顔の人のほうが若く見えます。

前述の顔のたるみとも関連してきますが、笑顔というのは顔の筋肉が皮膚全体を「ギュッ」と上に押し上げてくれます。反対に仏頂面・無表情の顔というのは、皮膚全体が下がって見える、老け顔の特徴が現れた顔となってしまいます。

あなたが老け顔と言われがちなタイプなら、もしかしたら表情で損をしているのかも。

シミが多い

年齢を重ねていくと、どうしてもできてしまうお顔のシミは老け顔の大きな特徴となります。これには個人差があって、若いからと油断していると、いつの間にかできていたりします。

つるつるで一点の曇りもない赤ちゃんのお肌を思い浮かべれば分かりますが、当然ながらシミなどひとつもありません。逆にお年寄りのお肌は、長年紫外線を浴びているためにシミが多く見られるのが特徴です。

仮にまだ20代で美肌の部類と言えるようなきれいなお肌だったとしても、たった一つ目立つシミがポツリとあるだけで、お顔の印象はかなり変わってきます。それだけ破壊力のある老け顔の特徴と言えるのが、お顔のシミなのです。

ほうれい線が目立つ

口の両サイドにハの字にできるほうれい線、これほど老け顔を決定付ける特徴があるでしょうか。なにしろ漫画のキャラやお芝居などのメイクで、ここを強調するだけで一瞬でオバサン、オジサン、お年寄りに見えてしまいます。

リアルに年齢を重ねた年齢肌で悩む40代オーバーの女性の間で、このほうれい線をいかに目立たなくするかというのは、老け顔を若く見せるための最重要項目の一つと言えます。

ほうれい線を制するものは老け顔を制する、と覚えておきましょう。

目ヂカラが弱い

疲れ目、寝不足、栄養の偏りなどが原因で、若くても目ヂカラが弱い人がたまにいます。

目は口ほどにものをいうというくらい、目というのは人間の顔の中でまず見るパーツであり、目の印象はほぼお顔の印象とイコールとなります。優しい目の人は優しそうに見えるし、鋭い目をしていれば厳しい人、怖い人という印象になります。

これはもちろん老け顔の特徴としても当てはまります。キラキラした澄んだ目は若々しく見えまよね。しかし、光のない、焦点の定まらない、伏し目がちな目だと元気のない雰囲気に見え、老けた印象となり、それこそ老け顔の特徴となってしまいます。

顔色が悪い

前述の目ヂカラの項目で、元気や活力というものが見た目年齢を左右する大切な要素の一つであることが分かりました。それに加えて顔色が良い、悪いといったことも、老け顔に見えるかどうかを左右する特徴の一つです。

朝食をしっかり摂らなかったり、食事といえばジャンクフードだったり、寝ずに遊んだりお酒を飲んだりと生活が乱れがちという若い人は多いでしょう。結果疲れが顔に出やすく、血色が悪く、表情に乏しい顔になってしまいます。

こういった「顔色の悪さ」も老け顔の大きな特徴となります。

無精ひげ

主に男性に当てはまる特徴です。ひげというのは基本的には男性にしか生えないものなので、男性の象徴のひとつとも言えます。また、ひげを伸ばすことにただならないポリシーをお持ちの方も中にはいらっしゃいます。

問題はひげの生やし方です。きちんと剃ったり切りそろえられた手入れが行き届いたひげと、ほったらかしてボーボーに伸びっぱなしのひげとでは、かなりお顔の印象は違います。

やはりだらしなくひげを生やし放題にしていると、どんなイケメンでも清潔感がなくやぼったい雰囲気に見え、それは老け顔の特徴となってしまいます。

老け顔の人の特徴《内面編》

老け顔の人の特徴《内面編》
老け顔の特徴の例として、外見的なことをお話してきました。しかしここである疑問に突き当たります。老け顔とは単に外面にすぎないのでしょうか?ここはもう少し考えてみる余地がありそうです。

「顔は内面を映す鏡」ということばがあります。化粧や作り笑顔である程度はごまかしが効いても、表面だけ取り繕っていると、長く続けるのは無理が生じるでしょう。それこそ「若作り」のような、不自然な顔つきや表情になっていしまうなんてことも。

では老け顔の人にありがちな、内面的な特徴とはどんなものがあるのでしょう。

疲れが顔に出ている

仕事に子育てに人付き合い、その他雑用雑務で寝る暇もないような忙しさ。日々をエネルギッシュに過ごすのはとても良いのですが、疲れ、たまっていませんか。たまの休みにチラッとでも鏡をのぞいて見てください。

寝不足で目の下にはクマ、吹き出物やカサつきなどの肌荒れ、目はぼんやり、表情は疲れ切っている、なんてことも。これは元が老け顔でなくとも誰もが経験する身近な例ですが、疲れた顔には老け顔の特徴がたくさん見られます。

ネガティブ思考

ネガティブ思考
何でもかんでも悪いほうに考える癖のある人というのがいます。また、普段はそんなことなくても、失恋などのショックで一時的に人生に前向きになれなくなっているなんて人もいるでしょう。

ネガティブな思考というのは、一度ループにはまるとなかなか抜け出せなくなるのが特徴です。ひとつ悪いほうに考えてしまうと、また次の悪いことを引き寄せ、そこからさらに嫌なことを予想してしまう、という具合に連続していきいつしか常態化します。

当然ながらネガティブ思考というのは暗くて後ろ向きな生き方につながってゆくなので、何にも興味を持てなくなり、何をやっても面白くなくなって、表情にもそれが表れます。結果、無表情で疲れたような顔、老け顔の特徴である顔つきになってしまいます。

イライラすると老け顔になる

人はイライラしている時、その感情に支配されて我を忘れてしまいます。イライラとは物事が思い通りにいかない、楽しくない、理不尽な扱いを受けて怒りでいっぱいになる、そのような状態です。

イライラして心に余裕がなくなると、それがモロに表情に出てしまいます。自分の感情や表情にまで気を配る余裕がないからです。自然と笑顔は消え、強張った表情になるため、老け顔に特徴的な顔つきになりがちです。

「めんどくさい」が口グセ

若いのに何事にも消極的な人、あなたのまわりにはいませんか?彼らの口癖は「めんどくさい」。遊びに行くのも、旅行に行くのも、おしゃれするのも、飲み会に行くのも、恋愛するのも、なにもかも「めんどくさい」。

なぜ何でもかんでもめんどくさくなってしまうのでしょうか。「めんどくさい」というセリフの裏には、「どうせ失敗するに決まってる」「自分なんてなにをやったって無駄」という後ろ向きな姿勢があります。

そういう人の目はイキイキと輝いているでしょうか。背筋はピンと伸びてよく笑い、異性からモテるでしょうか。答えはまるで逆です。物事に消極的なめんどくさがりさんは、どんどん老け顔の特徴が現れた顔になり、メンタルも乾ききって魅力に乏しくなっていくのです。

不平不満が多いと老け顔になる

ぐちぐちと不平不満が多い人はどうでしょう。ちょっとしたことでも不機嫌になり、まるで自分が悲劇の主人公でもあるかのように文句ばかり言う人。文句を言うネタがなくなると、自分から不幸ネタを探しにでかけそうな勢いです。

どうして自分はいつもうまくいかないんだ、幸せや幸運はほかの人がみんな持っていってしまう。自分はこんなにがんばっているのにいつも報われない、など口を開けば愚痴の嵐。自然と顔つきも歪んで、目つきも悪くなり老け顔の特徴が目立つようになります。

後ろ向きで生産的でない内面というのは、実年齢に関係なく老け顔を作ってしまいます

老けない人の特徴《外見編》

老けない人の特徴《外見編》
これまで、実際の年齢よりも老け顔に見られる人の特徴を、外面と内面の両側から詳しく見てきました。次に、同じ見た目年齢ギャップでも逆のパターン、つまり実年齢よりも見た目が若く見える、「老けない人」の特徴を見ていきます。

肌がきれい

見た目年齢が若い「老けない人」の特徴は、何と言っても肌がきれいなことです。しみやしわが目立たず、張りがあってツヤもある、そういう美肌の持ち主は何歳であっても若く見えます。

肌のきれいさは生まれ持ったもともとの肌質も大きいですが、正しいスキンケアによって改善されたり、きれいさを維持することもできます。充分な睡眠時間の確保、肌に良くないジャンクフードやスナック菓子を極力食べない、偏食をしないことなども大切です。

美肌はよほど若い時でもなければ、ほったらかしていてもきれいな状態を保てるということはまずないでしょう。老けない人とは、そいういった見えない部分でも努力を惜しまない人なのでしょう。

輝く瞳

老けない人の外見的な特徴として印象深いのが、キラキラと輝くきれいな瞳です。子供の瞳を見れば分かりますが、まっすぐで澄んでいて、好奇心に満ちたきれいな目をしています。

大人はさすがに子供と同じというわけにはいかないでしょうが、それでも、老けない人の瞳は健康的で濁りがありません。瞳というのはその人の内面を雄弁に語ります。淀んだ心をしていれば瞳も淀み、心が輝いていれば瞳も輝きます。

老けない人の心がいつも新鮮さにあふれていて、陰りというものがないからこそ、その瞳は輝いて見え、見た目全体が若く見えます。老け顔とは対照的です。

老けない人はいつも笑顔

実年齢よりも若く見える人、老けない人の絶対的な特徴、それは「笑顔」です。会うといつも笑顔で挨拶してくれる人、絶えずニコニコと機嫌の良い人は男女問わず若く見え、老け顔とは無縁です。

実は笑顔には、外へ向けた効果と内へ向けた効果があるのです。外へ向けた効果、それは相手に「あの人はいつも笑顔で感じがいいな」「若いな」という印象を与えることです。

一方、内へ向けた効果とは、笑顔になることで自分自身が得られる心理的効果です。人は無理にでも笑顔を作ることで物事を肯定的に考えられるようになると言われていて、笑顔は細胞を若返らせる効果があると考えられています。

このように、笑顔は見た目が若く見られるだけでなく、実際の若返り効果まで期待できます。老けない人になりたければ、まず笑顔と言っていいでしょう。老け顔の特徴をかなりカバーしてくれます。
笑顔で脱老け顔を目指すなら、まずは顔トレでお顔の筋肉をよく動かすことから始めましょう。これで老けない人にグンと近づけます。

適度なメイク

魅力的な「老けない人」は、どんなメイクをしているのでしょう。老け顔に悩む人は、メイクを頑張ることこそが、見た目を若くするコツだと思っているのではないでしょうか。

しかし実際は、老けない人は薄化粧しかしていない、またはしっかりとメイクしていても厚化粧には見えない工夫をしています。 

もしメイクを濃くすれば若く見えるのなら、ファンデーションを厚塗りしてしみしわを隠し、目を大きくパッチリさせるためにつけまつげを何枚も貼り付け、リップもくっきりと濃く塗れば若い見た目になれるはずです。

しかし、これではむしろ厚化粧すぎて逆に老け顔に見えてしまう恐れさえあります。若く見せようと頑張りすぎるのは逆効果。メイクは適度でナチュラルにとどめ、盛りメイクではなく美肌づくりに力を注ぎましょう。

清潔なヘアスタイル

実は、ヘアスタイルは見た目の年齢を左右する重要なポイントです。老けない人の特徴を見るとそれがよく分かります。

髪にボリュームがあり、パサつきがなく艶がある。ロングでもショートでもカラーリングされた髪でも、きちんと手入れがされている健康な髪であることは老けない人になるために大事です。白髪のケアも必須項目です。

人は第一印象で瞬時に相手の年齢を推測します。パッと見というのは、顔や服装などの細かいところではなく全体のシルエットを見ているのです。この時に髪がぺちゃんこで白髪混じりだったりすると老け顔に見えてしまいます。

顔だけではなく、常に全体の身だしなみを気にすることは、老けない人の大きな特徴です。

ヘアサロン並みの効果が期待できる、自宅でもできるハホニコトリートメント。傷んだ髪に潤いと輝きを取り戻し、見た目老けない人を目指しましょう。

老けない人の特徴《内面編》

老けない人の特徴《内面編》
老けない人の内面的な特徴とはどんなものでしょう。老け顔の内面的な特徴にも色々ありましたが、老けない人の内面的な特徴はその真逆であることが予想されます。

ではその特徴を具体的に見ていきます。

老けない人はポジティブ

老けない人には共通して、常にポジティブで前向きな姿勢という特徴が見られます。少々いやなことがあっても気にしない強さ、逆境でさえも発想を変えて自分のエネルギーに変えてしまうようなしなやかさが老けない人の特徴としてあります。

ポジティブな人はまわりの人を惹きつけます。老けない人は老けない人を引き寄せ、さらにポジティブなサイクルを作ってゆきます。老け顔になっている暇もないのです。

チャレンジ精神旺盛

チャレンジ精神旺盛
チャレンジ精神が旺盛、何事にも興味を持ち、やってみようという意欲にあふれていることも、老けない人の内面的な特徴です。

老けない人とは、人一倍何かの能力に優れているのかといえば必ずしもそういうことでもなありません。ただ、失敗を恐れないという特徴があります。だから次々に新しいことにチャレンジしてゆけます。

立ち止まって考えたり、尻込みすることがないからいつも表情は明るく、若く見えます。こういった特徴が老けない人を作ります。

好奇心旺盛

常に新しいものにアンテナを張っている、好奇心旺盛なところも老けない人の特徴として挙げられます。

今度あそこに行ってみたい、あのお店は評判だから食べに行きたい、次はどこに旅行に行こうか?などなど、知らないこと、新しいものへの興味が尽きないので、老けない人は話題も豊富でいつもわくわく楽しそうにしています。

老けない人はいつも好奇心旺盛です。それで常に新鮮な自分でいられるので、表情も生き生きとして若く見えます。

老けない人は向上心がある

今の自分のままでもうこれ以上成長しなくてもいいや、努力とか頑張るのは面倒だ、そう思い始めたら老け顔チームの仲間入りです。成長が止まるということは、そこから老化が始まるということにほかなりません。

向上心も、老けない人の大きな特徴のひとつです。今よりももっと良くなりたい。そう思って努力する対象は、仕事でも習い事でも、家事でも趣味でもよいのです。

よりよく成長したいと思って行動し続ける人は、自然と明るくて華やかな若い顔つきになります。

若く見える芸能人を紹介!《男性編》

芸能人といえばもともと特別美しいお顔立ちの方ばかりなんですが、加えて年齢不詳の「老けない人」が大勢いらっしゃいます。芸能人を見て、あの人もうそんな歳なの?ぜんぜん見えない!という会話、誰もが一度はしたことがあるのでは。

そんな「老けない人」天国、芸能界から、見た目が特に若く見えるタレントさんをご紹介します。写真だけ見て年齢を当ててみてください。

DAIGO

胸の前で両腕をクロスさせた「ウィッシュ!」ポーズでおなじみのDAIGOさん。ミュージシャンでありタレント、俳優とマルチに活動されています。2016年には北川景子さんとの結婚も話題になりました。
どこから見てもイケメンなのは間違いないDAIGOさんですが、テレビでよく見るようになった頃から現在まで、あまり年取ったという印象がありません

ではDAIGOさんの実年齢は何歳なのかというと、なんと40歳だそうです。20代後半ぐらいと言われても不思議はないぐらいの若々しさなのですが、本当に驚きです。

Gackt

年齢不詳、老けない人といえばやはりこの人、Gacktさん。陶器のようなツルすべお肌にクールな表情、でも中身はちょっぴりお茶目さんなところもあり、そんなギャップも老けない人の特徴なのかも。
今年で活動20周年のGacktさんの年齢は、1973年7月4日生まれの45歳です。45歳ですよ!とてもとてもそうは見えません。いつまでも老けない人Gacktの存在感を、ぜひこれからも維持してほしいです。

西川貴教

お次はこのお方、TMRこと西川貴教さん。少年のようなやんちゃな雰囲気の残る顔立ちは、きれいなお肌と鍛え上げられた肉体美とも相まって、30そこそこから30代前半のように見えます。
実際の年齢はというと、1970年9月19日生まれ、なんと48歳のアラフィフです。こんな48歳、まず身近にはにいません。老けない人伝説として語り継がれそうなほどの、見た目と年齢のギャップが素敵です。

若く見える芸能人を紹介!《女性編》

女性の芸能人となると、男性芸能人に比べて老けない人の絶対数は確実に多いでしょう。女性は常にメイクしますし、アンチエイジングなどにも関心が高いと考えられます。

数多いる年齢不詳な女性芸能人、老けない人代表はこの方々をピックアップしてみました。

梅宮アンナ

芸能界の老けない人、女性代表一人目は梅宮アンナさんです。見てください、この瑞々しいお肌。高校生の娘さんがいるママでもありますが、とてもそんな大きいお子さんがいるようには見えません。

では実際の年齢はというと、1972年8月20日生まれの46歳です。若い。30歳くらいにしか見えません。子供を産んでもアラフィフになっても老けない人はいるんですね。

安達祐実

いつまでも若いといえばこの方、安達祐実さんです。子役のイメージが強い彼女ですが、歳を重ねるごとにどんどん美しくなると評判です。

確かに昔のあどけない雰囲気から大人の女性へと成長し、もともとの美貌にさらに色気が加わりました。でも老けてない。何歳なんでしょう。
安達さんは1981年9月14日生まれの37歳です。なんともうアラフォーだったんです。それにしてもこのお肌の透明感は、20歳と言っても十分に通用しそうです。まさに老けない人とはこういう人を言うのでしょう。

井川遥

かつて「癒し系アイドル」として大人気だった井川遥さん。現在では二人のお子さんを持つママですが、美しさは衰えるどころか、ますます磨きがかかっているように見えます。モデル出身の彼女、老けない人の特徴はスタイルの良さにも表れています。
さて気になる実年齢はというと、1976年6月29日生まれの42歳ということです。42歳という響きから想像するイメージとは、まったくかけ離れた若さ、美しさです。思わずため息が出てしまいます。

いつまでも若々しく老けない人でいよう

いつまでも若々しく老けない人でいよう
年上の人に敬語で話されたり、友達と歩いていたらお母さんに間違われたり、もしかして自分は老け顔なんだろうか、とひそかに悩めるあなた。この記事の内容が少しでもお役に立てることをお祈りいたします。

老け顔とはもちろん見た目のことを指してはいるのですが、その原因は外面的な要素だけでなく、内面の問題とも深く関わっています。内面、外面の両方に気を付けることで老け顔の原因を知り、対処につなげることができます。

笑顔を心掛けることなんて今すぐにでもできますし、ほんのちょっとの頑張りで脱老け顔を目指しましょう。

Related