Search

検索したいワードを入力してください

【KABA.ちゃんの現在】整形しすぎで顔も声も別人?性転換後の最新画像
2019年08月16日

【KABA.ちゃんの現在】整形しすぎで顔も声も別人?性転換後の最新画像

戸籍上も「女性」として生まれ変わったKABA.ちゃんのこれまでと現在を徹底解明してみました。これまでの数回にわたる整形による変化や、女性になってからのセクシャルな話題など気になる噂の真相はどうなっているのでしょうか?動画にも注目です!

KABA.ちゃんの整形や性転換についての真相?!

これまで「オネエタレント」としてお茶の間の人気者として活躍していたKABA.ちゃんですが、整形による顔の変化や身体の変化など世間ではウワサになっています。今回はこれまでのKABA.ちゃんの様々な変化について徹底検証してみました。

プロフィール

カテゴリー詳細
生年月日1969年6月19日
血液型A型
出身地福岡県福岡市博多区
肩書きタレント・振付師
所属事務所プラチナムプロダクション
KABA.ちゃんといえば、「オネエタレント」として皆さんに広く知られている事でしょう。でも実の所、デビューはバリバリのダンスユニット「dos」のメンバーの一人だったんですね。

プロデュースは小室哲哉さんで、余談ですがメンバーの中には小室哲哉さんの前妻のasamiさんもいました。

そして、これもあまり知られていないかもしれませんが、KABA.ちゃんの本職は”振付師”なんですね。この「dos」のメンバーとしてデビューする前から振付師としては活動していたそうです。

振付師としての活動は数知れず…

KABA.ちゃんの振付師の活動は数知れません。安室奈美恵さんの初期の頃の曲の振り付けのほとんどはKABA.ちゃんによるものです。

そして、SMAPの「世界に一つだけの花」や、最近でいうとHKT48やKis-My-Ft2なども振り付けをしています。こう見ると、振付師としてのキャリアは相当なものです。

整形によるKABA.ちゃんの変化は?

小室哲哉さんプロデュースのdosで活躍していた頃も、もちろんKABA.ちゃんはゲイでした。話してしまうと口調でゲイである事がバレてしまうので、極力喋らないようにと事務所から止められていたそうです。

そんなKABA.ちゃんですが、dosの解散直前にはゲイであることをカミングアウトし、外見も徐々に変化していきます。ここでKABA.ちゃんの変化を追いかけてみましょう。

デビューした当時(整形前)のKABA.ちゃんは?

この頃のKABA.ちゃんはdosとして活躍していましたから、完全に見た目は男性ですね。肌の色は浅黒く、当時の流行りのロン毛に男性らしい骨格の鼻でした。

もちろんメイクもしていませんね。目なども今と違い一重まぶたで切れ長のサッパリとした印象です。次で当時のCMの動画を紹介していますので、じっくりご覧ください。

「イイ香り~!」というKABA.ちゃんのセリフはどことなくオネエっぽい感じがする様なしない様な…!

普通は変化してから”気持ち悪い”と言われるものですが、KABA.ちゃんの場合は男性時代の方がしっくりこないせいか、失礼ですが”気持ち悪い”という印象を受けますね。

カミングアウトしてからのKABA.ちゃんは?

完全にゲイである事をカミングアウトしたこの頃は、KABA.ちゃんが一番弾けていた頃でもあります。最初のカミングアウトは「笑っていいとも!」だったそうです。

この頃のKABA.ちゃんの変化としては、デビュー当時の男らしい鼻がスッキリし、高くなりましたね。そして細かった目も二重まぶたになり一回り大きくなった印象です。

もちろんですが、カミングアウトしてからはバッチリメイクもしているので、整形云々というよりは、メイクのお陰でより女性に近づいている感じがしますね。

「実は、私のカミングアウト、いいともの放送終了後でのトークで、タモリさんきっかけでした」と振り返ったKABA.ちゃんは、「今の私がいるのは、タモリさんといいともあったからだと思います。タモリさんといいとも、いいとものスタッフ皆様に感謝しております。これからも、ずっと、ずーっと、、」と感謝の気持ちをつづった。

出典: https://www.rbbtoday.com/article/2014/04/01/118441.html |

整形直後のKABA.ちゃんは?!

どうですか?全然KABA.ちゃんの面影はなくなりましたよね。浅黒かった肌は透き通るように白く、顎のラインも女性らしく尖っています。これは最新画像になります。

整形にかかった費用は1000万円以上?!

目もまたまた大きくなり、すっぴんでもこのクオリティです!長く伸ばしたロングヘアもしっくり似合う女性らしい顔に変化しているのが分かりますよね。

以前のKABA.ちゃんは、メイクはバッチリしているものの、妙なかつらをかぶりやっぱり女性というよりはオネエ色が濃かった印象を受けました。

今はお化粧なんてしなくても、とても女性らしく…というよりも女性にしか見えませんよね。しかしながらやはり”女性になる手術”は相当な費用がかかったと、インタビューでも次のようにコメントしています。

性別変更にかかった費用について話題がおよぶと、「上から下まで全部含めたら、1000万円の大台は乗っています。頬骨の手術が一番高かった」と告白。

出典: https://www.oricon.co.jp/news/2079460/full/ |

まだ腫れている頃の顔がこちら…

このTwitterの投稿の時は、まだ腫れている…というよりも、整形の真っ最中だった頃と思われます。鼻がベッタリと低くみえますね。おそらく徐々に整形していったものと思われます。

こんな整形途中だった頃にもTV出演はしていたので、ガラッと変わってしまったと話題に!人気者はツライですね…。

少し落ち着いてきた頃のKABA.ちゃんがこちら…

整形というのはご存知の通り、顔にメスを入れる訳です。ですから、整形直後の顔はキレイになったとはいえ、少し”イジッた感”がありました。整形から数カ月経ち、むくみや腫れなどが落ち着いてきた顔がこちらになります。

KABA.ちゃんは性転換手術した?!

ゲイである事をカミングアウトしてから、どんどん見た目にも変化していったKABA.ちゃんですが、その変化には「性転換手術」もあったのでしょうか?

性転換手術をする・しないというのは、ゲイの人でも何パターンかに分かれます。全く何もせず、お化粧や服装だけを女性にする”ドラァグクイーン”や、見た目は普通の男性でも性転換手術は受けているという人もいたりします。

性転換手術を受けている人の中でも、男性器だけ残している人や睾丸だけ取ってしまう人など様々なようです。ではKABA.ちゃんの場合はどうなのでしょうか?

すべての性転換手術をしたKABA.ちゃん

大体のゲイの方は、性転換手術をしようと決意した場合、一番最初に行うのが”睾丸摘出手術”だそうです。KABA.ちゃんの場合もやはりそうだったらしく、一番最初にこの手術を受けました。

睾丸摘出の手術を受けた時期は2014年辺りなので、カミングアウトしてから大分月日が経ってからの事です。そして翌年の2015年には性別適合手術を受け、男性器も切除し女性器を作ったといいます。

これによってKABA.ちゃんは、外見だけでなく身体的にも男性ではなくなったという事になったんですね。

「アレを取っちゃった時はやっぱり痛かったな」「なんか脳がびっくりしてたみたいなの、脳が“下にあるはず”ってことを覚えてるみたいで」「穴がふさがらないように、今でも1日2回、詰め物をしてるの。ピアスみたいに、放っておくと穴がふさがっちゃう」と経験者ならではの体験を赤裸々に告白した。

出典: https://abematimes.com/posts/976160 |

性転換手術を決意するまでのKABA.ちゃんの葛藤

KABA.ちゃんがゲイである事をカミングアウトした時期は2000年辺りですが、性転換手術を受けたのは2014年と、ずいぶん月日が経ってからの事です。

きちんと性転換手術を受けようと決意するまでKABA.ちゃんは葛藤した事も明かしています。単に同性愛者なだけであって、自分は男性のままでいいのか。それとも女性として生まれ変わり、女性として生きていくのか。

この14年間の間に様々な事を考えたのでしょう。実際に性転換手術を受けてから後悔する人も少数派ですがいるそうです。そんな諸々の情報を調べながらKABA.ちゃんは精神療法にも取り組み、やっと性転換手術に踏み切る事ができたそうです。

手術後に後悔する人がいることに話題が及ぶと、実際に性転換手術を行ったKABA.ちゃんさんは、手術前の精神療法で「本当はゲイとして男性が好きなのでは」と悩んだ過去を明かし、手術前の精神療法は「絶対にやってください」とコメントしました。

出典: https://news.nicovideo.jp/watch/nw3275166 |

「性転換」してもセックスは出来るのか?!気になる記事はこちらです!

KABA.ちゃんは外見だけでなく声も「女性」に?

性転換のための手術など、とてもたくさんの事を経験してきたKABA.ちゃんですが、その中でも最もKABA.ちゃんが変化したと感じ取れるのが”声帯”の手術です。

昔のKABA.ちゃんは男性ですから当然”のどぼとけ”があり、男性らしい声でした。KABA.ちゃんは自身でも言う位、男性の中でも特に低音の太い声をしていましたよね。

ですがのどぼとけにもメスを入れ、声を高くする手術も受けたと明かし、TVにも出演しました。次で動画もあげていますので、今までのKABA.ちゃんの声と比較してみてください。

ボイスチェンジ手術についても激白。全身麻酔で喉をバッサリ切って喉をキュッと小さくした

出典: https://abematimes.com/posts/976160 |

KABA.ちゃんは戸籍上も「女性」に?!

顔・身体・声まで女性として変化していったKABA.ちゃんですが、その後はどんな変化があったのでしょうか?これまでの様々な苦労を乗り越えて最後にKABA.ちゃんがとった行動を掘り下げてみました。

正式に「女性」になったKABA.ちゃん

KABA.ちゃんはこれまでの諸々の手術をタイで受けたのですが、帰国後に性別の変更を家庭裁判所に申し立てました。正式に受理されるまで1ヶ月かかりましたが、問題なくクリア。晴れて戸籍上も女性として認められたんですね。

「受理されました」という通知より先に、保険証が送られてきてビックリしたというハプニングなど、後の動画でも本人はコメントしています。こんな嬉しいハプニングならKABA.ちゃんも大歓迎のようで、心の底から喜んでいる様子が分かります。

本名を「永次」から「一華」に改名

家庭裁判所に性別の変更を申し立てるタイミングで、改名もしたKABA.ちゃん。その名前は両親に考えてもらったそうで、「一華(いちか)」というそうです。

この名前には、女性として”華を咲かせる”という意味や、”一から出直す”などの意味が込められているそうで、笑顔のKABA.ちゃんの様子がTVでも放送されました。

残念ながら両親から新たに命名される様子の動画は見つかりませんでしたが、KABA.ちゃん自身の改名についての喜びの気持ちは他のインタビューなどでも度々コメントされています。

「ザ・ノンフィクション」(14時~フジテレビ ※関東ローカル)に登場。性別変更後テレビ初出演となり、女性の名前を初公開した。

出典: https://mdpr.jp/news/detail/1617722 |

女性になったKABA.ちゃんの「初体験」とは?

女性として生まれ変わったKABA.ちゃん。もちろんこれからのお相手は女性になってからの「初体験」となるのですが、気になる真相はどうなっているのでしょうか?

初体験のお相手は「大学院生」?!

2016年には戸籍の変更まですべて行い、晴れて”女性”に生まれ変わったKABA.ちゃんですが、同じ年の年末にはすでに「初体験」を済ませている事をバラエティ番組で赤裸々に告白しています。

お相手は人数集めで呼ばれた合コンの中の一人で、大学院生だったそうです。KABA.ちゃんの存在自体まったく知らない位のガリベン君だったそうです。

実際に性転換手術を受けた後の大学院生との初体験の様子は、いくらKABA.ちゃんといえどそれ以上語られる事はなかったようですね。

この番組に出演する以前には、タレントのケンドーコバヤシさんに初体験をお願いしたいと頼み込んでいた事もあり、その時の様子は次の動画で分かります。

バラエティ番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演し、昨年末に“初体験”を済ませていたことを報告した。

出典: https://www.asagei.com/excerpt/75390 |

KABA.ちゃんの変化にシビアな声も?!

女性に生まれ変わったKABA.ちゃん。本人の喜びとは裏腹に、周りや世間の声にはなかなかシビアなものもあるようです。厳しい意見ですが「気持ち悪い」という声もあるのが実際の所でしょう。

今後の仕事に影響は?!

これまで「オネエタレント」として人気者だったKABA.ちゃんですが、戸籍まで女性になったという事は、もう「オネエ」ではなくなったということですよね。

これからの仕事に影響はないのかなど、新しい名前を付けてくれた両親は心配している様子だそうです。それはもっともな話で、これまでのオネエとしてのスタンスと同じという訳にはいかなくなるでしょう。

下ネタなどもはっきりバラエティ番組で口にしていたKABA.ちゃんですから、仕事の仕方の方針そのものを考え直さなくてはいけない時期にきている事は間違いないでしょう。しかしながら、そこはKABA.ちゃんの持ち前の性格で、次のように語っています。

「女性になったらオネエタレントとして仕事がなくなるのでは?」と心配されると、「(オネエと女性の)境界線をなくすように、私が頑張る」と語った。

出典: https://www.oricon.co.jp/news/2078954/full/ |

「オネエ」じゃなくなったKABA.ちゃんは?!

長年憧れだった「女性」に生まれ変わった事で、今が一番楽しく毎日ニヤニヤが止まらないと本人も語っていますが、そんなKABA.ちゃんに対して「良かったね!」の声だけでもないのがシビアな現実です。

ある記事では次のような声も聞かれ、一般の方の中にはKABA.ちゃんが女性になった現在の”色っぽい話”には正直興味がないし、「世間は受け入れるのか?」といった疑問の声もあるようです。

KABA.ちゃんの“女性生活”の真剣度は視聴者にも嫌というほど伝わったが、その反応は「まったく興味がない」「想像しただけで色々としんどかった」「KABA.ちゃんは自分のこの類のエピソードに需要があると思ってるのかな?」など、ざっくり言えば“お呼びじゃない”という声が大半だった。

出典: https://www.asagei.com/excerpt/75390 |

性転換手術の壮絶さも話題に?!

「性転換手術をした」と言葉でいうのはかんたんですが、実情は聞く側も痛くなるような壮絶な内容だという事も忘れてはいけないようです。

再手術したとのウワサも?!

KABA.ちゃんは女性器を新たに作ったので、そのメンテナンスとして穴がふさがらないようにダイレーション(拡張)する棒を入れるそうなんですが、そこでトラブル発生!再手術したのでは?というウワサが持ち上がっています。

ネットが炎上?!

そして「再手術」というワードがネットで騒がれたために、性転換手術が失敗?というお話にもなってしまっています。これに関しては、KABA.ちゃん本人が「棒をいれなきゃいけない」とある番組で言った事が間違った方向に拡散してしまったようです。

ネットの書き込みをする人の中には、この手の話に詳しい人ももちろんいます。中には自分も経験者だという人がいるので一気に炎上してしまったというのが真相のようです。

性転換手術の壮絶さに対しての世間の声

「性転換手術」について、想像や興味本位で語る人など、SNS上では色んな意見があるようです。ニュースサイトでもこれについて取り上げ、次のように書かれていました。

このなんとも痛そうな情報には様々な反応が寄せられることとなってしまった。

「大きいの入れたんだ」
「無理に使いすぎたんだろうなぁ」
「これ半分創造主だろ」
「お前ら体張ってるカバちゃんもうちょっと労ってやれよ...」
「脳のギガが減った」

出典: https://news.infoseek.co.jp/article/knuckles_4444/ |

「女性」になったKABA.ちゃんを応援したい!

男性が女性になる…こんな話題は周りを見渡しても山ほどあります。ですが、KABA.ちゃんのような経歴を持ち、ここまでタレントさんとして人気者だった人物となると、皆の注目は”良く”も”悪く”も集まってしまいます。

過去に”dos”のファンだった方は賛否両論のようですが、ここまで「オネエタレント」として面白い事を提供し続けてきてくれたKABA.ちゃんですから、これからの「彼女」の活躍も応援してあげたいと切に願います。

他にも芸能に関する気になる記事があります!興味のある方はぜひ読んでみてください!

Related