Search

検索したいワードを入力してください

高部知子の現在は?「ニャンニャン事件」で流出した画像&事件の真相
2019年03月24日

高部知子の現在は?「ニャンニャン事件」で流出した画像&事件の真相

欽ドコファミリーだった高部知子さんが起こした「ニャンニャン事件」。大人気だった元わらべのメンバーに一体何が起きたのでしょうか?事件の真相とともに流出した画像、高部知子さんがなぜ芸能界から消えたのかを追跡。その後についても詳しくお伝えしていきます!

元わらべ高部知子の「ニャンニャン事件」の真相とは

3人組アイドル元・わらべのメンバーの1人、高部知子さんを覚えていますか?昭和のお茶の間を沸かした番組「欽ドコ」に出演。人気絶頂の機に、あの「ニャンニャン事件」を起こして姿を消しました。

ここでは、ある画像流出が大問題に発展した「ニャンニャン事件」を、当時を振り返りながら詳しく解説。さらに、高部知子さんの現在についてお伝えしていきます!

元わらべ高部知子のプロフィール

カテゴリー女優・他
名前高部知子(たかべともこ)
出身地東京都
生年月日1967年8月25日
活動期間1980年~
東京生まれの高部知子(たかべともこ)さんは本名も同じく、現在51歳の女性です。スカウトをきっかけに1980年NHK「ガラスのうさぎ」で女優デビュー。子供の頃から演技をすることが好きだったそうです。

欽ドコ「わらべ」の長女

その後1982年から「欽ちゃんのどこまでやるの!?」で3人組ユニット「わらべ」に抜擢。萩本欽一さんのコント「萩本家の愛娘」の三つ子長女を演じていました。

わらべのメンバーは、長女のぞみ・高部知子さん、次女かなえ・倉沢淳美さん、三女たまえ・高橋真美さん。息子役に見栄晴さんが登場。

キュートな笑顔の高部知子さんはCMや雑誌でも引っ張りだこでした。下のCM動画では若かりし頃の高部知子さんを見ることができます!


「もしも明日が…」が大ヒット

大人気だったわらべは歌手デビューも果たし、1983年「めだかの兄弟」が大ヒット。今でもこの歌は日本の童謡として歌い継がれています。

わらべの大ヒット曲と言えば2枚目のシングル「もしも明日が…。」です。当時97万枚を売上、ますます欽ドコファミリーが人気急増するきっかけとなっていますが…実は、この曲には高部知子さんは参加していないんです。

その理由は後にわかりますが、高部知子さんの代わりには見栄晴さんや周りのファミリーがフォローしていました。今でも「歌のゴールデンヒット」などでわらべの曲が取り上げられることもありますが、高部知子さんの姿はそこにはありません。


「積み木くずし」の不良少女役が話題に

当時の高部知子さんを知る人なら「積み木くずし」を思い出す人がたくさんいると思います。実話をもとにした家庭崩壊を描いた内容のドラマですが、高部知子さんは暴力やクスリなどが盛り込まれた不良少女を見事に演じ切っています。

高部知子の「ニャンニャン事件」とは?

わらべとして「めだかの兄弟」で歌手デビューしたあと、突然欽ドコファミリーから姿を消した高部知子さん。この時問題となったのが「ニャンニャン事件」です。

FOCUSに流出したベッドイン写真

「ニャンニャン事件」とは、1983年6月に発売された写真週刊誌「FOCUS」に、高部知子さんが「ベッドで二人仲良くニャンニャンしちゃった後の、一服」している写真が掲載されてしまったことで、その後色々な問題へと発展した事件です。

よくあるアイドルスクープのようですが、高部知子さんがわらべとしてデビューした翌年の出来事でした。

15歳の少女が裸体で咥えタバコ

人気絶頂期に起こした「ニャンニャン事件」が大問題になったポイントが、当時まだ15歳で未成年だった高部知子さんが咥えタバコをしている、そして裸でベッドインして、週刊誌には男性とキスをしている写真までスクープされてしまったんです。

ただのアイドルのスキャンダルではおさまらないのが「ニャンニャン事件」の真相であり、真面目さを売りにしていた欽ちゃんがこれを許す訳もありませんでした。可愛いアイドルの生々しい姿はなぜ流出してしまったのでしょう?


「ニャンニャン事件」の真相と高部知子のその後

高部知子さんのニャンニャン写真が流出してしまった当時、今のようにスマホはもちろん、使い捨てカメラの写ルンですもまだ発売されていません。撮影したのはキスをしている彼氏としか考えられませんが、彼女の裸が写った写真をなぜ流出させてしまったのでしょうか。

高部知子を売った彼氏は事件後自殺

高部知子さんのニャンニャン写真をFOCUSへ持ち込んだのはやはり彼氏でした。当時15歳だった少年は、積み木くずしのエキストラと参加した時に、高部知子さんと知り合ったようです。ただ、この少年は最初テレビ局に写真を持ち込んだらしいのです。

しかし企画は上層部からつぶされ、なぜか暴走族・暴力団から嫌がらせがあり、自衛のために雑誌編集部へネタを持ち込んだとか。謝礼も要求したかったようなので、なぜそんなことをしたのか理解に苦しみますよね。

「ニャンニャン事件」以降も少年への取材は殺到。ネタ元である少年は次第に逃げ場がなくなってしまい、事件から3カ月後、林道で自殺をしてしまいました。排気ガス自殺だったようです。

高部知子はその後謹慎

事件が起きた後の高部知子さんは、全ての仕事を失います。CMも中止になり、積み木くずしの再放送もなくなりました。通学していた堀越高校も無期限停学処分になり謹慎生活に入ります。

欽ちゃんファミリーから除名される

やはり15歳の未成年が裸でベッドイン、さらに咥えタバコをしていた姿は目をつぶるわけにいかなかったようです。当時欽ちゃんファミリーには復帰できると見込んでいたようですが、少年の自殺がさらに事を大きくしてしまい結果的に除名処分。

この一件はその後、芸能界引退へと追い込んでいきます。わらべが2人組になった日の欽ちゃんファミリーのようすは、いたって普通のように見えますね。


謹慎明けに「転校少女Y」で芸能界復帰

つらい謹慎生活も翌年には晴れます。1984年1年3カ月ぶりに芸能界復帰。ドラマ「転校少女Y」で主人公を演じ、さらに「雨の街」でソロデビューしますが売上はやはり伸びませんでした。その後、少しずつ芸能界からフェードアウトしていきます。

高校卒業後に芸能界引退・結婚

「ニャンニャン事件」から7年後。高部知子さんは芸能界を引退してしまいます。その後幼なじみと若くして結婚をしました。結婚後は夫婦でコンビニを経営、私生活では2人の子供に恵まれています。しかし、その後2度の離婚を経験。

再復帰とともに「ヌード写真集」発売

色々あった高部知子さんですが、実は1度だけ芸能界復帰しているんです。1999年になんと、局部にピアスをつけたヌード写真集「Objet D'amour」という衝撃的な再復帰をしました。さらに翌年には官能Video「パラノイア」に出演しているんです!

金銭面で何か問題があったのか、一体なぜなのかはわかりません…。

逮捕された「高部あい」と高部知子の関係は

元グラビアアイドルの高部あいが、コカイン麻薬所持違反で逮捕されました。この事件を見て「高部知子の娘?」「高部あいと高部知子って似てない?」と勘違いする人がたくさんいましたけど、2人は全く無関係です。

高部知子さんはニャンニャン写真が流出しただけなので、もちろん逮捕歴もありません。


「ニャンニャン」の由来と使われ方

「ニャンニャン」の由来と使われ方
この事件の名前「ニャンニャン事件」ですが…猫は全く出てきません。ある一定の世代なら理解できますけど、若い人は「ニャンニャン=猫」だと思ってしまいますよね。なぜ「ニャンニャン」と言うのでしょうか?

「夕焼けニャンニャン」が由来

「ニャンニャン事件」という名称で呼ばれたのは高部知子さんの事件が初めてです。この当時と言えば、「夕焼けニャンニャン」が放送されていました。これが「ニャンニャン」の由来だと言われています。

ニャンニャンの意味は「性行為」

猫好きの谷山浩子は、猫の鳴き声にサ変動詞を加えて「ニャンニャンする」という意味不明の造語を作り、1982年より『谷山浩子のニャンニャンしてね!』(ニッポン放送、1982年11月6日-1985年3月 土曜 22:30-23:00)というラジオ番組を放送していた。当初は何の意味も無い造語であったが、同時期に放送していた谷山浩子のオールナイトニッポンで「ニャンニャンする」=「何か気持ちよい事をする」という意味が付加され、その最も下品な例として、この語が性行為の意味でも使用されるようになった。この番組のリスナーであった高部知子がそれをプライベートで使った、という経緯は後に本人も認めている。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%B3... |
高部知子さんの写真流出事件を「ニャンニャン事件」と名付けたのが、当時ラジオを担当していた”猫好き”のパーソナリティが電波に乗せて使ったようです。ここから、「ニャンニャンする」を下世話な意味での「気持ちいいこと」を指すようになりました。

「ニャンニャン」の使い方

この当時で言う「ニャンニャン」のよくある使い方は「ニャンニャン写真」ですよね。有名人のベッドイン写真をスクープした見出しに「ニャンニャン」と書いてあったり、「ニャンニャンしちゃった」のように使ったりします。

若い世代は間違いなく、「ニャンニャン写真」=「猫の写真」だと思うでしょうね!

元わらべ高部知子の現在!慶應大を卒業?

衝撃のヌード写真を最後に芸能界から姿を消した高部知子さんですが、今現在は「慶應大学を卒業した」というびっくりする噂が流れています!これは本当なのか確かめてみましょう。

娘の病気を機に慶應大へ!精神学の道を志す

現在は2児の母親。結婚直後に出産した長女に心臓の奇形が見付かったことをきっかけに、芸能界からの引退と育児への専念を決意。その長女を育て上げながら、「自分のように不器用な人に寄り添いたい」という思いから、精神保健福祉士の道を志すようになった。今後は、精神保健福祉士の活動を続けながら、精神保健福祉を学ぶための塾を作ることを目標に置いている。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%83%A8%E7%9F%A5... |
22歳の時に結婚して、直後に生まれた娘さんにはなんと、心臓に奇形があったそうです。ここで芸能界引退を決意した高部知子さんは、さらに精神保健福祉士を学ぶために慶應大学の通信教育を受けて見事に卒業されています。

その後、東京福祉大学精神保健福祉士養成コースを経て、見事「精神保健福祉士」を取得したそうです。かなり難しい道だと思われますが、しっかりと前へ進んで行かれたようですね。

今では、精神的な依存症をテーマに講演会や出版などで活動されているとのこと。過去出演したテレビ番組の姿では、引退当時のことを語っています。色々なことを乗り越えて、今でも美しい姿をキープされているのがわかります。

「だいじょうぶ!依存症」という書籍なども出版されています。

現在精神ストレスカウンセラーとして活躍

高部さんは「危険ドラッグは取り締まりを逃れるため、どんどん新しく作り出されている」と指摘。「それらは医学的にも経験上でもデータが少ないため、中毒症状を起こしやすく、医師による治療も困難になっている」と解説した。そのうえで、「最初に相談を受けることが多い精神保健福祉士は、薬物の知識が必要になる」と話した。

出典: https://www.sankei.com/west/news/150330/wst1503300008-n1.... |
危険ドラッグやアルコール依存症への予防や対策について、各地で講演会を行う高部知子さん。かつては不良少女役を演じたり、色々な人生経験がある高部知子さんなので、まさにぴったりの職業ではないでしょうか。

下の動画では、高部知子さんの現在の姿を見ることができます。

下の記事では、高部知子さんと同年代の有名人をまとめています。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

高部知子はその後波乱な人生を歩んでいた

元・わらべの高部知子さんの「ニャンニャン事件」の真相と、その後についてお伝えしてきました。15歳で人気絶頂だった最中に起きてしまった事件ですが、背負うには重すぎる内容ですよね。その後の高部知子さんの人生は波乱に満ちていたことが想像できます!

今現在は精神ストレスカウンセラーとして活躍されているそうなので、そっと見守っていきましょう!

関連記事でも、気になるテーマや芸能人を取り上げています。こちらもぜひお読みください。

Related