Search

検索したいワードを入力してください

飲むだけ簡単だから続けられる!お酢ダイエットの効果と注意ポイント
2018年11月14日

飲むだけ簡単だから続けられる!お酢ダイエットの効果と注意ポイント

最近注目度が高い「お酢ダイエット」を知っていますか?お酢は昔から身近にある食材ですし、健康的なイメージが強いですね。お酢にはすごいパワーがあって、健康的にダイエットできます。そんなお酢を「飲むだけ」の手軽なダイエット法をご紹介します!

「飲むだけでOK」お酢ダイエットが人気って本当?

「飲むだけでOK」お酢ダイエットが人気って本当?
「飲むだけでOK」な手軽で簡単に痩せ効果を得られるお酢ダイエットを知っていますか?お酢ダイエットは、毎日大匙1~2杯のお酢を食事に取り入れるだけというたいへん簡単なものです。お酢は身近で安価に手に入る食材ですので、ここ最近、手軽さと健康の面からも大変話題になっています。

ダイエットや痩せ効果はもちろんですが、お酢を飲んで痩せて健康的な身体を手に入れられるチャンスです。身体の中から手軽にきれいになれる方法をご紹介します。

「ぜひ知っておきたい」お酢ダイエットの嬉しい効果

「ぜひ知っておきたい」お酢ダイエットの嬉しい効果
お酢に含まれているアミノ酸、クエン酸、酢酸の成分が、痩せるために効果的に働きます。それぞれの成分の働きを知って、お酢ダイエットの効果を高めましょう。

お酢の痩せ効果①脂肪の燃焼効率がアップ

お酢の痩せ効果①脂肪の燃焼効率がアップ
お酢の主成分である酢酸は脂肪の蓄積を抑える効果、クエン酸には体内に蓄積した脂肪をエネルギーに変化させる働きを助ける効果があります。

アミノ酸には新陳代謝を活発にしてくれる効果があります。アミノ酸に含まれているリパーゼという酵素に、脂肪分解を促し、活性化させる作用があるからです。さらにアミノ酸には肥満の原因にもなる悪玉コレステロールを分解してくれる効果もあります。

お酢に含まれるアミノ酸を効率よく摂取することで脂肪の燃焼効率がアップし、痩せやすい体質になります。

お酢の痩せ効果②便秘解消

お酢の痩せ効果②便秘解消
酢酸を摂取することによって、腸内の悪玉菌の増殖を抑えたり、ぜん動運動を活発にしてくれる効果が期待できます。腸内環境が整えられますので、自然と便通もよくなり、お腹のなかからすっきり、ダイエットや痩せ効果が望めるでしょう。

お酢の痩せ効果③血糖値の急上昇を抑える

食事をするたびに、血糖値は上昇します。血糖値が急上昇してしまうと、糖をエネルギーに変える働きを持つインスリンというホルモンが大量に分泌されることになります。この際に消費されなかったエネルギーは脂肪となり、体内に蓄積してしまいます。

お酢には血糖値の急上昇を抑え、緩やかにしてくれる効果があります。インスリンが過剰に分泌されることを抑えてくれますので、痩せやすい身体に近づくことができます。

番外編!お酢のダイエット以外の効果

お酢にはダイエットなどの痩せ効果だけでなく、健康面でも非常に優れた食材です。

アミノ酸とクエン酸には、疲労回復を早める効果がありますので、疲労やストレスが溜まっているときにもお酢を摂取すると良いでしょう。早期の回復が期待できます。

お酢の抗菌作用も大変有用です。食材保存にも適していますが、大腸菌やサルモネラ菌など、人体に影響を及ぼす細菌の繁殖を抑えてくれますので、夏場は特に意識的に料理に取り入れると良いでしょう。

毎日飲める・お酢を美味しく飲むためのアレンジ方法

毎日飲める・お酢を美味しく飲むためのアレンジ方法

お酢の中でもダイエット効果が期待できるものは?

ひと言でお酢と言っても、種類は様々です。スーパーや百貨店などでも、そのままでもおいしく飲めるような色々な味のお酢商品が展開されています。そのなかで最もダイエットや痩せ効果が得やすいと言われているのは「黒酢」や「もろみ酢」です。

色々なお酢を試してみて、飽きずに飲み続けられる商品を見つけると良いでしょう。毎日のことになりますので、おすすめのアレンジ方法もご紹介します。

色々なもので割って飲む

手軽に試せるのは何かで割って飲む方法です。10倍程度のお水やお湯割りにして飲むのが一般的ですが、はちみつを加えるのもまろやかになり飲みやすさが増します。

牛乳で割れば、ヨーグルトのような感覚で飲めます。フルーツと一緒にヨーグルト割りにすれば、さっぱりとしたデザートのように食べられます。

フルーツ酢に飽きたら、炭酸割りにすれば、一味違ったジュースのようにもなります。アレン方法は無限大なので、色々な割り方を試してみてください。

お酢入りドレッシングを作る

手作りでドレッシングを作る場合、お酢がベースになることが多いです。酸味や甘さなど、自分好みのドレッシングを作ることができますので、お酢ダイエットを機会に、手作りドレッシングに挑戦してみるのも良いでしょう。

保存期間は短くなりますが、無添加の健康的なドレッシングを作ることもできます。おいしいドレッシングがあれば、サラダの摂取量も増え、代謝改善やますますの痩せ効果が期待できます。

ドレッシングから手作りするのが手間だという方は、めんつゆなどにお酢を加えるだけでもさっぱりとしたドレッシング風に召し上がれます。

お酢は案外色々な食材とマッチし、風味を活かした食べ方ができますので、思い切って色々な食べ方にも挑戦してみましょう。

料理のアクセントに使う

お酢は飲んだりドレッシングにするだけでなく、料理にそのまま使うこともできます。簡単なのは揚げ物などに直接かけて食べる方法です。お酢の効果で揚げ物もさっぱりといただけます。

お酢の酸味を活かした料理では、酢豚、酢の物、チキン南蛮や南蛮漬けなどがあります。ピクルスやマリネを作って常備菜にするのもおすすめです。

夏場は食欲不振になりがちですが、お酢には食欲増進効果もありますので、夏バテ対策にもなります。しっかりと健康的な食事を摂って、痩せ体質を完成させましょう。

お酢ダイエットをする際に気をつけたいポイント

お酢ダイエットをする際に気をつけたいポイント

注意ポイント①お酢を原液のまま飲まない

お酢には物を溶かす性質のある酢酸が含まれているため、原液のまま飲んでしまうと、胃に強い負担をかけてしまうことになります。あくまでもお酢は調味料の一種ですので、原液で飲むことはせず、10倍程度に薄めて飲むか、ドレッシングなどにアレンジしたりすると良いでしょう。

ダイエット目的で濃いお酢を無理に飲んで、まずいと思いながら摂取する必要はありません。自分なりのアレンジでおいしくて飲みやすい方法を見つけましょう。

注意ポイント②飲み過ぎに注意する

いくらお酢の効果が素晴らしいからと言って、飲み過ぎは禁物です。一日の摂取目安量は15~30ml程度です。薄めたり、何度かに分けて摂るのが理想です。痩せたいからと言って、一度に大量に摂取するのはやめましょう。

お酢には食欲を増進させる効果もありますので、食前に摂ると食べ過ぎてしまう可能性もあります。食事中に料理に取り入れたり、食後に飲むと良いでしょう。

注意ポイント③飲んだ後はうがい必須

お酢に含まれる酢酸は物を溶かしてしまう効果があります。特に葉のエナメル質にとってな大敵です。お酢を飲んだあとそのままにしておくと、歯を痛め、虫歯や知覚過敏などの原因になる可能性があります。

お酢を飲んだ後は良くうがいをすると良いでしょう。

痩せやすいカラダ作りには「お酢+軽い運動」が効く

痩せやすいカラダ作りには「お酢+軽い運動」が効く
お酢には脂肪を燃焼させる酵素の働きを助ける効果がありますので、有酸素運動を同時に行うと、より一層、ダイエットや痩せ効果を高められるでしょう。ウォーキングやジョギングなどの運動をする前にお酢を飲むのもおすすめです。

いくらお酢のパワーが優れているからと言って、ただ飲むだけではダイエットの痩せ効果も半減してしまいます。お酢ダイエットに成功している方の多くは、有酸素運動をプラスしています。

お酢ダイエットを始めても痩せないと悩んでいる方は、きつい運動でなくてもいいので、徐々に運動する習慣をつけると良いでしょう。お酢の痩せ効果を最大限引き出すことができるはずです。

継続することでダイエット効果が上がる

継続することでダイエット効果が上がる
いかがでしたか?お酢ダイエットは最近かなり注目を集めており、見た目がおしゃれで可愛いお酢のボトルや、飲みやすいフルーツ酢、根強い人気がある黒酢、昔ながらの安価で手に入るお酢など、見ているだけでも楽しくなるラインナップの商品があります。

プレセントにも最適な商品もありますので、これを機会に友達と一緒にお酢ダイエットを始めてみるのも良いですね。

しかし、どんなダイエットにも言えることは、継続することが痩せる体質に近づくということです。痩せやすく健康的な身体を手に入れるのは、簡単なことではありません。日々の生活習慣が痩せやすく美しい身体を作ります。

ここでご紹介したお酢ダイエットは、おいしく手軽に始められるものですので、無理なく毎日継続していくように心がけてくださいね。継続することで、すっきりと痩せた自分に会える日も近くなるでしょう。

Related