Search

検索したいワードを入力してください

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
2019年01月17日

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介

憧れの芸能人やモデルは別世界の人間だと考えていませんか?そんなことはありません!自分の努力次第で理想の美人に近づいていけます。この記事では、美人がどんな努力をしているのか、綺麗になりたいと思ったら何をすればいいのかをご紹介します。

美人になるためにすべき努力《スキンケア編》

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
美人になりたいと思ったとき、あなたは何からはじめますか?たくさんの選択肢がある中で一番最初にやっておきたいのがスキンケア。元のお肌の調子が悪ければメイクで隠すのも難しいですよね。

まずは綺麗になりたい女性には欠かせない、スキンケアで努力するべきポイントを確認していきましょう。

洗顔はしすぎない

美人になりたいなら朝晩の洗顔をしましょう。洗顔の役割は皮脂や古い角質など、表面の汚れを取ることです。

夜は日中に分泌された汗や皮脂の量が多く、空気中の埃や花粉のように汚れが多くなります。そのためしっかりと汚れを落とすために洗顔が欠かせません。逆に朝は、表面の汚れを落とす程度で大丈夫です。

まず水かぬるま湯で指の腹を使って優しく洗います。洗顔料を泡立てたら顔に乗せて、力を入れずに洗って、最後はまた水かぬるま湯で洗い流します。洗顔後はタオルを優しく押し当て水分を拭き取りましょう。

クレンジングは入念に

綺麗になるためには省いてはいけないのがクレンジング。メイクに含まれる油分は密着性が高く、水だけでは中々洗い流せないため、製品に含まれる成分で水と油分をなじませて落とします。洗顔とは役割が違うため、必ず両方とも行いましょう

オイル、クリーム、ジェル、ミルクなど、それぞれに特徴があります。お肌の状態によって合うタイプが変わるので、自分で判断できないときは美容部員に選んでもらいましょう。

また化粧を落とさずに寝るのはお肌に大ダメージです。美人になりたいなら、必ずクレンジングと洗顔をしてから布団に入りましょう

正しい手順で保湿する

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
綺麗になるために必要な努力の一つが保湿。洗顔後の綺麗になったお肌にすぐ化粧水、その後に美容液、乳液の順番で行いましょう。基本的には水分量が多いものからから塗っていき、最後は一番油分の多いもので終わるようにするのが、正しい手順です。

化粧水は500円玉大の量を、肌の乾燥状態に応じて2~3回に分けて保湿します。頬に手を押し当てて離したときに吸い付くような感じがあれば充分です。

美容液と乳液はそれぞれ適量(商品によります)を手のひらで少し暖めてから均一に塗っていきます。鼻など油が浮きやすい部分は薄めにします。

乾燥しがちな人はクリームも

美人になるためにはお肌の乾燥は大敵。油分が浮きやすい人は必要ないですが、乾燥しているときはクリームが重宝します。クリームは乳液の後です。保湿を終えたら5分ほど待ってメイクをはじめると、肌の調子が整い化粧のノリが良くなります。

普段は必要ないという人も、季節や体調によって急に必要になります。美人になりたい女性は、いつでもうるおい肌でいられるように準備しておくことが綺麗になるコツです。

睡眠時間を大事にする

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
綺麗になりたいならゴールデンタイムに眠る、という話を聞いたことはありませんか?ゴールデンタイムは22時~2時の4時間で、壊れた肌細胞を修復してくれる成長ホルモンを多く分泌してくれる時間帯のこと。

美人になりたい女性はお肌のために、できるだけこの時間に寝るように調整しましょう。とはいえ勤務時間によっては難しいですよね。その場合は、睡眠の質を上げることを重視します。

成長ホルモンがより多く分泌されるのは、眠りについてすぐの3時間程度。この時間に深く眠りに付けるかどうかが影響します。美人になりたい女性は睡眠の質も大切にしましょう。

眠りの質を上げる為には?

寝る前の行動を変える努力をしてみましょう。

液晶の光は睡眠に悪影響なので、寝る前30分はスマホやパソコンの使用を控えてみる。また寝る少し前にお風呂で温まるようにする、暖かい飲み物を飲んで体を温めるなど、体温を上げる努力をしましょう。

アロマを取り入れるのも効果的です。いくつかリラックスできる香りを探しておくと、気分も変わっていいです。お肌を美しく保てるよう、改善できることから試していきましょう。

美人になるためにすべき努力《日焼け編》

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
美人になりたい女性にやってほしい努力があります。それは日焼け対策です。UV対策をしなくても綺麗になることは可能です。しかし、数年後の自分は大丈夫でしょうか?

美人になりたいのにシミ、皺、たるみがあれば、理想とはほど遠いですよね。実は肌の老化の9割が紫外線によるものだと言われています。にもかかわらず、手入れをしない女性や、UVケアに疎い女性も多いです。

今、綺麗になりたいと考えている志高い女性は、きっと綺麗なまま歳を重ねていきたいはず。将来の自分のために今から努力しましょう。

UV対策は念入りに

綺麗になるためにUV対策は必須。紫外線のダメージは数分でも肌に蓄積すると言われています。つまりほんの10分散歩に行っただけでもダメージがあるということです。

美人になりたいなら、日に当たる可能性のある場所すべてをカバーするように日焼け止めを塗ります。首回りのデコルテや、指先も忘れずに。どうせならすっぴん美人になりたいですよね。シミができやすいこめかみなどは、重ね塗りをします。

また紫外線は夏だけではありません。そのため、一年中紫外線対策が必要になります。

効果の高い日焼け止めを選ぶ

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
今はたくさんの種類の日焼け止めが販売されています。その中で綺麗になりたい女性が選ぶべき日焼け止めは、もちろん効果が高い商品です。

日焼け止めを選ぶときに基準になるのが「SPF」と「PA」です。SPFは数値が大きい方が効果が高く、PAは+が多いほど紫外線対策に効果の高いとされています。夏場や外での活動が多いときはSPF50、PA++++の日焼け止めをオススメします。

綺麗になりたいのであれば、購入前に効果をチェックしましょう。

SPFとPAって何?

これらがどういう意味かを知らない、という人も多いのではないでしょうか。SPFは紫外線を浴びて皮膚に赤みができるまで、どれだけ時間を延ばせるかを示す数値です。数字が大きいほど効果が高くなります。

またPAは商品に書かれている+のことで、紫外線が色素沈着し、皮膚が黒化するのをどれだけの時間防ぐことができるかを示すものです。これも+が多い方が効果が高いとされています。

化粧品で紫外線を防御

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
下地、ファンデーション、BBクリームなどにも紫外線防止の成分が含まれているものがあります。美人になりたい女性は化粧品でもUV対策をしましょう。

SPF20のものを重ね付けしたからといって、PF40の効果にはりません。効果を期待するのであればSPF50を選ぶ必要があります

しかし重ねづけも無駄ではなく、肌に紫外線のダメージが到達するまでにSPF20の壁が増えます。2つ3つあればその分防御は強くなりますから、美人になりたいならやっておいた方が良いでしょう。

日傘や帽子で紫外線を遮断する

紫外線は頭皮にも深刻な影響を与えます。しかし頭のてっぺんや、髪の毛で隠れていないつむじや分け目部分は無防備な女性も多く見かけます。

頭皮に紫外線を受け続けると、毛が抜けやすくなったり、髪が再生しにくくなります。美人になりたいなら薄毛は大敵。髪の量もほしいですよね。薄毛にならないためにも頭部を守る努力を惜しまず対策しましょう。

頭皮のUVケアに効果的なのが日傘や帽子。日傘は顔や首など他の部分も隠してくれるのでおすすめです。

室内でもUVケアを怠らない

紫外線にはシミの原因になる波長が短いUVBと、皺やたるみの原因になる波長の長いUVAがあります。

UVAは窓ガラスを通過して肌の奥までダメージを与え、コラーゲンを破壊していきます。そのため、美人になりたいなら室内でもUVケアが必要になります

UVAは気づいてから対処では遅いです。気づかぬ内にしわやたるみとして肌に表れますから、美人になりたい女性は、事前対策して防ぐ努力が必要です。

美人になるためにすべき努力《メイク編》

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
美人になりたい女性に必須のスキルはメイクではないでしょうか?顔は初対面の時に相手が真っ先に見る部分。メイクは周りから「綺麗になったね」と気づいてもらいやすいところでもあります。

可愛いは作れるという言葉があるように、美人になりたいならメイクで作ることができますが、それを毎日保つのは大変です。メイク上手な女性は、すべらかく努力してるのです。

綺麗になるには、どのようなことを実践すればいいのかをまとめてみました。

丁寧にメイクする時間を確保する

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
美人になりたいと考えていても雑なメイクでは綺麗になることは難しいです。5分メイクでもプロと遜色ない技術があるならいいですが、美人になりたいのであれば、綺麗になるためにメイクにもある程度の時間をかける必要があります

早起きの苦手な人には努力が必要ですが、綺麗になるためです。明日からは30分早く起きメイクの時間を確保しましょう。時間があればもし失敗しても、綺麗になるように書き直したり整える余裕ができます。

いきなり本番で綺麗になれる人はいません。1日10分でも30日続ければ300分=5時間の経験値になります。美人になりたいのなら、毎日が練習だと思ってコツコツ努力しましょう。

コントロールカラーで肌の色を補正

美人になりたい人はコントロールカラーを取り入れましょう。赤みがある、黄色っぽい、青白く顔色が悪い、隈やシミがあるなど、肌の色や状態には個人差がありますよね。そのままメイクをすると赤みが隠し切れないなど、気になる女性は多いはずです。

綺麗になりたいのであれば欠点をカバーする努力が必要です。コンシーラーや下地を使い、肌の色を補正することで理想とする印象に近づけます。綺麗になりたい女性は、自分を最高の状態に仕上げるために努力しています。

自分の顔に合ったメイクを研究する

美人になりたいのであれば、メイクが上手な女性や、可愛い女性、綺麗な女性を見つけて真似する努力をしましょう。雑誌やSNSで自分が好きな系統のメイクや、自分と似た顔立ちの人がやっているメイクを研究するのがおすすめ。

自分よりも綺麗な友達がいるなら、素直に教えを乞い、真似をしたり、情報交換する努力も大事です。美人になりたいと望むなら、嫉妬より尊敬する姿勢が大切です。

このような努力は綺麗になるために多くの女性がやっていますから、差を付けられないよう頑張りましょう。

流行を取り入れる

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
メイクも流行やトレンドがあります。それぞれの時代の流行で美人の定義も違います。眉毛の形やアイメイク、口紅の色など、5年前、10年前とさかのぼってみるとその差は顕著にわかると思います。

さらに自分に似合うメイクは年齢とともに変わっていくので、美人になりたいなら新しいメイクへのバージョンアップする努力をしましょう

とはいえ、流行を取り入れすぎて奇抜になるのもよくありません。流行がよく分からないなら自分と同じ年頃のアイドルや芸能人、雑誌のモデルさんを参考に。そのときの流行と綺麗になるためのヒントになりますよ。

こまめに化粧直しをする

美人になりたいならこまめに化粧直しをしましょう。時間をかけて綺麗になっても、化粧が崩れていると残念です。

肌の状態は1日の中で細かく変化していきます。化粧が浮いてきたなら油分を取ってファンデーションで整える、汗で落ちやすいおでこなどは塗り直す、乾燥してきたならミスト化粧水などで応急処置をします。

ざっと落として化粧し直すほうが早い場合もあります。綺麗になった状態を長く保つために、化粧崩れしにくい化粧品に変てみるのも良いでしょう。

美人になるには、肌の調子を見ながら手をかける手間と努力を惜しまないこと。綺麗になるためにメイクしているのですから、いつ見ても綺麗な状態を目指しましょう。

美人になるためにすべき努力《ファッション編》

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
美人になりたいならファッションでも努力が必要です。ファッションとは服だけではなく、髪から靴まで、トータルで見たときの印象です。美人になりたい人は自分が美人だと思う女性を見てください。きっと上から下までトータルがバッチリだと思います。

綺麗になるためには、ファッションは押さえておくべき重要なポイント。なんといっても他人から見える面積が広いからです。美人になりた衣女性は、真似できることから実践していきましょう。

自分の骨格や体型に合った服を選ぶ

似合う服というのは柄やカラーだけで決まるものではありません。美人になりたいなら、まず自分の骨格や体型に合った服を選ぶことを意識しましょう。

身長や、肩幅、バストやヒップ、隠したい部分など、全員それぞれ違うと思います。綺麗になるためにはバランスを取ること。体全体が見える鏡で確認しましょう。

ファッションのいいところは、足りないところは付け足し、目立たせたくない部分に注目がいかないように調整できるところです。努力すれば誰でもファッションで綺麗になることができます。

服のサイズ感は本当に合っている?

美人になるためには、試着して自分の体型に合った服を選びましょう。意外と多いのが自分のサイズがよく分かっていないパターンです。今着ている服は本当にピッタリでしょうか?

サイズが大きいとボディラインを消してしまうので、綺麗になりたい女性にとってはマイナス。自分でサイズ感がわからないのであれば、服をコーディネートしてくれる専門家にお願いすると良いアドバイスがもらえますよ。

パーソナルカラーで顔色をよく見せる

美人になりたいのであれば、色の力を味方に付けましょう。同じ女性でも来ている服の色で肌が明るく見えたり、顔色が悪く見えたりします。

パーソナルカラーは肌や瞳の色を元に診断し、春夏秋冬の4つのタイプに仕分けします。同じ赤一つとってもタイプによって似合う色味が変わってくるので、綺麗になるためには自分の魅力を引き出す色を知ることが大事。

ネットでもできますが、より正確な診断をするためには様々な色の布を当てて診断してもらうのがおすすめです。美人になりたい女性は色選びにも努力を怠りません。

どう見られたいかを考えて服を選ぶ

ファッションはTPOに加えて誰にどう見られたいのかを考えて選ぶことがコツ。美人になりたいなら、「どんな印象の美人になりたいのか」をまずはっきりさせましょう。

美人になりたいと言っても、色んなタイプかがあると思います。華やかな美人になりたいのに地味な服を選んだり、清楚な美人になりたいのに露出が多すぎたり、守ってあげたくなるような美人になりたいのに強そうに見えるファッションをしていたらどうでしょう。

せっかく綺麗になれたとしても手応えを感じにくいですよね。美人になりたいと決めたら、ゴールを決めて服の系統を選ぶのが大切です。

TPOに合った服装はできている?

美人になりたいのなら、TPOに合わせた服選びも心がけましょう。せっかく素敵なファッションをしていても、場に合っていなければ浮いてしまいます。

クローゼットの中をみて、普段のデートの時の服、ちょっとかしこまった場所へ着ていける服、たくさん歩く外での活動日に着る服などをコーディネートしてみてください。そのときは「こんな美人になりたい」という理想の自分を取り入れることも忘れずに。

事前におおよそ決めておけば、明日もし急な予定が入っても慌てずに準備できます。美人になりたい女性はこういった準備もしっかりしましょう。

ヒールを履く

美人になりたい女性はヒールを履きましょう。足のラインが綺麗に見えたり、足が長く見える効果が期待できます。

かかとの高い靴は普段使わない筋力を必要とするので、はじめは変なところが筋肉痛になったり、つま先が痛いです。しかし美人になりたいならヒールは重要。せっかく綺麗なワンピースを着ても、足下がぺんこな靴だと残念ですよね。

おしゃれは努力です。社会人ならフォーマルな格好をする機会もあるので、ヒールで優雅に歩ける美人になるために、今から努力しておくことで余裕を持って挑めます。

美人になりたいなら姿勢も大事です。足下が綺麗になっても猫背だと台無しですから、地道に矯正する努力をしましょう。

髪にもこだわる

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
美人になりたいなら髪までこだわりましょう。どれだけメイクやファッションで綺麗になったとしても、髪がぼさぼさだったり艶が失われていると魅力が半減。

髪に合うケア商品を選ぶのはもちろんですが、一番は継続することです。美人になりたいと願うなら、少なくともブローやトリートメントはサボらず、続ける努力をしましょう。

自宅のケアだけで髪がギシギシしたり絡まるのであれば、美容室のトリートメントで一時的に処置するなど、放っておくことのないように。美人になりたいなら、メイクと同じで毎日の努力で艶のある髪を作りましょう

ヘアスタイルは変えていますか?

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
髪型が変わるだけでも、人の印象は大きく変わります。美人になりたいなら、自分に似合うヘアスタイルをいくつか見つけましょう。ヘアカットだけでなく、ヘアアレンジする努力も大切です。

たまには髪を巻いてみる、前髪の分け目を変えてみる。服に合わせて編み込みなどのアレンジをしたり、複数のレパートリーがあると良いですね。

今はネットや雑誌で簡単なアレンジ方法が紹介されていますから、ヘアアレンジが苦手な女性も、まずは休日に家で練習してみましょう。綺麗になる努力の一環として、自分の雰囲気を変えてみてください。

爪先を綺麗に保つ

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
綺麗になりたいと言いつつ、時間がないときに省かれやすいのがネイルケア。面積が少なく、ぱっと見わからないので、ごまかしがきくと思いがち。

しかし、飲み物を飲むとき、バッグから物を取り出すとき、携帯を操作するときなど、爪先は動作を起こしたときに相手の目に入りやすいポイントです。

時間に余裕があるときにこまめに爪を切ったり、磨いておくことで急な予定でもバッチリです。ジェルネイルやマニキュアをしているなら、剥げていないかを確認しましょう。

モテを重視するなら爪は派手にしない

美人になりたいなら、指先までオシャレでいる努力が必要ですが、男性受けを考えるのであれば長すぎる爪や派手な色合いは避けましょう

派手なネイルは男性からすると「料理をしなさそう」「家庭的じゃなさそう」などの印象を抱くようです。美人になりたいと頑張っても、男性から敬遠されるのはもったいないです。不自然に派手な色合いやゴテゴテにデコらない方が良いでしょう。

爪のケアが気になる方は下記の記事がおすすめです。

美人になるためにすべき努力《ボディメイク編》

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
美人になりたい女性がしておいたほうがいい努力として、すぐはじめて欲しいのがボディメイク。綺麗になるぞと決意して、すぐに効果が出るほど甘くありません。

体を引き締めたり、ボディラインを整えたり、美人になりたいときにやるべきことはたくさんあります。美人が陰ながら努力していることをご紹介します。

リンパマッサージをする

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
綺麗になるためにはボディラインを整えることも必要です。痩せている人イコール美人ではありません。バランス良い体型を保ったり、綺麗に痩せる場合には調整する必要があります。

綺麗になりたい人ほど、マッサージを習慣にしましょう。理由は運動や筋トレよりも即効性があり努力が実りやすいから。やる気が落ちず続けられるので、綺麗になりたいなら始めましょう。

おすすめはセルフデトックスができるリンパマッサージ。特に足のマッサージを覚えて毎日行うことで、「次の日に疲れを持ち越さない」という重要な役割も果たします。

マッサージ後は保湿のためにボディクリームなどでケアをしましょう。肌の乾燥や不調は一日では直せません。綺麗になるために、日頃から気をつけて管理しましょう。

たるみを筋トレで引き締める

太っていないのにあごの下や腕などにたるみがある場合は、筋力が衰えています。このときは、マッサージよりも筋トレの方が効果的です。

アスリート並のトレーニングでなければ、ムキムキになる心配はないので安心して筋トレしましょう。ただし、自分に合わない筋トレだと逆にボティラインが崩れて綺麗にならないこともあります。

一度ジムなどで相談してみるのが綺麗になる筋トレの近道です。習慣になるまでは、面倒な気持ちを追いやる努力が必要ですが、身につけてしまえばたるみと無縁の体が作れますよ。

ゆっくりお風呂に入る

入浴は美人になりたい人にとっては必須。血行促進や老廃物やシャワーでは流れ切れない汚れを落とすことができます。なので、シャワーばかりの女性は、綺麗になるためだと思ってお風呂に切り替えましょう

また38度前後のお風呂にゆっくり浸かることで美肌とリラックス効果も得られます。半身浴やお風呂の時間が長くなりそうな場合は、入浴前に水分補給をしましょう。汗で水分が出て行ってしまうので、のぼせないようにしましょう。

適度な運動をする

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
美人になるためには欠かせないのが運動です。世の中の美人は努力をしています。「特に何もしていない」という女性ほど、何かしらの運動をしているものです。

運動な苦手な美人も、言い訳せずに綺麗になるための努力をしています。もし運動嫌いだとしても、「美人になる」という強い意志を持って、何か一つでいいのではじめましょう。

走るのが嫌いなら歩くことからでもいいですし、ストレッチを一つ決めて毎日するだけでもOKです。ヨガは体も柔らかくなるので変化があって楽しいかもしれませんね。このように、自分でもできそうなことからはじめるのがいいでしょう。

美人になるためにすべき努力《表情編》

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
顔が整っていてスタイルがよく、ファッションセンスがあるだけが美人ではありません。初対面の人となりを知るときに一番重要なのは第一印象ですから、外見を整えたら自分の表情に注目しましょう。周りから美人だと評判の女性は表情も素敵ですよね。

見た目が綺麗になるだけでなく、表情から美人オーラを出せるようにやった方がいい努力をご紹介します。

笑顔を心がける

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
美人になりたいと考えるなら、笑顔でいることを心がけましょう。楽しいから笑うのではなく、笑顔でいるから楽しいことが起こります。

つまらないなら面白いことを自分で見つけて笑えばいいですし、嫌なことがあったらワクワクできることをして気分を変えましょう。

また素敵な笑顔になるためには表情筋を鍛えることです。表情筋は使わないと堅くなっていきますから、一日何回でもほぐしましょう。

トイレに行ったとき、移動中、待ち時間でもできますよね。綺麗になるために、スキマ時間を利用して顔の筋肉をほぐして表情を柔らかくする努力をしましょう。

意識して口角を上げる

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
誰かを待っているときや仕事をしているときの真剣な顔をしているとき、大半の人は顔が恐くなっているか無表情です。

もちろん、真面目なときにへらへらしてはおかしいですが、恐い顔では美人度も半減。無表情や真剣な表情のときは、人は口角が下がりがちで場合によっては不機嫌に見えます。

逆に言えば、今より口角を上げた状態を維持できれば、表情が和らいで見えるということです。すぐに直らなくても、努力し、続けていけばいつかそれが当たり前になります。綺麗になるために、気がついたら意識して口角を上げましょう。

鏡を見る回数を増やす

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
美人になるためには鏡をよく見ましょう。ときどき鼻毛が出たままだったり口紅がはみ出たまま気づいていない女性がいます。身だしなみが雑な女性は、共通して鏡をあまり見ない傾向があります。

綺麗になろうとすれば、自分を客観的に見る必要が出てくるので、朝だけでなくいつでも鏡が見れるように持ち歩きましょう。鏡を見る回数を増やすだけで身だしなみへの意識が高まります

また美人になるためには自分の見せ方を知る必要があります。鏡や写メで自分のベストとワーストを知って、レベルを上げていきましょう。

自分に自信を持つ

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
自信がないかないかで、相手に与える印象が違います。自分に自信がないとうつむきがちになったり、欠点を隠すことを重視しがち。

一方、自信がある女性は、堂々としているので相手に軽んじられません。相手の目をしっかり見て受け答えができるので、好感度も上がりやすく、より雰囲気が華やかに見えます

自信が持てない女性は、今の状態から脱却する努力が必要です。毎日言葉に出して、自分で自分を褒める努力をしましょう。

美人になるためにすべき努力《食生活編》

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
美人になりたいと言いながら、栄養の偏った食事をしていませんか?内側から綺麗になるにあたって、影響を及ぼすのが毎日の食生活です。

美容の面でも健康の面でも、努力すれば効果が出るポイントをまとめてみました。

朝起きたら白湯を飲む

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
白湯とはいわゆるぬるい水のことで、朝一の白湯が健康やダイエットに効果的です。そのため、美人になる努力として白湯を飲む女性も増えてきています。

白湯は胃腸を温め、代謝が上がり、血行が良くなり、腸内環境が整い、便秘やむくみが解消されます。また冷え性にも効果があります。1日通して飲むことで内側からの保湿効果もあります。

白湯は自分の体温程度かそれより少し高いくらいの温度がオススメです。温度調整や、保温できる水筒を持ち歩くのは面倒ですが、こういった日々の努力が美人を作ります。

時間と量に気を付ける

また食事量の比率は健康を重視する場合で3:4:3や3:3:4、ダイエットを重視する場合は4:3:3で朝の食事を多めに取ることが理想とされています。いずれにせよ、朝ご飯は食べましょう

朝食は起床後2時間以内、夕食は遅くても22時前には取りましょう。22時を超えてしまった場合はスープだけ、野菜だけというように食べ過ぎないように気を付けます。

食事後すぐ寝ると太りやすく、代謝のリズムが崩れやすいので、夕食は寝る2~3時間前には済ませるのがいいでしょう。

栄養バランスに気を付ける

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
発酵食品や海藻、キノコ類は健康にもダイエットにも向いている食品です。これらの食品を多めに取り、バランスの良い食事をとる努力をしましょう。決まった食材だけしか食べない、サプリメントの大量摂取は、栄養が偏ってしまいますので注意が必要です。

電子レンジ調理だと栄養素が壊れることがあるので、できるだけ自炊することをおすすめします。栄養に気を遣って食事の準備をすることは面倒に感じるかもしれませんが、健康な美しさを作るためには必要な努力です。

ジャンクフードなどは食べない

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
美肌を作るためには食べるものにはとことんこだわりましょう。コンビニ飯やジャンクフード、カップラーメン、菓子パン、甘いジュースは美肌の大敵です。ニキビで悩んでいる女性は、これらを辞めるだけで効果があると言われています。

どうしても譲れないものは1日1つまでというようなルールを決めて、綺麗になるために少し我慢しましょう。

また、和食はダイエットや美容に適した料理が多く、特に醤油、味噌、みりん、お酢を使った料理がオススメ。

美人になるためにすべき努力《会話編》

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
見た目が美人なほど、周りの人からの期待値は高くなります。良いイメージを裏切らないように会話美人になれたらいいですよね。今できていない人も努力である程度改できます。

綺麗な日本語を選んで話す

今は若者から年配の人まで言葉が乱れています。「マジ?」などはお父さんお母さんの世代でも使っている人が増えてきています。昔ながらの正しい日本語を使える女性が少なくなっています。

そのため正しい日本語を使えると、それだけで言葉の綺麗さや上品さが目立ちます。外見が綺麗になればなるほど、内面に求められるハードルは高くなります。言葉が汚いだけでがっかりされこともあるでしょう。特に若者言葉は癖にならないように努力しましょう。

柔らかい表現をする

いくら見た目が美人でも言葉が強い女性は魅力半減。実際に気が強いことが悪いというわけではなく、言葉が攻撃的だと相手は受け入れられていないように感じます。クッション言葉を挟んだり、表現を優しくすることで親しみやすくなります

美人はやっかみを受けることも多いです。誰にでも柔らかい言葉を使う努力をすることで好かれやすくなります。本当の美人は同性にも好かれる女性ですよね。

最後まで話を聞く

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
会話美人は聞き上手です。相手の話は遮らずに最後まで聞くように心がけてください。はじめは努力して我慢することになるかもしれませんが、相手の話を楽しんで聞くことができるようになれば自然にできるようになります。

感じのよい美人になるためには相手が話したいことを最後まで聞くこと。そして聞くときは表情豊かに相づちを打ちます。

聞くのが苦手な女性は、自分が話したときに話しやすいなと感じる相手や、話が弾む相手を見つけて観察してみてください。なるほど!と思える部分があるはずです。

会話の引き出しを増やす

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
相手と会話を楽しむためには会話を続ける必要があります。相手に色んなボールを投げて反応のいい話題を広げていくことが仲良くなる近道です。

会話上手な人はSNSや雑誌、ニュースから、興味を持って情報収集しています。その努力は仕事にもよい影響を与えます。深く知っていなくても幅広いジャンルに触れておくと、どんな人とも話のきっかけ作りができる会話美人になれま

また相手を褒めることも会話のきっかけ作りになります。誰でも褒められて悪い気はしませんし、損する人もいません。慣れていないと恥ずかしいかもしれませんが、できるだけストレートな言葉で、素直に感嘆を伝えるのがコツです。

努力で美人になる!努力した女性の体験談

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
実際に美人になるために努力した女性は、どんな結果が得られたのでしょうか?どんな努力をしたのか、綺麗になって周りからどんな反応があったのかなど、気になるところですね。

努力で肌が綺麗になった体験談

「10代の頃から肌荒れがひどくて、コンプレックスでした。でも好きな人が、肌が綺麗な人が好きと言ってたので、肌ケアと肌荒れをカバーできるメイクを猛勉強。

化粧品を色々試して、肌に合うものを見つけたことで綺麗な肌になりました。そのとき好きだった人には振られたけど、自分に自信が持てるようになりました。」(26歳女性)
肌荒れは肌質のせい、と投げ出さずに努力した結果ですね。肌が弱い女性は合う化粧品を見つけ出すことがまず難しいです。しかし、今は多くの化粧品や美容品が販売されており、昔に比べてネットでの情報交換も盛んになっています。諦めずに美肌を手に入れましょう。

ダイエットで綺麗になった体験談

「2年半くらいで39kg痩せました。そしたら、周りの男性が優しくなりました。あとダイエットの過程で食生活が変わったので体調がよくなりました。」(33歳女性)

「痩せたら世界が変わった。体がちょっと軽くなるだけで、気持ちも軽くなって前向きな気持ちになれた。もっと早くダイエットはじめておけばよかったなと思う。」(22歳女性)
このように「痩せて良かった」と感じている女性はたくさんいます。体型にコンプレックスがあり、ダイエットで自信を持てるようならやった方がいいでしょう。

継続が実を結んだ体験談

「運動が嫌いすぎて外に出たくないので、代わりにお風呂に入った時のマッサージだけ欠かさず毎日頑張った。そのおかげか、10代の頃よりも肌の調子がよくなって、太りにくくなった。」(24歳女性)

「猫背を直して、歩き方も習いに行きました。おかげでいろんな人に姿勢が綺麗と褒められることが増え、胸を張って歩けるようになりました。」(29歳女性)
運動が嫌いでも、自分の続けられそうなことを見つけると継続しやすですよね。美人を目指すなら見習いたいところです。また姿勢と歩き方も美人ほど気を付けたい部分。優雅に歩ける女性はそれだけで素敵に見えます。

美人は努力で作れる!

【女子必見】「美人になりたい!」綺麗になるためにすべき努力を紹介
いかがでしたでしょうか?一見生まれながらの美人に見える女性たちも、きちんとやるべきことをやっています。努力で美しさを維持しています。

綺麗になりたいと望むなら、今日から何か始めましょう。そして、周りに流されず自分のペースで自分をケアしてあげましょう。何もしなければ、時間と共に老いていきます。なにせ女性は、出産や育児で自分に手をかけられる時間が減る可能性が高いのです。

そのときに、習慣にしておいたことを続けられるかどうかが運命の分かれ目です。年齢を重ねるごとに、自分に手をかけたかどうかの差が表れてきます。美人は日々の努力で作られています。

10年先、20年先も綺麗でいられるように、今からできることを頑張っていきましょう。綺麗になるために、次の記事も参考にしてみてくださいね!

Related